スマホを見る男性
婚活のノウハウ

婚活サイトやマッチングアプリのプロフィール文・自己紹介作成のコツ

マッチングアプリや婚活サイトで写真の次に大切なのは、自己紹介文やプロフィールです。相手のプロフィール、紹介文が、女性から見て好感が持てるものであれば、あなたに「いいね」してくれる確率は格段にアップします。どのようなコツがあるのか具体的に説明します。

現役スタイリストが解説する婚活における印象アップのコツ

マッチングアプリを使ってみて分かった印象アップするコツを連載します。

  1. 婚活サイトやマッチングアプリのプロフィール写真のコツ
  2. 婚活サイトやマッチングアプリのプロフィール文・自己紹介作成のコツ(←本記事)
  3. 男目線でお伝えする好 印象な女性のプロフィールやデート時の会話とは
  4. 婚活サイトやマッチングアプリで初デートを成功させる コツとは

出会うために写真の次に重要なプロフィール

基本は項目すべてを埋めること

こんにちは。 今回は前回のプロフィール作成の続きになります。

婚活サイトやペアーズなどのマッチングアプリで重要な2つのプロフィール作成のコツがあります。

前回はその1つであるプロフィール画像についてお話しましたが、今回はもう1つの重要な要素である自己紹介文に関してお話していきます。

ちなみに前回の記事はコチラ 

婚活サイトやマッチングアプリでは、自己プロフィールに記載する項目や自己紹介文が非常に重要です。女性は男性の写真や画像だけでマッチングを判断する事はありません。外見だけでなく、内面も重要視する傾向があるからです。そのため、必ずこの自己プロフィールの項目や文章にも必ず目を通します。

そして、ここでも同じサイトやマッチングアプリ内にいる男性ライバル達に差を付ける必要があるのです。前提条件を先にお話しすると、まず実際に用意されている項目は全て埋めるようにして下さい。 手抜きをすると、ライバルに差をつけられると考えましょう。

それでは、1つ1つポイントを説明していきましょう。

自己プロフィール項目の記載の仕方

正直すぎる自己紹介は出会いを狭める

正直に書きすぎて女性に届かないプロフィールになっていませんか?

プロフィール項目を記載する時に意識するのが、幅広い女性にリーチさせる内容という事。プロフィールの項目は出来るだけ事実の物を選ぶべきですが、あまり正直すぎるとマッチング出来る女性の幅が狭まってしまいます。

例えばお酒が好きだとします。しかし、プロフィールにそのままお酒が好きと記載すると、それに対してネガティブなイメージを抱く人も中にはいます。そうすると、リーチ出来る女性の絶対数が減ってしまいます。

なので、その場合「お酒は好きだけれど量は飲めない」とか「飲み会は好きだけど時々飲む」と言った飲みすぎる人ではないし、飲めない相手もOKですというニュアンスが伝わる表記があることが望ましいです。
この場合であれば、嘘を付いている事ではないので問題はありません。

プロフィールの趣味は多く書く

また、趣味を出来るだけ多く書く事もリーチする女性の幅を広げる事に繋がります。ちょっと興味がある程度のものでも書けるだけ書いたりアピールするのが良いでしょう。その趣味について詳しく知らなかったとしても、メールのやり取りの段階ではそこまで深い話になる事は少ないので思いつくまま書きましょう。

年収はどうかく?なくてもいい?

年収は自信があれば載せよう

婚活系のお見合いサイト等の場合、年収の記載は義務付けられてるところが殆どでなので事実をそのまま書く必要があります。しかし、ペアーズなどのマッチングアプリの場合、必ず記載という訳ではないので記載しないというのも1つです。

自分の年収に自信があればそれはアピールすべきなので良いのですが、そのような人ばかりではないと思います。

年収を掲載しなくてもマッチングできる

年収を記載しないとマッチングしないのでは?と考えている人も多いと思いますが、僕は年収の記載無しでペアーズを行い何人もの人とマッチングしました。

女性の選ぶポイントが必ずしも年収だけではない人もいるので、1つの手段としてはアリです。ただし、リーチ出来る女性の幅は減ってしまうというデメリットもあります。
なので、年収の記載をどうするか考えている場合は、記載してる時とそうでない時のマッチングの反応などを試しても良いでしょう。

