嘆く男
婚活の心構え

理想やプライド? 40歳以上・独身男性が捨てた3つのモノとは

「結婚後は家庭に」「できれば20代の女性で」そんな結婚相手をお探し中の40歳を過ぎた独身男性へ、この記事では衝撃的な事実をお伝えします。本当に結婚がしたいなら「捨てるべき3つのモノ」も心得ておきましょう。

「男なら40歳でも結婚できる」は、大きな勘違い!?

あなたは結婚できない40歳かも!? 婚活を始めるあなたに

40歳以上でも結婚できるでしょ。そう考えている独身男性は少なくありません。「だって、これまで仕事が忙しかったから」と、思うかもしれませんが、ちょっと待って! それって本当に忙しかったのが理由ですか?

この記事では、40歳以上で結婚した男性たちが捨ててきた3つのモノをご紹介します。独身男性が持ちやすい勘違いを正し、素敵な結婚相手を見つけるヒントにしてくださいね!

勘違いの是正があなたを結婚に導く!

女性目線で分析!40歳・独身男性の特徴

「女性は30代を過ぎると、結婚できるかできないかの瀬戸際に入る」なんて思っている男性はいませんか? そんな人ほど実は、「男性はたとえ40代でも、50代でも結婚できる」と、男性だけを優位捉えがちです。では、なぜ男性は40歳に入っても結婚できるのでしょう。

男性は出産がないから? 年齢を重ねるほど年収がアップして、女性が思い描く結婚相手の理想像に近づくから? ここでまずあなたに知ってほしいのは、40歳を過ぎて結婚するのは、簡単ではないということです。

試しに、以下の項目を見てみてください。もし一つでも当てはまるなら、「やっぱり。この人独身なワケだわ」なんて、女性たちから思われているかもしれません。

  • 結婚できないのは「仕事や趣味が忙しい」「出会いがない」から
  • 本気を出せばすぐに結婚できる
  • ビジネスマンとしては身なりは完璧だ
  • 年上の男性は威圧的なくらいがモテる
  • 女性も営業相手と同じ。へりくだってればどうにかなる
  • 女性経験が少ないのはピュアな証拠
  • 結婚のために努力するなんてかっこ悪い

いかがですか? 当てはまっているものはありませんか?

結婚のために捨てるべき3つのモノ

前項で紹介した内容に、もし、当てはまるものがあったなら。あなたは結婚のために捨てなければいけないものがあります。

40歳の独身男性であるあなたが捨てなければいけないものは、

  1. 「理想」
  2. 「プライド」
  3. 「幻想」

の3点です。

もしかしたらあなたは、この3点を目の前にしても「自分には当てはまらない」と思っているかもしれません。しかし、実は40歳以上の独身男性で「自分は当てはまっていない」と、思っていること事態が危険かもしれません。

例えば、知り合いに「結婚しないの?」と聞かれて、「忙しくて、なかなか相手を見つける暇がない」と、答える人は少なくありません。でも、実際にそうなのでしょうか?

例えば、これまで女性とお付き合いしたことがある方に尋ねてみましょう。あなたは、暇だったから女性と付き合っていたわけではありませんよね? 20代の頃は、彼女を作るために合コンを友人同士でセッティングしたり、友人の紹介を受けたりして積極的だったからです。

20代や30代の頃も、それなりに忙しかったはず。それをあなたは、忙しいから…と、言い訳にしています。どうして言い訳をしなければいけないのか、それは、結婚に対する「理想」があったり、「プライド」があったり、「幻想」があるからなんです。

次では、具体例を出しながら、40歳を過ぎた独身男性が、結婚するためにすべきことについて解説していきましょう。

知らぬ間に高く積まれた「理想」

待ち合わせ

「あなたは理想が高いのではないですか?」と、尋ねると、「高くありません」と答える人は多いです。そこで、「具体的にどんな人と結婚したいですか?」と、尋ねると、

「20代で、休日出勤することにも理解があって、家事や子育てもやってくれて、料理が美味しいことかな」

といった回答をする人がいます。

実はこれ、正直、理想が高い回答です。

確かに女性は年上男性に魅力を感じる傾向があります。しかし、あるアンケートで「年上男性が好きだ」と答えている女性でも、その詳細の年齢を尋ねると、「5歳差未満まで」という回答が一番多いのが現実です。これは、29歳の女性でも、実際には34歳くらいまでの男性と結婚したいと思っていることを示しています。

次に多い回答でも「6歳〜10歳差未満」という回答です。29歳の女性は、40歳を超える男性を結婚相手の視野に入れていないことがこのアンケート結果からわかります。

あなたは、この結果を見てどう思うでしょうか? まだ、結婚が簡単だと思いますか?

