結婚式
婚活の心構え

もうすぐ34歳?独身女性が35歳までに結婚するためのアドバイス

女性は35歳を迎えると結婚のチャンスが急激に減るといわれています。婚活を成功させるには、自分がなるべく良い条件でいられるうちに集中的に活動することが重要です。ここでは、34歳独身女性が35歳までに結婚するために知っておくべきことを見ていきましょう。

アラフォーには言いにくい結婚できる女性の真実

自然な出会いで恋愛結婚にこだわれば独身のまま40歳に

「アラサーのつもりだったのにもうすぐ34歳になる」

おもえば31歳のころは20代とそんなに変わらないと思っていた。体も心も、そして人からの見られ方も。1年がたつスピードが20代のころよりはやくなり正月からあっという間にGW。夏が過ぎて涼しくなって「あれ?もう年末!」気が付けばもうアラフォーの入り口が見えていたという方もいませんか?

いきなり厳しいことを言ってしまって申し訳ございません。女性は35歳を迎えると婚活が厳しくなってきます。単なる年齢だけではなく、頑固でプライドが捨てられなくなるのです。「結婚しようと思えばできるけどしないの」「自然に出会って恋愛結婚したい」と強がっているアラフォー女性が大勢います。女性から見ても、かわいくない…。とはいえ、だれも怒らせることを覚悟で注意しないでしょう。

とはいえ、年齢を理由に自信をなくしたり、卑屈になったり、焦ったりする必要はまったくありません。ほんの少し考え方を変え、柔軟になることで婚活のチャンスは飛躍的に広がります。ここでは、もうすぐ35歳という女性がなるべく早く結婚に至るために必ず知っておきたいことをチェックしていきましょう。

 

今のあなたはどんなアラフォー女性になりたいか選べる

友だちから聞いた話です。同僚のアラフォー独身は「いい男がいない」が口ぐせ。いい出会いの場に出ていってうまくいかず「モチベーションが下がっていきたくない」とか。それを見た友だちが「男は子どもも欲しいし若い子がいいに決まっているよ。その年で独身って何かあるって相手だって思うんだよ。相手の立場に立ってみて」といったら不機嫌になり

「産めないとか誰が決めたのよ!そんないい方しなくてもいいでしょ!」

とむくれてしまったそうです。38歳でこれってイタイ。注意されたらむくれて逆切れし、「出会いがない」と被害者面するけれども自分を甘やかし周りに注文を付ける魅力がない幼いおばさんです。愚痴を聞いてもらうことへの感謝はなく、アドバイスしたら怒る。

もうどうしようもないですね。慰めてほしかったつもりかもしれないけれど、大丈夫な人なら「大丈夫だよ!元気出して」といえるかもしれないけれど大丈夫ではない。もう関わるのは辞めると心に決めたそうです。

周りの人にとってアラフォー女性の前では出会いや結婚ネタがタブーになり、「結婚が全てじゃないよね」「結婚も大変よ」「結婚するのもしないのも個人の自由だから」なんて腫れものでも扱うように当たり障りないきれいごとをいうようになるのです。そのうち、親が病気になり子どもも家族もいない独身の娘を頼るように。自由が奪われるようになります。

できればより有利に、柔軟に戦える32~34歳のうちに相手を見つけておきたいものです。なぜって今のあなたならどんなアラフォーになりたいか選べるのです。

まだ大丈夫。ただしギリギリの34歳

34歳彼氏ナシ実家暮らし女性は一人暮らしをしよう

仕事をしている女性が実家暮らしを続けていると、どうしても家事が母親任せになってしまいがちです。なんだかんだ居心地の良い実家に慣れきってしまうと、結婚して新生活を始めなきゃ!という踏ん切りがなかなかつかないものです。

34歳の独身女子が婚活へのモチベーションを上げる最も効果的な方法は、実家を出て一人暮らしを始めることです。一人暮らしをすれば自ずと家事のスキルも上がりますし、自立心が鍛えられます。男性にも、経済的・精神的に自立した大人の女性として見てもらえるようになるでしょう。何より、独身の寂しさを肌で実感できるようになります。婚活への真剣みが増しますよ。

