手をつなぐ、公園デート
婚活のノウハウ

婚活アプリ、パーティー、合コン、街コンそれぞれの活用方法と注意点

「恋人が欲しいけど出会いがない」「婚活をしたいけど自分にあう方法が分からない…」「また今月も行動できなかった…」 あなたはそんな風に考えていませんか? 婚活は時間との戦いでもあるので、行動できずにいるとあっという間に年齢を重ねてしまいます。今回は、婚活7年やって結婚した筆者が出会いの具体的な活用方法と注意点について紹介していきたいと思います。

自分に合った出会いの方法を見つけるのが婚活成功のカギ

最短ルートで出会える婚活アプリ

スマホを見る女性

婚活の手段として今や主流になりつつあるのが婚活サイトやアプリ。

婚活アプリ最大のメリットは、自分の生活範囲を超えて理想の人を探せるということ。普段の生活ではすれ違うことすらできない人と出会えるのですから、試さない手はないと思います。

出会う前に条件を設定し、顔写真を確認。マッチングしたらメールのやり取りをして好感を持てたら会えばいいし、嫌なら会わなくてもいい。普通の出会いと比較すると、ものすごく効率のよい出会いの手段です。

私自身も婚活中は婚活アプリを積極的に利用していました。実際にお付き合いしたこともありますし、友人の何組かは婚活アプリで出会った方と結婚しました。

婚活アプリの活用方法

1)写真は2割増しで!

婚活アプリにおいてもっとも重要なのは写真です。写真を変えるだけでマッチング率が大きく変わってきます。写真は盛り過ぎず、普段の2割増し程度よく写っているもので、誰かに撮ってもらった写真だと必死感がなく自然な雰囲気が出るのでおすすめです。

2)プロフィール欄で人柄を伝える

プロフィールの内容や文章で人柄が伝わるので、しっかり作り込むことが大切です。「こんな人はNG」のようなネガティブな表現はせず、自分の言葉で作成しましょう。

3)新規ユーザーを毎日チェックする

これは私の友人が実践して成功した事例です。友人は婚活アプリで出会った人とセレブ婚をしたのですが、成功の秘訣は「新規で登録した人をチェックすること」でした。

新規で登録した人の中には、「長年恋人と付き合っていたが別れたので初めて登録した」という人や「今まで仕事が忙しく恋愛どころではなかったが、落ち着いたので婚活をはじめた」というような婚活市場に初めて参入する方も多くいらっしゃいます。

そういった方を逃さない為に、毎日チェックする努力は欠かさなかったそうです。

婚活アプリの注意点

アプリでは年収や年齢、職業などを事前に知ることができるのがメリットですが、実はデメリットでもあります。比較することで少しでも良い条件の人をと考えがちですが、本来大切なのは人柄でありあなたとの相性です。

条件だけで判断せず、出会った人としっかりコミュニケーションを取るようにしましょう。

関連記事

一度に大勢と異性と出会える婚活パーティー

 婚活アプリと並行して利用したいのが婚活パーティー

婚活している方は一度試しに行ってみることをお勧めします。婚活パーティーは結婚相談所が運営していることも多く、今婚活している人たちがどんな人なのか知ることができるので市場調査にもなります。

婚活パーティーの活用方法

パーティーは第一印象が大切!話していない時も気を抜かない。

パーティーは一度にたくさんの人と出会えますが、お互いのことを全く知らない状態なので第一印象がとても大切です。笑顔で楽しそうにしていれば話しかけやすい雰囲気を作れます。

意外と見落としがちなのが、誰とも話をしていない時の態度や表情。あなたの事が気になる人はむしろそういうときの表情を目で追ってよく見ています。常に見られているという意識を持っておいた方がいいです。

人見知りする人はあえて宣言しておくと印象アップ

大人数のパーティーはコミュニケーション力に自信がある人の方が向いているのですが、人見知りの人もぜひ参加してください。

初対面でなかなかうまく話せない人は「人見知りするタイプでうまく話せないんです。でも〇〇さんは話しやすいから助かりました」と最初に言っておけば話に詰まっても気まずい雰囲気にならずに話をすることができます。

婚活パーティーの注意点

自分が参加するパーティーをしっかり把握しておくことがとても大切です。

例えば20歳~35歳までのパーティーがあったとして、自分が35歳だとすると、そのパーティーでは20代の方も多くいるので年齢では不利になってしまいますが、逆に自分よりも年齢が上のパーティーに参加すれば年齢では有利になります。

