カップル
婚活の心構え

シングルマザーが結婚して幸せになるケースと不幸になるケース

「離婚を経験し、子育てをしながら新しいパートナーを探すシングルマザーの婚活。現在はシングルマザーへの理解がある独身男性が増え、好きな女性と結婚し、ステップアップファミリーとなるカップルが増えました。 子供を含めて仲良く暮らすには、独身同士の結婚生活とは違う努力が必要です。再婚した家庭で幸せな暮らしを送る女性、反対に苦労する女性にはどんな違いがあるのでしょうか? シングルマザーが結婚して幸せになるケースと不幸になるケースをご紹介します。

大切なのは考え方と子どもと彼への接し方

女性が舵を取り、子供と彼が仲良くできるようにサポートする

子ども、シングルマザー

子連れ再婚で一番大切なことは、子供も一緒に幸せになること。

大好きな人ができたけれども彼と子供が仲良くできるのか、子育てに対する考え方は一致しているのか等、 ステップアップファミリーになった後のことで様々な不安を抱えているのではないでしょうか。

みんな一緒に幸せになるには、子供を含めた将来を一緒に考えられる男性かどうかが重要です。

ただし、男性側が結婚経験のない独身男性であれば、素敵な恋人であっても、最初から子供と100%うまくいくわけではありません

彼の子供に対する接し方や考え方に違いがあるのは当然のことです。そこで我慢ばかりしていては、あなたと彼との関係がうまくいかなくなってしまいます。

幸せになるにはコツが必要。改善が必要なところを見て見ぬふりをしていたらいつまでも状況は変えられません。

幸せになるケース・不幸になるケースの両方をご紹介しますので、参考にしてください。

シングルマザーが結婚して幸せになるケース

女性としても、母としても魅力的であること

再婚する前に、恋愛期間が必要です。お互いに惹かれ合うことが特別な関係になる第一歩。

その為に、まずは女性として魅力的でありましょう。子育て・仕事を両立して多忙の毎日であっても、清潔感のある身なりを心がけてください。

簡単にでもお化粧をして、髪を整える。清楚な洋服を着る。少しの心がけで、素敵な印象に変わります。

次に、母としても魅力的であること。これも何か特別なことをする必要はありません。

子育てを経験している女性特有の母性や愛情深さ。これらは子供と接する幸せそうな表情から男性に伝わります。

子供を叱るシーンがあっても、大切な存在のために思いを伝える強さも魅力のひとつ。離婚・子育てを経験している女性だからこそ、自分だけの特別な魅力を兼ね備えていることに自信を持ってください。

そこにとびっきりの笑顔が加われば最強の武器になります。

彼に子供と仲良くなろうと努力する姿勢がある

お花見する家族

最初から母親と同じくらい子育てを理解することは難しくても、彼に努力する姿勢があれば、いつしかあなたの子育てをサポートする心強い味方になります。

結婚経験のない独身男性や、近くに子供がいない環境の男性は、子供との接し方がわからず、仲良くしたくてもどうしたらいいのかわかりません。

そんなときは、子供の気持ちを一番に理解しているお母さんが、我が子が大好きな遊びや、喜ぶ接し方を伝えて、子供と一緒にいる時間の楽しさを一緒に感じられるようにサポートしましょう。

彼に子供と仲良くしたいという積極的な気持ちがあれば、最初はぎこちなくても、どんどん楽しい時間を過ごせるようになります。あなたが心配しているのと同じように、彼も好きな人の子供とうまくやっていけるのか心配しています。

子供を含めて仲良く過ごせるようになったら、自然と再婚して家族になることを前向きに考えられるようになります。

なんでも話し合って、歩み寄ることができる

喧嘩、ケンカするカップル

独身同士のカップルであっても、これまで別々の環境で生きてきた男女ですから、価値観や生活習慣などに様々な違いがあります。

最初は自分にはない魅力として惹かれている部分も、長く時間を過ごすうちに負担に感じることがあれば、放っておいてはいけません。

小さなことでも我慢したり、疑問を持ったままにしていると、ストレスの原因になります。うまくいくカップルの特徴は、どんなことも話し合ってお互いの理解を深めようとする姿勢があることです。

