オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

結婚相談所の仮交際で注意したい7つのポイント

デート、会話 婚活の心構え

仮交際とはつくけれど友達未満です

「また会いたい」より「2回目会ってもいいかな」ぐらいの温度感

ドン引き、カップル、デート

結婚相談所は共通の知り合いもフルネームも連絡先交換もしていない状態で男女が会います。これがお見合いです。

お見合いは1時間程度。

お互いが相手のプロフィールを見ているので、プロフィール通りの人か、会わないと分からない雰囲気や話やすさを確認する作業がお見合いです。

「仮交際」という呼び方ですが、友達以上恋人未満ではなく、友達未満です。距離感としては仕事で知り合って名刺をもらった人程度ではないでしょうか。

仮交際期間はお互いがまだ他の相手と会ってみることができ、複数人と同時並行で進めることができます。

個人差はありますが、女性心理は「好き」「また会いたい」というポジティブな印象をもって仮交際に進むというより「可もなく不可もなく。でももうえり好みしている年齢じゃないし会ってみるか」と義務感出会っているかもしれないのです。

今回は仮交際に進んだ時に失敗しないように押さえておいてもらいたいポイントを解説します。

成婚するために!仮交際でおさえる7つのポイント

1.お見合い後の男性心理と女性心理の差を知る

ドン引き、カップル、デート

お見合い後に男性の中には「結婚したい」「この人だ」ぐらい気持ちが盛り上がる方も珍しくはありません。

しかし、女性の気持ちは以下の様に「1」~「5」まで幅広いです。

  1. 興味はないけれど「嫌」ってほどじゃない
  2. 興味はないけれど他の男性よりマシ
  3. 可もなく不可もなく
  4. また会ってもいいかな
  5. また会いたいな

ただし、この中でも「5」の気持ちの女性はかなり少ないと思っておりましょう。

女性が相手を「いいかも」と思うのは3回目~5回目デートあたりです。

2.スキンシップ、タメ口は嫌がる女性が多い

手をつなぐ

男女で気持ちの盛り上がりに差があるのは説明した通りです。

ここで注意したいのは、女性はまだ警戒心が高いのに、男性はどんどん距離を縮めようとして嫌われることもあります。

女性がまだ警戒しているのに、タメ口で話したら女性は馴れ馴れしいなと思います。

まだ女性が相手を「いいかも」と思っていない段階で手をつなごうとして断られる男性もおります。

個人差はあるのですがタメ口やスキンシップは3回目以降がおすすめです。

3.お見合い後のデートはお食事かお茶がおすすめ

雨の日デート

仮交際が成立すると、結婚相談所経由で連絡先交換ができるようになります。ここでデートの約束をするのですがいきなり次のデートで、お出かけの約束をするよりお食事やお茶といったデートがオススメです。

お茶やお食事であれば長くても2時間ぐらいですので、気軽に会えるのです。

人は半日デート1回した相手より、3回食事した相手の方が親しいと感じるのです。距離感が縮まらない段階で長時間一緒にいると緊張して疲れてしまっていい印象がないまま解散する場合もあります。

お見合い後の1回目のデートはお茶、お食事といったプランがおすすめです。

お茶や食事をお勧めする理由がもう一つあります。

仮交際の間は、気になる相手がいればまた新たにお見合いをすることもできますし、同時並行で何人かと会えるので忙しく1日複数人とデートしている方もいます。

1日つぶれるお出かけデートの予定を入れると複数人と会って見定めていくのが大変になってしまいます。

4.仮交際人数が多すぎると成婚を逃す!?

カレンダー、デート予定

仮交際は複数人と同時並行でデートができるのですが、あまり人数が多いと次に会う予定が入れられなくなってしまいます

会っている相手から、「来週の〇日、〇日は空いてるよ」と言われるのと、「再来週の水曜日の夜か、3週間先になるけど〇日日曜日空いてるよ」と言われるのではどうでしょうか?

あまり先の日程しか空いていないと

「私の優先順位が低いんだろうな」と思ってしまうでしょう。

優先順位が低いと思えば相手も他の会員に気持ちが移ってしまいます。

「自分は不器用だから仮交際は1人ずつにしよう」という方もいます。個人差は大きいですが仮交際の人数は2~3人という方が多いです。

他にも優先順位が低いと思われることがあります。例えば、結婚相談所で使っている写真やプロフィールを大きく変更すると、仮交際中の相手から「もっと相手を探しているんだろうな」と見られてしまうリスクもあります。

5.結婚相談所だからできる!相手の本気度は担当者に探ってもらおう

迷う女性

せっかく結婚相談所に入会してるのであれば、結婚相談所は積極的に利用しましょう。

仮交際に進んでも相手の気持ちは「可もなく不可もなく」から「この人と結婚したい」まで様々です。

もし、相手ともっと親しくなりたいという場合は結婚相談所の担当者に

「私はこの方ともっと仲良くなりたいんですけど、相手の本気度ってどのぐらいか分かりますか?」

と聞いてみましょう。相手会員の結婚相談所に確認して本気度を調べることができます。

結婚相談所の方は、自社会員の活動を確認できるのです。例えば新たにお見合いを申し込んでいたとすれば、今の仮交際の方にまだ決めきれなくて、他にいい人を探しているということでしょう。

相手が仮交際の人数が多いのか少ないのかも確認してくれるかもしれません。頼れば心強い味方ですのでぜひ活用してください。

6.結婚生活に直結することも少しづつ確認していく

結婚相談所は結婚が目的で利用しています。会うのは2回目であっても

  • 「ご両親はどんな方ですか?」
  • 「職場はどの辺にあるんですか?」
  • 「いつも仕事が終わるのは何時ごろですか?」

とか踏み込んだことを聞いても大丈夫です。一緒に暮らすとしたら、職場があまりに遠くどちらかが仕事を辞めなくてはならないとなると難しいかもしれませんよね。

仕事が終わる時間を確認しておくと、相手に連絡する時間も気遣えるのでおすすめです。

ただし、仮交際中に相手の貯金額を聞いたり、卒業した学校名を聞いてマイナスイメージを持たれて交際解消という事例もあります。品定めされている印象は持たれないようにしましょう。

7.伝えておきたいネガティブ情報は事前に伝える

持病がある、近い身内に新興宗教信者がいる、借金(奨学金含む)返済がある、貯金が少ない、前職の退職理由が懲戒解雇、ブラックリストに載った、転職回数が多い、前科がある、今の会社を近々辞める予定、身内に反社がいる等のネガティブ情報は3回目に会うぐらいのタイミングで打ち明けましょう

自分がいう前に、相手が気が付いて知った場合、隠しているつもりがなくても「隠していた」と思われかねません。

分かっていれば婚約しなかったということもあります。例えば、警察官の方は前科がある方や外国籍の方との結婚が難しく結婚前に身辺調査があるようです。

お互いが結婚の意志を確認して成婚退会してから、婚約が破談するといった事態になったら時間、お金、労力がもったいないのですし、聞かれる前に相手に伝えた方がいいです。

まとめ

結婚相談所の仮交際期間は慎重に!

結婚相談所の仮交際はあくまで「仮」です。結婚する前の大事なことを確認しながら、慎重に勧めましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

素敵なご縁があることを願っております。