また、大人数のパーティーでは参加条件が緩く、街コンに近いような雰囲気なので本気で婚活をしている人には不向きです。事前にしっかり確認し対策を立てておくことが必要です。

関連記事

合コンで出会う秘訣は紹介者にあり

合コン、婚活パーティー

合コンは婚活として利用するには効率がいいとは言えません。アプリやパーティーのように結婚前提ではなく、もっと気軽に出会いやその場を楽しむという目的なので、参加者全員が婚活を目的としているとは限らず、実は恋人がいるとか、参加している人が実は既婚者だったということも珍しくありません。

とはいっても立派な出会いの一つなので過剰な期待を持たずに活用したいところです。

合コンの活用方法

合コンは紹介者の人柄を見て

合コンは誰を紹介してもらうか、よりも誰が紹介してくれるのかがとても重要です。

紹介者がどんな人脈を持っているのか、どんな意図で合コンを開くのかをしっかり見ておく必要があります。軽いノリでただ楽しみたいだけの合コンなら婚活には向きません。紹介してくれる人が、婚活という目的を理解してくれた上で開いてくれる合コンならとても有意義な出会いになるはずです。

合コンの注意点

出会いの場を提供してくれた紹介者に感謝する気持ちを忘れないようにしましょう。仮に全くタイプでない人が来たとしても態度を変えたり機嫌を損ねるのではなく、その場を楽しむことが最低限のマナーです。

どんな合コンでも楽しんでくれる人なら次回も誘いやすいですし、人脈を駆使してあなたに合う人を探してくれます。

条件を聞いて態度を変えない

信頼できる人が紹介してくれる人なら、前向きに会ってみるという姿勢が大切です。

出会う前に条件などを事細かに聞いて、低収入だからお断り、高収入だからすぐ飛びつく、年齢を聞いて態度を変えるなどしていると、紹介する側もハードルを高めてしまい「○○さんは条件が厳しいからなかなか紹介できないな・・・」と気が引けてしまします。

関連記事

合コン後のLINEを送るタイミングと使えるテンプレ3つ

街コンは友達関係から発展させる

合コン、街コン

街コンはもともと地域活性化を目的とした大規模なコンパイベントですので、出会いだけでなくその地域のお店や食事を楽しむという意味合いもあります。

ですので、婚活を目的とした人だけでなく、「転勤してきたばかりで友達が欲しい」「飲み友達が欲しい」「恋人が欲しい」など、婚活というよりも純粋に出会いを求めて参加されている人が多いです。

現在では1店舗で完結し、店内で何度も席がえを行う「相席屋」などの業態も多くなっています。

街コンの活用方法

街コンは人脈を広げる場

街コンでは誰かとカップルになることを目指すのではなく、まずはたくさんの人と友人関係になることを目標にしましょう。仲良くなれば合コンを開催してもらったり、友人を紹介してもらったりと人脈が広がります。もちろん真剣に出会いを求めて参加している方も多いので、そのままお付き合いに発展することもあります。

婚活中の方は息抜きで参加するべき

婚活アプリなどでは相手の条件を事前に決められることがメリットでしたが、逆に言えば出会いの幅を狭めてしまっていることになります。婚活が順調であれば問題ないのですが、なんとなく気分が乗らない時や、うまくいかない時は、気分転換として、新たな人脈作りとして参加してみてはいかがでしょうか。

街コンの注意点

出会った人が婚活目的かどうか分からないため注意が必要です。こちらが真剣な出会いを求めていても、相手に結婚願望が無ければ全く意味がありません。結婚願望の有無を必ず確認しましょう。

関連記事

結婚相手はたった一人ですが、どこに出会いが転がっているか分かりません。一つの出会い、一つのパーティーに期待しすぎてしまうと、うまくいかない時のダメージが大きくなります。

そう簡単に理想の人には出会えないんです。一つの方法にこだわらず、あらゆる手段を駆使して出会いの分母を増やしていきましょう。

Kana

Kana

婚活ブロガー
結婚するまで7年もかかってしまった婚活ブロガー。26歳で結婚すると決意したのに、実際に結婚できたのは33歳の時。迷走に迷走を重ねた婚活体験を活かし、こじらせ女子がスピード婚する方法を日々研究中。