スマホをみて考える女性
婚活のノウハウ

マッチングアプリとは?出会い系との違いと優良アプリの見分け方

マッチングアプリとは、婚活サイトより気軽に、同じ趣味の人や飲み友達を探せるアプリです。でもそれって、出会い系とどう違うの?お金目当てのサクラや、体目当ての遊び人も混ざっているかも……。と、ちょっと心配ですよね。今回は、マッチングアプリと出会い系との違いと、安心して使える優良アプリの見分け方をご紹介します。

マッチングアプリとは?

出会い系より健全で、婚活サイトより気軽に使える

マッチングアプリとは、婚活サイトと出会い系の中間のような存在。実名登録やFacebook認証で怪しいユーザーをシャットアウトし、トラブルを防いでくれます。

「いきなり婚活サイトに登録するのは敷居が高い」「婚活サイトを使ってみたけれど、うまくマッチングしなかった」という人におすすめです。

ただ、その気軽さゆえに「本当に安全なのかな」と心配になりますよね。初めてでも失敗しない、優良アプリの選び方をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

優良アプリを見分ける7つのポイント

1、まずはみんなが使っている「王道」アプリを選ぼう

初めてマッチングアプリを使うなら、次の3つの条件で選ぶことをおすすめします。

  • 有名である
  • 会員数が多い
  • 運営体制がきちんとしている

大手企業が運営しているマッチングアプリを選んでください。名前が知られているところほど、万が一、事件が起きると企業にとって大ダメージになります。そのため、健全なサイト・アプリ運営に力を入れているところが多いです。

有名どころは

あたりでしょう。

また、会員数が多いサイトはそれだけ使いやすく、安心して登録できるという目安になります。ただ単に安いから、女性は無料だからという理由でアプリを選ぶのは、やめたほうがいいでしょう。

2、登録に手間がかかるアプリほど安全性が高い

マッチングアプリの中には、身分証による年齢確認や、登録に条件がついているものがあります。ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、こういった「登録に手間がかかる」アプリほど、安全度は高くなります。

反対に、ワンクリックで登録できるようなサイトは、勧誘目的の業者、サクラや軽い出会い目的の人も入りやすいため、おすすめできません。上記でご紹介したアプリはすべてこれらの身分証提出が義務付けられています。

婚活アプリの年収は自己申告の場合がほとんどです。ただ、ユーブライドは年収600万円以上と表示させる場合に源泉徴収票などの収入証明書が必要となっていて年収を偽りにくくなっています。

ユーブライドはこちらからダウンロードできます。

※クリックするとストアアプリが立ち上がります

3、通報や監視システムがあるとなお良い

出会い系は、登録したらあとは自己責任でやりとりをしなければいけません。一方、マッチングアプリはアフターフォローもしっかりしています。

特に次の二つはトラブル回避に有効です。

  • 怪しいユーザーを通報できる
  • メッセージやプロフィールをスタッフが監視している

優良なマッチングアプリは、既婚者のユーザーを通報したり、援助交際目的のメッセージを見つけたりすると、素早くアカウントを削除・強制退会してくれます。Omiaiはドタキャン等の通報があった(事前に事情確認もするそうです)ユーザーにイエローカードを付与し一定期間の活動が制限される仕組みです。

そのおかげで変な相手に出会うことはほとんどありません。

Omiai 公式ホームページ

ゼクシィ縁結びはネットで知り合った相手とリアルで会うのが不安という方向けに初デートのやり取りを仲介してくれる「お見合いオファー」という機能があり間にコンシェルジュが入ってデート日程、場所を仲介してくれる仕組みがあります。

ゼクシィ縁結び 公式ホームページ

4、ユーザーの写真やプロフィールもチェックしよう

マッチングアプリに登録したら、いろんなユーザーの写真やプロフィールを見てみましょう。

「これ、ほんとに本人かな?」というような写真や、定型文みたいなプロフィールばかりが並んでいませんか。そんなユーザーが多ければ、サクラや勧誘目的の業者が入り込んでいるかもしれません。

