オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

40代未婚ならアウト?一生結婚できない男の特徴7選

独身男性、一人、孤独 婚活のノウハウ

どんなに婚活しても結婚できない男たちの実態

婚活パーティー事業者、恋愛コンサルタント、結婚相談所に聞きました

婚活パーティー、お見合い

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

婚活業界の知り合いは多いのですが、婚活業界の人が「あの人はもう結婚無理でしょう」と思っている男性がおります。別に年収が低いとか、太り過ぎとかそういう分かりやすいデメリットがある訳ではありません。中には高学歴、高収入なのに結婚できない認定されている男性も大勢おります。

本人は自分の問題に気が付かず、たくさん出会いを探せばいつかありのままの自分を受け入れてくれる女性がいるはずと思っています。

出会いを増やそうとしてもダメなんですけれど、本人は自分の問題に気が付きません。読者の中にそういう方がいないことを願いますが、自分に厳しい目を向けながらぜひ読んでください。

40代で判明する!一生結婚できない男の特徴7つ

1.マンション・家を持っている男性

40代の困ったことは昭和の親世代の結婚観のまま婚活していることです。昔ならば、それが婚活でプラスになったかもしれないけれども今は逆にマイナスになってしまうこともあるのです。

例えばマンションや家を持っていることです。

婚活中の女性から

  • 「タワマンに住んでるって自慢されてドン引きした」
  • 「家を買ってローンがあるのにその家に住んでくれる女性を探していると言ってて断った」

こんな話をよく聞きます。

婚活事業者からも「二世帯住宅立てたから来てくれるお嫁さんを探していると言われて困った」なんて話も聞きます。名古屋近郊の東海地方だと特にこういう古い考えの男性が多いようで、マンションではなく戸建てを断ててから婚活している男性がずっと結婚できずに残っているそうです。

女性だって働いていますし、通勤の便とか考えます。自分が暮らすなら水回りの使い勝手、買い物の便がいいかなども考えるでしょう。子どもが生まれたら、通学や学区も大事ですよね。

独身なのに家を買った男性はそこまで考えたうえで購入しているのでしょうか?おそらく考えていないでしょう。「じゃ、売ればいい」と言って家は簡単に売れるものでもありませんよね。

2.40代をまだ若いと思っている男性

デート

女性は20代からライフプランを考える方が多いです。子どもを持つとなれば、産める年齢は限られてきますし周りの結婚出産に影響も受けます。若い女性の方が誘いが多いのは事実。

でも、男性でも若さは重要なのです。若さに対して無頓着すぎまだまだ若いつもりでいる幼いおじさんが多いのです。

「40歳って別にまだ若いでしょ。男は何歳でも子どもは持てるよね」

なんて思って若さを重要視しない男性は結婚無理です。

日本の男性は何歳で結婚する方が一番多いかご存知でしょうか?ニッセイ基礎研究所のシニアリサーチャー天野馨南子さんによると27歳だそうです。初婚で結婚する夫婦の夫が何歳で結婚するのか調べると

  1. 20代で結婚 52.6%
  2. 30代で結婚 37.7%
  3. 40代で結婚 7.8%
  4. 10代で結婚 1%
  5. 50歳以上で結婚 0.9%

40代で結婚した有名人のニュースがあるのでできると思い込んでしまったり、自分の周りも独身で焦らない方も多いのですが結婚する男性は9割が20~30代で結婚しているのです。こういう現実を知らず、まだ大丈夫と甘く考えすぎているのです。

3.5歳以上若い女性を希望するのは「普通」と勘違いしている男性

男性は年齢が上がるほど年下の女性と結婚したいと考える男性が増えます。街コンジャパンを運営するリンクバルが行った調査だと40代男性の62%が年下女性を希望しています。

「え?男はみんな年下の女性と結婚したいものじゃないの?」

という方がおりましたらそれが昭和の考えと思っておいてください。出生動向基本調査によると1980年代は9割の男性が結婚相手は年下の女性を希望しています。2015年の調査では41%の男性が同い年の女性を希望しているのです。

夫婦の年齢差も年々縮まっており、2018年に結婚した初婚夫婦の場合の年齢差は1.7歳差だそうです。しかも夫婦の4分の1は妻の方が年齢が上なのです。

結婚相談所で仲人を困らせる若い女と結婚したいおじさん

結婚相談所等の婚活サービスを使ったからと言って若い女性と結婚できるわけではありません。結婚相談所で成婚退会したアラフォー男性のお相手との年齢差は約5歳ぐらいです。年下女性と言っても5歳差ぐらいまでならば実現する可能性は高いです。

しかし、40代男性の相手の希望年齢を調べると5歳差以内という実現可能な希望を持っているのはたった17%だけ。一番多いのが11~15歳差です。

知人の仲人からも「アラサー女性に10歳20歳上で申込む男性が多くて困る」とよく聞きます。婚活中の女性もそういう10歳以上年上の男性から申し込まれただけで気持ちが悪いと感じてしまう方が多いのが現実です。

星野源さん40歳が8歳年下の新垣結衣さんと結婚できたのは星野源さんがスターだから。

4.妊娠出産に無知すぎ!子どもが欲しくて婚活している40代男性

子ども、父親、

結婚相談所の方からかつて「子どもが欲しいって48歳の男性が入会して10歳以上年下の女性にばっかり申込んで困る」という会員を紹介されコンサルさせていただいたことがあります。

悪い方じゃなかったのですが、夫婦の年齢差は5歳差以内ということも妊娠出産の知識もご存知ありませんでした。幸い、その方は現実を受け入れ子どもは授かるチャンスがあれば程度に希望を修正し、お子さんがいる方と同年代も対象にしてお相手探しをすることにしてくれたのです。

プロフィールにも「子どもが欲しいから婚活しました」と書いてありましたが削除しました。女性が見たら

  • 「自分はその歳で子ども授かれるって思っているの?自分の精子は大丈夫な根拠はどこ?」
  • 「子どもって生まれるまで10ヶ月かかるし、結婚だって出会って結婚するまで短くたって半年。最短で妊娠しても2年後ぐらいなのにその時何歳?」
  • 「子どもが高校卒業する時、おじいちゃんなのに教育費はどうするの?」

不妊の原因を夫婦で調べると、約半分のご夫婦は夫側に原因があるそうです。結婚して妊活しているご夫婦の調査結果であって20代30代男性が多く含まれるでしょう。

40代なら自分に原因があって子どもが授からない可能性も低くはないことは覚えておいてください。あと子育てどの程度協力できるのでしょうか?

