失敗した男性
婚活のノウハウ

婚活アプリのプロフィールでスルーされるアプリ内の男性の特徴

婚活アプリで多くの男性とやり取りをして会ってきた人気婚活ブロガーが語る「スルーする男のプロフィール」の8つの特徴。女性なら共感、男性ならドキッとすること間違いなし。さぁ、あなたのプロフィールは大丈夫?

リアルな婚活女子の本音をお伝えします

婚活アプリ内で多くの女性がスルーする男性たちの特徴

今や当たり前となった「婚活」という言葉ですが、その方法は、本当に千差万別。“情報はトライ&エラーで足で稼ぐ!1日1婚活”がテーマの私は、これまでに、それはそれはたくさんのトライ&エラー(主にエラー笑)を繰り返してきましたが、忙しい男女にとって最も効率的に出会えるという意味では、“婚活アプリ”が最適であると考えています。

しかしながら、“婚活アプリを己のスマホにインストールして行動する=出会える”と思うのは大間違い‼

効率的に出会いたい男女が集まる場だからこそ、“出会う前の関門(スクリーニング)”があるのもまた事実なのです。今回は、婚活アプリのプロフィールでスルーされるアプリ内の男性の特徴についてぶっちゃけた婚活女子の本音を語っちゃいます。

判定結果「会う価値なし!」の残念プロフィール8選

1.日本語がおぼつかない男性

返信、line、スマホ

これは完全に個人的な好みも入っていますが、お相手のプロフィールの日本語がおぼつかないと、男性以前に、“この人、人として大丈夫かな?”と思ってしまいます。

文章がひらがな・誤字脱字ばっかりだったり、文脈が意味不明だと自然とスルーしてしまいますね。

(学歴、年収には拘っていない私ですが、こういったタイプは相対的にいずれも低いことが多かったり)

色々な女性にいいね!を送るその前に、まずは己のプロフィールを見返してみる、見易さに拘ってみるほうが、確実に好感度・信頼度アップに繋がります。

2.やたら長文&改行なしの男性

スマホを使う男性

プロフィールが丁寧なのは良い事だと思いますが、やたら長文&改行無しだと、中身を見る前にパッと見の印象だけで、婚活女子を疲れさせてしまいます。

長文プロフィールを書く男性は、「他者からどう見られるか」ということより「己をとにかく良く見せたい、PRしたい!」という自己中な印象を持たれやすいですね。

プロフィールは、整理された文章&改行で、爽やかに自分らしさが伝わることを心がけるのが良いと思います。

3.“年齢の割に若く見える”とのたまう男性

年の差

たまに、「40代後半なのに、30代にしか見えない、とよく言われます」と書いてあるプロフィールを見かけますが、経験上、こういったことを書いていて、実際に若く見える人を見たことがない!(笑)

それって何自慢?普通に年相応だけど、格好がダサいから変に幼く見えるだけでは?と思ってしまいます。

そもそもいい歳して、「若く見えること」に価値を置いている時点で、(少なくとも私の中では)アウトです。若さで勝負したって、本当の若人には勝てないんだから、歳相応の魅力で勝負する方が100倍魅力的に見えます。

4.出会えないことを前面にアピールしてくる男性

悩む男性

「サクラばかりだな。なかなかいい人には出会えませんね・・本当にいるのかな。」などなど出会えないことを前面にアピールしている男性がいますが、そんなこと、ぶっちゃけ、知ったこっちゃありません。

婚活中の男女は、みんな仕事にプライベートに色々ある中頑張ってるんだし、そんな時に、己の上手くいっていない状況を、イチイチ書く必要はないでしょう。

いい人に出会えないのは己に原因があるのでは?と思われてしまって、マイナスでしかありません。

5.礼儀、マナーにうるさそうな男性

失恋、スマホ、メッセージ

「既読スルーは苦手、連絡はマメにしたい、マナーは大事にしたい、ありがとうと言える人がいい」
などなど、やたらマナー系についてプロフィール上で語っている男性がいるのですが、こういう人に限って実は文章が誤字脱字だらけだったり、配慮がない表現を多用していたり。

これが嫌、あれが嫌ばかりを書いている人は、人生にも不満ばかりの印象を受けちゃうからあまり書きすぎない方が無難。

6.生活が充実してなさそうな男性

デートを期待する男性

「休日はいつも暇してます。連れ出してくれる女子を探してます。」

え??これを見て、誰かいいね!をしてくれると思うの?

まずは、自分で自分を楽しませてください。話はそれからです。

7.高級時計、車、ホテルラウンジの写真でお金持ち感をアピールする男性

食事・レストラン

お金持ちっぽい写真で、己のステイタスをアピールする男性って、なんか価値観が古い。

これで引っかかる女子はいるのでしょうか?お金持ちで見た目も中身もいいなら、むしろリアルの世界でモテモテなはずだし、わざわざその点をアピールしなくたっていいはず。

過剰なお金持ちアピールは好感度アップではなく、“そんなお金持ちなのに、なぜアプリに・・・?”と怪しい度がアップするだけの結果になる恐れも。

8.まずは仕事を頑張ろうぜ!な男性

自撮りする男性

「お会いしたらカラオケにお連れします。美味しいものを食べにいきましょう。」
というプロフィールを書く、年収200~400万円以下の男性。

いえいえ、お連れするその前に、生活の基盤になる仕事を頑張りましょう。

話はそれからです。

「いいね」を送る前にプロフィールを見直そう

婚活女子なら「あ~いる!」と思ってしまうダメ男

以上、好き勝手に書いてしまいましたが、これがアプリを活用するリアルな婚活女子の本音です。

(ちょっとリアルすぎちゃったかしらw)

プロフィールは、自分に合うお相手とのやり取りを引き寄せる“顔”。特に女子は、最初のフィーリングが後にやりとりにも影響する生き物。ここがうまく印象操作できると、他の男性よりも三馬身は確実にリードできますw

アプリを活用している男性は、少し面倒でも、今一度自身のプロフィールを見直してみてはどうでしょうか。

花凛
仕事も恋も楽しみたい!がモットー、関西在住(時々関東)の34歳崖っぷち独女。本業は人事コンサル。35歳までに結婚するべく、日々トライ&エラーで奮闘中。(奮闘の様子は、日々更新のブログでも確認できます)