オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

完全無料にダマされるな!出会いアプリを安全に使う5つの極意

不審な男性 婚活のノウハウ

完全無料の出会いアプリは危険がいっぱい。

無料だからお得⁉ではない。

「同じ出会いなら無料のほうがお得」と思っていませんか?

安全に使うならば完全無料は危険もたくさん。
かといって結婚相談所みたいに高ければいいかというと、そういうわけでもないのです。
安全に出会うためにどんな出会いアプリを使えばいいのか、危険な相手の実例をまとめてみました。

安全に出会いアプリを使うために知っておきたいこと

サクラ・悪徳業者はいるの?見抜き方のコツは

タダのつもりが…

マッチングアプリや出会いアプリ側が男性を集めるために女性のサクラを使ったりするということはありません。
しかし、無料であれば遊び相手を探している既婚者や、ネットワークビジネスや営業等の勧誘目的で登録している業者はたくさんいるでしょう。

タダより高いものはありません。本気でマジメに出会いを探している方、婚活している方にとって関わるだけ時間がムダではないでしょうか。

有料だから安全というわけでもない

とはいっても有料サイトの中にも怪しい業者はいます。実際にそのような業者とやり取りをしたという方に聞くと、プロフィールで写真がイケメンやカワイイ女性であることがほとんど。
会う前から「好きになりそう」「タイプです」等といって相手をその気にさせる人わりには「忙しい」といってなかなか会えない人が多いです。なぜかといえば、写真が全くの別人か、同時に何人もの人とやり取りしているため。

年齢確認は必須

また、たまにニュースにもなる未成年が年齢を偽って登録しているケースも。そこで出会って事件に巻き込まれて、逮捕されてしまっては、会社をクビになるかもしれません。今後のキャリアが台無しになるかも。年齢確認がきちんとされているところがいいですね。
そういう意味で、男女ともに完全無料の出会いアプリはおススメしません。

では高額な結婚相談所などがいいかといえばそういうわけでも。「大金を払ったんだから結婚させてくれるでしょう」という出会いのおぜん立てを期待する方が多いのです。
ごく普通に真面目に出会いを探している方と出会いたいのならば、月額3000円前後の無理なく払える金額のサイトがおススメ。女性が無料のところもあります。

関連記事

出会う前にLINE交換をしてはダメ

男性の方はすぐにLINEを交換したくなる人が多いようですが、ネットでの出会いで心配することは男女で大きく異なります。

男性はせいぜい「このみの子かな?」「写真よりブスだったらどうしよう」ぐらいかもしれません。女性は「危険じゃないかな」「変質者じゃないかな」と人間としてまず安心できる相手かどうかをすごく気にします。

女性に会う前にLINEを聞けば、他意はなくても嫌がられる可能性が高いと思っておきましょう。紳士的に。

「友達になりたい」「アプリのチャットが使いにくい」からなどといって、出会う前にLINEを聞いてくる人がいます。すぐに退会してお金を払いたくないか、悪徳業者の可能性もあります。

有名アプリは監視体制があるので危険な人は運営元にすぐ通報されます。

安全に出会いたいのであれば、LINE交換は1~2回会ってみてからにして信用できそうな人かどうかを見極めたうえで交換しましょう。

向こうから「LINEを教えてほしい」といわれたら「念のため、実際に会ってからでもいい?」と伝えましょう。

それでもしつこく聞いてくるような人は危険です。安全に出会うための男女の仲介ツールがアプリですからそこは守ってほしいですね。

チャットのメッセージで相手の目的を知ろう

アプリの中で連絡交換が始まった異性がいても、メールのやり取りで何となく人柄が現れますよね。

結婚相手を探しているのか、マジメな出会いを探しているのか、セフレを探しているのか等。また、男女とも複数の人とやり取りをしているため、お互い様なのですがあなたは他の同性と天秤にかけられて比べられています。マジメに出会いを探していたとしても、やり取りの途中で「この人はナシ」となってしまう場合も。

あなたに対しての本気度が薄い人にありがちなパターン

  • プロフィールに書いているのに「趣味はなに?」と聞いてきたり、一度答えたのに同じことを質問してあなたのことを覚えようとしない。
  • なかなか会おうとしない。週末休みの仕事なのに、土日に会えない方はほかに本命がいる可能性が高いです。
  • 返信がだんだん遅くなっている。

マッチングしやすい男女は出会う前からチャットのやりとりのテンポがあっています

毎朝の「おはよう」と毎晩の「おやすみ」いうやりとりが楽しみで結婚した方も。挨拶の言葉を交わすことが生活の中で重要だなという方同士であっていますよね。

「要件が分かることが重要。長いメールはお互いの時間を奪うから送ってくる人は迷惑」といっていたサバサバしているキャリアウーマンはまず会ってから判断したいと、チャットのやり取りは日程の確認程度でした。それで同じような多忙な経営者の方と出会って即お付き合いスタート。付き合ってからもLINEは要件ぐらいだそうです。時間が大事なお二人らしいと思います。

関連記事

Facebook、SNS連動型が安全な理由

ペアーズやOmiaiのようにFacebookなどのSNS連動型アプリが増えています。「友達にばれたらイヤだな」という心配は無用。プロフィール写真はFacebookのアカウントと同じ写真ですがばれることはありません。