女もキャリアがある方が結婚できる。仕事を言い訳にしない

仕事に打ち込むあまり恋愛や結婚がつい後回しになり、独身のまま34歳を迎えてしまったという女子は多いことでしょう。仕事自体は決して結婚の妨げにはなりません。立派なキャリアを築いている女性には男性も尊敬の気持ちを抱きますし、結婚後も働いて家計を支えてくれるお仕事女子は婚活市場で高評価を得られます。

ただ、一つ注意しなければならないのは、仕事に逃げないということです。努力すれば成果がついてくる仕事や勉強と異なり、婚活では自分の思う通りにならないことがほとんどですし、傷つくことだってあります。そんなときに、「やっぱり仕事だけしているほうが私には合っている」と婚活に背を向けないでほしいのです。

女性に限ることではありませんが、会社に人生を捧げないでください。もし、退職後にあなたが結婚しないで仕事に人生をささげて会社は孤独な老後を迎えるあなたの世話をしてくれるのですか?

幸せをつかむために何より大事なのは、傷つくことを恐れない気持ちだということを忘れないでくださいね。

貯金できなそう、家事力スキルなさそうに見える悪習慣

スポーツ

女性が考える女子力と男性が考える女子力には大きな隔たりがあります。女性にとっての女子力とは、自分をキラキラさせてくれるもの。習い事やネイルなどインスタグラムに投稿したくなるもの全般といってよいでしょう。

一方、男性が求める女子力とは、女性だけが有する特質です。残り物で手早く一品作る料理スキルなどももちろんですが、もっと大切なのは寛容さや包容力、母性や優しさ。一言でいえば男性を癒す力だといってよいでしょう。

34歳独身女子が女子力アピールのつもりで女子会や習い事やジェルネイル、旅行などの話題をふっても、男性にはまったくウケません。この3つの趣味は、金遣いが荒そう、遊びすぎて貯金がなさそう、家事ができなそうというマイナス印象を持たれてしまいがちなので注意してください。

結婚の相手として選ばれやすいのは派手なキラキラ女子より地味で堅実な子です。もちろん自分が好きなことを楽しむのは何の問題もありませんが、わざわざ男性にアピールする必要はないということを肝に銘じましょう。

1%でも子供が欲しいなら知っておきたい年齢と妊娠確率

家族

34歳独身女子が婚活で苦戦を強いられるのは、出産の問題があるからです。35歳以上の出産は高齢出産と定義されます。男性の多くは子供を望むので、妊娠期間を考えて33歳を結婚相手の年齢の上限としていることが多いのです。 相手の男性が不妊の原因ということも多いんですけど、男って身勝手ですね。

卵子は年齢と共に老化するため、女性は歳を重ねるにつれ妊娠しにくくなります。妊娠率は25歳~30歳では25~30%ですが、35歳になると18%に急低下します。そして40歳では8%まで下がってしまうのです。また、妊娠できたとしても流産率が高くなるのが36~38歳ぐらいから。無事に出産して高齢出産ではダウン症などのリスクが高まるとされています。

もちろん、妊娠できるかどうかは女性だけでなく男性のほうの問題もあります。また、体質は人それぞれですから35歳以上でも自然妊娠できる人はいます。ただ、出産を考えるなら結婚は早いほうがより安心なのは事実です。

「不妊治療をすればいいんじゃないの?」「芸能人の〇〇さんは40歳で初出産だけど」と思う方もいるでしょう。人工授精って保険も効かず1回20~60万円ほどします。なかには家を買えるような額をかけて妊娠しないご夫婦も。芸能人の高齢出産の裏には莫大な額の治療費があるかもしれませんよ。不妊治療に助成金が出る自治体もありますが34歳までというケースが多いです。成功率の低い年齢の方に助成金は出ないのです。

捨てるのは恋愛結婚への執着と出会い方にこだわるプライド

相席

今までは簡単に彼氏ができていたというモテ女子ほど、実は婚活で苦戦します。私はモテるという自負心と恋愛結婚へのこだわりが足を引っ張るからです。34歳・彼氏ナシの独身女子が真っ先に捨てるべきは無意味なプライドです。結婚相談所なんてモテない男女の集まり、34歳だけど私ならまだまだイケてるし、本気を出せばすぐ結婚できる――心の中にそんな気持ちがないでしょうか。

