仕事帰りデート
婚活のノウハウ

36歳独身女性が1年後に結婚するために手放した5つの執着

36歳を迎えた独身女性が結婚を望むとき目を向けてみたい“執着”についてご紹介します。36歳独身女性のあなたが自覚している執着もあるかもしれませんし、無意識のうちにとらわれていることもあるかもしれません。この機会にチェックしてみると意識が変わるかもしれません。

36歳独身の「結婚できるかな」という不安がなくなる方法

1年後のあなたは今日の自分を褒めてあげたいはず

アラフォーは気持ちの面でも身体的な面でも変化を感じやすくなる年頃です。とりわけ女性は男性より生き方の選択肢が幅広いため、このままの自分でよいのかと迷いを感じることが多くなるものです。

  • 結婚をあきらめずに婚活をがんばる?
  • ずっと独身で生きる覚悟をすべきか?
  • 独り身でも経済的にやっていける?
  • 今の仕事をずっと続ける?
  • 子供はどうする?

と心が揺れている女性も少なくありません。36歳というのは若くはないけれどまだどんな道にも進めるギリギリの年齢だからこそ、よけいに気持ちがぶれやすいのです。

今のあなたは、結婚さえできればあらゆる執着から解き放たれると思っているのではないでしょうか?

実は逆なのです。まず執着を手放すことで「結婚しなければならない」という思い込みから自由になれ、いろいろな道が見えてきます。自分がどうありたいかがわかれば、自分にとって本当に幸せな生き方が見えてくるのです。

独身卒業のために36歳が捨てる5つのこと

(1)36歳という年齢で独身が恥ずかしいという世間体

なぜ世間体を気にしなければならないの?と聞かれて、理由をすらすら言える女性はいないでしょう。それくらい世間体というのは曖昧で実体のないものです。いわゆる「世間」の人たちがあなたの幸せをどれだけ気に懸けてくれるでしょうか?他人からどう思われているかを気にしてクヨクヨすることからはもう卒業しませんか? 世間体という窮屈な枠に自分で自分を押し込めようとしていることに気づいてください。

今のあなたを作り上げてきたのは、他でもないあなた自身です。36歳・独身女性という現状に不満でも、ありのままの自分を肯定してあげてください。強がりでもいいから、「自分なりに精一杯やってきたんだから、今の自分に満足だ」と考えましょう。

他人の視線が気になるのは、自分に自信を持てていないからではないでしょうか。本当に大事なのは他人から見てどうかではなく、主体性を持って生きることです。生き方を他人とくらべて一喜一憂することに何の意味があるのでしょう。

世間の人や実家の親、親戚たちはあなたの人生に責任を持ってくれはしません。あなたの生き方はあなた自身が決めるのです。「人は人、自分は自分」と自分に言い聞かせ、ただ毎日を一生懸命に生きることに集中してください。

(2)結婚はしなければならないという義務感

結婚

女性はみな一定の年齢になったら結婚しなければならない、などという決まりはありません。生き方は人それぞれ。人生とはお手本をなぞって生きることではなく、自分なりの生き方を一生かけて模索していくものです。こう生きなければならないというモデルなどそもそも存在しません。あなたが負う唯一の義務は、幸せになるために努力することだけです。

結婚を焦る気持ちの裏には、「36歳にもなって独身でいる自分は女性として半人前だ」という意識があるのではないでしょうか。他人と比べることから卒業しない限り、焦りや不安からは一生逃れることはできません。結婚したとしても、「私だけまだ出産していない」「うちだけまだマイホームを買っていない」「うちの子だけお受験していない」など、悩みのタネは尽きることがないでしょう。

幸せの尺度を他人や世間の基準に合わせていると、振り回され続ける人生を送ることになります。36歳・独身であることを嘆くより先にあなたがしなければならないのは、自分なりの幸せの尺度を見つけることです。

(3)結婚しないで悪いなという親への罪悪感

36歳独身女性の中には、一心不乱に仕事に取り組んできた優等生の頑張り屋さんも多いはずです。マジメないい子ほど親からの期待を敏感にキャッチし、応えられない自分を責めてしまうものです。36歳にもなって孫の顔を見せてあげられず申し訳ないと感じるのは、親を想う気持ちのあらわれです。

