オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

婚活パーティーで10人中5人から誘われる32歳女性がやってた5つのコツ

婚活パーティー 婚活のノウハウ

婚活パーティーで選ばれる女子になるために気を付けていること

ごく簡単なのにライバルたちはやっていないんです!

婚活パーティーって初対面の方と一度にお会いするので、まず参加するだけでも非常に勇気が要りますし、緊張しますよね⁉

しかも、婚活初心者にとっては

「選ばれなかったらどうしよう...」と不安に思うこともよくあると思います。

そこで、婚活パーティー(IBJが運営するパーティー☆パーティーという婚活パーティーを選びました)で10名中5名に後日のお誘いを頂いた32歳婚活女子の私が”婚活パーティーで選ばれるために気を付けていること“をまとめていきたいと思います。

特に、飲み会やパーティー形式の一度に大人数の方とお喋りできる婚活パーティーの場合などに使えるテクニックですので是非お役立てください!

PartyParty 公式ホームページ

婚活パーティーに参加した時の体験ルポはこちら

もっと若くかわいい子がいても婚活パーティーで選ばれる5つの方法

1.まずは笑顔で挨拶をする

笑顔のアラサー女性

婚活パーティーに参加している女性を見ていると、皆さん綺麗にされている一見モテそうな人も多いです。しかし、よく見るとほとんどが緊張からか「無表情」なんです。

もちろん、パーティーがスタートしてからは笑顔になる方がほとんどですが、パーティーがスタートする前から口角を上げておくようにする、また向かい側に男性が座ったら目をそらさず笑顔で会釈をする。それだけでも「話してみたい女性」になるかもしれません。

笑顔って意外と練習しないとすぐには出来ないものなのです。

なので、普段から口角を上げるクセや電車で椅子に座るときも隣の人に軽く会釈をするように習慣化しておくと良いと思います!

2.自己紹介は質問されやすいようにまとめる

デート、会話

婚活パーティーで、最初にお話する際にまずは自己紹介から始めるかと思います。その際にもなるべく話を広げられやすいようなフレーズを加えてまとめるようにしています。

例えば、

よくある普通の自己紹介

「都内に住んでいます。普通の一般事務です。えーっと、趣味は特にないですが、美味しいものが好きです」

このような自己紹介をされる方は非常に多いのですが、男性からしてみると恐らく質問をして話を広げるには難しい自己紹介だと思います。

なので、私はもっと具体的で質問をしやすいような自己紹介をするようにしています。

例えば

具体的で質問しやすい自己紹介

「杉並区に住んでいます!お仕事は、電子機器メーカーで発注のチェックなどを行っています。趣味は、美味しい日本酒とお魚料理のお店を探すことです」

どうでしょうか。同じ人なのに自己紹介を変えるだけで色々と聞いてみたいことが増えてくると思いませんか?

婚活パーティーでは、男性も「将来一緒に暮らしても違和感のない女性」を探しています。つまり共通点が多ければ多いほど興味を抱いてくれる可能性が高くなります。

私も自己紹介を具体的に話すように変えてから、質問される数が大きく増えました。

3.「それ楽しそう」「興味あります」を口癖にする

デート

また婚活パーティーでは、短時間でお互いの相性を見極めて次に会いたいと思う人を探していきます。しかし、自分も100%の素を出せていないように相手も自分のことを100%出しきれているわけではありません。

パーティーであまり上手に話せなかったとしても2人きりで会うととても話の合う人という可能性もあります。

そこで、婚活パーティーではなるべく多くの方とマッチングできるように、会話をしている時に、お相手の趣味や特技の話の際に「それ楽しそうですね!」など興味ありそうな肯定をするようにしています。

特に、自分が話してみたい時になった人には

「(例えば趣味のスポーツの話のときなど)楽しそう!それすごく興味あります!」
など言うと

「じゃあ、今度一緒に行ってみますか?」
と誘っていただける確率は上がります。なので、自分がこの方ちょっと話してみたいなと思う方がいたら

「楽しそう!」「面白そう!」「もっと知りたいです!」「興味あります♪」のフレーズ作戦を是非やってみてください!

