冬のデート
婚活のノウハウ

シングルマザーがOmiaiで素敵な男性出逢った体験談

再婚したい30代シングルマザーがOmiaiに登録。2人の男性に会いました。体験談をお伝えします。

子どもから「パパが欲しい」と言われて婚活スタート

バツイチ・子持ち出会ってくれる男性はいるのか?

子ども、シングルマザー

私の簡単な自己紹介

30歳、ライターの白井です。3年前に離婚して、現在は小学校低学年の息子がいるシングルマザーです。

ある日突然、息子に「パパが欲しい!」と真剣に訴えられたことをきっかけに、再婚に向けてガチ婚活を始めました。 子どもに言われると弱いです。

バツイチ・子持ちの経歴があり、条件がよくない私と、将来を考えてくれる素敵な男性はいるのか否か、婚活という名の戦場へ闘いに出ることとなりました!シングルマザーで婚活している皆さん、一緒に幸せになりましょう!

今回は私の婚活初期のエピソードをご紹介します。読者の皆様が幸せを掴むためのヒントになれば嬉しいです!

マッチングアプリを始めた理由

スマホをみて考える女性

再婚を決意したのはよいものの、候補に挙がる男性の存在は皆無。当時、最近話した男性は上司か父かというレベルでした。まだ息子が小学校低学年ということもあり、婚活のために自由に出歩ける時間がありません。

どうしたものか、と悩んでいたら婚活中の独身女友達から婚活アプリを勧められました!まるで回し者のように、わかりやすく丁寧に説明してくれたおかげで「何それ!すごく便利ね!」と気軽に登録することができました。

その時、登録したのは「With」です。バツイチ子持ちという条件を隠さず登録して、二人の男性に出会えましたが、お付き合いには至らず。

次は真剣な男性が多そうなOmiaiに登録!

真剣に結婚相手を探している誠実な男性と出会いたい!と思い、ネット上の口コミで、結婚を意識している男性が断トツで多いとの情報があるomiaiに登録!

実は、少し前に約束をドタキャンされるという婚活史上初の経験をしました。約束しているのに適当な理由でドタキャンされるのって、結構ショックが大きかったです。

omiaiでは、ドタキャンを含む相手を不愉快にさせることをした会員へイエローカードが表示されます。約束を守ってくれる誠実な男性と出逢いたいので、過去に失礼な行為を繰り返していないかは大切な判断材料です。他の婚活アプリでは、ドタキャンは違反行為にならないので、会員に対して厳しい目線がある運営側の対応が、真剣に婚活する会員を集めているのではと思いました。

Omiai 公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

Omiaiでどんな男性と出会えたのか?

1人目は35歳会社経営・ハイスペック男性とマッチング

omiaiは30代の結婚適齢期な男性が多く登録していました。しかも、噂通りイケメン揃いです。普通に暮らしてても恋愛できそうな方々ばかりで驚きました。

数名からいいね!が来て、その中で「スペシャルいいね!」というメッセージ付きのいいね!を送ってくれたAさんとマッチングしました。

Aさんは輝かしいプロフィールで、会社経営者+年収1,000万円超え+イケメンというハイスペックな35歳。休日はもっぱらジム通いだそうで、168cmの引き締まったボディ。筆者のプロフ写真の雰囲気が気に入ってくれたそうです。

アプリ内でやりとりが始まり、これまでの男性とは違った雰囲気を察知。まるで仕事のメールのように淡々としていて、ちょっと冷たい感じ。

男性はもともと連絡がマメじゃない人が多いし、Aさんは会社経営をしているくらいだから、連絡も効率重視なのかも?とあまり気にしませんでした。

淡々とはしているものの、子供のことを真剣に聞いてきたりと、丁寧に返信してくれるので好印象。

速攻で初対面のお誘いがあったので、お会いすることにしました。

まだ子供が小学生であることを知ると細やかな気遣いで「初対面は会社から(筆者の)家までドライブはどうですか?いつもより早く帰れてお子さんも喜びますよね?」と言ってくれたBさん。いい人そうですが、さすがに初対面の人の車に乗るのは抵抗があるので、丁重にお断りし会社近くでランチすることにしました。

当日はAさん行きつけのオシャレなレストランで待ち合わせ。一般庶民の筆者にもわかるお高いスーツを着用して現れたAさんは、写真通りの目鼻立ちがハッキリしたイケメンでした。

