デート
婚活のノウハウ

婚活サイトやマッチングアプリで初デートを成功させるコツとは

低スペックでも大丈夫!婚活サイトやマッチングアプリで次に繋がるように初デートを成功させるコツをお伝えします。女性の評価は減点方式。服装、待ち合わせ、お店選び、時間帯、デート中の会話の話題など初デートを成功させる秘訣をお伝えします。

現役スタイリストが解説する婚活における印象アップのコツ

マッチングアプリを使ってみて分かった印象アップするコツを連載します。

  1. 婚活サイトやマッチングアプリのプロフィール写真のコツ
  2. 婚活サイトやマッチングアプリのプロフィール文・自己紹介作成のコツ
  3. 男目線でお伝えする好印象な女性のプロフィールやデート時の会話とは
  4. 婚活サイトやマッチングアプリで初デートを成功させるコツとは(←本記事)

次に繋がる女性との初デートの印象UPのコツ

女性の場合、デートの印象は減点方式

こんにちは。今回は婚活サイトやマッチングアプリで実際に初回の相手女性に会ったりデートになった時の話です。

女性は減点方式

直接会う事で一番重要なのが次に繋がる良い印象。印象と言うとかなり広い意味になりますが初回のデートの場合は外見、会話の雰囲気、内容になります。相手が女性の場合、この印象は減点方式と考えて下さい。減点や加点で考えると、減点は自分のマイナスな部分、加点は自分のプラスの部分と考えられます。せっかく会った女性にアピールする為に加点を考えがちですが、実は初対面でこの加点は非常に難しい物です。

致命的な減点はプラスがあっても帳消しにならない

というのも女性の場合、減点と加点は算数の足し引きのような物ではなく、減点は減点、加点は加点と分けて考える思考だからです。なので例えば待ち合わせ場所に遅れてしまった(10点減点)を面白トークでカバー(20点加点)合計するとプラス10点だからセーフとはならないのです。面白トークは楽しんで貰えますし、ポジティブに捉えて貰えますが遅刻は遅刻でしっかりと減点されます。

お互いに付き合っている状態であれば話は変わってきますが、出会ったばかりの状態はこのように頭の中では減点は減点と捉えております。この減点が一定のラインを越えてしまうと次は無いという事です。なのでまずは減点を減らすという事を意識しましょう。

デート前の準備とデート当日に気を付けるポイント

デート前から女性の採点は始まっている

スマホを見る女性

女性はネットで知り合った人と会うのは警戒する

お互いにメールやラインなどである程度やり取りして直接会うという事になった時にまず考えるのが時間と場所。ネット婚活やマッチングアプリの場合、女性の立場になって考えるとリスクが伴っているので警戒している事もあります。この辺りの感覚は個人差はありますが、そういう人もいると考えると場所や時間はある程度相手に選択肢を与える決め方が有効です。

デートは女性に時間帯、場所、店を確認する

例えばメールのやり取りでお酒が好きで飲みに良く行くという話題が出てもそれは知ってる者同士の友達や会社の同僚であって、まだ1度も会った事のないマッチングアプリで知り合った人とは別です。
中には1回目のデートから飲みに行っても良いという人ともいますが、メールのやり取りだけでそれを判断するのは難しいです。

  • 会う時間帯は昼間と夕方であればどちらが都合が良いですか?