子連れ再婚では、初婚のカップルの何倍も考えることがあります。子育てをしているのは自分だからと、女性ばかりが頑張っていては疲れてしまいます。

お互いを100%理解することは難しくても、心の内を素直に伝え合っていれば、タイムリーにお互いの考えをシェアすることができ、少々の違いは気にならなくなります。

話し合いを積み重ねることで、強固な信頼関係ができ、将来を共にする素晴らしいパートナーへと成長することができます。


ここまでは、幸せになるケースをご紹介しました。逆に、うまくいかない場合はどんなケースが多いのでしょうか?

まとめてご紹介します。

シングルマザーが結婚して不幸になるケース

マイナス思考で自分に自信がない

悩む女性

物事はどう捉えるかで印象が変わります。離婚経験があり、子育てをしている自分をネガティブに捉えていれば、男性と接するとき必ず態度に出ます。

自信がなく、マイナス思考な女性を将来のパートナーに選びたいと思う男性はいません。心の中がマイナス感情で渦巻いていると、言葉や行動にも表れて、一緒にいる相手が疲れてしまいます。

ほとんどの男性が結婚生活に癒しを求めます。仕事で疲れて帰宅して、明るい奥さんが出迎えてくれるのが理想。マイナス思考で暗い雰囲気の女性が待つ家には帰りたいと思いません。

自信がないのは、自分の魅力に目を向けていないから。人は必ずその人だけが持つ魅力があります。離婚した経験は、これからの行動次第で次の結婚生活に活かせるヒントがたくさん隠れています。

子育ては素晴らしい経験ですから、是非胸を張って母親である自分の魅力を感じてください。どんな出来事にもよい側面があることを忘れず、ポジティブに捉える癖をつけましょう。

彼が子供を大切にしない

子ども、シングルマザー

二人の関係がうまくいっていても、彼が子供を大切にしないのであれば長続きしません。本人にその気がないのに、いくらあなたが彼と子供の間に入っても、距離を縮めるには限界があります。

最初から理想通りに子供と接することができなくても、彼に「仲良くなりたい、大切にしたい」という気持ちが少しでもあれば、徐々に歩み寄ることができます。

ただし、その気持ちが少しも見られないのであれば、彼はあなたと一時の恋愛関係を楽しめれば満足なのでしょう。愛する女性の子供であれば、男性は必ず大切にしようと努力します。

将来を見据えた関係を築きたいなら、今から子供に対してどう接しているか、子供のことをどう考えているのかしっかりと見極めてください。

子供に向き合おうとしない軟弱な態度を見せる男性には「子供に対してそんな態度を取るのであれば、もう会わない」と母親としての強い姿勢を崩さないこと

子供を守れるのは母親であるあなただけです。子供を一緒に大切に思う器量のある男性だけが、幸せな家族を築くことができます。

幸せになるケースと不幸になるケースにははっきりとした違いがある

お互いを尊重し、大切にすること

シングルマザーが結婚して幸せになるケースと不幸になるケースをご紹介しましたが、いかがでしたか?

両者にははっきりとした違いがあります。幸せになるケースでは、女性は明るく前向きで、彼と子供が仲良くなれるように話し合いを重ねながらサポートしていること。そして男性は子供を大切にする姿勢があることが共通しています。

これらと真逆の状況であれば、不幸になるケースが起こりうる可能性が高くなります。シングルマザーの婚活は、子供を含めた彼との関係が大きなポイントです。

是非、ご自身の状況を客観的に見つめて幸せなケースどんどん増やし、不幸なケースは改善していきましょう。今から行動を変えることで、これからの出来事を良い方向に進めていくことができますよ。

白井エリー
バツイチのシングルマザー。人生かけて仕事以上に真剣に婚活してます。趣味はバチェラージャパンで男性心理を研究すること、恋愛バイブルを読むこと。努力の結果、嫉妬だらけの苦しい恋愛から、幸せいっぱいの恋愛ができるように♫