婚活サイトの比較
婚活の心構え

わかるもの?自分が結婚する人との出会いでわかる6つの直感

将来的に結婚をする運命の人との出会いは、出会った瞬間にわかるものなのでしょうか?もしも運命的な予感をあらかじめ知っておけば、誰とこの先深い仲になっていくのかも予測できるでしょう。ここでは、自分が結婚する相手に抱く特別な直感について詳しくご紹介します。

結婚する人とは出会いの瞬間に直感が働くの?

運命的な予感

出会いを求めて合コンに行ってもなかなか良い人とは巡り会えない……そんな時期が続くと、自分の恋愛や結婚に不安ばかりを感じてしまいますよね。本当に自分にも運命の結婚相手が現れるのか、気になってしまいます。

そんなあなたに知っておいて欲しいのは直感。「何故、直感?」と疑問に思うかもしれませんが、実は結婚して幸せになるカップルの多くが、出会った時からお互いに特別な直感を抱くそうです。

つまり、運命の相手にどのような直感を抱くのかを知っておけば、自分の運命の結婚相手にも気付きやすいというもの。ここでは、運命の結婚相手に感じる代表的な6つの直感を紹介します。

結婚する人との出会いで感じる6つの直感

①居心地が良いという直感を大切に!

恋愛中はお互いにドキドキしたりトキメキがあったり、刺激があってこその恋愛ですよね。明日会えるというだけで眠れなくなる……恋愛中は片思い・両思いを問わず、そんな日々の連続です。

ただ、相手とのデートが終わると、まるで夢から醒めたように「あー疲れた」と現実に戻ってしまうことも。このように「楽しい」けれど「疲れる」のは、相手が普通の恋人だから。

しかし、結婚する運命の相手とのデートは違います。楽しいしドキドキもするけれど、何よりも自然体でいることができる居心地の良さを感じられてデート中もストレスフリーです。

それはけっして「愛情がない」とか「つまらない」という意味ではありません。「彼氏との時間が純粋に楽で心地良い……お互いが自然に相手を受け入れ合う。だから、幸せ」と思えるものですよ。将来的に結婚をする運命の男性とのデート中は、ドキドキする気持ちよりもホッとできる気持ちのほうが強いのです。

これを「相性が良い」と言います。直感で相手との相性の良さを感じたら、その恋人との関係は大切にしてください。交際中から結婚相手との間に居心地の良さを感じられれば、結婚に至る可能性も十分にあります。そのような男性となら、安心してゴールインできるカップルになれるでしょう。

②直感で気づく!ムリをしていない自分

恋している相手の前に立つと、自分を良く見せようとしてしまうのが恋愛。あなたも好きな彼氏のために必要以上に頑張ってしまった経験があるでしょう。相手の話にあまり興味がない時でも「嫌われたくないから」という理由で頑張って話を合わせてしまう……誰もが持っている記憶ですよね。

その頑張りに対して自分で「無理をしている」と感じ出すと、楽しいはずの恋愛に悩みが生まれてしまうことも。慢性的にデートに疲れを感じるようになる……それは、やはり相手の男性との相性があまり良くないのです。

一方、相性が良くて将来結婚する男性とのデートでは、自然体の自分に直感で気づけるでしょう。頑張らなくても大丈夫、背伸びしなくても大丈夫……そう思えるものです。

一緒に居て楽。そして、素直な自分をさらけ出せる。凄く楽しいし安らぎを感じるのに緊張しないという不思議な感覚に気づけます。

ちょっとした話のきっかけで、心には楽しい気持ちが広がりますし、たとえ2人の間に沈黙が訪れても苦にはならない。もしも恋人がそのような相手ならば、結婚のイメージもしやすいでしょう。仮に相手がモテるタイプではなかったとしても、直感が「あなたには最適の結婚相手」と告げています。

③喜怒哀楽のポイントが似ている人とは結婚の相性が良い

男と男、女と女のように仲の良い同性の友達同士でも喜怒哀楽が同じ又は近いと感じることが良くあります。

これは異性関係にもまったく同じことが言えます、とくに、結婚する相手……運命の人との出会いでは多くの人が感じています。

たとえば、笑うツボが似ていれば、一緒に楽しめて仲が深まりやすくなるでしょう。泣き所や怒りのポイントが似ていれば、お互いが相手に共感しやすくなりますよね。

一方、どれだけ外見が好みでも喜怒哀楽への感覚が違うと、相手の顔色ばかりを伺うようになってしまいます。この場合、心が窮屈に感じてしまい、本来の自分を恋人の前で出しにくくなってしまいがち。その相手は、将来的に結婚をする運命の相手ではなさそうです。

