心理学大学院生が教える合コンで使える話題 10選

合コンなどで「聞き上手」がモテるのは言うまでもありません。しかし、せっかくあなたが「聞き上手」であっても、単に「相手からの話題提供を待っているだけ」ではあなたは壁の花で終わってしまいます。そこで今回は、合コンで盛り上がるような話題を10本ほど解説いたします。

2282
合コンの話題選び

合コンで盛り上がる話題には法則があった!

会話が盛り上がる仕組みを知ろう

かつて参加した合コンで、僕は会話についていけずずっと「へ~」を繰り返していました。自己紹介が終わってから女性が僕の顔を全く見ていないような気がしました。それから

「合コンにいっても間が持たないかもしれない」
「女の子と何を話したらいいんだろう」
「盛り上がる人はどんなネタで話すんだろう」

合コン参加前に楽しみもあるのですが、不安が半分以上あるかもしれません。何を話したらいいんだろう。

「聞き上手はモテる」。これははるか昔から語られ続けている真実です。しかし、人によっては単に「自分から上手に話しかけることができないだけなのに、『俺は聞き上手なんだ』と言い張る『自称聞き上手』」という方も存在します。

……こういうと厳しい一言に感じるかもしれません。しかし、もしもあなたが合コンで「自分からは何も話さずに相手が話しかけるのを待っているだけの女性」がいたらどうでしょうか?おそらく、よほどかわいい子でない限りは声をかけないと思いますよね。

散々失敗して、本を読んだりしてどんな合コンに参加してもある程度は会話が盛り上がるようになりました。研究してみると、実は盛り上がる話題にはいくつかの共通点がありますね。はじめは合コンのための研究だったのですが、それから社内でも苦手な女性上司と話ができるようになりました。お付き合うすることになった女性に僕のどこがよかったのか聞いたら「自然に何でも話せて甘えやすいから」といってくれたのです!

すごく嬉しかったです。

僕はモテるわけではありません。高スペックでもありません。でも、ちょっとだけ人が親しくなるための仕組みに詳しかったのです。男女の違いはありますが、まず基本は人と人。

何でも話せて甘えやすいといわれるコツ

生活感のあるカップル

そもそもどうやって女性は「この人話しやすいな」と思うのでしょうか。ここを理解せずただであってもムダなのです。過去に親しくなった人を振り返って欲しいのです。

親しくなる相手の4つ条件とは

  1. 共感してくれる相手であること
  2. 承認してくれる相手であること
  3. 自己開示しあえる相手であること
  4. 自分に興味を持ってくれる相手であること

共感しあえる関係のために使える会話テクニック

自己紹介にしても相手が女性なのに「釣りが好きです」「車が好きです」と女性が共感しにくいことを言う人がいます。「アウトドアが好き」「ドライブが好き」なら相手の女性も「私も~」といいやすいですよね。

相手の女性が「ハワイに行ってね」といえば「僕もいってみたかった」といえば共感してくれたと感じるでしょう。

「僕も」といえるところは言ってください。逆に女性に話す場合は「私も」といいやすいように話題を選びましょう。相手の身振りや手ぶりをマネするのも効果的です。

承認しあえる関係のためのテクニック

ある女性が「痩せたいけどうっかり飲みすぎちゃう」と話していたのです。彼女にしては雑談のつもりなのですがそこで「糖質制限なら焼酎がいいよ」と問題解決しようとする男性がいました。あれ、余計なんですよね。彼女は「痩せたいけれどうっかり飲み食いしてしまう私」を分かって欲しいだけなのです。そこで「そうじゃないよ、こうしなきゃ」という男性は頼りになるどころかウザいのです。

女性の悩みはあまり解決しなくていいでしょう。初対面の人に深刻な話なんて誰もしないのです。

女性はそういうものとして「いい」「わるい」をジャッジせずオチのない話をしたがる人が多いということをそのまま受け入れましょう。相手を変えようとしては行けません。コントロールしようとする関係に承認は成り立たないのです。

自己開示しあえる関係のためのテクニック

相槌、目を見て話すこと、体を向けて話すことです。男性の中には腕や足を組んだりして話を聞く癖がある方がいるのですが、すごく女性からすると話しにくいです。

話題も大事なのですが何を話すかに気をとられると、表情がなくなる方もいます。それなら、まずは相槌、目を見る、体を向けて話を聞く、表情豊かに、そちらの方がずっと重要です。

自分に興味を持ってくれたと思われるテクニック

相手に質問をすることと、相手のことを覚えていることです。

女「映画が好きなんです」
男「へ~」

女「映画が好きなんです」
男「何を見るの?」

では後者の方が自分に興味を持ってくれたように感じるでしょう。また相手が行ったことを覚える姿勢を持ちましょう。

「そういえばアクションが好きっていってたよね。今度公開される〇〇は興味ある?」
と自分が行ったことを覚えててくれたということが誰だって嬉しいと感じます。

今回は、「会話の取っ掛かりを作るための話題」を10個ほど解説いたします。会話のネタは親しい関係になるための相手に興味を持つか自己開示のためです。何のために話すのかその目的を忘れずに。

ぜひ、いろんなシーンで応用して恋愛、仕事で役立ててください。


[取材レポート] 250万人が登録した婚活サイトの実態を独自調査!

