40代カップル
婚活の心構え

やっぱり大変?バツイチの再婚は難しいというのは本当?

元パートナーと別れ、一人又は子供と共に生きていこう!と心に決めた場合でも、やはり運命の出会いがあるならもう一度…と思うものです。しかし、現実的にバツイチの再婚は一般的な恋愛に比べて困難だと言われています。一体なぜ、難しいのでしょうか?

難しいバツイチの再婚

バツイチの再婚は大変なの?

最近では若い男女の婚活でさえ思うようにいかないと言われています。

男女共に独身貴族を貫く方も増えていますし、恋人が居た場合でも結婚がゴールではない…と考えるカップルも居るほどです。

そんな中でも、バツイチから再婚をして次の幸せを見つけました!という方も居ます。しかし、一般的にバツイチの再婚は難しいと言われて居ますよね。

色々と問題があるのではないだろうか?バツイチだから大変なのでは?と考える方が多いのです。ただ、バツイチで再婚して幸せを掴んでいる男女が居るのも事実です。一体、再婚の何が難しいとされているのか?一つずつ解説していきましょう。

バツイチの再婚が難しいと言われる理由

①バツイチのイメージ

離婚

私、バツイチなんです。と言われて昔程はビックリされないものの、やはりプラスのイメージはなかなかつかないものです。

どれだけ綺麗な女性や格好の良い男性でも、バツイチと聞いただけで何か問題があるのかな?と思われてしまいます。

・難しいと言われる理由

  • 結婚生活ができないのではないか?
  • 我慢ができない又はワガママなのでは?
  • 結婚に不向きなのでは?

この様に勝手に想像されてしまい、再婚を考えた場合に不安感が残ります。特に結婚生活が短いまま離婚したパターンは、物事をよく考えない、幼いというイメージがついてしまいがちです。

・解決策

「良くないイメージを覆す!」

  • 一度結婚して失敗したから学べた。
  • 反省して一回り成長した。
  • 嬉しい話ではないけれど、結果として良い経験になった、学べたと話すことで相手に安心感を与える。

関連記事

②子供

子ども、シングルマザー

子供に罪はないものの、再婚となる場合、どちらかに子供が居れば再婚のハードルは上がります。自分に子供が居る場合も、相手が子連れである場合も同じです。

・難しいと言われる理由

  • 子供と新しい親の関係は上手くいくの?
  • 懐かないのではないか?
  • そもそも、家族になれるのだろうか?
  • 他人の子を育てることなんて出来るの?

この様に、子持ちとの再婚は子供との新しい関係作りに不安を感じ、男性ならば新しい妻だけでなく、子供ごと背負わなければならないという使命感。いくら相手が大人でも不安を感じざるをえません。

女性ならば、他人の子供の母親になるという責任感などから再婚を考えた場合に、精神的な不安が大きくなるのです。

・解決策

「純粋に家庭の温かみを楽しむ」

良い母親に良い父親にならなければいけない!良い家族を作らなければならない!という責任感や使命感のため自分達でハードルを上げてしまいがちなので、もう少し柔らかく考えるつもりで、子供と一緒に居たら楽しいな〜くらいの気持ちからスタートすると上手くいく。

関連記事

③元夫・元妻

喧嘩、ケンカするカップル

綺麗サッパリ離婚したとはいえ、再婚を考えた場合に気になるのは、相手の元夫・元妻の存在です。

特に子供が居た場合は、離婚してからも会う可能性が高く、別れたとしても結婚していた事実がありますから、一番気になる異性になるのです。真面目な人ほど、この傾向が強いでしょう。

・難しいと言われる理由

  • 元夫・元妻には勝てないのでは?
  • 慰謝料や養育費は大丈夫か?
  • 子供と会う時に元パートナーとも会うが信用して良いか?
  • 元パートナーは本当に割り切っているのだろうか?