4.40代で実家暮らしの男性は結婚できない

実家、親の家

子ども部屋おじさんという言葉が有名になりました。

実家暮らしは30代でも女性でも婚活では圧倒的に不利なのです。40代男性が実家暮らしならどうみられるでしょうか。

女性で実家暮らしの方でも、結婚相手を探すときに実家暮らしの男性を避ける傾向があります。そういうものなのです。

一人暮らし経験があり、親の介護などなにか事情があって実家に戻ったのだとすればそれは婚活のプロフィールに加えた方がいいでしょう。

一度も実家を出たことがないで40代になってしまった男性の結婚は厳しいです。「貯金もできているし、実家暮らしだっていい面がある」というのは言い訳です。婚活中の女性は、当たり前のように一人暮らしをしていて家計のやりくりしている男性と比べるのです。

結婚したいのであれば言い訳は飲み込んで今すぐ『お恥ずかしながら実家暮らしです』という姿勢は持ってください。可能なら一人暮らしを始めて欲しいです。

一生独身だったとしても、親が死んでから生まれて初めて一人暮らし開始だと年齢が上がってから新しいことを始めるのは大変ですよ。

5.何事もまず親に相談。40代なのに親離れできていないおじさん

両親、親、シニア

親離れできないことは結婚の障害になります。仮に結婚まで至っても、奥さんより親に相談するような男性は離婚を切り出されることが多いでしょう。実家依存は年収が高かったり、公務員等の安定した仕事についている男性にも多いのです。

ある女性は年収が高い男性とお見合いしました。

「親の会社で働いていて、親が投資用で購入したマンションに住んでいるって言われて親離れしていなさすぎて断った」

と言っておりました。

独身の子供を持つ親向けの婚活相談に載っている方から話を聞きました。親が結婚に口出しをする男性は40代でも50代でも相手の女性は婚歴ナシにこだわることが多いそうです。そちらでは親が相談にきて成婚に至ったケースはないそうです。

6.婚活パーティー参加が趣味化している男性

年の差

こんな風に婚活が楽しくなってしまう男性がいます。毎月いろんな女性に会えて楽しいかもしれませんが、それじゃ当然結婚はできません。

ある女性から「婚活パーティーで知り合った男性から終了してから、別の婚活イベントが楽しそうだけど行きませんかって誘われた」というようなネタになる話も聞きました。でもこれが珍しい話ではないのです。

婚活パーティーの会社の方からも「男性参加者は8割がリピーターでより好きな方は、予定を出すとすぐ予約を入れてくれる」と言っておりました。

ある結婚相談所の方から「趣味の欄に婚活パーティーって書いている男性がたまにいる」と聞いたことがあります。婚活パーティーが趣味って、結婚が目的で始めたはずなのに趣味化するのってどうなんでしょうか。

こういう男性は非常に婚活に詳しいです。婚活のプロにならずに、誰かの夫になればいいのに。

7.結婚できないのは女のせい?認知がゆがんでいる男性

バツ、ありえない、イライラ

多分、ここを読んでいる方は当てはまらないと思います。だって、何かしら自分に原因があるかもしれないと振り返って読んでいるでしょう。

何回も同じ失敗を繰り返している男性がおります。40代婚活男性の中には5年以上婚活している方もいるでしょう。ある結婚相談所に10年以上在籍している男性会員がいるそうです。

「女性から断られても『あれは僕の方がもう少し押していたら結婚できたと思う』となんか勘違いしているんです。その方とお見合いした女性は、時間が長く感じて辛かったと言っていたのに。女性の気持ちを伝えても『緊張して控えめな女性なのかな』とか会話がかみ合わない」

と仲人が嘆いておりました。無駄に自己肯定感が高くて自分は悪くないと思い込み現実を歪めて受け取っているのです。結婚できないのは婚活女性が悪いと思っているのです。

マッチングアプリでも結婚相談所でも男性は写真がよくない方が多いです。結婚相談所であれば、男性に写真改善を伝えることもあるでしょう。若い方ならそんな助言を聞いてくれる方もいるそうですが、40代男性会員は

  • 「写真を変えれば確実に結婚できるのか?写真で選ぶんじゃなくて中身で選んでほしい」
  • 「それはオタクがスタジオ紹介料のキックバックをもらっているから言っているのか」

とか屁理屈をこねて写真を変えない男性が多いのだそうです。中身を見て欲しいという男性の中身はだいたい大したことがないのです

結婚できないの男性はここまで読んでない

幼いのに古い価値観を引きずる40代男性は結婚ができない

最後までお読みくださりありがとうございます。結婚できない男性は、カッとしやすい方も多く、自分に都合が悪い話は聞きません。

本当に結婚できない男たちは、頭にきて途中でこの記事を投げ出し、ここまで読んでいないでしょう。多分、あなたはまだ結婚できる可能性がすこしある方なのではないでしょうか。

本格的に婚活をするのならば、結婚相談所の方が効率が良いのではないかと思います。

うまくいくことを祈っております。