ゼクシィ縁結び
サイト・アプリ

ゼクシィ縁結びの評判と口コミ(20件)

気になる大手婚活サービス「ゼクシィ縁結び」の評判と口コミ。2chの評判やサクラなどの悪評は本当? 「まりおねっと」が独自に調査した参加者のリアルな体験談と正直な評価とは?

ゼクシィ縁結びのリアルな口コミ

このアプリの口コミを投稿してみませんか?
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

このアプリの口コミを投稿する

ゼクシィ縁結び
ユーザーの平均評価点:  
 20 件の口コミ
by あーちゃん on ゼクシィ縁結び
年齢: 25歳
性別: 🚺女性
💛良かったところ: 男女共に有料で無ければメッセージのやり取りが出来ない所が良かったです。大概のアプリは男性有料型ですが、女性も有料になる事でより本気で向き合えていると思います。価値観マッチのシステムでそお相手との相性が良いかが分かるのである程度の判断基準になります。またどんなタイプかを予め診断しプロフィールに表記されるのでわざわざ聞かなくても話を進める事ができました。

20代後半が少ない印象です。30~50代の方が多いように感じました。自営業や会社員。営業職や技術職の方が比較的目に付く感じです。国家公務員の方もいらっしゃいました。年収も400万以上の方が多い気がします。自撮りの方よりは他の人に撮ってもらった写真をプロフィールにしている人が多く身の回りを綺麗にしている人が多いです。


by ヤスシ on ゼクシィ縁結び
年齢: 47歳
性別: 🚹男性
💛良かったところ: 良かったところは女性も有料会員が存在するので女性の本気度が分かったことです。そういった女性にいいね!するとこちらが有料会員の時に本気で判断されている感がヒシヒシと伝わって来ました。いいね!でも数種類の表現があってどういう感じでいいね!なのかを表現出来たのもいいところだと思います。何よりもゼクシィという名の安心感ですね。

年代は若干高め、職業や年収はちゃんとした方が多く、外見などは画像を載せている方は本気で撮った感が強い画像が多く、良い判断材料になりました。改善して欲しいところは、私は北海道なのですが少なくとも札幌とその他にくらいは分けて欲しかったくらいであまり不満はありません。ただ前述の様に女性も会費を払うのですから全体的に会費をおさえて欲しいです。


by リフレイン on ゼクシィ縁結び
年齢: 32歳
性別: 🚺女性
💛良かったところ: 結婚に関することならゼクシイ、というほど未婚の人にも知られているゼクシイの婚活アプリなので期待して登録しました。期待通り年収の多い異性ばかりがヒットしたので逆に信用できるのかな、とも思ってしまいました。登録する時点では本人の良心を信じて登録する、みたいなところがあるのでどこで本当の情報なのか判断すれば良いのかが分かりませんでしたが、画面は縦に見ていけば良いので見やすかったです。

年代も中年層が多く、だから年収が1000万超える人が多いのかなとも思いましたが、自分もそれなりに試されてしまうのかなとも思いました。自分は容姿はそこそこ、明るい性格なので好かれるほうだとは思いますが、なかなか高学歴の人ばかりだとどのようにアピールしたら良いのかもわからないので迷いました。イイネがついたら、焦りました。


by ゆうか on ゼクシィ縁結び
年齢: 30歳
性別: 🚺女性
💛良かったところ: おおまかとても満足できました。

「ゼクシィ」という言葉が結婚をイメージさせるだけあり、将来を見据えた真剣な出会いを求めている人が大半でした。プロフィール自体も結構細かく設定できたので、タイプの人をさがしやすかった、という利用上の印象もあります。また、スタッフの人たちも「出会い」を積極サポートしてくれることから、展開の仕方がワカラナイ時をはじめ、相談に積極的にのってもらえました。レスポンスがあまり早くなかったのが懸念ですが、それ以外は満足です。


by ひろ on ゼクシィ縁結び
年齢: 29歳
性別: 🚺女性
💛良かったところ: 婚活に対する真剣度がとびぬけて高いのか、他アプリと登録者があまりかぶっていないのが一番のポイント。

年齢層も高く、ある程度常識があるやり取りができます。その分登録者数・アクティブな会員の少なさがデメリット。地味に嬉しいのが、いいねを頂いたときに「写真が素敵ですね」「話が合いそうです」など、どこか気に入ったのかを伝えてもらえること。自分のセールスポイントを知れることでその後のお付き合いがスムーズになり、相手に対しても重み無く行為を伝えられるのが嬉しいです。


Page 1 of 4:
«
 
 
1
2
3
4
 
»
 

ゼクシィ縁結び公式サイト

ゼクシィ縁結び

編集部
婚活で運命の相手と出会うためのノウハウ、心構え、体験談、ニュースなど発信する婚活情報マガジン「まりおねっと」の編集部