婚活パーティーなどでも直感で「感性が似ているな」と思える相手と出会うことがあります。その相手とは関係が深まっていく可能性が高いので、二人の関係は大切にしたほうが良いでしょう。

④直感でわかる「運命の人」

昔、芸能人が「初対面の時にビビッときた」とコメントし、ビビビ婚なんて言葉も一時期流行りましたね。「ビビビ」という言葉自体は何の意味も持たないように、結婚する相手との出会いでは言葉では説明できない不思議な感覚になることがあります。

得体のしれない感覚を表現した「ビビビ」。これは、名言だと思いますよ。

さて、その運命の直感ですが、相手のことを詳しく知らないまま「この人と結婚するかも」と感じることもあるようです。まるでドラマのような話ですが、一般的な恋愛でもこのような感覚に陥って結婚する夫婦は少なくありません。

このように運命を感じる時の特徴は、好きな気持ちが舞い上がった状態で「この人が運命の人!」と考えるのではなく、割と冷静に「この人と結婚するんだな」と感じるパターンがほとんどだそうです。

⑤家族の雰囲気と似ているor家族像が同じだと結婚しやすい?

お花見する家族

相手の男性と家族や両親の話をした時に「自分の家族や両親と似ているな」と思えて、直感で「結婚するんだろうな」とか「結婚したい」と感じることもあります。

いつの間にか、理想の家族が自分の育った家族になっていることは珍しくありません。だから家族構成や家庭環境が似ていると、理想とする家族像も似てきます。

相手と理想の家族像が近ければ、2人の価値観も似てくるでしょう。だから、家族構成や家庭環境が似ている相手とは運命的な関係にもなりやすいのです。

⑥今までの人と何かが違う直感

見つめあう

「結婚する運命の相手が出会った時にすぐわかったらいいな」と考える人も多いのですよね。「そんなのはテレビだけでしょ?」と思ってしまうかもしれませんが、「今までの人と何かが違う」と将来の結婚相手に感じることは多いようです。これも直感でしょう。

たとえば「この人と出会うために生まれてきた!」と強く感じる人もいます。また、全く結婚を意識していなかった人が運命の相手と出会った途端に「この人を手放してはいけない!」と急に結婚を焦るようになった人もいます。

無事に結婚をして当時を振り返れば、「あの時の不思議な感情は、運命が結婚を促していたのかな」と理解できることもあるでしょうね。

自分の幸せを願うのであれば、出会った瞬間に感情を揺さぶられた異性とは、後悔しないように必ずlineなどの連絡先を交換しておくことをおすすめします。

まとめ

結婚する人には出会って短期間で直感が働く

運命の相手に直感を感じた人は大勢いますが、その人達は長くお付き合いした末に相手に直感を抱くのではなく、出会った当日から1週間の間に、特別な気持ちを感じることがほとんどだそうです。

「運命なんてドラマや漫画の世界だけ」と冷めた目で見ている人達も、他人事だとは思わないでくださいね。いつあなたに運命の人が訪れて、その男性と幸せになるのかはわからないのですから。

まるで前世から結ばれていたかのように、自分だけに合う人はいるものですよ。その時は相手と出会えた縁を大切にして、その相手との仲を育んで欲しいなと思います。そうすれば、あなたが幸せになれる可能性はとても高まるでしょう。

運命は待つより行動!行動が結婚に結びつく

占い師の方がおっしゃるには、運命は待っているだけではなく積極的に探すことも大事。行動する人が良き運勢をつかむのですね。

未婚のまま35歳を過ぎると50%以上の確率で一生独身。40代で未婚の方の多くは「ガツガツするのはみっともなくて、運命の相手を待っていたんだけどね」と言いますが、出会うための行動がなければ運命の人とも出会えないでしょう。

出会いを求めて行動するのなら、やはり結婚相談所がおすすめです。今はネットで入会手続きができて、お店や仲人がいない結婚相談所もあるので、人に世話を焼かれるのが嫌いな人も偏見を持たずに頼ると良いでしょう。

人材総合企業のエン・ジャパングループが運営するエン婚活エージェントは無店舗のため今までの結婚相談所の10分の1の価格で利用でき、賢いビジネスパーソンに選ばれています。毎月6人を紹介してくれて、成婚までの平均活動期間は5.3ヶ月。一歩踏み出す勇気があれば半年後に結婚しているかもしれませんよ。

エン婚活エージェント 公式ホームページ

Hana
現在30代前半 二児の母。二十歳で結婚し、二人の子を授かるも結婚8年目で離婚。後に子連れ再婚をするも、うまくいかず離婚。そして、2015年には再婚を果たす。自身の経験と反省を踏まえ、心理学を勉強する。最近は、仕事で占い関係に従事しながら、もう少し細かく男性心理、女性心理に分けて学んでおり、人間の深層心理学も同時に勉強中。