頑張る男性
婚活の心構え

リスクが不安。経営者・自営業との結婚に向いている女性の特徴

会社員・サラリーマンと結婚したい人は安定した収入を求めていますが、経営者と結婚したい人はそのリスクについてどう考えているのでしょうか?「社長夫人」というステータスは魅力的ですが、当然、事業が失敗するリスクもあります。ここでは経営者・自営業の男性との結婚について考えます。

実は結婚できなくて困っている独身経営者多い

婚活で人気はリスクの少ない会社員・公務員

「独身貴族」というイメージがぴったりな経営者ですが、実はあまり結婚できなく困っているようです。「IT会社の社長と芸能人の結婚」はよく聞く話ですが、そういう恩恵にあずかれる人は一部で、あとは「婚活」をした場合はなかなか苦労するようです。

婚活をしている女性は、男性の年収を気にすることはよく知られていますが、同時に重視するのが男性の職の安定性です。つまり「クビにならない、一生勤めることができる」ことも合わせて大事な要素になりました。

つまり、経営者という「職業」は、安定して雇用されるものではないですから、会社が倒産してしまうなどのリスクがあります。そのリスクを絶対に避けたい女性が一定層いて、今の年収やお金よりも職の安定を何より重視しているわけです。そういう人と婚活であっても向こうから断られてしまうというわけですね。

玉の輿?経営者と結婚する相手はどんな人

独身経営者は結婚しないの?結婚できないの?

ハイスペック男子

男性の結婚率は年収に比例するということは広く知られています。年収300万円未満の男性は結婚できなくて、婚活市場でもかなり苦労しているという話も聞きます。

一方、独身経営者の中にはかなり稼いでいる人もいるでしょう。実は、年収1000万円までは年収と結婚率が比例するのですが、1000万円を超えると、男性の場合未婚者が増えるんです。

年収と未婚率のデータはこちらから

婚活をすればモテモテのはずなのですが、要は「独身貴族を謳歌したい、謳歌できる層」というわけです。彼女がいない、できないということでもないでしょうから、意図的に結婚しない人たち、結婚しなくても色々なものが手に入る人たちがいるということですね。

年収1000万円以上の男性全てが経営者、自営業というわけでもないのですが、超ハイスペ男性は「結婚しない」ことを任意で選べて、結婚で手に入る価値と同等のものを「お金で買える」ということなのかもしれません。

「年収が高いから嫌!」という女性はまずいませんから、ハイスペ経営者の場合はあえて、結婚していないと考えるべきです。

ただし、年収500万円くらいの経営者というか「個人事業主」レベルであれば、同年収のサラリーマンよりも婚活で結婚できる可能性は下がるでしょう。

関連記事

ベンチャー企業経営者の年収マイナスもあり得る

告白

「ベンチャー企業の経営者とモデルが結婚」などと言うニュースもありますが、ベンチャー企業はリスクが高いと認識してください。

同じ経営者であっても

  • 百年続く家業を継いだ人
  • 自分でITベンチャーを興した人

では、経営上のリスクが段違いです。前者はむしろ百年続く安定した基盤があり、周囲(ベテラン社員等)のサポートや地域の協力もあるでしょう。しかし、後者はその経営者が一から開拓していかなければなりません。アドバイスも、逆に諫言もしてくれる人はいないわけですから、経営が失敗して倒産する可能性があります。

もちろん、その年の経営がうまくいかなければ年収ゼロどころか年収マイナスもあり得ます。その場合、妻になった人は別のところで働いて家計を支えないといけません。

ただし、経営が成功すれば年収数億の億万長者の妻になれる、かもしれないというギャンブルの世界でもあります。

経営者、自営業者の結婚観、人生観は仕事中心

自分で会社を興すような経営者、自営業者であれば仕事が大好きに違いありません。まして、年収1000万円超のハイスペであれば、自分の事業を拡大して軌道に乗せることを第一に考えていて、結婚の優先順位が低い可能性があります。彼らの条件に合致する女性がいなければ、結婚できないのではなく結婚しないんですね。