運命の相手と大恋愛の末ゴールインするというドラマのようなストーリーにこだわっていると、成婚にこぎつけるのは非常に難しくなります。34歳の独身女性にとって、自然な出会いでの結婚は非効率すぎるのです。人生は結果よければすべてよしとして、出会い方への理由なきこだわりは捨ててしまいましょう。結婚してからゆっくり相手を好きになっていくという幸せの形もあることを頭に入れておいてくださいね。

婚活サイトに登録して 10 年ぶりに彼氏ができた

男性を見る女性

日常生活の中で出会いがないのなら、自分から探しに行かなければいつまでたっても独身のままです。積極的に出会いを探すのは恥ずかしいなどというのは単なる自意識過剰です。34歳のキャリア女子A子さんはマジメゆえに仕事と恋愛をうまく両立できず、彼氏ナシ歴は10年にもおよびます。34歳という自分の年齢を意識したA子さんはついに婚活を決意。自分のペースで活動できる婚活サイトを利用することにしました。

これまで受け身の恋愛しかしてこなかったA子さんですが、背水の陣という心構えで婚活に臨みました。心惹かれた男性には勇気を振り絞って自分からメッセージを送信。見事マッチングできたA子さんは彼とじっくりやりとりを重ねた後、ついに10年ぶりのデートへ。初対面で意気投合し、結婚を前提にお付き合いすることになったのです。

A子さんが利用したのは電車の中で広告をみたリクルートが運営するゼクシィ縁結びです。ネットで出会った人にリアルであうのが抵抗があったそうですが初デートのセッティングをコンシェルジュにお願いすることができて安心感があったそうです。

ゼクシィ縁結び公式サイト

34歳でも今日が一番若いのだからすぐ行動しよう

まだいけると勘違いしないで。同年代男は20代女性も選べる

34歳独身女子が本気の婚活を決意したら、まず実家から出て一人暮らしをすることをおすすめします。夫婦共働きが当たり前の今、安定した職場の公務員女性・看護師などは婚活市場で人気です。仕事を言い訳にせず、前向きに婚活していきましょう。

女子会や旅行などの趣味を不用意にアピールすると、貯金がなさそう、家事ができなそうという印象を与えかねないので注意してください。

年齢によって妊娠率は低下するという現実を踏まえ、34歳独身の女子は効率的に婚活していく必要があります。出会いの形や恋愛結婚へのこだわりを捨て、婚活サイトなども積極的に利用していきましょう。

35歳までに結婚したいかたにおすすめマッチングサイト

マッチングサイトはいろいろあるのですが、平均年齢が若いところはおすすめしません。男性も見比べるので出会いにくいのです。また、本気度が高い人が多く登録しているところがいいでしょう。A子さんが登録したゼクシィ縁結びは平均年齢29歳なので33~34歳はやや年上の部類になります。もちろんゼクシィ縁結びでもいいですが、編集部としてはユーザーの平均年齢という点からこちら2サイトをおすすめします。

Omiai

33歳~34歳ぐらいの方に編集部がおすすめするアプリはその名も「Omiai」というFacebook連動型アプリです。2018年4月からFacebookアカウントがなくても登録できるようになりました。お互いがFacebookアカウントで登録している場合は、相手の検索結果に表示されません。女性無料なのもおすすめポイントです。

Omiai公式サイト


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

ゼクシィ縁結び

Facebookをやっていない方は大手リクルートが運営するゼクシィ縁結びもおすすめです。30代が多く再婚希望者も多いです。ゼクシィブランドということもありセキュリティ面が万全で、初回デートは連絡先を交換しなくてもよいデートセッティング代行機能もあります。

ゼクシィ縁結び 公式ホームページ

菊乃
出逢いがない女性専門の恋愛コンサル・作家の菊乃です。 執筆・セミナー講師をやっております。 1979年9月9日山形県生まれ。ペンネーム菊乃は菊の節句生まれに由来。