公園デート
婚活のノウハウ

7つの質問でわかる!あなたにぴったりの婚活方法教えます

ここでは7つの質問に答えてもらい、あなたに向いている婚活方法を紹介します。「結婚をしたい!婚活をしよう……でも何から始めて良いのかわからない」という人は、ここで紹介する婚活方法から始めてみてください。

「結婚に向けて何をすれば良いの?」というあなたに

人によって最適方法は大きく変わる!

一昔前の婚活の方法は、ある程度の道筋が決まっていたかもしれません。しかし、現代では婚活が当たり前のものになりつつあり、それに伴って様々な方法が用意されてもいますね。選択肢が増えたことは喜ばしいことですが、同時に婚活方法が増えすぎて「何を選んで良いのかわからない」という人も多いと思います。

だから、ここであなたにとっての最適な婚活方法をチェックして見ましょう。あなたに合った方法で婚活をすれば、最愛の人と出会える可能性はもちろん高まりますよ。

ここから読み進めるにあたってあると便利なもの

紙とペン

早速、おすすめの婚活方法をチェックしてみよう!

おすすめの婚活方法を知るための7つの質問

失恋、結婚の条件、花嫁

チェックは前半パートと後半パートに別れており、前半は5つ、後半は2つ、合計7つの質問です。すべての質問にYESもしくはNOで答えてください。迷った時も「どちらかといえば……」で、必ずYESもしくはNOで答えましょう。

では、前半パート5つの質問です。

  1. 会話では聞き手になることより、話し手になることが多い
  2. 初対面の異性と話す時もとくに緊張はしない
  3. 過去の交際経験は4人以上である
  4. 接客業の経験が累計1年以上ある
  5. LINEやメールよりも電話の方が好きだ

YESの数はいくつでしょうか?「YES」がいくつあったかをチェックして、後半パートに進みましょう。

後半パートはこちらです。同じくYESもしくはNOで2つの質問に答えてください。

  1. 結婚相手に求める年齢がある程度決まっている
  2. ある程度は社会的な地位のある人と結婚したい

後半パートもYESの数だけチェックすればOKです。YESの数はいくつでしょうか?

以上でテストは終了しましたので、ここから4つのパターンに分けさせていただきます。

となります。それぞれのおすすめの婚活方法をチェックして見てください。

TYPE:Aの方におすすめの婚活方法

エクシオ

結婚相手に求める条件がハッキリと決まっていて行動力もあるあなたには、婚活パーティーやお見合いパーティーなどがおすすめです。

ただし、1回2回のパーティーへの参加で結婚相手を決めようとするのではなく、何回か参加してゆっくりと出逢いを求めたが良いでしょう。どれだけ人慣れしている人でも、やはり婚活パーティーやお見合いパーティーでは、自分の魅力を伝えきれないもの。最初の数回は「場慣れ」だと割り切った方が良いです。また、友達同士で参加するのもおすすめですよ。身近に「出会いがない」と言っている友達がいるのならば、誘って見るのも良いでしょうね。最近は、登山(山登り)や野球観戦などをしながら婚活パーティーをするようなものもあります。趣味を通しての出会いならば、親しくなれる可能性も高まるでしょう。

さて、何度かパーティーに参加していくうちに、もしかしたら「異性に求める基準が高過ぎる」と気づくこともあるかもしれません。婚活市場ではまだ若いとされている世代……20代後半や30代前半のいわゆるアラサーの人は、異性への理想を高く求め過ぎてしまう傾向があります。だから、気付けた時には一度婚活を中止して、自分の婚活への価値観を見つめ直す時間を設けると良いでしょう。その後は、婚活パーティーへの参加を続けても良いですが、結婚相談所に登録することも考えてみてください。

関連記事

TYPE:Bの方におすすめの婚活方法

今回4つのタイプ分けをしましたが、もっとも「恋愛」に近い「婚活」になるのがTYPE:Bの人です。相手のスペックよりも雰囲気や外見から入りたい人なので、相席居酒屋やコンパ、合コンなどがおすすめです。あまり婚活っぽく感じないかもしれませんが、たとえばアラフォーくらいの大人でも友達感覚で相席居酒屋やコンパで知り合い、恋人同士になってその後にデートを繰り返し、結婚まで至るカップルは少なくありません。行き先は飲み屋が主なので、軽い気持ちで出かけてみてください。