この様に頭の中で考えてしまい、相手に対して疑心暗鬼になってしまうのです。

・解決策

「全てを明確化する」

慰謝料はいくらか、毎月の養育費はいくらか?子供とはどの位のペースで会うのか?会ってどうだったか?など、相手が聞き辛いことを全て話し、明確化することで安心感を与え、信用を得ることができます。以前結婚していた相手は、不本意かもしれませんがあなたの人生の一部。だから、新たなパートナーなる相手にもきちんと伝えておく必要があります。

④再婚のための自信がない

考えて落ち込む男性

離婚は結婚の何倍も大変だ!という程に、離婚をした後は体力的にも精神的にも、非常に疲れます。離婚の話し合いをしている期間に精神がすり減ってしまった人も多いでしょう。

理由は違えど、お互いに傷ついた面もあり、少しの間、自分に自信が持てなくなるケースは多々あるのです。再婚や新たな出逢い考えた場合でも、なかなか前向きになれずに踏み出せない場合が多くあります。この点に悩みを抱いている人は多いです。

・難しいと言われる理由

  • 再婚してもどうせ上手くいかないのでは?
  • やっぱり結婚に向いていない気がする
  • また失敗したらまた傷ついてしまう

この様に、自信が無くなっているので、再婚を考えた場合も悲観的になってしまうのです。

・解決策

「飾らない自分で良い」

今は自信がない、それでも貴方が好きですという飾らない本当の気持ちをさらけ出すことで、かえって絆は強くなります。

不安な自分を素直に出していくことで、相手も理解してくれるので、二人の間が安定していき再婚に前向きになれるのです。相手を愛する気持ちを素直に伝える決意が大切ですよ。

⑤仕事

男女共に、相手にいきなり全てを頼られるのは負担が大きいものです。特に男性は、再婚者となる妻と子供を支えていく可能性があるので、不安感は大きくなります。

女性も仕事を続けていきたいという気持ちがある場合は、再婚したからといって家事を全て任せられるのは負担になる…という思いがあるのです。

・難しいと言われる理由

  • 余裕がないので、全ての経済面を任せられるのはキツイ
  • 家事を分担してくれるだろうか?
  • 養育費の支払いもあるし、経済面での不安がある

・解決策

「お互いに自立する」

昔からの流れで、結婚したら女性は家事を中心にこなし、男性は外で働く…というのが未だに根強く残っています。

しかし、バツイチの場合は男性が養育費や慰謝料などで金銭的に余裕がないケース、女性がバリバリに働いているケースが珍しくないので、それぞれが自立している姿を見せることで、自分一人で背負わなくても良いのだなという安心感に繋がります。

⑥再婚のための出会いがない

デート、ワイン

一般の男女と比べるのは難しいですが、バツイチの男女は子供が居る場合もあり、非常に毎日が忙しいといえます。

仕事と家事を完全に一人でこなしているお父さんやお母さんもいますから、いつ恋愛すれば良いの?と再婚までの出会いそのものが難しいケースが多いのです。

・難しいと言われる理由

  • 毎日忙しくて恋愛する時間がない
  • 仕事と子育てでイッパイイッパイ
  • 出会いもないし期待していない

この様に、自分から諦めてしまっている場合や、今は恋愛するべきではない!と決めてしまっている方も多く居ます。

・解決策

「行動あるのみ」

待っているだけでは恋愛までなかなか辿り着かないのは、なにもバツイチさんに限った話ではありません。1日だけ子供を預けて婚活パーティーへ参加してみるなど、自分から動き出すことで再婚の難しさは解消されます。

⑦相手の親が再婚に理解があるか不明

老夫婦・両親

一般的な結婚であっても、相手の親との関係では多かれ少なかれ揉めたりするものです。

ましてや、バツイチのヨメ、バツイチの夫… となれば、あまり良い顔はされません。どれだけ最初の挨拶で真剣な気持ちを伝えても、その気持ちが届かないケースも残念ながらあります。親の世代へのバツイチのイメージは私達世代以上に良くはありません。死別ならまだしも通常の離婚はなかなか受け入れてもらえないでしょう。相手が初婚であれば尚更です。

