オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

結婚相談所の婚活が疲れた!辞めたい!やめどきは?

困る、不安 婚活のノウハウ

結婚相談所が向いていないの?私がダメなの?

結婚相談所は最後の砦ではない。入会はスタート地点に立っただけ

やきもち、イライラ

結婚相談所は高額な婚活サービスです。気軽に入会する方はあまりいませんし、「最後の砦」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

いざとなれば結婚相談所に入れば結婚ぐらいできるだろう

そう思って入会したとしたらショックを受ける可能性は高いでしょう。

しかし、実際には若さを賢く活かそうと考えて20代で入会する方もいます。スペックを活かせるので入会するハイスペックな方もおります。

デートの調整もしてくれて効率的なので利用する仕事が忙しい方、元の恋人と別れてすぐ入会する方もいらっしゃいます。

そういう方と同じ土俵で比較検討されるのが結婚相談所なのです。結婚相談所入会はただスタート地点にたっただけです。

なので、入会してすぐ「こんなに大変なの!」と思うことはよくあることと言えばそうなのです。あなたは以下の1~5でどれに当てはまりますか?

  1. 全く申込が来なくて市場価値の低さに打ちのめされて、もう辞めたい
  2. 会えないわけではないけれど、予想していたより素敵な人に会えずがっかりしている
  3. タイプではない男性、かなり年上の男性からしか申込が来なくてがっかりしている
  4. 申込をしてもみんな断られてがっかりしている
  5. 結婚相談所の人に不信感が出てきて辞めたい

結婚相談所を辞める前に見直したい3つのポイント

1.苦戦しているほどじゃないけれどご自分に厳しすぎ

デート、初デート、お見合い

結婚相談所の中では20代女性でも、10人に申込して1人とお見合いが成立するかどうかぐらいです。30代後半女性になると20人に1人ぐらいかもしれません。40代男性であれば30人に1人ぐらいかもしれません。

一方で、一部の人には3桁の申込が殺到するのです。結婚相談所に入ると、年収、年齢、こうした条件が目立ちます。

ですが、結婚相談所に入会する前に異性にアプローチした経験がない方からすれば、10人から断られたらフラれてうまくいっていないと落ち込むかもしれませんね。特別、苦戦しているというほどではなく、そんなものです。

高いお金を出して入会するので、男女とも「いい男」「いい女」に会えると錯覚するのですが、結局のところ自分に釣り合う人にしか会えないのです。

お申込みした方は、人気がある方ばかりなのかもしれません。もう少し条件を緩和して、申込してみてはいかがでしょうか。

2.写真、服装、メイクを見直す

写真が残念で、あまり申込がない方もいます。結婚相談所の事務所の中で写真を撮ってくれることもあるようですが、それではちゃんとプロにヘア・メイクをしてもらって撮影した写真と並ぶと見劣るのです。

結婚相談所に入る方は「出会いがないから」と思っています。自分の服装やメイクがイマイチ残念なことに気が付いていないことが多いです。

例えば、仕事中にお化粧をしない医療機関勤務の女性は、丸の内OLの写真と並んだら劣るのです。男性でも普段スーツを着ない仕事の方は、スーツが体型に合っていないこともあります。

婚活を機会にメイクを習って、服装も見直した方がいいでしょう。男性も服を買いなおした方がいいことは多いです。

でも、結婚相談所の方は容姿・服装・体型のことはほとんど指摘しません。容姿がそのままでも、自分と釣り合うもっさりした方を選べば結婚できるのです。

自分で外見を改善すれば、申込が増えたりすることはあります。

3.自己紹介文・プロフィール文を見直す

デート、しぐさ

女性の方ならば「趣味は釣り」という男性と、「趣味はカフェ巡り」という男性ならどちらの方が会ってみたいと思いますか?釣りが悪いわけではないのですが、女性で釣りをやる方はあまりおりませんし、お付き合いする前のデートで釣りはしません。