そういう相手とはメッセージするだけ無駄ですし、その中からまともなユーザーを探す時間ももったいないです。登録してから「あれ、ちょっと変だな」と思ったら、早めにほかのアプリに移りましょう。

5、迷ったら2つのアプリを試してみるべき

スマホを持つ女性

どんなに安全なアプリに登録しても、そこで出会えなければ意味がありません。優良なマッチングアプリがいくつか見つかったら、気になるものを2つに絞り込んで登録してみましょう。

複数のアプリをダウンロードして比較するメリット

  • アプリを1つしか使っていない人も多いです。そのため2つ試すことで、出会える異性の幅も広がります
  • そのアプリが使い易いか、自分に合っているのかを試して比較できる
  • アプリによって登録ユーザーのエリア分布が異なります。関西地方にユーザーが多いアプリもあれば、東京の首都圏に偏っている

アプリもあります。単純な合計ユーザー数の比較だけではわからないのです。

受け身で待っているだけでは、なかなか良い出会いはやってきません。ほとんどのアプリはダウンロードと会員検索は無料で試すことができますので、あなたの強みを最大限に生かせるアプリを2つに絞ってダウンロードしてみてください。

6、自分が有利になれるアプリを選ぶ

男性なら、自分の住む地域にイケメンや高収入のユーザーが多いと不利ですよね。女性は、自分より若い子が多いアプリは避けたほうがいいです。

特に、年齢層は男性も女性も要注意。若い子が多いアプリを選ぶとアラサー以上の方は苦戦する傾向にありますので、登録ユーザーの年齢層は、試しにアプリをインストールして会員検索してみてください。

利用者が20代中心で若いマッチングアプリ

ペアーズ、ゼクシィ恋結び、ポイボーイ等。結婚願望というより、彼氏彼女を探すという目的の方が多いです。すべて女性無料です。

ペアーズ公式ホームページ

ゼクシィ恋結び 公式ホームページ

Poiboy公式ホームページ

利用者がアラサー中心のマッチングアプリ

アラサーが多いのはwith、ゼクシィ縁結び、omiaiなど。基本的にアラサーはどのマッチングアプリでも一定数利用者がいます。

with公式サイト

Omiai 公式ホームページ

7、男女とも有料の本気度が高いアプリを選ぶ

プロポーズ、指輪

出会い系サイトは女性無料で男性が有料です。結婚相談所は男女同額です。

マッチングアプリはどうなのかというと、女性無料のところと男女同額のサービスが混在しています。一概には言えないのですが、女性無料のアプリは幽霊会員の女性も多く、男性も「やる気がない女性が多いな」と思ってアプリを使うほどスレていきます。

無料のマッチングアプリでは男性は100人の女性に「いいね」を送って10人から「いいね」が返ってくればいい方。でも、男女ともに同額の場合は女性も受け身ではなくある程度積極的です。

もし、真面目に本気で出会いたいのであれば男女同額のアプリをお勧め。マッチドットコムはサービス内容も料金も男女同じです。

マッチドットコム公式ページ

マッチングアプリは出会いを広げるチャンス

サポートがしっかりしているアプリで安全に出会おう

ネットで相手探しと聞くと、どうしても出会い系のイメージがつきまとい、なかなか一歩を踏み出せないもの。

最近は「忙しくて出会いを広げるヒマがない」という男女のために、さまざまなサポートを取り入れたマッチングアプリが増えてきています。

マッチングアプリの最大の利点は、わざわざ合コンや婚活パーティに出かけなくてもいろんな相手と出会ることです。興味があったら、今回ご紹介したポイントを参考にして、ぜひあなたに合うマッチングアプリを探してみてください。

便利なアプリをうまく使って、すてきな出会いをゲットしてくださいね!

安全に出会えるおすすめ婚活サイト12選

クバーナヒトミ
メキシコ帰りの関西人ライター。20代、シングルファザーと7年同棲するも、結婚に至らず。30代でメキシコに移住。そこで出会ったメキシコ人夫と、海をへだてた「超」遠距離恋愛のすえに結婚。自身の実体験を元に、リアルな婚活情報を発信中。