関連記事

自己紹介文の書き方

この自己紹介文が苦手な人はかなり多いです。特に性格などは普段から自覚している物もあればそうでない物もあり、更に自分で自分の良いところを伝えるという事に慣れていない人が殆どだからです。

しかし、この自己紹介文こそがあなたの内面と個性を表しており、ここでもライバル達との違いを作らなければならないのです。前回も言いましたが、プロフィール写真がお店の看板やドアであれば自己紹介文はお店の料理や看板メニューです。

せっかくお店に入ってきてもらった女性に対し、何処にでも置いてあるような料理を出しているレストランはもう二度とお店に立ち寄って貰えません。なので他のお店とは違うと感じさせる料理を提供する必要があるのです。

そしてそれは、自己紹介文も同じです。他のライバル達とは違うあなた自身の個性を感じさせる自己紹介文が必要なのです。それが女性とのマッチングに繋がります。ではどのように作成すれば、あなたの個性をアピール出来る自己紹介文が作られるのでしょうか?

それを具体的に説明していきます。

1 性格(自己紹介文で性格をどう伝えるか)

考えるカップル

いきなり自己紹介文を書いて下さいだと難しいので、パートを4つに分けて考えます。

  1. 性格
  2. 仕事
  3. 趣味
  4. 好きな女性のタイプ・恋愛観

の4つを1つずつ説明していきます。

1性格

格は主に長所だけでをアピールすれば良いのですが、少し短所的なところを付け加えると、言っている事に信憑性と説得力が生まれます。

  • 性格はおおらかで怒ることは殆どありません。
  • 性格はたまにボーッとしてると言われるのですが、おおらかなので怒ることは殆どありません。

この2つを比べると下の人がなんとなくどんな人か?の描写が描き易くなります。このように短所的な部分を最初に書いて、後から長所を付け加える事で、長所をより良くアピールする事が出来ます。

しかし、そうは言っても中々自分で自分の長所を言ったり、考えるのは難しいと思います。そこで、1つのコツとして人から自分はこんな事を言われるという表現の仕方が有効です。実際に自分の周囲の人から言われている事があれば、それで良いですしそれが無ければそのように作ってもOKです。

  • 性格は穏やかで仕事の後輩からは『先輩は怒らないからからイジリがいがあります』とイジられてるのであまり怒らないほうだと思います。

こう書けば、職場では後輩を含めて仲良く和気あいあいとしてるという描写も描く事が出来ます。

または

  • 自分では真面目と思っているのですが『どっか抜けててそこが面白い』などと言われる事もあります。

こう書くと、誠実さをアピールしつつも皆から慕われてて硬すぎない印象にする事も出来ます。この様に性格をアピールする場合は、少々の短所と長所、それを象徴する周囲の人の言葉やエピソードなどを加えるとより個性的で自分らしい性格のアピールに繋がります。

2 仕事(相手に興味を持たれる仕事の説明)

仕事は、「会社員です」「事務です」「経理です」就いている仕事のみを書いてる人が多いですがそれではアピールとしては不十分。

自分の仕事について自分がどう考えているか?などをポジティブに書くと、アピールに繋がります。

例えば

  • 仕事は営業職になります。
  • 仕事は営業職になります。前までは自分の結果を出す事が1番でしたが、部下ができてからは部下の仕事ぶりや結果が変わっていくのが楽しみになりました。

やはり上と下では相手に与える印象に雲泥の差があります。仕事の取り組み方や考え方は、その仕事の就いた理由、好きな理由、その仕事で良かったと思える瞬間など考えれば色々あるはずです。