そういう経営者はおそらく2タイプいて

  • 結婚して妻には家庭のことをしてもらいたい、自分は仕事だけやる→専業主婦希望
  • 家庭的な価値観、結婚観が本当になく仕事中心主義→婚活にそこまで積極的ではない

どちらも「仕事中心」ではありますが、前者であれば婚活せずとも、早い年齢で結婚している可能性があります。事業の展開や経営が上手だということは、対人スキルも高いわけで、「モテないタイプ」は少なそうです。

関連記事

経営者との結婚に向いているのはバリバリ仕事をする女性

では婚活市場にいる経営者というのはどういう人なのでしょうか。専業主婦希望の人ではないケースが多いとすると、中途半端に「パートでもいい」というタイプでもないはずです。家庭的な結婚観ではないので、夫婦、家族というよりも、戦友、ビジネスパートナー的な相手を求めているはずです。

つまり、守ってあげたくなるような女性ではなく、自分と同等にバリバリ仕事ができるタイプを婚活市場にいる経営者は必要としていると思ってください。

これは自分の会社が失敗した時の「リスクヘッジ」とかではなく(結果的にリスクヘッジにはなりますが)、共有する価値観、結婚観としてキャリア志向の女性がいいということです。

か弱くて、一歩も二歩も下がって夫についていくタイプの妻ならいらない、と考える経営者が意外と多いのだと思います。

経営者と出会いやすいのはFacebook連携型サイト

ライン

バリバリ仕事をするタイプのベンチャー系経営者の特徴をまとめてみましょう。

  1. リア充タイプ
  2. 社交的、交友関係が広い
  3. パソコン、ネットに強い
  4. 自分から積極的に情報発信する
  5. 自己顕示欲が強い

そうです、そうそういう人はFacebookを使っている可能性が高いんです。それも、FBの友人500人~1000人レベルでしょうね。だから、そういう経営者と出会いたいのであれば、「Facebook連携型の婚活サイト・アプリ」がおススメです。※ただし、最近はFacebookを活用している経営者は一時期より減ってきました。

というわけで、Facebook 連携型(Facebookをやっていなくても利用できます)の婚活サイトだとこの2 つをおススメします。

① Pairs

日本で一番登録者が多いと言われる婚活サイトです。コミュニティなどの機能も充実していますし、何より女性無料でできるのが大きいですね。2017年からFacebookアカウントがなくても利用できるようになりました。

ペアーズ公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

②Omiai

Facebook連携型婚活サイトの老舗です。Pairsと似ていますが Pairsと比べて「本気度」が高いようで、経営者狙いならばこちらも合わせてやってもいいと思います(Pairsは無料ですし)。2018年からFacebookをやっていなくても利用できるようになりました。

  • 女性も無料
  • 年齢層がPairsよりも高め

Omiai公式サイト


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

このタイプなら友人の人数でソートもできますし、何よりしっかりと「その人本人である」可能性が他の婚活サイトと比べて高いですからね。

支えてあげられる女性を求めている経営者は多い

飽きない男性を望むなら経営者・自営業者はよき夫

会社員のストレスも大変な問題ですが、経営者が持つそれは性質が異なり、常に張りつめています。それを支えてくれる女性がいれば、仕事にも張りが出てよりまい進できるのだと思います。

パートナーとして苦楽を共にして、ビジネス上の困難を乗り越えてくれる伴侶を経営者は求めています。経営者は頭も切れますし、何より会社を大きくしていく過程で得られるダイナミズムは会社員、サラリーマンの妻では得られないものです。

(会社と家との往復という)単調な日常ではないので、そういう人の妻であれば日々飽きないと思います。商い男性を望むなら、経営者・自営業者はよき夫になるでしょうね。そういう人生も悪くないのでは?

ただあえて、自営業や経営者を選ばなくてもいいのかなとも思います。出会った方がたまたま自営だったというぐらいでいいのではないでしょうか。

自分に合う安全で出会えるおすすめ婚活サイト12選

松田謙太郎
旧姓松本。婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。かつては、お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆。研究の甲斐あり、2017年に見事に結婚。