オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

何が足りない?彼がプロポーズしてくれない時の有効な一言

プロポーズ、指輪 婚活のノウハウ

彼に結婚を意識させたい!そんなあなたに必要な言葉とは

長く交際をしていればプロポーズされるわけではない

交際期間が長いのになかなか彼氏がプロポーズをしてくれない。このような悩みを抱いている女性は多いです。中には何年も同棲生活をしているのに、結婚に至らないケースも少なくありません。「彼は本当に自分との結婚を考えてくれているのかな?」と心配になってしまうのはもっともですね。

私は占いや婚活の仕事を通じて、男性の結婚への意識を数多く聞いてきました。男性が「女性にこう言われたらプロポーズしたくなる」という言葉をいくつか紹介します。

何が足りない?彼がプロポーズしてくれない時の有効な一言

彼がプロポーズしてくれない5つの理由

まずは、彼氏がプロポーズをしない理由を紹介しましょう。女性のみなさんはガッカリするかもしれませんが、恋愛はしても結婚への意識がない男性は大勢います。

代表的な結婚をしない理由は以下の5つです。

  • 「年齢的にまだ早いと考えている」
  • 「結婚にメリットを見出だせない」
  • 「結婚に魅力を感じない」
  • 「経済的に不安を感じている」
  • 「あなたとは結婚を考えられない」

次項からそれぞれのタイプ別に「どのような言葉をかければ、彼の心が結婚に向くのか」を解説していきます。

関連記事

彼が「年齢的にまだ早いと考えている」場合

女性と比べて男性は結婚に関して呑気な面があります。「30歳を超えてから結婚を考えれば良い」と考えている人も少なくありません。しかし、女性にとっての30歳は結婚に焦る年齢です。同世代のカップルならば、結婚に対して大きな温度差が生まれてしまいますね。

このケースの場合「私も来年、30歳か……」のように自分の年齢を強調する言葉が有効です。男性も30歳になった女性が結婚に焦りを感じ始めることくらいはわかっています。自分の年齢をあえて口にすることで「そろそろきちんとしなくては」という結婚やプロポーズの意識を高めてもらいましょう。

彼が「結婚にメリットを見出だせない」場合

私の元に相談にきた男性の中には、「結婚にメリットってあるの?」と疑問を感じている男性も少なくありません。そう考えてしまう男性は、結婚にデメリットばかりを想像してしまいメリットを見出だせません。だから結婚のメリットを提示してあげると、彼の気持ちが結婚に向かうことも多いです。

では2人にとって結婚する最大のメリットとは何でしょうか。それは「ずっと一緒にいられる」ことです。子供っぽい言葉に聞こえるかもしれませんが、同時に真理でもあります。

だから「ずっと一緒にいたいね」のような愛の言葉が有効です。交際が長くなると、甘い言葉も交わさなくなるかもしれません。だからこそ、このような言葉を告げてみてください。

関連記事

彼が「結婚に魅力を感じない」場合

さきほど「メリット」について説明しましたが、結婚に魅力を感じない男性も基本的には一緒です。とくに子供を望まない男性にとっては、家庭を作ることにもなかなか魅力を感じないものですね。

ここで大事なことを1つ確認しておいてください。あなたと彼は、それぞれ子供を望んでいるのでしょうか?双方が子供を望むのであれば「早目に子供が欲しい」とアピールするのも手です。

しかし、彼氏が望んでいない場合は、別れの原因になってしまう可能性があることも覚えておいてください。あなたが子供を望むのに彼氏が子供を望まないのであれば、早目に別れて子供を望む他の男性を探した方が賢明といえるでしょう。

関連記事

彼が「経済的に不安を感じている」場合

「結婚をすると家族を養わなければならない」と考えてしまう男性も少なくありません。年収が高くない男性は、その意識が結婚をためらわせてしまい、なかなかプロポーズできないこともあります。もしも、それが原因ならばあなたが彼氏の肩の荷を下ろしてあげれば良いです。

「私はずっと仕事を続けていきたいな」や「もっと収入が見込めるように、仕事を頑張りたい」のような言葉が良いです。非常に間接的な言葉ですが、これらの言葉を聞いた彼氏は「あれ?結婚をしても共働きでOKということか」と考えてくれます。「それならば……」と結婚に踏み切るケースもあるのです。

彼の収入が多いのか少ないのかは、あなたにもある程度はわかっているでしょう。年収があまり高くない男性にもっとも効く言葉は、これかもしれませんね。

彼が「あなたとは結婚を考えられない」場合

これ、取り上げようかどうか迷いましたけど、実際に多いケースなので取り上げることにしました。彼氏が「結婚はしたいけれど、相手はあなたではない」と考えていることもあります。つまり「彼女としては良いけれど奥さんにはしたくない」と思われているということです。

1人の女性としては、あなたに魅力を感じているのです。しかし、一緒に家庭は持ちたくないのですね。そう感じさせてしまう理由はいくつかありますが、もっとも多い理由は金銭感覚の違いです。

「金がかかる」という印象を持たれてしまうと、彼氏はあなたとの結婚を考えづらくなってしまいます。彼氏に金銭的な無理をさせていないか、一度考えてみると良いでしょう。また、2人で貯金を始めるのも良いですね。「将来のために少しでも貯めておきたい」と2人の貯金を提案すれば、あなたの結婚の意思を間接的に伝え、同時にしっかりとした金銭感覚もアピールできて一石二鳥です。

関連記事

プロポーズしてくれないなら意識を高めてもらおう

結婚への意識が彼にとっての重荷にならないことが大事

プロポーズしてくれない理由を5つに分けてそれぞれの対処法を紹介しました。どの理由でプロポーズされないのだとしても、解決方法はあります。

ただし、一気に結婚への意識を高めさせるのではなく、少しずつ結婚について向き合ってもらえるようにあなたの側で調整していきましょう。

「急に結婚を迫られた」と男性が考えてしまうと、あなたの愛が重荷になってしまうこともあります。「もしかしたら、プロポーズして欲しいのかな?」と相手に疑問を抱かせるくらいでちょうど良いです。気持ちはわかりますが、焦らないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)
約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。
今やネットで出会うことは珍しくありません。
でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に
安心して使えるオンライン結婚相談所を
ランキング形式で比較しました。

婚活のノウハウ
シェアする
【この記事を書いた人】

ライター兼占い師として活動中。占いや恋愛、結婚についての執筆がメイン活動。とくに女性の悩みを解決するのが、活動の中心。
ときにはビジネス関連の仕事もしていて、業界誌や娯楽誌でのコラム連載や漫画原作の経験もあり。
現在、綾野ことは名義でミステリー小説も書いている。こっちは、まだまだ駆け出し中。

わたろうをフォローする
まりおねっと