と選択肢を出して選んで貰えると確実です。アルコールが入ると会話が弾んで、相手の女性との距離も縮ませる事が出来ますが、最初のデートはあくまでも顔合わせです。

特にお互いまだ会っていない状態なので、プロフィール画像やメールでのやり取りで浮かんだイメージと実物とのすり合わせになります。そう考えると、いきなり飲みに誘う事はそれ自体が減点になりかねません。まだ一度も会っていないのにいきなり飲みに誘ってきた・・などとネガティブに捉える女性もいるからです。

場所選びは慎重に。入れなくて待たせたら減点

場所に関してはお互いに都合の良い場所で良いのですが、一緒に入るお店選びは慎重に考えるべきです。仮に昼間で軽くお茶する事になったとして、お店に予約を入れるのも大げさですしその日が週末の場合選んだお店が混雑して入れないという場合があるからです。その場合、お店を探しながら相手と会話しなければならないという2つの事を同時に行う必要があります。これは、かなり気まずくなる可能性があります。ちなみに僕は週末の昼頃に女性と待ち合わせて、その場所から中々空いているお店がありませんでした。その間、相手の女性と非常に気まずくなった経験があります(笑)これは減点です。

初デートは1~3時間。目的は顔合わせ

なので、それらの事を踏まえて場所選びや周辺のお店を考える必要があります。飲みに行く場合はお店に予約入れても問題ないので、その方が確実でスムーズなのでおすすめです。女性とどの位の時間を過ごすかですが、これはその時の二人の会話の盛り上がりにもよりますが最低でも1時間以上、長くても3時間位が丁度良いでしょう。
先ほども言いましたが、初めて女性と会う最初のデートは顔合わせの挨拶です。なので、時間はこの程度で丁度良いのです。

 

初デートの服装、外見、ファッション

プロフィール通りの印象で会おう

連載1話で、プロフィール画像の奇跡の1枚の話をしましたが、それが出来ていれば直接会った時の顔の印象が大きく変わったりズレる事はありません。プロフィール画像を加工したり、見づらい物にするとイメージと実物でギャップが出来てしまい、最悪の場合次に繋がらない場合もあります。

プロフィールの画像をしっかり作り込むにはこのような理由があります。
「え!?思ってた人と全然違う・・・」

にならないようなプロフィール作成を心がけて下さい。

外見やファッションは一番大事なのは清潔感

過剰にファッションを意識してオシャレする必要はありませんが、最低限の清潔感は必須です。 これもプロフィール画像を作成する際に意識しておけば問題ないはずです。

余談ですが、男性が自分のファッションを考えるタイミングはほとんどの人が相手の女性と実際に会うとなってからではないでしょうか?それでも問題ありませんが、そのタイミングをプロフィール作成時にずらして考えるとより効率的に複数の女性とのマッチング率が上がります。 いずれ考えるべき事なので早いタイミングで考えてアピールするのがおすすめです。

この辺りは前回のプロフィール写真作成の記事に書いておりますので是非ご参考にして下さい。

プロフィール画像をしっかりと作り込む事で、先ほども言った実際に会った時のギャップの問題が無くなります。なるべくならプロフィール画像と全く同じコーディネートではなく、せめて上下のどちらかを変える様にしましょょう。上下のどちらか差し替えるだけであれば、それほどイメージが変わる事も無いでしょう。

清潔感と清潔は違う。女性目線の生活感とは?

褒める

清潔≠清潔感

では清潔感とはどういう事でファッションとどう関係があるのか?を説明します。まず、実際に清潔な事と、清潔感ですがこれは似てる様で少し違いがあるものになります。清潔な事は、毎日歯を磨いたりお風呂に入って体を洗ったりといった実際にその目的の為に行っている事が主です。
対して清潔感とは、清潔なイメージや印象になります。

実際に清潔にしている事は大前提なのですが、イメージや印象なのでそれだけでは清潔感を与えられない可能性もあります。例えば、デート前に歯を磨いて頭と体も洗い清潔にして待ち合わせ場所に向かったとします。

清潔感がないと思われてしまう事例

デート前にそこまでするのは万全かと思いきや、爪を切り忘れて伸びきっていたらアウトです。これは大きな減点になります。女性はその指先の伸びきった爪を見て、清潔感の無いイメージを抱いてしまいます。

