オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

夏の風物詩。花火大会デートで告白を成功させる7つのポイント

浴衣の男女 婚活のノウハウ

2人の距離を縮めたいなら!花火デートを攻略しよう

花火デートでの困った場面を予習、対策を持って臨め

せっかくできた彼女、もっと仲良くなりたいけど、なかなか距離が縮められないという悩みは良く聞かれます。難易度の高い花火デートまでこぎつけたあなたは、彼女の心をほとんど掌握しているといっても過言ではありません。

あと一押しで、彼女があなただけのものにできるチャンスです。彼女にグッと近づけるかはあなたの行動次第。花火大会でのエスコート術を身につけて、一緒にいると頼りになる存在感をアピールしましょう。

花火デートで彼女の心をつかむエスコート術を伝授します

1.花火デート成功のカギ・日程・会場・見る場所をしっかり選別!

20160730_001

エスコートは会場選びから、デート向けの花火大会を選ぼう

ピークである7月末から8月の土日は日本全国に花火大会のオンパレード。その中で大切なのはカップル向けの会場かどうかです。

あまり小規模で地元に密着なものは、ファミリー層が多く二人でまったり過ごすのには向きません。といっても有名な隅田川の花火大会はものすごく込み帰りの電車に乗るまで人ごみの中を待つことになるかもしれません。

また、その日は予約なしで飲食店に行っても座れないかもしれません。会場の立地や交通機関とのアクセスを考えてデートに誘う花火大会を選びましょう。

首都近郊デートにおすすめの花火大会

駅からのアクセスの良い会場は近くに商業施設なども豊富で初めての花火デートにぴったりです。知名度が高いイベントなら、彼女も安心していってみようと思えます。また、チケットを事前に購入できれば、ゆっくり見られる二人のスペースが確保され安心です。

最近は有名花火大会でも諸事情で開催されないこともありますので、しっかり確認し、またもし延期や中止の場合に備えて代案も用意しておきましょう。

2.花火デートの待ち合わせは心と時間のゆとりを見せて

笑顔の女性・浴衣

女性の花火大会準備はいつもの倍手間かかる

特に花火大会では浴衣を着てくることも予想されます。気持ちに余裕を持って時間通りに行きましょう。時間がかかる理由はこちらです。

  • 美容院で着付けや髪型のセット
  • 下駄は歩きにくい
  • いつもより念入りなメイク

待ち合わせ場所を喫茶店などにしておくとお互いストレスがないかもしれません。間違っても頑張って準備してきた彼女を待たせないようにしましょう。

待ち合わせ時間の設定は何時間前がベスト?

花火大会の開始はたいてい夜の7時台です。会場でチケットを取っていない場合は余裕をもって午後3時には待ち合わせをしましょう。

混みだす前に場所取りをすれば、後の時間はその場にいても近くの商業施設へ行っても安心です。多少遅刻しても時間のゆとりがあるのもポイント。

歩きにくい彼女を気遣って場所取りをしておくのも良いですね。その際は打ち上げ時間の30分前には場所へ向かいましょう。どこに場所を取ったのかわからなくなるのを避けるため、暗くなる前に戻るようにしましょう。

3.浴衣姿の彼女への気遣い充実で好印象を目指せ!

20160730_003

初めが肝心。いつもより大げさにほめてもOK

手間暇かけて浴衣姿を見せてくれた彼女に応えるには、はじめの一瞬がとても重要です。いつもより大げさになっても良いので、浴衣姿を褒めましょう。

はじめに何も触れられないと、彼女は不安になり、その後のテンションにも影響します。

「浴衣姿可愛いね」
「浴衣似合っているよ」
「いつもと雰囲気ちがうね」

といったさりげない一言があるだけでも、笑顔が見られるでしょう。

浴衣彼女に嫌われるNG行為をチェック

いつもアクティブ彼女でも浴衣姿では行動に制限がつきます。それを理解しない行動は、自分勝手で気遣いがないと映ってしまうもの。

特にこの4つのNG行為には注意しましょう。デート後彼女が冷たくなったら、思いあたることがあるかもしれません。

  • 歩調を合わせず早く長く歩く…下駄は歩きづらいことを考えて
  • 着崩れそうなイベントに誘う…はだけると直すのが大変
  • たくさん食べものを勧める…帯の着付けで胃が苦しい
  • トイレの時間を配慮しない…女性のトイレはとても混みます

4.花火デートでは足元を確認して歩きやすくすべし

20160730_004

エスコートの基本、足元を確認

花火大会で彼女をエスコートする際は、暗くなってからが勝負です。河川敷など足場の悪い会場では、足元を照らす小型の懐中電灯が便利。

砂利や段差に足を取られないように腕を貸す場面もあるかもしれません。一人でスタスタ行ってしまわないように、彼女の様子に注意を払いましょう。自分が半歩先を行って、後ろから彼女が付いてこられるようにリードします。

