スペシャル婚活のノウハウ

31歳の独身女性は婚活すべき?そろそろ結婚したいなら〇〇〇から

31歳の独身女性は婚活すべき?

とりあえず「婚活」は、キケン⁉

31歳という年齢に、少し焦りを感じていませんか? ちょっと情報収集をしてみると、「結婚したいなら今すぐ婚活をはじめたほうがいい」とか、「年齢を重ねるごとに未婚率が高くなる」とか、焦燥感をあおる内容ばかり…。中には、慌てて婚活パーティーを予約してしまった! という人もいるかもしれませんね。

でも、「とりあえず」で婚活をするのは一番良くありません。なかなかうまく行かず、時間をムダにすることも…。あなたが本当に結婚したいのなら、「急がば回れ」が成功の秘訣。そろそろ結婚したいなら、「婚活の準備」からはじめていきましょう。

31歳の独身女性は慎重に婚活しよう

やみくもに婚活をはじめてはイケナイ理由

喧嘩

ここで「婚活は急いで!」といった内容が書いてあるのに、なぜ、慌てて婚活をしてはいけないのでしょうか…。

その理由は、「焦ると失敗するから」です。

単純なことですが、焦っていいことは一つもありません。例えば、婚活のうえで焦ると、以下のような失敗が起こります。

自分に合ってない人を選んでしまう

結婚を急ぎすぎると、「この人でいいかな…」と妥協で選んでしまったり、「気は利かないけどお金持ちだし…」と、条件だけで選んでしまったりすることがあります。

まれに結婚直前になって、「やっぱり結婚できない」と別れてしまうカップルがいますが、これは、お互いのマッチングをすり合わせられていないことが原因です。

このようなミスマッチが起きると、結局は時間を無駄にし、結婚への道のりも遠くなります。できれば、このような無駄はしないほうがいいですよね。

合っていない婚活方法を選びがち

とりあえず婚活しよう! と思った時、あなたはどんな婚活方法を選びますか? 婚活と一口にいっても、婚活方法はたくさんあります。ネット婚活、婚活パーティーへの参加、お見合い、結婚相談所への登録と、それぞれに特徴があるのです。

いわゆる婚活パーティーでも、パーティー選びを間違えば理想の相手とは出会えません。希望としては30代の同世代と出会いたいのに、蓋を開けたら40代や50代しかいなかった、あるいは参加者が20代女性だらけで自分が年齢が高い方だった…ということもあります。

やみくもな婚活は、このように無駄ばかりしてしまい、結局は失敗に終わります。31歳という年齢ではじめる婚活は、きちんと準備することが大切なのです。

まずは、これまでを振り返っておこう!

31歳という年齢まであなたが何をしてきたのかは、婚活の相手となる人も気になる点です。

婚活イベントなどでも、「これまで結婚する機会がなかったの?」「結婚しようと思ったのはなぜ?」など、質問をされることが多くあります。そんなとき、あなたならどう答えますか?

「仕事に夢中で恋愛はそっちのけだった」
「長く付き合ってた彼がいたんだけど、別れてしまった」
「色んな人と出会ったけど、どうもピンと来なくて…」

など、さまざまな答えができます。

31歳という年齢だと、これまで一人でいた理由に多少の説得力は必要です。できれば、異性の匂いが漂うのを避けて説明できるといいでしょう。

「資格取得のためには、どうしても結婚より仕事を優先するしかなかった。昨年資格を無事取得できたので、今後は自分の私生活も充実させようと思って婚活を始めた」

これなら説得力があります。
婚活サイト・アプリなどならプロフィール欄にこう書いておけば大丈夫です。

このようなこれまでの経緯を答える場面がたくさんある婚活。慌てて参加してしまうと、「彼氏と別れちゃって…」など、墓穴を掘ってしまう可能性がありますので、事前に答えを準備しておけるといいでしょう。