40歳を越えて結婚するなら、知らない間に高く積まれた「理想」を、一旦見直す必要があります。20代の頃や、30代前半の頃は、その理想でもまかり通ったかもしれません。しかし、今は現実的な理想ではありません。

他にも、今は共働き家庭が増えています。女性が働く理由は、お金だけではありません。自分の人生をここまで築き上げてきた、そのキャリアを、ふいにしたくないからです。「自分の年収が充分にあれば、妻は働く必要はない」と、一つの考えでいるのなら、その考え方は改めましょう。昔のように「家庭に入る」ことを求める女性を思い描くのは、理想が高い証拠です。

関連記事

男のプライドは、女が一番嫌うもの?

拒む女性

男性の中には、まだまだ「男性は男性らしく」といった考えがやめられない人がいます。これは、女性にとっては一種の男のプライド。中でも、嫌われるタイプのプライドです。もちろん、「ここは任せろ、これが男のプライドだ!」といった考え方は、時には頼もしいかもしれません。しかし、中にはそうでないケースもあるのです。

例えば、女性は、「男たるもの、こうあるべきだ」と考える人を「男らしくない」と考えます。もしかしたら、ピンと来ない人が多いかもしれませんね…。他にも、以下のような回答があるので参考にしてみてください。

  • 約束を必ず守る
  • 過去のことを引きずらず、前向き
  • 何があっても動じない
  • できない理由より、できる理由を考える
  • 時と場合によってはプライドを曲げる
  • 決断力と行動力がある
  • ブレない
  • 志が高く、野心を持っている

おそらく、「男=強い、力がある」といった固定概念的な考えをしている人は、びっくりだと思います。

女性は、「約束をきちんと守ってくれる人」「前向きな人」など、いわゆるステレオタイプの男性像とは別のイメージを理想としているのです。

男性は、自分の力や権力で女性の評価を得ようとします。しかし、それは女性たちにとってはただの「自慢話」。何も魅力に感じません。

女性は、「家事や子育てを手伝ってくれそうかな」といった、意外と具体的な想像をしています。なので、あなたがどれだけ優秀な人かは二の次。現実的に、相手の男性がどれだけ頼れる人なのかを知りたいのです。

もし、あなたが、女性に嫌われてしまう「男のプライド」を持っているなら、そのプライドはすぐに捨て去りましょう。もしくは、心の奥底に隠してください。

プライドというワードでもう一つ。「振られたら恥ずかしい」といった、高いプライドも捨ててください。あなたは恋愛や婚活というフィールドでは“ド”が付く新人です。恥をかいても当たり前。もし、結婚のために努力するなんてかっこ悪いと考えているなら、その考えは改めたほうがいいでしょう。

すべては幻想

バイバイ

さて、結婚していない男性の多くは、結婚していないので結婚について詳しくないはずです。それがいくら40歳という中堅の年齢に入ったとしても、20代で家庭を持っている男性には敵いません。

実は、人間が考えることの9割は、妄想なのだそうです。

「あの女性は、今、僕に微笑んでくれた」

カフェやコンビニの店員さんが、自分に特別な思いを抱いてくれたと感じた経験はありませんか? しかし、残念ながらそのほとんどは幻想です。

どんなにオシャレでかっこいい男性でも、女性は簡単には好意を抱きません。「あの人、スタイルいいな〜」「おしゃれな人だな〜」っと、単に思うだけです。お付き合いしたい、結婚したいと、出会う女性全員が思うことは0に近いのです。

では、簡単に女性が好意を抱いてくれないとなると、あなたは結婚のために、何をしなければいけないのでしょうか。

それは、「あなたから女性にアプローチする」ことに尽きます。どんなに年収があろうが、どんなに外見に自信があろうが、関係ありません。

幻想は捨てて、謙虚に現実に向き合いましょう。「9割が妄想」の世界では結婚できません。現実の世界で、ぜひ、勝負してください。

40歳からの婚活、キーワードは“積極性”

できることはすべてやる!くらいでちょうどいい

40歳を過ぎて、これから独身男性が婚活をするなら、とにかくできることをすべてやる!くらいの積極性が必要です。

結婚相談所に相談する、婚活パーティーに参加する、人づてに紹介をしてもらう、趣味の教室に通ってみるなど、できそうなことからどんどん試していきましょう。40歳以上の男性は、スーツはビシっと決められても、私服がイマイチなことが多いです。もう少し自分磨きに興味を持ってみるのも、婚活にはおすすめです。

また、女性に対して下手に出ると、「自分に自信がない人だ」と思われてしまいます。夫婦関係が対等なように、初対面の女性とも対等な関係を結ぶようにしてくださいね。

杉浦優子
神奈川県鎌倉市在住のフリーランスライター。恋愛や婚活のコラムなど、WEBコンテンツを中心に執筆活動をしています。趣味は、ビーチコーミング、ランチの美味しいお店を探すこと、体幹や筋力を鍛えるワークアウトをすることです。