手をつなぐ、公園デート
婚活の心構え

結婚相手の選び方、ドキドキ感より安心感がいい理由

婚活をしているのに、なかなか結婚ができない。そんなあなたはドキドキする相手を求めていませんか?婚活歴7年で結婚したこじらせ女子代表人気婚活ブロガーのkanaさんが相手の選び方についてお伝えします。

ドキドキする相手と真面目に恋愛すればその先に結婚があると思っていない?

婚活7年歴を経て結婚したTwitterで人気のkanaさんが指南!

夕焼け、海デート

ドキドキする相手と恋愛して結婚したい!
結婚向きだと思う相手は少し物足りない。
本当に好きな人とは結婚できないの?

あなたはそんなふうに思っていませんか?
そのお気持ちよく分かります。

私自身も7年婚活をしましたが、ドキドキする相手と真面目に恋愛をしていれば、その先に結婚があると信じて疑いませんでした

けれど誰と付き合っても結婚までたどり着けませんでした。
「おかしいな…?」と思うようになったのが婚活5年目の頃。

ずいぶん時間がかかりましたが、この時ようやく「ドキドキ感を信じて行動するだけでは結婚できない」ということに気づきました。

婚活中のあなたには婚活に7年もかけて欲しくないです。今回は、結婚相手はドキドキ感より安心感で選ぶべき理由について解説していきます。

結婚相手をドキドキ感で選ぶと失敗してしまう理由

デート、会話

一生一緒にいる相手を妥協して選ぶなんて絶対にできないですよね。

ドキドキする相手だからこそなんでも許せる気がするし、辛いことがあっても乗り越えていけるような気がします。

けれど実はドキドキ感で結婚相手を決めてしまうのは危険です。

ドキドキ感には賞味期限があります。

ドキドキする人と恋に落ちている状態では、相手の欠点が見えません。

欠点が見えても気にならない、そんな状況に陥っています。

ずっとそんな状況が続けばいいのですが、このドキドキ感は6か月から8か月で落ち着いてきます。

今まで気にならなかった欠点が気になるようになり、好きになっていれば女性はその欠点をガマンするようになります。

いつからか「こんなに頑張っているのになんで分かってくれないの?」と感じるように。

男性がその思いに答えることができなければお付き合いを継続するのが難しくなります。

ドキドキ感が落ち着いてから本当の相性が分かる

話すカップル

結婚できるかどうかの相性が分かるのは、ドキドキ感が落ち着いた後です。その時に、自分らしくいられるか、相手と信頼関係を結べるかどうかが大切です。

女性はどうしてもドキドキして好きになった人だから信頼もできるし、ドキドキ感が無くなっても好きでいられるはずだと考えてしまいますが、人間的な相性はこの気持ちが落ち着いた後でないと分かりません。そして努力でカバーできることではないのです。

ドキドキ感で選ぶと婚期を逃すリスクがある

ワインバー

「ドキドキ感で結婚相手を選んじゃダメなの?本当に?」と疑問に思う人も少なくないと思います。なぜなら、20代で結婚した友人は全員恋愛結婚をしているから。

それが婚活になっただけで「なんでドキドキ感を求めちゃダメなんて言われなくちゃいけないのだろう…」そう思いますよね。

もちろんドキドキ感を求めて婚活をすることが間違いではありません。

しかし、すぐにでも結婚したい人にとっては、とてもリスクが高いということを覚えておいてください。

ドキドキする相手と結婚できるかどうかは、気持ちが落ち着いてきた後の相性によって決まります。関係が深くなると女性は相手のことを信頼し、好きになってしまうようにできています。

そのため、気持ちが落ち着いてきたころには、彼から離れられなくなっている人も多く、彼が結婚を決断するまで数年待ち続けた結果、お別れすることになったという話もよく聞きます。

そのループを2~3回繰り返すだけで、気づいたら婚期を逃していたということも珍しくないのです。

結婚相手を安心感で選ぶ方がいい3つの理由

1.自分らしくいられるから

ジョギング・走る女性

ドキドキする相手だと、嫌われたくない、失いたくないという心理が働き、いつも以上に頑張ってしまいます。

「好きだから頑張りたい!」と思う女性も多いのですが、男性は結婚相手に安心できる相手を求めるので、例え好意であったとしても頑張る女性と一緒だと落ち着くことができず、結婚相手候補から外されてしまいます。

恋愛を結婚に繋げるには、頑張るのではなく楽しむことが大切。

自分らしくいられるということは、恋愛を楽しめるということです。

2.長続きする関係を築ける

老夫婦のカップル

安心感のある相手と一緒にいれば、自分らしさを出して付き合っていけます。

自分らしくいられるというのは心が安定しているということ。

ジェットコースターのように気持ちが高まることも低くなることも無いので、安定した幸せが長く続きます。

3.相性が合う

雨の日デート

自分らしくいられる相手というのは実はとても貴重な存在です。

恋愛ではどちらかが相手を大好きになり、どちらかが冷めてしまうということが本当に多いです。

「好きな人には好かれないのに、どうでもいい人から好かれてしまう」というのは婚活をしていればほとんどのことが経験しているはず。

「ドキドキは少ないけど、なんか安心できる人だな…」そう思える人に出会えたら絶対に離してはいけません。

安心感のある相手が物足りない2つの理由

1.運命の人に出会えていない

考える女性

安心感のある相手が物足りないと感じる場合、2つの理由が考えられます。

安心感のある相手にはそう簡単に出会えません。諦めず出会い続けた人だけが運命の人に出会えます。

絶滅危惧種の動物に遭遇するレベルで出会えないので、知らない人は「ドキドキしない人と結婚するなんて妥協でしょ!」と考えてしまう人も少なくありません。

安心できて、ちゃんと好きで、幸せで満たされるような相手は必ずいます。

諦めずに出会いを続けましょう。

2.ドキドキ感を求めすぎていて気づけない

会話、デート、カフェ

何年も婚活しているのに運命の人に出会えない。

安心感のある男性は全員物足りないと感じてしまう女性は、結婚相手にドキドキ感を求めすぎて気づけていない可能性があります。

実際に私がそうでした。婚活5年目まではドキドキ感の先に結婚があると思っていたので、気持ちの赴くままに恋愛をしていました。

もちろん全て真剣だったのですが、今振り返ると「私があの時もっと結婚に対する知識があれば、あの人とは付き合わなかったのに…」と思う男性が数人います。

安心感のある相手という視点で見れば、選ぶ相手も付き合う男性も変わってきます。

ドキドキ視点で男性を見るクセがついていると運命の人が目の前に現れても気づくことができないのです。

婚活では安心感のある相手を選びましょう

婚活は結婚するための活動です。

安心感を重視して相手を探しましょう。

例えるなら「数年間付き合ってドキドキ感はないけど安心できるし一緒にいて楽な彼」を最初から探すイメージです。

ドキドキしない相手だからといって妥協しているわけではありません。

安心感があり、穏やかで温かい恋愛をできる相手がちゃんといます。

諦めなければ運命の人には出会えます。頑張ってくださいね。

Kana

Kana

婚活ブロガー
結婚するまで7年もかかってしまった婚活ブロガー。26歳で結婚すると決意したのに、実際に結婚できたのは33歳の時。迷走に迷走を重ねた婚活体験を活かし、こじらせ女子がスピード婚する方法を日々研究中。