花嫁、ウエディングドレス
婚活の心構え

婚活ブログを書くことのメリット・デメリット

「他の人はどんな婚活をしているのかな?」気になるときに他人の婚活体験談を読むのは参考になるでしょう。人気婚活ブロガー花凛さんに婚活ブログを書くメリット、デメリットを聞いてみました。

人気婚活ブロガー花凛さんが語る!

当初は1年程度で婚活卒業を予定していた…のに

パソコン使う女性

2017年6月に当時の彼氏と別れてから始めた婚活ブログも、早いもので約2年半。

婚活を始めた当初、当時33歳の私は“世の中に数多といる男性の中から、たった一人見つけたらいいだけだから、1年もあったら、結婚なんて余裕で出来るだろう!”と根拠のない自信を持っていたのですが…蓋を開けてみると、無自覚の高望み&己の戦闘力が高くないことから、予想外に大・苦・戦。

途中、道に迷い込みすぎて疲れ果て婚活を急に辞めたり、はたまた彼氏が出来たと思った瞬間に返り討ちにあったりと(笑)かなり迷走しておりましたが、そんな私にもついに信頼出来る彼氏が出来、11月には両家顔合わせ、12月には入籍予定です。

そんな私の婚活を改めて振り返ってみると、ほんっと~にアップダウンが激しかった!

当時の状況を思い返すだけでも吐きそうですし、正直ブログを辞めたいと思ったこともありました。それでも、婚活ブログを続けていて良かったし、ブログがあったからこそ現在の私がある、今はそう思っています。今回は、婚活ブロガーの私が思う婚活ブログを書くことのメリット・デメリットについてお伝えします。

婚活ブログを書くデメリット

1.婚活がネタ化して、一つ一つの出会いを軽視しがち

ドン引き、カップル、デート

婚活をしていると、それはもう、落ち込む瞬間がたくさん訪れます。まず、いいなと思える男性が

いないことに凹み、そんな自分の高望み具合にも凹み。そして仮にいいなと思える男性を見つけたとしても既婚者だったり、運よく独身だった場合も、上手くいきそうだと思いきや、その瞬間にクーリングオフされて落ち込んだり…。基本的に辛いことが多いです。

でも、婚活ブログを書いていると、辛いことも全てネタ化して昇華出来ちゃうんですよね。そうなっちゃうと一つ一つの出会いを軽視しがち。婚活でお相手を探すことが主目的だったはずが、面白いネタを探すようになり、自分でも気がつかない内に、目的がすり替わっちゃってるんですよ。

『あーーー辛い、このデート今すぐ秒で帰りたい。でも後でブログネタに出来るから、もうちょっといてみようかな』

みたいなね。

ほんと、不毛。時間の無駄でしかないし、お相手にも失礼すぎる(笑)

2.身バレリスクが高まる

スマホを使う女性

これ、経験済みです。リアルな友人から見つかったこともありましたし、婚活で知り合った男性からの身バレもありました。これは、ただただ恐ろしい~の一言。

私のブログは、万が一知り合いに見つかった場合も想定して、フェイクを入れたり設定をボヤかしたりしている部分もあるので、このブログの存在がバレたところで私の日常生活にそれほど支障はないのですが・・それでも・・ねぇ(笑)。

過去に、アプリで連絡を取り合っていた男性から、ある日突然『花凛さんって、ブログやってます?』と聞かれた時は、その場で凍りつきましたよね。

ブログ自体は設定にフェイクを入れているし、この男性とはお会いする前の段階だったのに、なぜバレる・・・と。(というか、そもそも男性が女性の婚活ブログを見ているということが想定外でした)その後、その男性には何て返信してよいのかわからなかったため、そのままフェードアウト。

とても感じの良い男性だっただけに残念でしたが、同時に全世界発信のブログの恐ろしさを、身を持って体験したのでした。

婚活ブログを書くメリット

1.自分の長所・短所を客観視できる

悩んで考える若い女性

自分を客観視するって、出来るようで出来ない。自分のことって、わかっているようでわかっていない。

他人の恋愛や婚活に関しては的確なアドバイスが出来たって、自分のこととなると全く別の話。そんな婚活女性も少なくないと思います。自分のことって、感情や思い込みが介在するから、なかなかフラットには見れないものですからね。

