デート、会話
婚活のノウハウ

会話が苦手な男性が婚活で出会いを見つける秘訣

会話が苦手でなかなか婚活が前に進まない……そのような方に向けて婚活の秘訣をお届けします。「会話が苦手だから結婚できない」とは、考えなくて大丈夫!きちんと手順を踏めば良い出会いを得られます。

会話下手でも結婚のチャンスは十分にある!

ただし、会話上手の男性より不利な条件だとは自覚すべし

軽快なトークができる男性を見てしまうと、つい自分の会話の拙さが目についてしまい結婚への自信を失ってしまうかもしれません。

しかし、会話が苦手な男性でも十分に結婚のチャンスはありますし、婚活で良い出会いを得ることも可能です。要は、自分の口下手を自覚しながら婚活のやり方を変えていくことが大切。ここでは、会話を苦手とする男性がどのような方法で婚活に挑むべきなのかを紹介していきます。

婚活で良い出会いを得るための心構えと婚活方法

会話が苦手な男性が持つべき心構えとは?

悩む男性

まずは、会話が苦手な男性が普段から持つべき心構えから紹介します。大きくまとめると、以下の3つになりますので覚えておいてください。

  • 急に会話上手になろうとはしない
  • 自分で「会話が苦手だ」と開き直らない
  • 身近な会話上手な男性に注目する

この3つです。1つずつ詳しく紹介しますが、どれか1つでも欠けていると婚活で苦労することが予想されてしまいます。心構えの段階でつまずかないように、常日頃から意識していきましょう。

急に会話上手になるのは無理!時間をかける気持ちを持とう

話すカップル

会話上手に憧れる気持ちが強過ぎてしまうと、どうしても付け焼き刃的なテクニックに頼りがち。しかし、それでは必ずどこかでボロが出てしまいます。ナチュラルに接しながら「この人、会話が苦手なのかも」と思われるのは仕方がありませんが、会話上手を気取った上で会話が苦手だとバレてしまうと女性側の気持ちも萎えてしまいます。

短期的に会話上手になろうとはせずに、時間をかけて会話スキルを磨く心構えを持ってください。幸い、会話上手になるための努力はそこまで辛いものではありませんから、時間をかけてゆっくり成長していけば良いです。

開き直るとチャンスを不意にする可能性も!

デート、会話

「口下手男子」という言葉を、最近はよく聞きます。それだけ、会話を苦手としている男性が少なくないのでしょう。しかし、数が多いからといって開き直ってしまうのはいけません。

中には、会話の主導権を女性に投げてしまう人もいるようですが、それが許されるのはカップルになってからです。実際に会話が盛り上がるかどうかは別問題として、カップルになるまでの間は男性の側でも女性との会話を盛り上げようと頑張る姿勢を見せなければなりません。

何故なら、頑張る気持ちがまったく見えない男性とは、やはり女性も将来が見えてこないからです。たとえ、二人の間で会話が盛り上がらなかったとしても「会話が苦手でも自分のために頑張ってくれている」と思ってもらえれば、高確率で次につながるというものです。

良き見本は身近にいるもの。話し上手の友人に注目!

話すカップル

どんな人にも「この人、話がうまいな」と感じられる友人や知人が何人かは身近にいると思います。それならば、その話上手な友人がどのように話をしているのか、注目していきましょう。

注目していくと、意外と大した話をしていないことに気づけます。実は話の内容よりも間の取り方や相手への話の振り方、相手の言葉への返しなどで会話を盛り上げていることがほとんどだからです。

それらが上手な人は場数を踏んでいるため、すぐに同じことを真似するのは難しいかもしれません。しかし、注目していかなければ彼らのようにはなれないです。そのためには、意識的に「会話上手だな」と思える男性との関わりを増やしていくと良いですね。

会話が苦手な男性が選ぶべき婚活手段とは?

モテない男

婚活と一言で言っても、いろいろな手段があります。婚活パーティーやマッチングアプリ、結婚相談所、合コンや街コン、お見合い……これらすべてが婚活と言えるでしょう。最近では、相席居酒屋や相席BARなんかも話題になっています。

さて、問題は「どの婚活手段を選べば、良き出会いが得やすいのか?」です。この答えはハッキリ言って人によりますが、会話が苦手な男性ならばなるべく一対一のシチュエーションにこだわったほうが良い傾向があります。

前述した婚活手段の中で一対一のシチュエーションになりやすいのは、マッチングアプリ、結婚相談所、お見合い……このあたりでしょう。

会話が苦手な男性が、女性との一対一にこだわるべき理由

お見合い、デート

会話に苦手意識を持っている人ほど、他の男性に場を盛り上げてもらいたい……いわば他力本願な気持ちになりがちです。しかし、実際にそれをやられてしまえば、女性達の気持ちは盛り上げ上手な男性に流れてしまいます。

会話が苦手だからこそ女性との一対一の関係にこだわってください。もちろん、会話が止まってしまうこともあるでしょうが、それはそれです。会話が苦手な自分も見てもらえる環境でこそ、お互いが将来を思い描きやすくなります。

聞き上手であれば、会話のリードは必要ない

デート、冬

すでに多くの場で語られていることなので新鮮味のない情報かもしれませんが、やはり聞き上手は女性受けが良いです。なんだかんだで、ほとんどの女性が男性の話を聞くよりも、自分の話を聞いて欲しいもの。それならば、話を聞いて欲しい気持ちを満たしてあげましょう。

聞き上手に見られるコツは、そう難しくありません。相手の女性に興味を持てば、自然と相手の話を聞けるようになります。余計な自分の意見などは挟まずに、相槌を入れながら話の先を促してあげると、女性が気持ち良く話せることが多いです。

誤解しないで欲しいのですが、これは女性に会話の主導権を投げてしまうことではありません。女性が提供してくれた話題を膨らませたり、的確な質問をしたり、ということ。聞き上手は、聞いているだけで良いわけではないのです。

たとえ自分で話題を提供しなくても、相手が話す話題に興味を持ち、できるだけ膨らませる……その意識を持つだけで随分と女性受けは良くなります。

会話が苦手だと受け入れながら改善の意識は持ち続ける

意味のある婚活にするために、できることは全部やろう!

会話が苦手なことは受け入れつつも、自分を変えていく気持ちは忘れない。その気持ちさえ持ち続ければ、婚活で良い出会いが得やすくなります。

ただし、大人数が集まるような婚活では、やはり会話上手な男性に美味しいところを持っていかれがちなのは否めません。ですから、なるべく一対一で会話ができるシチュエーションにこだわっていきましょう。そうすれば、今までよりもはるかに意味のある婚活になっていきます。

わたろう
ライター兼占い師として活動中。占いや恋愛、結婚についての執筆がメイン活動。とくに女性の悩みを解決するのが、活動の中心。 ときにはビジネス関連の仕事もしていて、業界誌や娯楽誌でのコラム連載や漫画原作の経験もあり。 現在、綾野ことは名義でミステリー小説も書いている。こっちは、まだまだ駆け出し中。