4.同性参加者のキャラを一瞬で見分けて住み分けをする

相席、合コン

ちょっと難易度は上がりますが、私が婚活パーティーで選ばれるためにやっていることは「キャラの住み分け」です。

明るい妹キャラ、甘え上手、クールな美人、地味でおとなしい人…などなど、パッと見た感じの印象で何となく見分けるようにしています。

そこで、なるべく被らないキャラでいくようにします。しかし、嘘はつけないので、自分の持っている要素の中で近い部分を出すようにします。

きっと女性だと「職場ではしっかり姉御キャラ」だけど「自宅では手抜きの甘えん坊」とか色んな性質を持っている方多いと思うんですね。なので、婚活パーティーでは、他の方と被らないキャラで勝負をする。特にそのパーティーの年齢層で私は使い分けるようにしています。

パーティーの中でも年齢が若年の方だったら「無邪気で明るいキャラ」になりますし、逆に会の中で年齢が上の方だったら「しっとりとしたお姉さんキャラ」を意識しています。

自分の潜在的な要素を強めに出して、印象を残す戦略なので少しずつ慣れながらやってみると楽しめるようになってきますよ!

5.キチンと感をアピール

この子いいなと思う男性

さて、今までは婚活パーティーで選ばれるための言葉編でしたが、今すぐできる婚活パーティー以外でもできる番外編をご紹介したいと思います。

その裏ワザは「キチンとしているレディっぽい振る舞い作戦」です!

例えば...スカートを履いている場合は、アイロンのパリっとかかったハンカチを膝に置いて会話をするだけ。

飲み物がある際は、みんなが移動をしている時にテーブルの水滴をサッと拭くだけ。

このような細かな気遣いって意外に男性はちゃんとチェックしています。

何かを渡す際は「両手」で渡すなど、特に他の参加者が若い場合だからこそ「ちゃんとしている大人の女性性を活かすチャンス」だと思います。

サラダを取り分ける見え透いた気配りよりも余程ステキに映ると思いますよ。

ガツガツではなく、もっと話したい女性としてふるまう

実はライバルもほとんど出来ていない

もちろん、自分のキャラを偽って演じる必要はないですが、せっかく貴重な時間とお金を費やして参加した婚活パーティーなので少しでも多くの成果を得たいですよね。

その為にも、媚びを売るという意味ではなく「男性がもっと話してみたいと思う女性」のふるまいをしてみるのも良いと思います。

実は...婚活パーティーに参加している女性のほとんどが「男性に話しかけられたら受け答える」くらいしか出来ていないように思います。

質問しにくい閉ざされたよくある自己紹介をして、目当ての男性にだけ笑顔で、あとは女友達と「いい人いなかったよね~」ってつるんでいる方が多いです。

だからこそ、ちょっと爽やかな笑顔でちょっと気遣いができて「それって楽しそうですね!」と自分に興味を持ってくれるちょっとの工夫でも選ばれやすくなります。

皆さんがステキなパートナーと巡り合う為にも、婚活戦略としてお役立ていただけますと嬉しいです!

PartyParty 公式ホームページ

スポンサーリンク
意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)
約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。
今やネットで出会うことは珍しくありません。
でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に
安心して使えるオンライン結婚相談所を
ランキング形式で比較しました。

婚活のノウハウ
シェアする
【この記事を書いた人】

婚活アプリで1000いいねを獲得した実績がある30代の婚活女子。20代で独立をしてお仕事バリバリでやってきたことから、男性へ求めるものが高くなり過ぎてしまいがち・・・合コン、友人の紹介だけでなく、婚活アプリ、婚活パーティーなど駆使しながら、一緒に人生を支え合えるような将来の旦那さんを探し中。

koikoをフォローする
まりおねっと