デート
婚活のノウハウ

今から使える会話テク!女の子との会話ネタに困る男性向け

女の子との会話を盛り上げるのが苦手なあなたに贈る会話術です。ここで伝えることを全てマスターできれば、どんな女の子が相手でも会話に困ることはなくなるでしょう。モテたい男性の方は、是非参考にしてください。

女の子との会話を盛り上げたいあなたのために!

恋愛に繋がるような会話のコツとは?

女の子との会話に困ってしまう男性は少なくありません。「盛り上げるのは無理でも、せめてそつなく会話をこなしたい」と考えている男性も少なくないのではないでしょうか。

普段、私は占いや恋愛の仕事を通じて多くの女の子の本音を聞いています。その声を元に、女の子を楽しませる会話ネタや会話のコツをお届けしましょう。恋愛に繋がるような会話には、やはりコツがあります。

素のままで会話をして盛り上がるわけがない!

大前提!会話ネタやコツの前にあなたが知っておくべきこと

怒る女性

いきなり話の流れを折りますが、女の子を会話で楽しませるためには会話ネタうんぬんの前に意識しなければならないことがあります。

それは、

  1. 明るい表情で話すこと
  2. 声は明るいトーンを心がけること
  3. 相手の話には否定ではなく肯定や同調をメインとすること

この3つです。

ネタや話題ばかり気にして無表情になると、話している相手の女性も表情が乏しくなりがち。焦って話題を考え余計に声のトーンも暗くなりという悪循環に陥ってしまいます。

「どんな会話のテクニックがあるんだろう?」と思ってこのページをご覧の方も多いかもしれませんが、話題以前にこの3つが重要。

この3つが徹底できれば、女の子に悪印象を与えることは、ほぼありません。「あんまり面白くないな」と思われることはあるかもしれませんが、会話の仕方で嫌われることはなくなります。

もちろん、我々が目指すのは「嫌われない」ではなく「好かれる」ですから、更なる努力や意識が必要です。しかし、会話ネタや会話テクニックを意識する前に、まずは上記の3つを意識することから始めていきましょう。

相手によって盛り上がるネタは大きく変わる

男性を見る女性

ここからが本題です。

会話は相手がいるからこそ成立しますよね。だから「この話題を振っておけばOK」なんて鉄板ネタは存在しません。あれば楽なんですけどね(笑)相手をしているのがどんな女の子なのかを知った上で、提供する話題を考えていきましょう。

1つ言えるのは「話題を共有できる人が少なければ少ないほど、共有できた時に話は盛り上がる」ということです。マニアックな話題を共有できれば、盛り上がらない方が難しいです。

だから、多くの恋愛指南書では「共通点を探せ!」と言われています。いきなりマニアックな話題を共有するのは難しいので、まずは

  • 地元が一緒
  • 出身大学が一緒
  • 働いている業界が一緒

このような共通点を話題にするのが、無難と言えば無難ですね。

基本的に女の子との共通点から話題を始めるとスムーズに会話できることが多いです。

ただし、ここまでだと「そつなく会話ができる」止まりです。「会話していて楽しい!」と女の子に思ってもらうためには、更なる意識が必要です。

ということで、次に進みましょう。

関連記事

あえて非共通点から話題を広げる会話テクニック

生活感のあるカップル

共通点が見つかれば良いのですが、見つからないと焦ってしまう男性も多いですよね。無理に共通点を探そうとして、女の子を質問攻めにしてしまう……これはいただけません。

共通点が見つからないならば、あえて非共通点から話題を広げるテクニックもあるので、覚えておいてください。

たとえば、あなたが男子校出身で相手の女の子が共学出身だったら、「共学いいよね。俺なんて男子校だったから……」と男子校ならでは、のエピソードを話します。

別な例ですと、あなたが地方出身者で相手の女の子が都会の出身なら、「都会だと電車とかあんまり気にしないでしょ?ウチの実家の最寄り駅とかヤバいよ。電車に乗り損ねたら次の電車が5時間後だったりするからね」のような自虐エピソードも立派なネタになります。

共通点ではないからこそ盛り上がる会話もある、と覚えておいてください。

会話の広げ先は女の子の言葉から!

次に紹介するテクニックは少し難しいのですぐに実践するのは難しいかもしれません。しかし、確実に会話が盛り上がるテクニックなので、頭の片隅にでも入れておいてください。

それは、「女の子の言葉から会話を広げていく」というテクニックです。目の前の女の子に合わせて臨機応変に対応すればスムーズな会話になり、盛り上がりやすいのです。

たとえば、女の子が「今日、残業があってね……」とポツリと漏らしたら、残業をテーマに会話をしてみましょう。

たとえば、女の子が「ここのデザート美味しいよね」と言ったらデザートがテーマです。

慣れないうちは無茶ぶりに聞こえるかもしれません。しかし、会話上手の男性は、あらかじめ会話ネタを用意するのではなく、目の前の女性から会話ネタをどんどん引っ張ってきます。すぐに真似できるものでもありませんが、意識していけば近づけますので、頑張ってみるのも良いと思いますよ。

どんな話をするのか……あらかじめ考えておくのもアリ

働く女性

いざ、女の子を目の前にして会話ネタに困るくらいならば、前日のうちから会話ネタをストックしておくのも手です。あらかじめストックして使えるネタは「最近の出来事」にしておくと良いでしょう。最近、自分の身に起こったことならば会話ネタとして十分通用しますし、変にオチなどを考えなくても良いです。

ただし、会話ネタのストックはあくまで保険と考えておいてください。「話題に困った時に出す」くらいの気持ちで良いです。話の流れや二人の雰囲気にそぐわなければ、ネタはそのまま家に持ち帰った方が良いですよ。

前日から考えていた会話ネタを一切使わずに、女の子とのデートが終れば、それはむしろ大成功と言えます。

関連記事

目的さえ見失わなければ会話スキルは上がっていく

失敗を怖れずに、いろいろチャレンジしてみよう!

今回、女の子との会話ネタということで、基本的な考え方をお伝えさせていただきました。すぐに実践できるものから、少し時間がかかりそうなものまであったと思います。

総じて言えることは、女の子を楽しませる意識を持っていれば、必ずあなたの会話スキルは上がっていくということです。「ネタをあらかじめ考えておくも良し、その場で臨機応変に対応するも良し」ですが、最終的な目的は一緒……好みの女の子の笑顔ですよね。それさえ見失わなければ、大丈夫!あとは、何度も失敗を繰り返しながら覚えていくことです。

失敗しても良いんですよ。その失敗は、次のためのネタになります。

わたろう
ライター兼占い師として活動中。占いや恋愛、結婚についての執筆がメイン活動。とくに女性の悩みを解決するのが、活動の中心。 ときにはビジネス関連の仕事もしていて、業界誌や娯楽誌でのコラム連載や漫画原作の経験もあり。 現在、綾野ことは名義でミステリー小説も書いている。こっちは、まだまだ駆け出し中。