婚活のノウハウ

36歳の女性にとって結婚は難しい?結婚率はどれぐらい?

30代も後半に差し掛かる36歳。10代の頃には「36歳なんてとっくに結婚しているはず」と考えていた女性も多いでしょうね。でも、日本の晩婚化は凄まじく、今では36歳どころか40代の独身女性も珍しくありません。 でも、『珍しくない』が結婚を諦める理由にはならないでしょう。36歳のあなたが結婚を望むのであれば、是非この記事を最後までお読みください。どのような現実が待っているのかお伝えします。

世間が考える36歳の女性とは

〇歳までに結婚したい!

カレンダー、デート予定

36歳の女性には精神的な幼さを残している人も多く、自分でも「まだ大人になりきれていない」と自覚する人も多いでしょう。でも、世間的には十分に大人です。また、同時に結婚が望みにくくなる年齢でもあります。

10代・20代の未婚女性の多くが「○歳までには結婚したい」と漠然とした結婚への望みを抱きます。○の中に入る数字は人によって違いますが、一番多いのは『30』です。

30歳までに結婚したい女性が多いのは「子供を産みたいから」とか「平均より遅いのは嫌」とか、さまざまな理由によるもの。ただ漠然と、「なんとなく20代のうちに結婚したい」と考えている人も多いかもしれません。

未婚率から考える36歳女性の現実

結婚式

「30歳までに結婚したい」……そう考えた人達が実際にどうなったのか、2015年の国勢調査の未婚率からよくわかります。

【女性の未婚率】

  • 25―29歳 61.3%
  • 30−34歳 34.6%
  • 35−39歳 23.8%
  • 40−44歳 19.3%

明らかに30歳手前で結婚をした人が多いことがわかりますね。

また、2015年当時の女性の生涯未婚率は14.1%なので、40代前半までに結婚しなかった女性のほとんどが生涯未婚です。36歳のあなたには残酷なデータに映るかもしれませんね。でも、事実なので受け入れるほかありません。

ちなみに国勢調査は5年に1度なので2020年にも行われる予定です。そして、2020年の女性の生涯未婚率は17.5%程度まで上がるだろうと予測されています。

36歳の女性は、『40手前』と思われてしまうことも

アラフォー

さて、これらのデータからお伝えしたいのは、30代になると女性が結婚できる可能性が随分と減ること。

とくに、30代も後半である36歳は、実年齢以上に婚活で不利になりやすい傾向があります。『30代後半』と36歳も39歳も一括りにされてしまうことも多いです。

「36歳と39歳じゃ、全然違うでしょう」と思うかもしれませんが、婚活パーティーの参加条件の多くは『35歳まで』とか『40歳まで』のような5歳刻みです。結婚相談所や婚活アプリで男性が女性を検索する時に設定する条件も5歳刻みがほとんど。

だから、36歳ではなく『30代後半』または『40手前』として扱われる機会が増えてしまいます。

結婚相談所の仲人からはこんな声も……

失恋、結婚の条件、花嫁

かつて私が結婚相談所の仲人に取材をした時に、こんな話を聞いたこともあります。

「32歳までの女性なら、ほぼ結婚できます。ただ、33歳を超えると途端に難しくなるので、その分料金が変わります」と。

私が取材した相談所に限らず、年齢によって入会金や年会費が異なる結婚相談所はいくつかあります。値段が変わるのは、やはり結婚までの道のりが長くなるケースが多く、仲人の負担が大きくなるからでしょう。

36歳女性に勧める婚活とは?

アラフォー女性

さて、ここまでの話で36歳の女性の結婚が、そんなに簡単ではないことがよくわかりました。でも、結婚を望む36歳女性の多くが「せめて40歳までには結婚したい」と考えているはずです。

だからすぐにでも行動を起こすべき……ですが、ノープランで闇雲に婚活してもうまくいく年齢ではありません。40歳までに結婚したいのであれば、戦略的な婚活と意識の改革が必要です。

ということで、ここからは婚活のパターン別にどんな戦略が有効なのかを紹介します。

36歳女性の戦略:マッチングアプリで婚活をする場合

スマートフォン・スマホを見る男性

婚活手段の中で、もっともお手軽なものがマッチングアプリです。「そろそろ婚活しよう」と考えた人が、真っ先に飛びつくツールかもしれません。とくに女性は無料で利用できるアプリも多いので「まずは、アプリで婚活しよう!」という人も多いでしょうね。

ただ、厳しいことを言えば『婚活している気になっている人』が多いのも事実です。マッチングアプリを使って本気で婚活をするのなら、まずはアプリ選びから始めなければなりません。