挨拶も早々に、会話が始まった次の瞬間からタメ口。今まで敬語でお話する男性としかお会いしたことのなかった私にとってはちょっと驚き。

Aさん「なんで離婚したの?答えたくなかったら、いいからね。」

筆者「理由は一つじゃないんです。一言で言うと、価値観の違いですか・・・。お互いに原因があったなと思います。」

Aさん「浮気とか、借金はなかったの?」

筆者「そうゆうことはありませんでした。なので、冷静に話し合ってお別れしたんです。」

その後も、淡々と突っ込んだ質問を続けるAさん。初対面でここまで聞かれるのは初めてだったので、変な汗が・・・。

まるでAさんに取材されているような時間を必死に乗り越え、制限時間終了。

帰り際お礼を伝えた際Aさんから一言「で、2回目ありますか?」に唖然。確かに、誰もが思う2回目はあるのか否か。はっきりと直接聞く男性は初めてだったので、これまたビックリ。社交辞令で「Aさんさえよければ、また今度お食事に行きましょう。」と伝えて、さっと帰りました。

それから本当にAさんより2回目の詳細を決めるLINEが送られてきましたが、静かにフェードアウト。

きっと、好きな人は好きであろうSっ気ある男性。私は100%優しさでできている男性を希望しているので、ハイスペックな男性であっても次はないな~と思ったのでした。

2人目はオシャレな今風男子とマッチング!

やっぱりomiaiはイケてる男性が多いです。この時マッチングしていた男性全員、見た目が整っていてオシャレ風な人でした。

そんな中、またもスペシャルいいね!を送ってくれたBさん(28歳)とマッチング。プロフィール写真がメインもサブも全ておしゃれで雑誌を切り抜いたようなクオリティ。

職業はシステムエンジニアで170cmのすらっとした見た目。普通に暮らしていてもかわしい彼女ができそうなのに、なんでわざわざ年上かつシングルマザーの筆者にスペシャルいいね!してくれたのか謎でした。

メッセージのやりとりでは、女の子のような絵文字使いが特徴的。念のためシングルマザーであることをどのように考えているのかお伺いすると

「年上の女性がタイプなのでいいね!しましヽ(・∀・)ノ過去にお子さんがいらっしゃる方と長くお付き合いしていて、その時にお子さんと仲良くできて楽しい時間を過ごしました♪(´∀`)白井さんのお子さんとも仲良くできればと思っていますヽ(´▽`)/」とのこと。

まさかのシングルマザーとの交際経験者。子供が好きであることは嬉しいので、やりとりを続けてお会いすることになりました。

実物のBさんは、写真のとおりとてもオシャレな今風男子でした。照れ笑いがかわいい年下くんという印象。

筆者「以前、お子さんがいる方とお付き合いしていたそうですが、なんで別れちゃったんですか?」

Bさん「二人のことがとても大好きだったのですが、元旦那と頻繁に連絡を取り合っていて、それが耐えられなくなって別れました。」

どうやら、離婚した後もとても仲が良く、子供を定期的に合わせていて一緒に食事をすることあったのだとか。

最終的に子供が悲しむから、元旦那に完全に会わないことはできないという結論になり破局を迎えたそう。

筆者は元彼女さんの事情を痛いほど理解できますが、独身男性にとっては元旦那に会うことは、元彼に会っているのと同じ感覚で捉えてしまうのだろうな・・・と双方の気持ちがよくわかり、改めてシングルマザーの婚活は色々あるなぁと思ったのでした。

そこまでは理解できるし、うんうんと話を聞いていましたが、そこからBさんのネガティブ発言勃発。

過去の彼女たちとの破局秘話を延々と続け、若干涙目。人生相談の会になって、必死に励まし続ける筆者。

きっと年上というより、しっかりしている母親タイプの女性がタイプなんだろうなと思いました。

子供が好きで、シングルマザーについて理解している姿勢は素敵だと思いましたが、前向きな男性が理想的なので、Bさんとの2回目以降のデートはお断りしました。

Omiaiで素敵な男性はいたけれども

単に私のタイプではありませんでした

omiaiは他のアプリに比良く、文章は婚活に対する真剣さやパーソナリティがわかりやすい内容でした。

会う会わないの判断は悩みどころですが、魅力的かどうかの前に信頼できる人なのかが最終的な決定ポイント。安心できるプロフィールが多かったのは、シングルマザーの婚活としてはとても良かったです。

ただ、今回は将来を考えられる男性とは出逢えませんでした。

マッチングアプリでの婚活はタイミングが大切です。自分が登録している時期に素敵な男性がいるかどうか。

今日いなくても、明日登録するかもしれないので諦めずに続けることが肝心です。いつも理想通りの人に出逢えるわけじゃないけれど、この積み重ねが再婚に続く道だと重い前向きに頑張ります。

Omiai 公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

白井エリー
バツイチのシングルマザー。人生かけて仕事以上に真剣に婚活してます。趣味はバチェラージャパンで男性心理を研究すること、恋愛バイブルを読むこと。努力の結果、嫉妬だらけの苦しい恋愛から、幸せいっぱいの恋愛ができるように♫