服のサイズが合っていなくてブカブカな男性がおりますが、洗濯してあって清潔な服でもサイズが合っていなかったり、毛玉やシワ、色あせがあれば清潔感はありません。
そういう目に見える細かい部分の印象が清潔感に繋がってきます。 爪だけでなく、ヒゲ、鼻毛や目やに、フケ、匂いなども同様です。まずは、これらを全てチェックする必要があります。

ファッションで清潔感を出すために

では、ファッションとの繋がりは?と言うとやはり見ためのイメージになります。例えばダメージデニムなどは、オシャレとして似合う人が着こなすのは良いのですがファッションに慣れていない人が穿くと途端に野暮ったく不潔な印象になります。更にそこに先ほど言った爪が伸びきった状態が加わったらもうそれはかなりの減点でしょう。

また、僕はスタイリストなので男性の服装をよくみるのですが、結構多いのが靴が汚れている方。女性は靴が好きな人が多く、男女問わず靴は必ず見られます。履いていく靴が汚れている場合は、違う物にするか、新調してしまうのも良いでしょう。

清潔感を与えるのに有効なのがシンプルなファッション

ペアーズはコミュニティという同じ趣味嗜好を持つ者同士が選べる項目があります。相手がどんなコミュニティに入っているか?で相手の趣味や考えが把握出来るという物です。 そこでシンプルなファッションは、女性から圧倒的に支持されている項目になります。

シンプルなファッションは分かり易く言うと無地の服。何の柄もプリントもされていない服のコーディネートで十分なのです。なので、下手に柄やプリントが書いてある物を着るのであれば全身ユニクロなんかでも十分シンプルで清潔感のあるファッションにする事が出来ます。

外見やファッションは初見の場合、プロフィール画像と実際のギャップ、清潔感がポイントになります。そして、ギャップが激しかったり、清潔感が感じられない場合は大きな減点になります。ファッションは動画でも分かりやすく解説しているのでぜひ見てみてくださいね。

関連記事

会話の雰囲気、内容

男性を見る女性

最後に相手の女性との会話になります。 ここで一番重要なのが実は会話の内容ではなく会話の雰囲気になります。 雰囲気と言うと抽象的で分かりづらいかもしれませんが、簡単に言うと言葉以外の表情や身振りや態度になります。

メラビアンの法則

第一印象で有名な法則にメラビアンの法則があります。 これは簡単に言うと人と人のコミュニケーションにおいて相手に印象を与える要素の割合の事です。 第一印象を決める割合とは 表情が約6割 話し方が約3割 話の内容が約1割 という内訳になっています。

話の内容が相手に与える印象は全体の割合の1割程度に過ぎないという事です。更に冒頭でもお話しましたが、初デートでの女性との過ごす時間が1~2時間、長くて3時間になります。その程度の時間で、中身が濃い自分の内面の話などは到底話す事は出来ません。つまり、ここで重要なのが相手の女性に一緒にいて楽しかったという印象を与える雰囲気になります。

そして、その雰囲気作りにおいて重要なのが自分の表情と話し方になるのです。

デートの印象は表情で決まる。表情が乏しいと次はない

話す男性

表情は笑顔が良いなどと言いますが、写真と違い笑顔を意識しながら1定の時間をキープするには多少の慣れが必要になります。それは例えるなら接客業の方の振る舞いなどです。仕事で普段笑顔を徹底的に意識しているので、そういった事も可能になります。

しかし、そういった事に慣れていない、または初めてのデートで緊張して顔がこわばるというのもあるでしょう。なので明るい表情で良い印象を与える会話のコツをお話します。

ポイントは2つで相手への興味関心とそれを楽しむという事。

相手への興味関心

女性とは事前にやり取りしていたメールである程度共通の話題などが出ているはずです。それをもう少し掘り下げて質問しながら話すイメージです。 また、事前に質問するテーマや内容をいくつか用意しておくのも1つです。相手に対して興味、関心があるのであれば必ず質問が思い浮かべられるはずです。