事前に確認したい「つまづきポイント」

失恋、結婚の条件、花嫁

婚活に参加する前に、なぜ、31歳になるこの年齢まで独身なのか、結婚できなかったのかを明らかにしておくようにしましょう。「自分がわがままだったから?」「ダメな男の人ばかりを好きになってしまっていたから?」ちょっとは思い当たることがあるのではないかと思います。

その反省は、これからの婚活に存分に活かしてください。

他にも、婚活に失敗する人がやりがちな「つまづきポイント」がありますので、ここではそれにも触れておきます。

弱さを他人に見せられない

31歳の独身女性というと、世間的にも「キャリアウーマン」的なイメージがあります。このキャリアウーマン的な女性はとてもかっこよくて魅力的なのですが、男性から見ると少し「隙きがない」のが欠点です。

男性は、自分にちょっと甘えてくれたり、ダメな面を見せてくれたり、「隙きがある」女性を選ぶ傾向にあります。

「他人に弱さを見せるなんて、耐えられない!」というあなた。

本当に独身を脱したいなら、「この人にだけは弱みを見せられる」という人を基準に、相手選びをするといいでしょう。結婚をするなら、相手に甘えられる、弱さを見せられることは必須です。

そのこだわり、本当に必要ですか?

31歳の独身女性ともなると、自立して一人暮らしをしている人も多いと思います。一人暮らし経験のある人ならわかるかもしれませんが、インテリアは北欧調で、毎日の食材は高級スーパーでといった、こだわりが出てくることがあります。

このこだわり、あなたをステキに見せてくれる魅力的要素でもあるのですが、あまりに強すぎるのはちょっと問題です。自由にできるのは独身生活の楽しみでもあるのですが、少しそのこだわり具合は緩めたほうがいいかもしれません。

もちろん、あなたのこだわりと相手の異性のこだわりが同じなら、そんなにいいことはないですよね。ただ、なかなかそういう相手には巡り会えないもの現実です。

婚活をはじめる際には、「捨てられるこだわり」と、「これだけは捨てられないこだわり」というのを、予め分類しておくといいでしょう。できれば、捨てられないこだわりは、2〜3個くらいにとどめておくようにしてください。

こだわりが捨てられないと、婚活のハードルは高いままに…。せっかくのステキな異性を、みすみす逃すことにもなりかねません。

理想が高いことに気づいてる?

31歳の独身女性は、恋愛経験や合コン経験が多い、仕事などで多くの男性と交流があるなど、10代や20代の独身女性に比べると多くの男性との関わりを経験しています。

31歳の独身女性なら、たくさんの男性を見ている分、それだけ目が肥えてしまうというのは避けられない事象です。

この結果、年齢を重ねるとともに「異性への理想」が高くなります。

周囲の友人の恋愛話を聞いてきた経験も多いので、「こういう人は出世するよ」「やっぱりお金が大事」「オシャレな人は浪費癖があるから〜」等々、色んな情報が耳に入ってきます。

いわゆる耳年増の状態になってしまうので、

「いい人だけど、勤めている企業がね…」
「とてもかっこいいけど、浮気するかもしれないし…」
「友達に紹介したら何て言うかな…」

など、頭で考えることが多くなって、なかなか行動に移せなくなります。もっと相手と話してみて判断すればいいのに、勝手に自己完結してしまうのです。自分ではそう思っていないつもりでも、知らず知らずのうちに高くなるのが理想なんですね。