歩きやすい道を検索しておく

花火を見る場所までの経路をいくつか地図で確認しておくと、当日の移動がスムーズです。下駄でなくても、サンダルやミュールなどヒールのある靴で長時間歩くのは負担になります。

口コミを参考に、できるだけ距離が短く済み、ちょっとした休憩ができそうな公園などのポイントを含むコースを予習しておきましょう。にぎやかなメインストリートより、二人で話しながら歩けるような遊歩道があれば、活用するとデートが盛り上がります。

5.花火大会では自然に手を繋いでエスコートしよう

20160730_005

人ごみに入った時は男らしく

知名度の高い花火大会は20万人以上の人出もざらにあります。人ごみをできるだけ避けようとしても、会場やイベントを行っている通りでは巻き込まれることがあるでしょう。

その際に、彼女とはぐれないようにするには手を繋ぐのが一番確実です。彼女から手を繋ごうということはあまり考えられないため、人混みに入ったら、は男らしく自分から「手を繋ごう」と言いましょう。その際にはぐれてしまうから、危ないからといった一言があるとより自然ですね。

花火で手を繋ぐタイミングはこれだ!

人ごみでは自然に手を繋げても、その後はタイミングが難しいという人もいます。しかし、良い感じになってきた花火本番こそ、手を繋ぐチャンスがあります。

会場で花火を見上げるときに、さりげなく手を繋げばOKです。二人の距離は縮まってます!フィナーレなど大型の花火がどんどん打ち上げる時は、ドキドキも高まり手を繋ぐ以上に接近できるタイミング。

待っている間に二人で自撮りで盛り上がるのは良いのですが、花火を見ている時は、スマホは使わない方が自然に接近しやすいでしょう。

6.女の子は待っている!人が少ないところで告白

壁ドン、告白

花火大会はだいたい20:30や21:00ぐらいに打ち上げが終わります。さて、事前にお伝えしましたが人気の花火大会はものすごく込ます。もしこのデートで告白したいと考えていても、帰りにぐったりではそんな気分になれません。

花火が終わってから行く場所はちゃんと確保されていますか?人が少ない車の中、飲食店などで二人きりになれたら告白!手をつないでいるならきっと成功すること間違いなし!

7.花火が終わった後も気を抜かずにエスコート

20160730_006

花火が終わってからの流れを確認

花火が終わった後は一度に多くの人が会場を後にするため長蛇の列になります。できればその場に少し落ち着いて余韻に浸ることがおすすめです。他にも、2人で過ごす終了後のシチュエーションはこちらです。

  • 会場にとどまる
  • ゆっくり退場
  • 喫茶店などでお茶や軽食

あまりせかせかせずに、花火大会の余韻に浸る時間を多く作ることで、同じイベントを共有した思い出が刻まれるでしょう。

最後まで送ってあげることがポイントアップ

帰りの電車も混雑するため、家まで送ってあげると安心です。夜道を一人で歩かせない、紳士的な振る舞いに彼女も頼りがいを感じるでしょう。

日曜日や平日開催のイベントの場合、次の日が仕事ということもあります。タクシーを使って送ってあげる大人の余裕を見せましょう。

花火大会は思いのほかに疲れるイベントです。この日は家の前まででさよならすることもポイントアップにつながります。しっかりエスコートして、楽しいイベントを素敵な思い出として次のデートにつなげましょう。

花火大会のエスコートをマスターして夏の思い出を残そう

花火デートは頼れる彼氏として認められるチャンス

人の集まる花火大会では、エスコートする立場を忘れないことがポイントです。特に浴衣の彼女には行動に制限が多く、彼氏のサポートが必要。

会場選びから帰りに家まで送るところまで、完璧にこなせば彼女からの評価もグッと高まります。ロマンチックな花火を気持ちよくみられた思い出が残れば、二人の距離もグッと近づくでしょう。夏の風物詩として花火デートを次のステップへ踏み出すための定石にしましょう。

スポンサーリンク
意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)
約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。
今やネットで出会うことは珍しくありません。
でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に
安心して使えるオンライン結婚相談所を
ランキング形式で比較しました。

婚活のノウハウ
シェアする
【この記事を書いた人】
Avatar photo

元社長秘書の既婚WEBライター。アラサーからアラフォー等身大の数々の声と、データをもとにブライダル・婚活関係の記事を多く執筆。女性が強いフランスの恋愛模様が好きで、映画を字幕なしで見るのが趣味。特技は速読、恋愛や結婚について日々考察しています。

styloをフォローする
まりおねっと