親を気遣うのは立派なことですが、まず自分の気持ちをもっと大事にしてあげませんか? 親を喜ばせたいという気持ちから婚活を始めると、お相手を判断する基準が自分の好みではなく「親の期待に適うか」になってしまいます。

親は結婚を急かすこともあるかもしれませんが、それは結婚によってあなたが幸せになれると信じているからです。36歳独身でもあなたが充実した毎日を過ごし、満ち足りた気持ちでいられるならそれでいいのです。結婚していなくても十分幸せだということを親に示し、安心させてあげましょう。あなたが笑顔でいることこそ親の幸せなのだということを思い出してくださいね。

(4)友達や周りに自慢できる男性と結婚したいという見栄

バイバイ

みんなと一緒だと安心できるから、仲間内で自分だけ独身だと恥ずかしいからという理由で脱独身を焦るのは、「友達が持っているから自分も欲しい」という横並び発想と同じです。生き方にはそれぞれのペースがあります。他人の生き方を尊重すると同時に、自分で自分の生き方を尊重できるようになるといいですね。

人としての価値は職業や年収、ルックスなどでは量れません。他人からうらやましがられる相手と結婚したいというのは、他人からの“お墨付き”が欲しいという気持ちのあらわれではないでしょうか。他人からの評価ではなく、自分の目を信じましょう。誰のために結婚するのか、もう一度考えてみてください。

「妥協して結婚するくらいなら独身でいたほうがマシ」という考え方は婚活を長引かせます。アラフォーからの婚活は、「私にふさわしい男でなければ」と上から目線の条件を設けるのも、「36歳の女性なんて婚活市場で需要がない」と自虐するのもダメ。相手の本質を見ようとする姿勢が最も大切です。

(5)「年だから」「仕事が忙しい」という行動しない言い訳

スマホ見ている男性

結婚したい気持ちはあるけれど行動に踏み切れない人が必ずといっていいほど口にするのが「出会いがない」という言い訳です。確かに、職場と家を往復するだけの生活ではなかなか新しい出会いはないでしょう。しかし、あなたが36歳・独身でいることの本質的な原因は別にあるのかもしれません。

婚活を始めれば出会いの数自体は格段に増えます。その一方で、いいなと思った相手にフラれたりなど、36歳女性の現実の厳しさを思い知らされる局面も出てくるでしょう。現実を思い知らされて傷つくことを恐れるあまり、守りの姿勢に入ってしまっていませんか?

日常に出会いがないことを体のいい言い訳にして現状に閉じこもっている限り、結婚への道は開けません。人生の伴侶を必要としているなら、勇気を持って婚活へ踏み出しましょう。

今すぐ始まられるのはネット婚活

最初の一歩におすすめの婚活方法は、今日からでも始められる婚活サイトやマッチングアプリです。オンラインでの婚活は利用価格もリーズナブルなうえ自分のペースで利用できるので、お試し婚活にはぴったりなのです。

どのサービスが良いか分からないという方は、まずは大人のための婚活サイト「Match」を試してみてはいかがでしょうか。アメリカで知名度No1で、日本でも15年以上運営していて累計250万人以上が登録しているマッチングサービスです。

Match(マッチ)公式ページ

36歳独身女性たちよ!本気になろう!ただしその前に自由になって

1年後は結婚していようと決意するなら全部要らない

36歳独身の女性が1年後に結婚するためには、

  1. 世間体を気にする気持ち
  2. 結婚しなければならないという義務感
  3. 独身で悪いなという親への罪悪感
  4. 友達に自慢できる男性と結婚したいという見栄
  5. 行動しないことへの言い訳

という5つの執着を手放す必要があります。

5つの執着はいずれも、自分ではなく他者の価値判断を人生の評価基準にしてしまっていることから生じます。自分の幸福の尺度は自分で決めると決意すれば、生き方の軸がぶれることはなくなります。執着から解き放たれることで気持ちが楽になり、新たな展望が開けるでしょう。

CeCe
都内在住ローンウルフ型webライター。得意分野は人間関係やライフスタイル、カルチャー情報などなど。現在は女性向けメディアを中心に執筆中。男女の複雑な心理の綾を明快に解き明かす手腕には定評がある。