男性の方ならば「学生時代は吹奏楽部でした。趣味はクラシック鑑賞です」という女性と、「自然が好きでお花見や紅葉狩りに行ける人と出会いたい」という女性とどっちらが会いたいと思いますか?吹奏楽部もクラシック鑑賞も悪いわけではないのですが、これも男性で興味を持つ方は少ないですし、デートでクラシック鑑賞はしません。

こうした、異性が会いたいとおもうきっかけにならない情報でプロフィール欄を埋めている人が大半なのです。

それだと、年齢、年収、こういう条件しか見られないでしょう。自己紹介文を見直してみてはいかがでしょうか。

なお、結婚相談所でもプロフィール作成が上手なところは少ないです。単純に、文章が上手な人がそんなにいないというだけです。自分で見直してみましょう。

結婚相談所よりほかの出会い方の方が向いている人はすぐ辞めてOK

やめどきは今!田舎在住の人は結婚相談所より出会いサポートセンターとPairs

北海道、農家、田舎、地方

結婚相談所を利用する人は増えているとはいえ、「いつか結婚したいな」と考えている独身者の中で5%も利用していません。

東京、大阪、名古屋といった大都市なら会えるでしょう。でも、地方・田舎の方の方が入会すると会える距離に住んでいる会員がろくにいないということもあるのです。

今、一番、利用者が多いのはマッチングアプリです。地方の方は、結婚相談所よりマッチングアプリの方がお会いしやすいでしょう。おすすめは登録者が一番多いPairs(ペアーズ)です。


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

地方の方におすすめしたいのは、行政の結婚支援です。

今や晩婚化・非婚化対策は国家課題です。都道府県や各地の市区町村でも結婚支援のために官製の結婚相談所(出会いサポートセンター)を運営しているところがあります。1年1万円など、民間の結婚相談所と比較して破格の料金ですし、登録しているのは同県民ですのでぜひ調べてみましょう。

行政が運営している婚活イベントもあります。

平日休みの人は事前にメッセージのやり取りがあるアプリの方が会いやすい

スマホを持つ20代女性

土日休みではない方が、結婚相談所に入会してもお見合い調整が大変かもしれません。

結婚相談所はお見合いの時はお茶と決まっているところが多く、仕事帰りに一緒によるご飯を食べる初デートというわけにはいきません。

また、結婚相談所は会う前に相手とメッセージのやり取りができません。初デートのやり取りをすべて代行してくれるのは非常に便利な点ですが、平日休みの方ですとやり取りがないとデートの約束がしにくいと思います。

シフト休みでも月3日程度は土日もお休みがあるのならば結婚相談所でも大丈夫だと思いますが、ほとんど土日が休めない場合、マッチングアプリの方がお会いしやすいかもしれません。

また、ペアーズが作ったオンライン結婚相談所ペアーズエンゲージはお相手との初対面は7~9割がオンラインのビデオ通話で、自宅で済ますこともできます。値段も登録料12,000円、月会費12,000円とリーズナブルなのでおすすめです。

担当者を信頼できないなら、結婚相談所のやめどき

お金、結婚

結婚相談所で活動しているけれど、担当者を信頼できない。それならやめて他の結婚相談所に移ってもよいかもしれません。

信頼関係が築けず、相談もできないのならば、高いお金を払っている意味はないでしょう。

結婚相談所の中には、仲人が不在でその分、リーズナブルなタイプの相談所もあります。会員数が少ないということはありません。

エン・ジャパンが運営しているエン婚活エージェントは登録料10,780円、月会費14,300円です。こういうところに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

もし、頑張ってそちらで成婚した場合、何のサポートがなくても成婚料を払って卒業することになります。エン婚活エージェントは成婚料がありません。

まとめ

結婚相談所を辞めたから結婚できないわけじゃない

結婚相談所を辞めたから結婚できないというわけではありません。

他の出会い方の方が向いている方もいます。ただし、辞める前に写真、プロフィールは一度見直してみてください。