Facebook連動型は比較的安全です。絶対とはいいきれませんが、Facebookは基本的に本名で使いますので、リアルな友達とつながるためのSNS。怪しい人が存在しにくいのです。また既婚者の場合、Facebookは家族写真を載せていたりしてすぐにバレます。絶対にいないとは言い切れませんが、Facebook連動型は身元がしっかりしている人が多いのです。

Facebook上の友達の数も表示されます。マッチングサイトを使うためだけにFacebookに登録する人もいるため少ないから悪いというわけではありまえんが、交友関係の目安にはなりますね。

「Facebookをやっていないから」

という理由で使えないと思うのではなく、このためだけにFacebookに登録してもいいと思います。

料金はペアーズが2067円~で女性のみ無料プランもあります。Omiaiは2,780円~。

出会い無料アプリで実際に会った被害の例

実際に出会いサイトで被害にあったという話をいくつか聞いたことがあります。

リベンジポルノに巻き込まれたAさんの場合

Aさんは年上の高学歴な大手の銀行員と知り合いました。初デートはご馳走してくれたものの、2回目以降は割り勘。「本気になってもいい」という彼の言葉を告白と受けとって、彼女は交際していると思っていました。

彼からホテルに誘われていったとき、「後で見たいから」という理由で彼は彼女の裸の写真をスマホで撮ったのです。嫌だったのですが、彼氏だし付き合ったばかりでいうこともできず。

彼と彼の友だちを交えての飲み会にも誘われたこともあり、普通に彼女として大事にしてくれていると思っていたそうですが、だんだん彼の態度で不自然な点がでてきました。彼女が3か月後に別れを切り出した時に、彼は「あの写真をばらまかれたくなかったらお金を出せ」と脅してきたそうです。

迷った末に、彼女は警察に相談し彼は逮捕されました。彼の学歴やキャリアは本物でしたが、マンション投資かなにかで失敗して高収入のわりに貯金がありませんでした。彼のスマホからは他にも裸の女性の写真がでてきたそうです。きっと他の女性からも数万円~数十万円を脅し取っていたのでしょう。

家族思いの美人の正体は…Bさんの場合

Bさんは出会いアプリで出会った方からすぐに「LINEを教えて」といわれて教えてしまったそうです。アイコン写真がすごくかわいらしく、「アプリの操作が苦手なの」といわれて信じ込んでしまったそうです。LINEでやり取りをしていて家族が病気で仕事も忙しくて大変と愚痴をこぼすようになり、彼は慰めていました。

その後、「このサイト見て」とブログのようなURLが送られて来たそうです。その頃から彼女は働いているはずなのにいつも返信が14~16時台のことに不信感を持っていました。URLを検索してみるとそこは有料課金サイトに誘導されていて他に被害にあった方の話がでてきたそうです。

関連記事

掲示板、レビューから分かるおススメアプリ、NGアプリ

運営している企業をみよう

出会い系

おすすめのアプリは

  • ペアーズ
    アメリカの上場企業子会社エウレカが運営
  • Omiai
    上場企業ネットマーケティングが運営
  • with
    上場企業イグニスが運営

大手企業が運営しているようなところはよいでしょうね。365日24時間監視体制があり、悪質ユーザーを通報する機能があるところがいいですね。この辺もきちんと大きな会社の運営するサイトなら監視体制も整っているでしょう。

新宿駅で配っていたポケットティッシュに入っていたのはある無料マッチングアプリの広告でした。「すぐ出会える」とギャルっぽい女子の写真が載っていて、それで登録する男性ってどんな人か想像つきませんか?

繁華街であるマッチングアプリのラッピングトラックを見たことも。やたら胸が大きい女の子の萌え系イラストが使われていました。あれを見て登録する人と出会いたいでしょうか?

大手が運営している出会いアプリも広告やPRをすることはあるでしょう。しかし、甘い話をチラつかせている胡散臭い雰囲気が漂うことはやりません。

辞めたほうがいい出会いアプリはPCMAX、ハッピーメール、ぎゃるる、ソクアイ等。

安全で選ぶならおすすめ出会いアプリ3選

選んだポイントはこの3つをすべてクリアしているところだけです。

  • 24時間365日監視体制
  • SNS連動型
  • 運営会社がきちんとしている。(上場企業または上場企業のグループ)

1位 Omiai

Facebook連動型の出会いアプリ。

免許証やパスポートで年齢確認がないとメッセージのやり取りができません。

女性も有料なので、遊び目的の方は少なく本気度が高い方が多い印象。

OMIAI 公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります


2位 Pairs(ペアーズ)

Facebook連動型のマッチングアプリ。登録者数500万人。今はFacebookをやっていなくても登録できます。

プロフィールなどの情報から、相性がいい人を紹介してくれる機能もあり日経MJにも掲載されて有名な出会いアプリ。

女性は無料プランあります。

ペアーズ 公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

ペアーズは2019年にマッチングアプリ独身証明書を提出した人しか登録できないペアーズエンゲージをリリースしました。月会費9800円ですが結婚相談所と比較するとかなりリーズナブル。対象エリアは一都三県です。


3位 With(ウィズ)

メンタリストDaigoさんが監修した共通点が多い人がみつかるアプリ。

後発ながら、会員数が40万人と急拡大しているので、出会いを探している人がたくさん登録しています。

Facebook連動型で女性無料。珍しく今だけ男性新規登録無料ですので今のうちに!

with公式サイト


※クリックするとストアアプリが立ち上がります