だからこそ、婚活ブログを書くことによって自分の思考・行動を整理し、客観視することにはメリットがある。自分が書いたブログを第三者が書いたものとして眺めてみることで、思わぬ発見がありますし、読者様から頂くコメントから、自分では気がついていない長所・短所を認識することもあります。

みんななんだかんだ自分のことが可愛いので、自分の短所を認識することは、時に痛みが伴いますが、そこを乗り越えると、婚活中の自分をより客観視出来る&自分の市場価値が適正化するんですよ。

(大概自分の市場価値は、自分が思っているよりも2~3段低いものです)

そうなると、不思議なもので、過度に落ち込むこともなくなります。目線がプロデューサー寄りになるというか。たとえ上手くいかないことが続いたとしても、じゃあどうしたら良いか、と冷静に考えられるようになるのです。

2.ブログを通じてあらゆる機会、チャンスに恵まれる

最初は趣味の一環で始めた婚活ブログですが、今はそれが私の日常の一部になっていて、有難いことにたくさんの機会に恵まれています。

それは、昔から憧れていた別ジャンルのブロガーさんや、読者様との交流だったり、出版社さんや編集者さんからの取材協力依頼だったり。ただ日常生活を過ごしているだけでは知りえなかった多様な人々と交流は、自分のとって大きな財産になりますし、素敵な人がたくさんなので、私も頑張ろう!とモチベーションも高まります。

また、経験したことのないお仕事を通じて、今後挑戦してみたい仕事の方向性も見えてきます。

3.“万年婚活ブロガーにはなりたくない”というモチベーションが保てる

花嫁、婚活成功、結婚式

婚活ブロガーにとっての短期的なゴールは、言わずもがな“結婚”です。そのために、日々皆さん、辛い思いをしながら頑張っています。

でも、たった一人を見つけることはそんなにたやすくなく、一筋縄にはいかない。で、その上手くいっていない具合を赤裸々にブログ記事にすると、時に叩かれたり、自分の非を指摘されることもある(事実の場合も多いのですが)まさに踏んだり蹴ったり。

そうなってくると、もう婚活辞めたいなーなんて思う時もあるわけですが、のらりくらり何年も婚活ブロガーとして存在したくない、という意識があるので(笑)それが一つのモチベーションになります。

全世界発信の婚活ブログなんて、そう何年も続けるものじゃないと思うんですよ、少なくとも、短期戦を狙っている私にとっては。だって、婚活が人生の全てじゃないですし、自分にとって最適なお相手を最小限のリソース(時間・お金)で見つけて次の人生に進むことが目的なのですから。

(死ぬまでに一人見つけたらいい、という長距離ランナー的な考えの婚活ブロガーさんもいらっしゃいますし、その考え自体を否定するものではありません)

そんなわけで、全世界発信でこの類のブログを発信するのは、せいぜい2年、どう頑張っても3年までと決めていた私にとっては、それが一つのペースメーカーになっていました。

婚活が行き詰まるのなら書いてみては?

婚活ブログを書く場合は身バレに気を付けて

以上が、“婚活ブログを書くことのメリット・デメリット”です。

アクセス数が高まるにつれて、心ないコメントをもらうことがあったり身バレリスクが高まったりと、デメリットももちろんありましたが、個人的にはそれを上回るメリットがあったと思っています。今婚活中で、活動に行き詰っている方ほど、この機会にぜひ婚活ブログを書いて欲しいです。

最初は自分の至らない点、市場価値を直視することが辛いかもしれませんが、一旦自分のダメな部分も含めて客観視出来るようになれば、ゴールは近づいているようなもの。感情重視ではなく、より戦略重視の活動が出来るはずですし、ブログ開設当初の自分との変化を実感できるはずです。

花凛
関西在住(時々関東)の35歳崖っぷち独女。本業は人事コンサル。 “35歳中の結婚”を目標に、日々奮闘中。トライ&エラーの末、やっと見つけた彼氏と期限内にゴールインとなるか?(進捗は、ブログでもご確認頂けます)「35歳独身OL花凜の1日1婚活ブログ