正直、恋愛力は高いほうなので、出会いさえあれば婚活を行わなくても結婚に至る可能性が高い人です。婚活のために副業としてバーなどでバイトをするのも良いでしょう。自分の恋愛力にもっと自信を持って行動をすれば、今まで気づかなかった異性からの人気にも気づけるかもしれません。自分の魅力で幸せを引き寄せることができるあなたに必要なのは、きっかけだけですよ。ただし、身分が保証されていない異性が主なターゲットとなるため、恋愛相手に既婚者を選ばないように注意してくださいね。

TYPE:Cの方におすすめの婚活方法

男女のお見合い

TYPE:Cの方におすすめの婚活は、ズバリ結婚相談所です。もっとも本格的な婚活になりますが、それだけ有効であるのは間違いありません。いきなり覚悟を決めて登録をしてしまった方が良いですね。

たしかに他の出会い方法と比較をすれば、コストがかかります。しかし、大金を投じるからこそ自らのやる気を奮い立たせることもできますよね。結婚相談所を通じて婚活するのならば、写真とプロフィールが重要となりますので、その点に意識を注ぐと良いでしょう。

もちろん、大切なお金と時間を預けるのですから、信頼の置ける結婚相談所に登録をするのが大前提。いくつもの結婚相談所を調べて、登録者が多く信頼できる結婚相談所にエントリーしてくださいね。ちなみに、結婚相談所に登録しているコア層は30代から40代。20代はやや少なめです。正直若い世代のほうが有利なので、なるべく早めに登録すると良いでしょう。そして、最もリーズナブルなのはエン婚活エージェントなので、こちらも参考にしてください。

エン婚活エージェント 公式ホームページ

また、結婚相談所と並行して婚活パーティーに参加しても良いです。その場合は、純粋な婚活パーティーよりも「○○婚活」のような、趣味やゲーム、イベントなどを通じて行われる婚活パーティーがおすすめ。

このような婚活パーティーならば、趣味やゲームを通じてお互いの会話をサポートしてくれます。男性でも女性でも会話に苦手意識がある人は多いと思いますが、そのような人でも気軽に参加できるでしょう。世代別の婚活パーティーも多く開催されていますよ。このように複数の種類の婚活を組み合わせても良いです。

TYPE:Dの方におすすめの婚活方法

TYPE:Dの方におすすめの婚活は、ネットを通じたもの。婚活サイトや婚活アプリです。無料で登録できるところもありますが、たとえ有料でも信頼の置けるサイトに登録してください。大切な出会いのために登録をするのですから、安いだけでサイトを選ばないほうが良いです。

無料や安さだけが売りの信頼できないサイトの場合、あなたの時間の無駄になってしまうこともあります。ネットなどでサイトの評価をよく確認してから入会することをおすすめします。

婚活サイトや婚活アプリを通じての婚活は、ネット経由のため、平日の昼などでも活動できるのが強みです。

また、実際に会うまでになるべく多くのやり取りをネット上で行い、いざ会った時に話題に困るようなことのないようにしましょう。連絡を交換していくうちに恋心が生まれると、なるべく早く会いたい気持ちになりがち。ただし、準備が整わないままの出会いでは、会ってもなかなか会話は盛り上がらず、交際に発展しづらくなってしまう危険性があります。だから、「恋人にしたい!」と思えるいい人と出会いがあった時こそ、時間をかけて焦らずにメッセージ交換を行うことです。

安全に出会えるおすすめ婚活サイト12選

慣れてきた後は別の婚活方法でもOK

迷った時はやり方を見直してみよう!

以上、タイプ別のおすすめ婚活方法の紹介でした。いくつもの方法があるからこそ、婚活初期は自分に合った方法で活動をするべきです。ここでのテスト結果を参考にして、是非最初の一歩を踏み出してみてください。

もちろん慣れてくれば別の方法で婚活するのもアリです。ただし、男性も女性も自分にあまり合っていない方法で婚活をしてしまうと、婚活自体に嫌気がさしてしまうのでその点だけは注意してください。婚活が嫌になってきたら、活動方法があなたに合っていないのです。結婚を諦めてしまうのではなく、婚活方法を見直すべきだと知っておけば、素敵な相手と巡り合えるまで続けることができます。

わたろう
ライター兼占い師として活動中。占いや恋愛、結婚についての執筆がメイン活動。とくに女性の悩みを解決するのが、活動の中心。 ときにはビジネス関連の仕事もしていて、業界誌や娯楽誌でのコラム連載や漫画原作の経験もあり。 現在、綾野ことは名義でミステリー小説も書いている。こっちは、まだまだ駆け出し中。