オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

男女別・マッチングアプリの始め方を徹底解説

スマホ、恋人、カップル 婚活のノウハウ

マッチングアプリを始め方を間違うと「いいね」数激減

マッチングアプリの新規登録期間を知っておこう

pairs_community_detail_1

マッチングアプリは登録したばかりのころはNewと表示され目立ちます。新規登録した人だけを探すこともできたりして新規登録期間は目立つのです。

もっとも「いいね」が集まる時期もこの新規登録期間です。新規登録の人だけ探す機能があるアプリも多く、ほとんどのアプリはアイコン上に目印が付きます。

マッチングアプリによってこの新規登録期間は異なります。

マッチングアプリの新規登録期間
  • Pairs 登録から3日間「NEW」と表示される
  • Omiai 登録から24時間以内赤は「NEW」表示、7日間は黄色で「NEW」表示
  • With 登録から7日間は「今週入会」と表示
  • ゼクシィ縁結び 登録から7日間は「New」と表示される
  • タップル 登録から14日間は「NEW」と表示
  • 東カレデート 審査合格した日から3~5日間(※登録に審査がある)

この新規登録期間は事前に確認しましょう。

新規登録期間を最大に活用できるタイミングに登録する

カレンダー、デート予定

登録するアプリの新規登録期間を決めたら、この期間を最大限活用できるタイミングを狙って登録します。マッチングアプリを使う人はみんな働いています。週末と平日なら週末の方が利用する人が多いですし、平日なら日中より夜の方が利用者が多いです。

例えば3日しか新規登録期間がないペアーズに火曜日に登録すれば、木曜日でNEWマークは消えます。平日はログイン時間も短いユーザーが多いので、「いいね」が付く数も少ないのです。新規登録期間を有効活用して登録するなら、金曜日夜土曜日午前中がおすすめです。

さらに無計画に始める人は、自撮りやスマホの中にある適当な写真で登録してしまいがちです。新規登録期間が写真ナシだったという方も珍しくはありません。とってももったいないのです。

手順は写真と自己紹介文を用意してから登録する

コロナ、マスク

マッチングアプリに登録は、まずは写真と自己紹介文を用意してから登録しましょう。

登録すると、写真をアップロードして自己紹介文を入力します。しかし、写真がないから自撮りの写真で登録したり、スマホにあった昔のスナップ写真で登録してしまう方も多いです。それではせっかく、金曜日夜に登録しても写真が悪いとマッチングしにくいのです。

事前に登録する写真は容易しましょう。

自己紹介文も用意してメモ帳などに張り付けて置き、コピーしてすぐ貼り付けられるようにしておいた方が良いでしょう。仕事、趣味、休日の過ごし方、好きな食べ物などしっかりした内容を書く方が多いです。その中で、2~3行で終わる自己紹介文だと雑でやる気がない印象に受け取られるかもしれません。

女性がマッチングアプリを使う際の注意点

omiai-いいね

女性がマッチングアプリに写真付きで登録すると、簡単に100件以上の「いいね」が付くでしょう。

ここで「いいね」を送ってくる男性がみんな自分に好意があると思わないほうが良いでしょう。相手の男性は女性側のプロフィールを読まずに「いいね」が送っている人がほとんどで、写真に反応している程度です。

「いいね」に「好き」「タイプ」「会ってみたい」といった深い意味はありません。

「いいね」をくれた男性のプロフィールを読んでから「いいね」を返すかどうか見ていたら大変です。あまり相手のプロフィール、写真は見すぎず「いいね」を返しても大丈夫です。

男女双方が「いいね」を送りあうとマッチングという状態で、相手にメッセージを送れるようになります。しかし、せっかくマッチングしても男性からメッセージが来ない場合もあるでしょう。

マッチングしてメッセージのやり取りで判断してみてはいかがでしょうか。3桁の「いいね」がきても3通メッセージのやり取りが続く人は10人中3人程度かもしれません。

多くのマッチングアプリは男性も無料で登録して、どんな女性が登録しているか見ることもできます。それだけではなく、「いいね」を送ることもできます。しかし、無料会員はマッチングしてもメッセージを送ったり、見ることができません。いいねが返ってこない男性はそんな無料会員かもしれませんね。

男性がマッチングアプリを始める際の注意点

男性は女性ほど「いいね」が殺到するということはないでしょう。知っておいて欲しいのは女性はそれぐらい「いいね」が殺到して、その中で比較検討しているということです。

自己紹介文や写真で印象が悪ければ、何人に「いいね」を送ってもマッチングに至らないでしょう。たくさんの女性のプロフィールを読んで「足跡」を付けても、あなたのプロフィールの「足跡」が付かないとしたら写真が残念ということです。

無料でもマッチングはできますが、すぐにメッセージが来ないために「冷やかしかな」「優先順位が低いのかな」と思って、あとから有料会員になってメッセージを送っても連絡が来ないかもしれません。

マッチングアプリは男女平等ではありません。会員の男女比は男性の方が多いため、女性というだけでモテますし、料金も女性は無料というサービスが多いのです。そういうものだと思ってください。

メッセージのやり取りがはじまってからも、合う前にLINEを聞いたりすると女性は失礼だなと感じる方が多いでしょう。女性から返信が来るの当たり前と思っていたり、フレンドリーで良かれと思ってため口でメッセージを送って馴れ馴れしいと思われて嫌われたりする男性は多いです。

男性が有利な出会いが結婚相談所

男女のお見合い

マッチングアプリは女性有利なのですが、一方結婚相談所は女性会員が多く男性が有利です。

結婚相談所の場合、プロフィールを見て双方が「いいな」と思えばメッセージのやり取りがなく、お見合い日程調整に進みます。女性も男性と同じ金額を払って結婚願望がしっかりある女性だけですし、デートもある程度はルールが決まっているので失敗もなく進みやすいです。

結婚相談所によっては、自己紹介文を作ってくれたり、写真撮影もサポートしてくれるところもあります。

通常、結婚相談所は登録で10万円ぐらいする高額サービスですが、店舗がなくオンラインで入会手続きが完結するリーズナブルなオンライン結婚相談所もあります。

おすすめ結婚相談所1・スマリッジ

スマリッジはオンライン結婚相談所の中でも非常にリーズナブルで登録料6,600円、月会費9,900円です。運営しているのは株式会社SE M&Oです。

コネクトシップに加盟しているため、ゼクシィ縁結びエージェントやノッツェ、パートナーエージェントなどほかの結婚相談所の会員とお見合いすることもできます。

おすすめ結婚相談所2・IBJ(日本結婚相談所連盟)

スマリッジはリーズナブルですが、自己紹介文は自分で作成します。

自己紹介文を作ったり、女性とのかかわり方についてアドバイスしてもらったり、そういう手厚いサポートがほしい場合は、専任の担当者がいるような結婚相談所がおすすめです。

日本結婚相談所連盟(IBJ)は全国で3200社が加盟して、77,000人以上の会員がいる結婚相談所連盟です。どこの加盟店に登録しても7,7万人からお相手探しができ、加盟店毎に料金やサービス内容が異なります。

居住地、性別、年齢などからおすすめのIBJ加盟店を1~3つていど紹介してくれるサービスもあるので試しに登録してみてはいかがでしょうか。1分程度で登録でき、無料です。

まとめ

マッチングアプリは事前準備をして登録しましょう

なんとなくで登録してもなかなか会えません。

事前準備をしっかりして登録するようにしましょう。