・難しいと言われる理由

  • バツイチの自分を受け入れてくれない気がする
  • 何かとバツイチだから…と言われそう

この様に、なかなか理解してもらえないのではないか?という不安から、再婚するのは難しいのではないか?と思う方が多いのです。

・解決策

「少しずつ焦らない」

バツイチだから、良いイメージを持たれていないから!と必死になって良い印象を与えようと頑張る方が居ますが、バツイチであってもそうでなくても、相手の親とは全くの他人です。

そんな直ぐに分かり合えることはありませんし、自分の良さを早く分かってもらうのも難しい話です。

バツイチだからと焦らず、誠意を持ってお付き合いし、本気で愛しているという姿を見せていくことで、悪いイメージは必ず無くなります。

婚活をスタートしたバツイチの傾向について

婚活市場の優等生!バツイチの成婚率は高い

プロポーズ、指輪

結婚相談所や婚活サービスに係る方のお話を聞くと、バツイチは大歓迎だそうです。その理由は、結婚に無駄に大きな理想もなく、考え方が現実的だから。

確かに「離婚経験がある人は嫌だ」という婚活者は一定数おりますが、だったら他を探せばいいだけ。バツイチだからお見合いが断られるということはあまりないのですが、子どもがいる場合はやや再婚の障害は高くなる傾向にあるそうです。

厚生労働省の婚姻に関する統計によると、平成27年婚姻数は63万件。そのうち26%にあたる17万件の夫婦はどちらか、あるいは両方が再婚です。離婚を経験して次にまた婚活まで踏み出すことは勇気がいることかもしれませんが、そこで踏み出して新たな家庭を作る方は多いことがうかがえます。

一定の年齢を超えればバツイチの方が魅力的に見えるから再婚しやすい

アラフォー女性

「なぜあの人はこれまで独身だったんだろう?」

一定の年齢を超えるとそう思われることもあります。何もなくても「マザコンなんじゃないかな」「ギャンブルとかが趣味なのかな?」悪い方に考えられてしまうもの。

ところがバツイチなら、「あ、一回は結婚したことあるのね。それで今独身なんだ」とバツイチの方が人柄が疑われないのです。結婚相談所の仲人さんから「バツイチの人の方が成婚率は高い」という話を聞けることも少なくありません。

一定の年齢が何歳なのか、線引きは難しいところですが離婚率が最も高い年代は30~34歳と言われております。その年齢以上の方にとって、離婚している人はそこまで珍しいことではないでしょう。

まとめ・バツイチはただの経験値!

バツイチの再婚を難しくしない

バツイチの再婚は難しい!と言われている多くは、子供が居るケースです。子供との関係が上手くいくかどうか?で悩む場合はありますが、そこをクリアすれば、基本的には一般の結婚と同じといえます。

一度失敗した世間からのイメージは、単なるイメージであって、自分の行動で何とでも変えることができますし、傷ついたことから自信喪失してしまった場合も、2人の関係が深まれば解消されます。

世間的なイメージから、バツイチの再婚は難しいと思い込んで、自ら難しい!と決めつけてしまうのが、再婚が難しくなる一番の原因なのです。

再婚者を優遇している婚活サイトもあります

バツイチの方が再婚したいと思った時に大事なのは未婚者だけのところで出会おうとしないことです。今は再婚者、シングルマザーを優遇している婚活サイトもあります。おすすめは2016年に誕生した「マリッシュ」です。

離婚経験者だからこそ気になる貯金や喫煙の程度「家では吸わない」、料理の程度「簡単なものなら作れる」という加減も分かるのが特徴です。女性は登録・利用完全無料です。利用者は10万人を超え、女性30~40代、男性30~50代の登録者が多いようです。(2017年11月)

マリッシュ 公式ページ

Hana
現在30代前半 二児の母。二十歳で結婚し、二人の子を授かるも結婚8年目で離婚。後に子連れ再婚をするも、うまくいかず離婚。そして、2015年には再婚を果たす。自身の経験と反省を踏まえ、心理学を勉強する。最近は、仕事で占い関係に従事しながら、もう少し細かく男性心理、女性心理に分けて学んでおり、人間の深層心理学も同時に勉強中。