オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

結婚相談所って美人はいる?ろくな女がいない噂について解説します

デート、夫婦、30代、アラフォー 婚活のノウハウ

結婚相談所に美人も若い子も共稼ぎ希望の女性もたくさんいます

女性が無料のマッチングアプリもあるのに結婚相談所を利用する理由

夫婦

マッチングアプリは男女比で男性が多いのに対し、結婚相談所は女性が多く男性が有利です。しかし、だからと言って結婚相談所に登録するのはためらわれる方は多いのではないでしょうか?

結婚相談所に入っている女性ってものすごい高望みをしている女性が多いんじゃないの?女性が無料で使えるマッチングアプリがあるのにお金払って結婚相談所に入るって売れ残りばっかりじゃないの?

こんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

女性が結婚相談所を利用するのは「安全」だからです。男性より、女性は見知らぬ異性と出会うことに対し警戒心が高いです。結婚相談所は独身証明書を提出している人だけが登録しており、既婚者や結婚願望が薄い人がおりません。

女性は一定の年齢を超えたら、結婚につながらない出会いを避けたいと思う方も多いのです。そのため、結婚願望の有無がわかりにくいマッチングアプリより値段が高くても結婚相談所を使う方がいるのです。きれいな女性も、若い女性も多く、ほとんどは結婚後も仕事を続ける希望を持っている女性です。

結婚相談所利用者は男女とも入会時の年齢が低下している

結婚相談所パートナーエージェントを運営しているタメニー株式会社が行った調査発表によると、2017年時点は入会者の一番多い年齢が34歳だったそうですが、2021年の入会者で一番多いのは29歳だそうです。5年で入会者のボリュームゾーンが5歳も若くなっているのです。

もしかしたら、昔は30代後半女性ばかりという時代はあったかもしれませんが今はそんなことはありません。

若い女性が結婚相談所を利用するようになった背景には理由が2つあります。

マッチングアプリになれ婚活サービス利用に抵抗がない

今の20代は大学生時代からマッチングアプリで出会うことが当たり前になり、サービスを利用して相手を探すことに抵抗がない。効率のためなら投資する価値観のユーザーが多い。

コロナ禍で出会いの機会が減った

コロナ禍の影響で職場の忘年会、歓迎会など交流の場がなくなりました。出会いがないので結婚相談所を利用する人が増えているのです。

結婚相談所に入会している女性の特徴

スマホをみて考える女性

結婚相談所を利用している女性は、慎重な人の割合は高いです。よくわからないなら試しに会ってみようより、わからないなら会わないという選択をする方は多いです。

大卒率も高く、年収も高い女性も多いです。職業は色々ですが、小学校の先生とか同年代男性が少ない職場の方も多いです。

中にはCA、秘書、キャスターなど華やかな仕事をしている方や経営者、士業、医師などハイスペックな女性もいらっしやいます。一方、社会生活をしていて遭遇することがない「家事手伝い」という女性もごく少数派ながら在籍しています。

結婚相談所に入ったけれどろくな女がいないという人がいる理由

お金

結婚相談所に入って「ろくな女がいない」という体験談も多いのは事実です。

その理由を解説しますと、結婚相談所の中では自分と同じぐらいの人気レベルの女性にしか会えないからです。

あなたが会いたいなと思って申し込みをする女性に50人の男性が申し込んでいたとしても、仕事もしていますしそんなみんなと会おうとはしません。

また男性の中には平気で5歳以上年下の女性に申し込みをするのですがそれは高望みです。相手の女性は何か特殊な事情がない限り同年代の男性を希望する方がほとんどです。10歳年上の男性もアリにしていても、10歳年上でも会う男性は年収が高いとか外見がタイプとか、ものすごく共通点が多いなどなにかあれば会うというだけで同じ条件で同年代男性がいたらそちらを優先します。

普通の女性なら誰でもいいと思っていたら…

モテない女性の外見、ブス

だからと言って相手の希望がなく、誰でもいいだととんでもない人を紹介されることもあります。

ごくわずかですが家事手伝いという人もいるとお伝えしました。ある結婚相談所連盟では女性全体の3~4%が無職で約8%は年収200万円未満でした。無職の中には転職活動中の方や学生も含まれるそうです。

そんなに多くはないですが、無職で婚活だけしている家事手伝いやアルバイトといった女性に普通は遭遇しないでしょう。転職活動中の方は別として、彼女たちは条件が悪いので年齢次第ですがほとんどお見合いが成立していないこともあります。

「誰でもいい」というとこういうみんな断る女性を紹介される可能性もあります。

女性が「会ってみたいな」と思えるプロフィール・写真を作りこむ

男女のお見合い

結婚相談所で素敵な女性に会うために、まず見直してほしいのはプロフィールの自己紹介文、写真です。男女とも割と自分目線で書いている方は多いです。

「試しに会って私を知って欲しい」と思っているとしたらもうその時点で失格です。会いたくなるように作りましょう。

女性の趣味で「ヨガ」「お菓子つくり」と書いてある女性がいたら興味を持ちますか?ヨガやお菓子つくりの趣味が悪いわけではないですが、ヨガもお菓子つくりも趣味の男女比は1:9以上に男性が少ないのではないでしょうか。

では自分のプロフィールを見て、女性が興味を持つことを盛り込んでいますか?男性だと趣味で野球、温泉、ドライブを書いている方は多いです。

野球好き女性もいますが、男女比でいうと圧倒的に男性が多く差別化にはなりにくいです。他のことも盛り込みましょう。

女性は付き合う前の男性と温泉に行きたいとは思いません。であれば、温泉ではなく「出かけるのが好き」と表現を変えてはいかがでしょうか。ドライブもただ車に乗るのが好きという女性もあまりいないですし、よく知らない男性の車に乗ることに抵抗がある女性も多いです。

「海とか山とか景色がきれいなところに出かけるのが好きです」という表現にすると印象が良くなります。

こうした相手の立場に立ってプロフィールを作る気配りができているでしょうか?

自分が相対的に好条件になる女性を狙う

ぽっちゃり女子、デブ

男性も女性も何となくで婚活を始めると、みんなが「会いたい」と思う人にばかり申込してしまうようになるのです。

それで人気がある人に永遠にエントリーし続ける男性もいます。

「人気」は相対的なものです。あなたも相対的に人気があるようになる女性に申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

狙って欲しい女性の特徴
  • 自分より年上の女性
  • 体重60キロ以上で検索して表示される女性
  • 離婚歴がある女性
  • 会員が少ない田舎に住んでいる女性
  • 喫煙者

38歳の男性が32歳女性に申し込みをしても断られる可能性は高いでしょう。でも39歳女性に申し込みをすると受けてもらいやすいです。

結婚相談所の中で男女ともふっくらした体型の方は苦戦します。写真はあまり太っていないように工夫して撮影している可能性もあるので、60キロ以上で検索してみてはいかがでしょうか。なお、身長が高い方であれば60キロ台でもあまり太っていらっしゃらないと思います。

離婚歴、田舎に住んでいる、喫煙者も婚活苦戦しているため申し込みをすると受けてもらえる確率は高いです。

まとめ

結婚相談所では比較されていることをお忘れなく

結婚相談所はみんなお金を払って登録していますし、いろんな男性と比較検討します。ライバルがいて、ライバルと比較されているのです。

相手の立場に立ったプロフィールかどうか確認するところから始めてはいかがでしょうか。