プロポーズ、指輪
婚活の心構え

結婚=幸せは危険!幸せな結婚のために考えておきたいこと5か条

何としてでも結婚!というあなたの深層心理には、「結婚=幸せ」というイメージがありませんか?でも、そのまま結婚すれば、ゆくゆくは「離婚」という可能性も…。幸せな結婚のために考えておきたい5項目を、この記事でご紹介します。

結婚相手に条件がある?幸せな既婚者に見られる特徴とは

結婚=ゴールじゃない!幸せを掴むためのパートナー選び

もしかしたらあなたは、自分は「結婚に向いているのだろうか」と、疑問に思ったことはないでしょうか?結婚願望はあるけど、もしかしたら結婚できない人間なのかもしれない…と、不安を抱えている人もいるかも知れませんね。

この記事では、あなたが結婚に向いているのかどうかを知るためにも役立つヒントをご紹介します。幸せな結婚をするためにも、今のうちからこの5か条について考えておきましょう。

結婚すれば幸せになれると考えているあなたに知って欲しい5つのこと

幸せな結婚条件1.ネガティブよりもポジティブ

落ち込んでいる女性

人生、いつなにが起こるかは誰にもわかりません。そんなとき「もうダメだ」「私にはできない」と、いちいち音を上げているパートナーよりも、「大丈夫」「きっとできるよ」と前向きな考え方をするパートナーといた方が、頼りがいを感じるものです。あなたは、普段からネガティブシンキングをしていませんか?なんでも「まぁ、いいや」と諦めてしまったり、面倒くさがったりと、そんな態度は異性も見ています。

お金があれば安心だと思いますか?でも、どんなお金持ちでも、避けられないトラブルはあります。人間関係や健康など、自分ではコントロールできないことがこの世にはたくさんあるのです。本当の安心は、どんなときでも「大丈夫」と前に進める人が持っているもの。幸せな結婚をしている人を見てみましょう。きっと、ポジティブで前向きな人が多いはずです。

幸せな結婚条件2.自分の意見を惜しみなく言える

幸せな結婚をするためには、相手に気を使うことも大切です。しかし、だからといって自分の意見を押し殺しているなら、それは正しいコミュニケーションの方法ではないかも…。どんなに相手が善意であっても、それがあなたにとって止めてほしいと思うことであれば、遠慮なくその気持を伝えましょう。

あなたが気持ちを伝えないと、相手はあなたの気持ちを勝手に推測するしかありません。

その推測がもし誤っていれば、今後ずっと、あなたはイヤな思いをして、結婚生活を送っていくことになります。ただ、相手は善意で行っていることもありますので、伝え方は工夫が必要です。思いやりを持って、素直に自分の気持を伝えてみましょう。

もし、どうしても相手に気持ちを伝えられないというのであれば、その人との結婚は諦めたほうがいいかもしれません。

関連記事

幸せな結婚条件3.相手の声を聞き出す

公園デート

前項の内容にも当てはまりますが、あなたは異性の話をきちんと聞いていますか?どれだけ長く連れ添った夫婦でも、相手の意見を正しく把握することは簡単ではありません。だからこそ、いつも新鮮な気持ちで、「あなたはどう思う?」と、尋ねてみましょう。もしかしたら、相手は面倒がるかもしれませんが、「あなたの気持ちを知りたい」という心持ちで尋ねるのです。

大切なのは、業務的な質問ではなく、どう感じるのか、どう思っているのかを知ることです。「何が食べたい?どこ行きたい?」では、同僚にもする疑問ですよね。

そうではなく、できればパートナーだから話せるようなこと、「どんな気分?」「どんな感じがするの?」など、相手の心の声に近づくための質問をしてみましょう。コミュニケーションが取れているという実感が持てるようになれば、お互いの信頼感もさらに強いものになるでしょう。

幸せな結婚条件4.性に対する概念を認識している

さて、女だから、男だからと性別で差別をしてはいけないことは認識している方が多いでしょう。でも、実際はどうしても従来からの固定概念が染み付いていることが多く、「男性は外で仕事」「女性はおとなしく」など、どうしても変えられないイメージを持っている人も少なくありません。

カップルの間でその性別に関する考え方が同じであればいいのですが、中には、男女で認識が違うことも多々あります。結婚前には、この点をしっかりとすり合わせて置かないと、結婚してからこんなはずじゃなかった!ということになりかねません。

これは、異性にも確認するべきことですが、あなた自身も振り返るべき内容です。「旦那さんがするべき」「奥さんがするべき」といった概念が自分にも無いのか、振り返ってみてください。もし、何らかのこだわりがあるなら、それを譲れるのか、譲れないのか考えてみましょう。譲れないのであれば、あなたの性別に対する固定概念に合う相手を探すまでです。

幸せな結婚条件5.幸せの基準は自分にある

手

結婚して幸せになれる人は、世間の基準や結婚相手の条件などに踊らされません。幸せの基準は自分にあり、どうすれば自分が幸せになれるのかを知っています。例えば、誰かが「結婚はいいものだ。いい相手を見つけてくるからその人と結婚しなさい」と言われて結婚したとします。条件だけで見れば世間が羨むような条件でも、それで幸せになれるとは限りません。

世間から見放されるような人であろうとも、あなたが「好きだ」と思えばその人はあなたにとって幸せを運ぶ人です。一般的に「収入がない男性と結婚しないほうがいい」と言われがちですが、収入がないことにあなたが苦を感じないのであれば、大したハードルではありません。
もし、世間体で結婚をしないと…と思っているのなら、自分にとってどんな結婚生活が幸せかを考えましょう。

子どもは欲しいのか、お互いの両親、友人、趣味との付き合い方など、さまざまなことを具体的にイメージしてみてください。このイメージさえできれば、結婚相手を探すときにも、自然と「この人は違う」「この人は良さそうだ」と見当がつくようになるでしょう。

関連記事

相手への過度な期待は幸せを遠ざける!?

結婚=幸せではない!だからこそ人生を見直して

日本は、まだまだ「結婚=幸せ」という考えが一般的です。結婚していないと哀れむような風潮もありますが、それらの外野の声に従ってはいけません。

今回紹介した項目も「◯◯な条件の相手と結婚すれば幸せになれる」という絶対的なものではありません。相手の、または自分の、性格や考え方を見つめ直すヒントにして活用してください。

幸せな結婚をしたいなら、相手と自分についてきちんと知ってから結婚するのが大切。こんなはずでは!と驚いて離婚…となることのないように、コミュニケーションを蜜に重ねていきましょう。

杉浦優子
神奈川県鎌倉市在住のフリーランスライター。恋愛や婚活のコラムなど、WEBコンテンツを中心に執筆活動をしています。趣味は、ビーチコーミング、ランチの美味しいお店を探すこと、体幹や筋力を鍛えるワークアウトをすることです。