それを一言添えるだけで、その仕事だけでなく、その仕事に就いたあなたが印象に残るのです。注意点としては熱くなりすぎて、その事を語るレベルになってしまわないか。

熱くなるのは良いのですが、自己紹介文であまり長々と語られても相手に引かれてしまいます。つけ加える文は1行、長くても2行くらいに留めておきましょう。

3 趣味 (人柄が伝わる趣味の伝え方)

ランニング

これも基本的には仕事と同じです。趣味で読書やスノボと書かれても、そんな趣味の人は山ほどいます。

大事なのはその趣味が何故好きなのか?どういうところが楽しいと思えるか?などが加わったあなたの趣味を書く事です。

  • ×「趣味は映画です」ではなくこう変えよう
  • 読書や映画を見ると、つい感情移入してしまいドキドキしたり泣いてしまったりしてしまいそういうところが面白いです。

次の例として、

  • ×「趣味はスノボ」はこう変えよう
  • スノボで山から一気に滑り落ちる時の爽快感がストレス解消です。

など一言付け加えるだけで印象が変わってきます。

映画がさほど詳しくなくても、人の気持ちが分かる人なのかなと思ったり、趣味は思いっきりストレス解消できることがいいのかなとカラッとした人を思い描いたりしませんか?

また、仕事にも言えますがこの自分の一言に共感してくれる人もいます。

共感されれば、マッチングされる確率も上がりますし、マッチング後のメールのやり取りも弾むようになります。

4 好きな女性のタイプ 恋愛観

これまでの流れだと、ここも自分の意見や考えを書いて個性を主張と言いがちですが、好きな女性のタイプは別です。自分のタイプの人や恋愛観を細かく書く必要はありません。

自分の意見や考えなどを持つ事は重要ですし、それを否定してる訳ではありません。それを記載する必要はないということです。

その理由としては、高望みに見えたり、リーチされる女性の幅が一気に狭くなるからです。

  • 背が小さくて可愛らしいタイプの子が好きです。

と記載すると、自分で背が高いと思ってる159㎝ぐらいの人や可愛いとは違うと思ってる女性は自分が当てはまらないと考えてしまい、結果マッチングされません。 そもそも自分で「可愛らしい」と思っている女性はかなりふてぶてしいか、小悪魔どころか悪魔のようにモテるのではないでしょうか?

恋愛観などは、そもそもピッタリはまるというのは希で、どこかしらのズレは人ぞれぞれあるものです。それをわざわざ会ってもいない段階で公表する必要はありません。これらは全てマッチングの確率を狭めます。

自分のプロフィールに自信があって、あえてマッチングする女性を選んで絞りたいというのであれば別ですが…。自分の理想に近い女性を探すのであれば、複数の女性とマッチングしてそこから選ぶ方が効率的です。その為にはまずはマッチングする確率を上げる必要はあります。

当たり障りの無い全ての女性に通じる内容を書こう

では何を書くかというと、 好きな女性のタイプは「笑顔が多い人」や「一緒にいて楽しく過ごせる人」などです。

個性や自分らしさは性格・仕事・趣味でアピール

広くリーチされることを意識して書く

  • 自己紹介文で個性や自分らしさは「1性格」「2仕事」「3趣味」でアピールしましょう
  • 女性が自分に当てはめやすい「4女性のタイプ恋愛観」だけは広くリーチする一般的で当たり障りの無い内容がベストです

プロフィール画像の作成同様にプロフィールの自己紹介文作成もかなり労力が要る作業になります。しかし、この作業をしっかりと行う事でより自分のプロフィールがより魅力的な物に必ず変わります。

婚活サイトもマッチングアプリも男性は基本的に選ばれる側であり、選ぶ女性の選択肢は無数にあります。数多くの男性ライバル達から女性へ選ばれる為に是非プロフィール作成を工夫してみて下さい!!

YukisitaEiichi
ファッションスタイリスト・ブロガー。メンズファッションの専門家としてコンサルティングしながら、ブログ『Fashion and self-change』を運営。買い物同行、ファッションセミナー、ファッション関連記事執筆などのお仕事はブログよりお問合せ