合コンで盛り上がる!すぐに使える話題 10選

話題1・自分の笑える失敗談(自己開示)

Pour Some Sugar On Me
Pour Some Sugar On Me / goldberg

人間の会話で一番嫌われるものは何だと思いますか?

……答えは「愚痴」と「自慢話」です。特に男性は女性に対して「俺はすごいやつなんだぞ」と思わせたがる傾向が強いため、この「自慢話」をよくしてしまう傾向にあります。

しかし、実際に相手が楽しい気分になるのは「笑える失敗談」です。仕事などで「躓いた拍子に上司のカツラをとっちゃってさ……」などの話であれば相手も聞いていて楽しい気分になることでしょう。もちろん、言うまでもないことですが「この間頭にきて上司を殴っちゃってさ……」などのシャレにならないネタはNGです。

関連記事

話題2・「五感に訴える形での」旅行の話(自己開示)

Travel
Travel / Moyan_Brenn

旅行の話も、盛り上がる話題としては鉄板です。しかし、普通の人は「知りもしない観光地の話」などされてもあまり面白くないものです。そこで大事なのはうまく五感に訴えることです。

例えば海外旅行の経験が少ない女性であれば「本場の料理」はもちろん「機内食」などの話も楽しく感じるでしょう。あるいはグランドキャニオンなどの雄大さを伝えたりなどの方法も良いでしょう。

また、ここでも当然ですが「すりにあった」「川に落ちた」などの笑える失敗談をネタにするとより相手からの評価も上がることでしょう。

関連記事

話題3・子どものときの「あるある」の話(共感)

ミニ四駆、懐かすぎる。
ミニ四駆、懐かすぎる。 / TAKA@P.P.R.S

例えば、筆者の年代の子どもは小さい時に「ミュウ」を捕まえるための都市伝説に踊らされたり、「ハイパーヨーヨー」や「ミニ四駆」に興じたりしていたでしょう。

このような小さい時に流行ったものや、あるいは「俺、子どものときにはよく夏休みは宿題を最後までやらなくてさ~」などの小さい時の習慣について話すのもいいでしょう。このような「あるあるネタ」は年が離れていても意外と通じたりすることも多いので、意外に面白かったりします。

関連記事

話題4・友人の恋愛話について

Jordan & Allie Couples Session
Jordan & Allie Couples Session / Maggie Winters

合コンなどでは過去の恋愛トークなどは鉄板の話題と言えます。しかし、女生徒の距離感がまだ遠かったりするときに「実は前の彼女は……」などと話をすると相手に対して「なんでこの人、いきなりこんな話題を出すの?」と思うかもしれません。元カノネタはは、相手の女性に女々しい印象しか残しませんので元カノという単語は会話に出してはだめ。

そこで、例えば「最近俺の友人に彼女ができてさ。〇〇って付き合い方をしているんだけどどう思う?」など、友人の恋愛の仕方などを引き合いに出して意見を聞くようにすると、相手との距離も適度に縮まる上に相手の恋愛観も知ることになって一石二鳥です。

関連記事

話題5・お互いの地元について質問する(興味を持つ)

名古屋城天守閣
名古屋城天守閣 / noriqnub

お互いの地元について話をするのも話題としてはアリです。例えば自分の地元では昔どんなものが流行っていたのかとか、地元の自慢は何なのかとかについて話をすると、相手とも距離が縮まることになります。特に、「名物料理」や「地元ならではの方言や習慣」などは相手の関心をつかむうえでは非常に有効な方法となることでしょう。

もちろん、もしあなたが一人暮らしであるのであれば「家族についての話」も面白いと思います。両親に関するの話でもいいのですが、それよりは兄弟姉妹についてのトーク、そしてそれよりはペットについてのトークの方が合コンの場では盛り上がると思います。

関連記事

話題6・ちょっと変わった料理についての話

MONJA! (Tsukishima, Tokyo, Japan)
MONJA! (Tsukishima, Tokyo, Japan) / t-mizo

もんじゃ焼きやお好み焼きなど「レストランなどでは中々でないメニュー」についての話題は実は結構盛り上がるものです。例えば「もんじゃ焼きのコツはさ、やっぱりベビスターラーメンを入れることなんだよ」などのちょっとした自分なりの工夫やコツの方法はおそらく誰しも持っているものだと思います。

