どれくらいがいい?ネット婚活で知り合った人とのメールの頻度

婚活サイトで知り合った場合、実際に会うまでも会ってからもメールというのは不可欠な手段になります。問題はその頻度で、多ければ良いというものではありません。何通も何通も次から次へとメールが来るのが怖いという人もいますし、律儀に返信をすると大きな負担にもなります。ここではネット婚活ではどのくらいのメール頻度がいいのか考えます。

最初に「いいね」してみましょう
879

メールをする媒体でも異なります

PCメール、携帯メール、LINE…、もっと大変になることも

今の婚活ではLINEは欠かせないものになっています。一方で「既読、未読のかけひき」は疲れるという人も少なくありません。「既読」だとすぐ返信しないと、と頻度が上がり、未読だと「興味がないのか?」と疑心暗鬼になります。

本論とは少しずれますが、LINEをスマホにDLしてあることを前提に、LINEが嫌な人は「携帯メールやPCメールでもいい?」と聞くのもありだと思います。「LINEがいい」と言われればLINEを使いましょう。一応やり取りの手段をまとめます。

①LINE

ご存じのスマホアプリで、メッセージよりもチャット感覚でやり取りできます。文字を送らなくても「スタンプ」があるので、面倒な場合それで済ますという方法もあります。

「既読・未読」が分かってしまうのでそれを巡る駆け引きもあります。問題は誤送信しやすく、メールに用に「ここに送ってもいいですか」というメッセージや下書き保存はできないため、誤って友人、知人、上司、他の婚活でやり取りしている人に送ってしまうことがままあります。簡単に送れるのでメールの頻度はかなり多くなります。

②携帯メール

かつてはこちらがネット婚活での連絡手段の主流でした。ネット婚活で相手が教えてくれそうなのは、電話番号やPCメールアドレスよりも、LINE-IDか携帯メールアドレスですので、少なくとも(ガラケーでも))携帯メールを使えるようにしておいてください。

文章作成にそれなりに時間がかかるので、メールの頻度はLINEよりも少なくなるケースが多いようです。とはいえ、持ち歩くわけですから「見ていなかった」という言い訳はあまり通用しそうにはないですよね。

③PCメール

これを使う人はあまりいないのですが、PCメールがいいという人もいます。Gmailなどのフリーメールならいいやという考えもありますしね。

長所は長文を入力するのが簡単なこと、中には1回に1000字を超える文章を送ってくる人もいます。それだけ内容があるやり取りができればかなりお互いのことを知ることもできます。

ただし、文章が長いということはそれだけ「NGワード」をうっかり入れやすくもなります。相手の「地雷」を踏んでしまい、いきなり受信拒否なんてこともあるため諸刃の剣ですね。

家にいないと返信できないので、メールに追われるのが嫌な人はこれがいいかもしれません(言い訳できます)。

④ネット婚活のメッセージシステム

ネット婚活ではマッチング後は専用のシステムでやり取りをして、実際に会った時にアドレスなどを交換してくださいという建前のところが多いです。

それでも問題がないのですが、使いにくい(HPにログインしないとダメですし)、「この人は自分の連絡先を教えたくない、遊びなのか?」とネガティブに捉える人もいます。

ただし、「会うまではこれで」という人もいるので、無理にLINEなどに以降せず、提案をして、まだこちらでということであればこのシステムで続けましょう。いずれにせよ、1度会ってまた会いたい場合はアドレスなどを交換します。ここで拒否されるならば切ってもいいと思います。


[人気記事] ゴールデンウイーク明けの5月は出会いの確率が50%アップ?

ネット婚活で知り合った人とのメールの頻度

1日1往復を目安とする

20161021_01

答えは「1日1往復」です。多くても少なくてもダメで、特に会う前や仮交際の段階では相手に負担をかけるべきではありません。

メールの場合「今日はどうでしたか?」とか「こういうことに興味はありますか?」など質問形式でかつ返信しやすい内容を最後に付けてみるといいと思います。

メールの場合は長すぎず、短すぎずですが、やり取りしていくうちに長いメールがいいのか短いメールがいいのかわかってくると思います。

LINEの場合はもう少し頻度があってもいいかもしれません。メッセージ2つ、3つにスタンプ、相手からの内容によってはもう少し送ってもいいと思います。最後はスタンプを押します。

忙しい日でもスタンプだけは必ず送るようにしてください。

関連記事

「追撃」はいつからする?

20161021_02

相手からの返信が2、3日ない場合、催促をすることになりますが、何度も何度も送るとマイナス効果です。相手の性格がのんびりしているのか、その時点であなたの優先順位が低い、返信できないほど忙しい、のどれかでしょうか、どれかは分かりません。

2日来なかったら「お忙しいようですね~。無理しないでいいですよ」と送ってみましょう。それでも返信がなければ脈がないと思っていただいて結構です。

関連記事

LINEは返信圧力がある

20161021_03

個人的にはネット婚活でもLINEメインは避けたいのが本音です。「既読スルー」「未読スルー」どちらも精神的に応えます。相手次第ですが「1日1回必ず返す」などルールを決めておくといいかもしれません。

とにかく「返信しなければ」「なぜ返信がないの?」と精神的なプレッシャーがあるのがLINEです。

婚活パーティーの場合は一番交換しやすいのがLINE-IDですが、ネット婚活は時間的な制約はないのですから、「できればメールで、もちろんLINEもできます」という姿勢だといいと思います。

そうしないと1日に何往復もして頻度は上がりますが、相手への疑念だけが高まるという結果になりかねません。これでは婚活の意味がないですからね。

本交際になれば後は2人の考え次第

20161021_04

仮交際から本交際になり、恋人関係になれば特にルールはありません。毎日電話で話したいという人もいるでしょうし、LINEにも通話機能があります。頻度が上がることについては問題ないと思います。

仮交際未満で何通もメールしてきたら「ストーカー気質」と思われても仕方がありませんが、本交際になれば恋人の愛情表現です。そこが大きく変わりますが、ここまで進めるようにがんばってください。


【オンライン型結婚相談所】結婚までの平均交際期間5.3ヶ月!!

メール頻度に答えはないのが正直なところ

早くその人のペースをつかみましょう

「1日1回」と書きましたが、これが正解とは言い切れません。人と人とのやり取りですから機械的に割り切れるものではなく、当人同士のペースというものがあります。

1日3往復問題なくできる人たちもいるでしょうし、かえって負担になり」「いいや」と交際が終了してしまうこともあります。メールの頻度はあくまでネット婚活の戦術の1つです。答えは本交際につながり、恋人になり、結婚できることです。

そのため1日1回で相手の反応を見てみましょう。お互いの負担にならないラインがここだと思ってください。

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません
最初に「いいね」してみましょう

≪ランキング発表≫異性と出会う方法

社会人になると「出会いがない!」悩みを持つ人は多いのでは?

職場や友人とのつながりの中でも出会いがないと、なかなか新しい出会いを見つけるのは大変ですよね。

定番の合コンや友達の紹介は、あまり期待できないし、婚活パーティーに行くのもちょっと勇気がいる・・・

そこで異性と出会う方法トップ10をご紹介しますので、どんな方法があるか見てみませんか?

☆ランキングを見る☆

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者



婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆中。自分自身の婚活の価値がゼロになってしまったため、再起を図るべく活動中。