更に会話を楽しい雰囲気にするコツとしては、自分が思った事と質問をセットにしたり、相手の答えとそれに対して思った事を返したりすると効果的です。

例えば

男性 『○○さんは看護師だから夜勤で夜の病院の見回りとかありますよね?(質問)
あれ前から思ってたんですけどメッチャクチャ怖そーです。(自分の思ってる事)
その辺はやっぱり怖かったりするんですか?(質問)』

女性 『えーそうですね・・最初は怖かったんですけど病院の通路はわりと明るいので今は慣れてきましたね。』

男性 『えーそうなんですね。僕はけっこう怖がりだから慣れないかも・・(自分の思ってる事)
え、じゃあ○○さんはお化けとか平気な人なんですか?(質問)』

こうやって質問やその答えに対して自分の思った事を言葉に出して付け加える事で、その感情が自然に表情に出やすくなるのです。そうする事でただ会話しているだけでなく、表情を付ける事が可能になってきます。

楽しむ気持ち

そして何より重要なのがこの一連のやり取りを楽しむという気持ち。 この気持ちがあれば、質問や会話の受け答えがポジティブな物になります。相手との会話を楽しむ姿勢で初デートに臨む事が何よりです。

初デートの話し方で大事なポイント

会話のスピードはゆっくりめに

話し方で相手に印象を残すポイントは会話のスピードと抑揚になります。 よく話し方のスピードは相手の話すスピードや口調に合わせると良いなどと言われています。心理学ではこの合わせる事をぺーシングなどとも呼びます。

これは確かに有効な手段の一つなのですが、あまり強くおすすめは出来ません。というのも、このぺーシングは会話の中で自分にある程度の余裕が無いと難しいものだからです。初デートでの会話どんな会話にしようかな?と考えているレベルの人がいざその場でそのような余裕を持つ事はかなりのハードルになります。

なので、別の手段として会話のスピードをゆっくり話す事をおすすめします。会話のスピードをゆっくりする事で相手に『落ち着いた』『リラックスした』『大人っぽい』印象を与える事が出来ます。通常の受け答えよりも、少し言葉を話す速度を落とすイメージでゆっくりとした口調で話すのがコツです。

抑揚は会話のリズム。抑揚で感情が伝わる

会話のリズムとは、感情が高まってテンションが上がると声のボリュームが大きくなったり、話すスピードが上がったりといった内容になります。これは感情が高まると自然にそうなる物なのですが、これを意図的にしかも初対面の相手に行う事は困難です。

かと言って抑揚のない会話は、相手の印象には残りづらい物になります。 例えば、ドラマで役者がセリフを棒読みした会話などを思い浮かべて下さい。おそらく何の印象も感情移入も出来ないでしょう。

では、どうすれば良いか? 一番簡単なのは会話に感情を表現する言葉を入れる事です。感情を表す言葉とは「へー」「えー!!」「あー」「うわー!!」といった言葉です。先ほどの自分が思っている事とほぼ同じですが、会話の中にこのような表現を入れるだけでお互いの会話に抑揚が生まれてきます。

ただし、「へー」はあまり多く使いすぎると話を流しているようにも捉えられるので注意が必要です。

初デートで付き合えるかどうかほぼ決まる

一度もあったことがない相手だから普通の倍気を使おう

婚活サイトやマッチングアプリでの初デートのコツは以上になります。 一度も会った事の無い状態からのスタートなので、相手に対して通常の初デートの倍くらいの気使いが必要でありそれらを考える必要があります。

ですが、逆に言えば初デートでこのくらい気づかえる様になれば次に繋がる可能性も一気に上がるます。ぜひ実践する際の参考にして下さい。

YukisitaEiichi
ファッションスタイリスト・ブロガー。メンズファッションの専門家としてコンサルティングしながら、ブログ『Fashion and self-change』を運営。買い物同行、ファッションセミナー、ファッション関連記事執筆などのお仕事はブログよりお問合せ