また、あなたは

「わたしより年収が低い男なんてヤダ」
「男も30代なら、ブランドくらい身につけないとね」
「ジムで身体を鍛えている男性じゃないと、私に見合わないわ」

なんて、上から目線で異性を判断していませんよね? 異性への理想が高くなっていないか、今一度確かめるようにして、寛大な心で婚活に挑むようにしてください。

プラスαでしておくといい心の準備

海、デート、水着

ここまでの内容を踏まえて、慌てず焦らずに婚活に挑んでください。

そして、プラスαとして、以下のことも準備事項に入れておくといいでしょう。

自分のダメな部分を1つ用意する

「私、実はこういうの苦手なの…」

もし、あなたが弱さを見せられないかっこいい女性なら、あえて1つだけ、苦手なものやダメなものなどを用意して婚活に挑むといいでしょう。

ただし、
「お酒飲むとどこでも泣き上戸になるんだよね」
「いつもダメな男にひっかかっちゃうの」
など、お酒の話と異性の話は避けるようにしてください。

良い例としては、
「唯一、虫が苦手なんだよね」
「高いところへ上るとムズムズしちゃって」
「実は、すごく音痴なんだよね…」
など、ささやかな欠点を1つ用意しておくといいですね。少しですが隙きのある女性を演出できるので、相手も安心してあなたとコミュニケーションできます。

自分から誘うのをおそれない

31歳の独身女性の中には、20代、引く手あまたのお誘いを受けてきた女性もいらっしゃることでしょう。いつも誘いは男性からだと思っている人もいるかもしれませんが、それは婚活においてはいい心構えではありません。

できれば、自分から誘ってみて、多くの男性と話をしてみてください。たくさんの参加者がいる婚活パーティーなら、一見、自分と合いそうもない人と話してみるのもいいでしょう。
婚活サイト・アプリなら、女性から「いいね」を送ってみるとほとんどの男性が喜びますよ。

やっぱりダメかもしれないし、意外と意気投合する可能性もあります。

心配なら、結婚相談所のコンサルタントに相談も

自分自身を客観的に省みるなら、結婚相談所などのコンサルタントに相談するのも一つの手です。お見合いの模擬練習なども対応してくれるので、異性とのコミュニケーションに慣れていない女性にもおすすめ。

第一印象を良くするためのアドバイスもしてくれますので、ファッションやメイクなどに自信がない人も、安心して婚活に挑めますよ。

ただし、手厚いサービスの代わりに結婚相談所はそれなりのコストがかかります。平均すれば年間30万円前後ですが、お金をかけても結婚相談所内で出会って結婚する方は10%前後といわれております。
値段が高いのは効率がいいからではなくサービスが手厚いため。

心の準備で、効率的な婚活を

未婚率が気になるからこそ、準備をしっかり

31歳という年齢や独身であることに焦ってはいけません。きちんと準備をすれば、スムーズに結婚相手を見つけることも可能です。

最近はネット婚活が主流となってきていますので、まだまだ仕事が忙しいという人は、手始めにネット婚活をはじめてみるのもいいでしょう。待ちの姿勢ではなかなか出会いは見つかりませんので、積極的に声をかけるようにしてみてくださいね!

様々なネットの婚活サービスがありますが、おすすめは1995年にスタートして世界24か国で使われている老舗のMatch(マッチ)です。

Matchをおすすめの理由は3つ

1つ目は安全性です。きちんと身分証を提示している人しかメッセージのやり取りができません。
2つ目は言葉にしにくいあなたの好みや趣向までテクノロジーがくみ取って、ぴったりの人を紹介してくれるから。
毎日、あなたに合いそうな10人ぐらいの男性を紹介してくれます。それを「Yes」「No」で振り分けていくと翌日は、もっとピンとくる人が紹介されるように!忙しいあなたに代わって、運命の人を探してくれます。
3つ目は、男性のスペックが高いこと。男性の6割は年収500万円以上です。

登録は10分ぐらいで完了しますよ。来週はデートしているかも?

マッチ・ドットコム公式ページ

杉浦優子
神奈川県鎌倉市在住のフリーランスライター。恋愛や婚活のコラムなど、WEBコンテンツを中心に執筆活動をしています。趣味は、ビーチコーミング、ランチの美味しいお店を探すこと、体幹や筋力を鍛えるワークアウトをすることです。