このような食べ物の話題などについても盛り上がる上に、上手に話をすれば「今度一緒に食べに行こうよ」といった形でデートにつなげることにもつながります。

関連記事

話題7・休みの日の過ごし方を聞く質問(興味を持つ)

Park
Park / Moyan_Brenn

これも結構合コンの話題としては鉄板でしょう。ただ、話し方としては単に「インターネット」と答えるよりも、「ネットで株の値動きを見たり、ゲームの最新情報をチェックしているよ」などと具体的にいう方が相手に好感をもたれます。

2人でできるような趣味をいうのも。「読書」「ネットサーフィン」は基本一人なのでそこからデートに発展しないでしょう。たまにしかいかないとしても「映画」「カラオケ」「気になっている美味しいお店にいく」のほうがデートには発展しやすいです。

また、女の子によっては「寝ています」「エステ」「家で家事」といった返答をしてくることもあることでしょう。こういう場合には「もしもお金があって10連休あるならどんな休み方をしたい?」などのIf節でお話をしてみるのも面白いと思います。

関連記事

話題8・カクテルなどについての飲み物ネタ(興味を持つ)

2009 Challenge, Day 45: COCKTAIL
2009 Challenge, Day 45: COCKTAIL / gosheshe

カクテルの話題も、結構女性には人気があるものです。しかし、合コンに行くとほぼ必ずいるのが「断固としてアルコールを飲まない女性」です。このような女性に「アルコールに関する話題」を行っても、あまり興味を引くことはできないでしょう。

こういう女性には、「おいしいノンアルコールカクテル」について話をしてみるのはいかがでしょうか。例えばシンデレラやバージンブリーズ、サマー・デライトなどは普通の居酒屋などではめったに用意されることがないので、「それ、どういう味なの?」と興味を持たれると思います。

関連記事

話題9・好きな男性のタイプを質問する(興味を持つ)

Rainbow bridge, Odaiba, Tokyo - Sony A7R
Rainbow bridge, Odaiba, Tokyo - Sony A7R / Luke,Ma

「どんな人が好き?」も合コンの鉄板ネタ。単に恋愛トークとしても、相手に「好みのタイプ」などを聞くだけではあまり芸があるとは言えないでしょうし、次につなげることも難しいものです。そこで、「楽しかったデートのエピソード」や「こんなデートをしてみたい」と思えるようなことについて聞いてみるようにするのも話題としてはアリです。これは単に話が盛り上がるだけでなく、相手に「どういう接し方をしたら好かれるのだろうか」について知ることができるからです。

関連記事

話題10・ドキドキするタイミングについて

Costa Rica
Costa Rica / R_x - renee barron

男性と女性では恋愛観は基本的に違う場合が多いもの。そこで、「男性から見たモテる女性像」や「女性から見たモテる男性像」について語り合うことは、お互いの理解促進にもつながりますし話題としても盛り上がります。そこで例えば、「今までなんてことなかった人が突然かっこよく思えることとか、ある?」と聞いてみるなど、ドキドキするようなタイミングについて聞いてみることも、合コンの話題では面白いでしょう。

関連記事


★割引クーポン付★ゼクシィ縁結び&恋結びで出会いを探すコツを取材!

話題より目の前の相手に興味を持とう

合コンの話題選びはトレンド情報だけではない

合コンなどで大事なのは「コミュニケーション能力」です。言い方は悪いですが、「ただのだんまり」を「聞き上手」と言い訳するようでは、いつまでたっても女性と親しくなることはできません。

しかし、トレンド情報を無理して集めなくとも、ちょっとした「エピソード」などについての会話は意外とできたりするものです。そこで、婚活を行う際には、今回挙げた10項目をベースに、さまざまな話題を考えてみることをお勧めします。

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪ランキング発表≫異性と出会う方法

社会人になると「出会いがない!」悩みを持つ人は多いのでは?

職場や友人とのつながりの中でも出会いがないと、なかなか新しい出会いを見つけるのは大変ですよね。

定番の合コンや友達の紹介は、あまり期待できないし、婚活パーティーに行くのもちょっと勇気がいる・・・

そこで異性と出会う方法トップ10をご紹介しますので、どんな方法があるか見てみませんか?

☆ランキングを見る☆

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


心理学ライター。企業で数年ほど働いた後、大学院にて臨床心理学や社会心理学に関する勉強を行っている。著書に、ドラえもんに学ぶダメな人の伸ばし方、「ブラックジャックによろしく」から読み解く 面倒くさい人と上手につきあう心理学。