たとえば、アプリによってコア層は大きく変わります。主に20代の男女が利用しているアプリ(例えばPairsのような)に登録しても、成果なんて出るはずがありません。30代後半から40代、50代の男性が多く登録をしているアプリに登録してこそ、婚活していると言えます。

サクラがいないおすすめサイト&アプリ

36歳女性の戦略:婚活パーティーで婚活をする場合

婚活パーティー

婚活パーティーに参加するのであれば、参加資格に注目することです。ここで注目するべき参加資格は、男性への条件ではなく女性への条件。

『男性の参加条件・年収が○○万円以上!』なんてのは、無視してください。それよりも重視しなくてはならないのは、36歳という年齢が有利になるのか不利になるのか、です。ここをよく考えてからエントリーしましょう。

ポイントは、できるだけあなたに男性陣からの注目が集まる舞台に参加することです。

たとえば、35歳から50歳までの婚活パーティーならば、あなたに注目が集まります。一方、25歳から40歳までの婚活パーティーならば、注目を集めるのは難しいです。そう考えれば、自然と参加するべき婚活パーティーは限られてきます。

36歳女性の戦略:結婚相談所での婚活する場合

結婚相談所

結婚相談所に入会するのであれば、36歳の女性はさほど不利にはなりません。

先ほど「33歳を超えると、途端に結婚が難しくなる」と伝えましたが、それは『32歳までが圧倒的に有利』なだけであり、36歳の女性への需要は十分にあります。

ただし、年齢だけでチヤホヤされる年齢ではないので、本人の努力は必要です。仲人の意見を素直に聞き、たとえアドバイスに疑問を感じてもまずは言われた通りにやってみること。その心がけがあれば、結婚できる可能性は高いでしょう。

結婚できる可能性が高まる男性の選び方

恋愛したいのか、結婚したいのか

デート、夫婦、30代、アラフォー

最後に、男性の選び方についてアドバイスします。

あなたが「まずは恋愛をして、いい感じに付き合って、自然な流れで結婚したい」……そう考えているのはわかっています。男も女もほとんどの人がそうでしょう。でも、婚活は恋愛相手を見つける場ではなく、結婚相手を見つける場です。

そこをハッキリさせないまま婚活しても、誰を選んで良いのかわからず、結局は誰も選べません。あなたが探しているのは恋人ではなく、結婚相手だと自分に言い聞かせてください。

年上男性を視野に入れること

ドン引き、カップル、デート

「できれば同世代、たとえ年上でも5つくらいまで」と考えている方が多いと思います。でも、36歳の女性を結婚対象にしてくる男性は、主に40代後半から50代です。この現実をなかなか受け入れられないかもしれません。

たとえば、結婚相談所に登録をすれば40代後半から50代の男性達からは大量にお見合い申請が来ます。36歳女性は、彼らからすれば非常に若くて魅力的で結婚したい女性だからです。

でも、あなたが結婚したい30代後半の男性達からは、そこまで需要はありません。何故なら、30代後半から40代前半の男性は、あなたよりももっと若い30歳前後の女性を求めているからです。

「年齢だけで人を判断するのは酷い!」と憤慨するかもしれませんが、それはお互い様でしょう。

バツイチ男性を視野に入れること

離婚

同世代との結婚を優先するのであれば、離婚歴のある男性も受け入れることです。人によっては、はるかに年上の男性よりも同世代で離婚歴がある男性のほうが受け入れやすいかもしれませんね。

まずは条件を整理してから行動を!

36歳でも今日が一番若い!

このように男性の年齢や離婚歴を受け入れることで、あなたが結婚できる可能性は随分と高まります。

もちろん、妥協に妥協を重ねて「とりあえず結婚だけはできました」では、結婚の意味がありません。あなたの目的は『結婚すること』ではなく、『結婚をして幸せになること』だからです。

まずは譲れる条件と譲れない条件を自分の頭で整理してください。その条件を踏まえて戦略的な婚活を始めましょう。そうすれば、36歳という年齢が、意外と婚活業界では需要があることにも気づけます。遅過ぎることは、まったくありませんよ。

わたろう
ライター兼占い師として活動中。占いや恋愛、結婚についての執筆がメイン活動。とくに女性の悩みを解決するのが、活動の中心。 ときにはビジネス関連の仕事もしていて、業界誌や娯楽誌でのコラム連載や漫画原作の経験もあり。 現在、綾野ことは名義でミステリー小説も書いている。こっちは、まだまだ駆け出し中。