オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

再婚して良かった!今は幸せと思えるための7つのポイント

40代カップル 婚活の心構え

失敗しているからこそ、再婚はうまくいく可能性が高い⁉

1度失敗したからといって、結婚に臆病にならないで

1度結婚生活に失敗してしまうと、次にいい相手に出会っても、また同じように失敗してしまうのではないかと足がすくんでしまう人もいます。しかし、これから結婚する人は、前の旦那や妻とは別の人なのです。

それにあなたは1度失敗しているからこそ、結婚生活がどういうものか、自分にとって大切なものが何なのか初婚の時よりも分かっています。

お金や見た目で相手を選んでいたという人は、次は自分にとって本当に大切なものをもっている相手を選んで再婚して良かったと思える生活を送りましょう。

これから挙げる再婚のためのポイントに注意して今度こそ幸せを感じる結婚生活にしてください。

再婚して幸せだと感じるための7つのポイント

過去を引きずらない

人は確かに過去の積み重ねによってできていますが、あなたが望まなければ過去の被害者になることはありません。過去の失敗がどんなに辛いものであっても、あなたの考え方によって過去にどのような意味づけを変えることも可能なのです。

別居を続けるよりも、離婚したほうが人生にいい影響があるかもしれません。離婚して得たプラスの学びはその後の人生の恋愛に活きることだってあります。

つい離婚での後悔などが頭から離れない人は、辛い過去から自由になりましょう。幸せになればそんな過去も含めて良かったと思えるようになります。

関連記事

問題の本質を考える

あなたが離婚した原因はなんでしょうか?

この原因を考える時に大事なことは、表面的な問題にとらわれずにもっと本質的な問題に目を向けることです。例えば、旦那の不倫が原因だとしたら、その浮気の奥には寂しさがあったかもしれません。その寂しさはあなたとの夫婦関係によって生まれたものかもしれません。

夫婦関係が二人で築かれるものである以上、二人の問題の原因は常にお互いが持っています。「全て向こうのせいだ」と考えるのはもちろん、「全て自分が悪い」という考えも本質を見えづらくします。

自分が問題行動を起こしてしまったとしても、なぜそのような行動を起こしたのか、どのように考えれば良かったのかを考えましょう。本質的な問題に目を向ければ、再婚時には同じような問題を防ぐことができます。

「男性(女性)はこういうものだ」という考えに縛られない

人は一度失敗すると、問題をパターン化して同じ問題を防ごうとします。旦那や妻の不倫が原因で離婚すると「男(女)は浮気する生き物だ」という前提で人間関係を築く傾向があります。

しかし、人はそれぞれ違う環境で人生を歩んできていますし、違う考え方や性格をもっています。どんな事情があっても、一方が疑いの目を持って接すれば深い夫婦関係は築けません。再婚をしていい家族関係を築いていくためにも過去の失敗に縛られないにしましょう。

「結婚とはこういうものだ」という考えに縛られない

結婚への固定観念が強いタイプの人は、自分だけでなく相手の気持ちをも縛ってしまう可能性が高くなります。そして、この固定観念は自分では持っていることに気付きづらいため、知らぬ間に相手を強制して夫婦関係を壊してしまうこともあります。

結婚とは決まった関係や環境を築くテストでありません。あなたとあなたの家族が幸せでいることがいい結婚なのです。自分と相手が違う人間であることを理解して、新しいパートナーと再婚して、一緒に夫婦の形を築いていくことを意識しましょう。

関連記事

適度に相手に頼る

一度離婚を経験してしまうと、異性との距離を縮めるのに抵抗を感じる人も少なくありません。責任感が強い人や優等生だった過去のある人は、最初の結婚生活からそのような面もあったかもしれません。

相手に頼ることができないということは、なんでも自分でため込んで精神的に自分を追い詰めてしまう結果にも繋がります。相手を頼るということは相手を信頼することでもあります。

あなたから相手を信頼することでお互いの信頼関係を強めることができるのです。相手を頼れることで、この人を選んで良かったと思えるようにもなります。過去におびえずに新しい夫婦関係に目を向けましょう。

過度に失敗を恐れない

人は同じ失敗を繰り返したくない生き物なので、失敗のあとは心にも行動にも壁を作ってしまう傾向があります。自分自身を守るための壁ですが、その壁によって自分の幸せを遠ざけている可能性があることも理解しておきましょう。

何度失敗をしても、最後に成功して幸せになれば、すべての失敗はあなたの人生の糧ということになります。失敗は痛みを伴いますが、失敗を恐れて行動しないことは、さらに大きな痛みを引き起こす可能性もあることを心に留めておいてください。後から振り返って、一歩踏み出して良かったと思える選択をしましょう。

子供を不幸の言い訳にしない

子持ちで離婚してしまった人の中には、子供かわいさに「今は子供のためにも自分が我慢する」という人もいます。しかしその「子供のために」がいずれ「子供のせいで」にならないよう気をつけてください。

子供は大事な家族である以前に一人の人間でもあるのです。あなたが考える子供の幸せが、子供にとっても幸せであるとは限りません。

家族であろうと誰かを幸せにしたいのなら、まずはあなたが幸せになる必要があるのです。あなたが子供の幸せを望むように、子供もあなたの幸せを望んでいます。

そしてあなたを幸せにできるのも、不幸にできるのもあなたの選択だけです。再婚だけが選択肢ではありませんが、再婚して幸せになる人も沢山います。自分の人生に責任を持った選択をするよう心がけて、決断して良かったといえる人生にしましょう。

再婚で得られる人生を否定しないで

あなたが望めば幸せに期限はない

誰も離婚する予定で結婚する人はいません。幸せになれると思って結婚したはずが、離婚という形で終わってしまうことは悲しいことです。

しかし、人生全てを悲しさで染めることはありません。あなたが望むのであればどんな状況からでも幸せを感じることはできますし、幸せな結婚生活を送ることはできるのです。

どんな相手を結婚相手に選ぶことも大切ですが、それ以上に結婚してからどのように夫婦関係を築いていくかの方が重要です。次こそ理想の家族を築いていきましょう。

スポンサーリンク
意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)
約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。
今やネットで出会うことは珍しくありません。
でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に
安心して使えるオンライン結婚相談所を
ランキング形式で比較しました。

婚活の心構え
シェアする
【この記事を書いた人】
Avatar photo

婚活、恋活ライター&カウンセラー。実際に多くの婚活女子をカウンセリングしながら、そこでの気付きや学びを基に婚活の記事を執筆している。婚活に限らず、「自分を愛して、肩ひじ張らない自然体な生き方」を広めるために活動中。

Suzuki Koheiをフォローする
まりおねっと