デート、会話
婚活のノウハウ

婚活で使える! 初めてデートする女性が好む会話のポイントと広げ方

婚活サイトやマッチングアプリで出会った女性とお見合いやデートまではこぎ着けるけど、いつも会話が弾まなくて撃沈……。 そんなお悩みを持つ男性に朗報です! “女性が好む会話のポイントと広げ方” を知っておけば大丈夫、必ず次の段階に進めますよ〜。 女性目線の会話テクニックを悩める男性に伝授します!

女性が好む会話 3つのポイント

1、わたしたち「聞くより聞いて欲しい」の!

告白、運命の人、アプローチ

女性を楽しませようと盛り上げたつもりが、自分ばかり話して空回りしてしまった……ということがよくあります。

会話というと、どうしても「話す」ことに重点を置きがちですが、「聞く」のも会話の重要なパーツ。でもただ黙って女性が話すのを待っていたのではダメ。こちらから質問してあげましょう。

質問のコツはイエスやノーで答えられない聞き方。これを心理学用語で「開いた質問」といいます。反対にイエスノーで答えられる質問は「閉じた質問」です。

閉じた質問例

  • 「映画は好きですか?」
  • 「仕事は忙しい?」

「はい」「いいえ」でしか答えられず会話が終了する。

開いた質問例

  • 「最近観た映画で面白かったのはどんなの?」
  • 「仕事はどんなことをしていますか?」

「ラ・ラ・ランドを見たの。よかったよ」「建材メーカーで営業事務をしています」と会話が広がる。

開いた質問をするように心がけると会話が続きやすくなります。答えから女性が興味を持っているキーワードを引き出し、「ラ・ラ・ランドのどの辺がよかったの?」とかもっと掘り下げて聞いてあげましょう。

女性は自分の話を聞いてもらうのが大好きです。

関連記事

 2、わたしたち「自分が興味のある話をしたい」の!

話す男性

前項の補足でもありますが、いくら開いた質問がいいといっても興味のないこと、話したくないことを根掘り葉掘り聞くと引かれます。スポーツに全く関心のない女性にサッカーのワールドカップについて意見を聞いても相手は困るだけですよね?

男性もそうだと思いますが、「話したい事」「興味のある事」なら聞かれたいし、話したいのです。

『あ、それそれ聞いて欲しかったの〜』というツボに当たった! というのは必ず分かります。女性が熱く語り出したら、興味を持って耳を傾けてください。彼女の趣味や嗜好をリサーチしたり、質問の中から興味のあることを察知して、そこから会話を広げるようにすると女性はあなたとの会話を楽しく感じます。

3、わたしたち「役立つ情報なら教えて欲しい」の!

話すカップル

もちろん女性の方も相手のことを知りたいと思っています。聞いてもらうのが好きといっても、あなたについて情報を得たい、話を聞きたい気持ちもあるのです。

その伝え方として、一方的に話したり、アピールを意識した自慢話を避け、女性の話に対する返答の中に自分の情報をまじえていくようにしましょう。

たとえば映画通なら、女性が好きな映画の話をしたときに、「僕もその映画を観たよ。同じ監督の映画で○○っていうのは知ってる?」と広げていく。趣味の話の中で学生時代にやっていたスポーツの話を織り込んだり、あなたの特技を上手くアピールしたりというように。

また、一般的に女性が興味を持ちやすい美味しいお店の情報やデートスポットなどをリサーチしておいて話すのもいいですよ。

役立つ情報なら聞きたいし、「詳しいなあ」と思わせてあなたの株も上がります。上手くいけば、「今度連れていってください」と話が良き方向に発展する可能性も!

女生との会話の広げ方4つの法則

1、自分を開く

話すカップル

前項で「開いた質問」を心がけてと書きましたが、さらに会話を広げていくにはあなた自身がまず「心を開く」ことです。趣味や仕事、家族のことなどを訊ねる開いた質問をする際、「僕はね…」と自分のこともなるだけ正直に話しましょう。

心理学用語で「自己開示」というのですが、これをされた側は「打ち明けてくれた」と好感を持ち、相手との距離がグッと縮まります。女性の方も打ち解けて話しやすくなるのです。

2、共有と共感

お見合い、デート

人間は共通点があると知っただけで相手に好意を感じる動物です。会話の中で、あるいは前もってのリサーチで、彼女との共通点を見つけて「僕もそうなんだよ!」と会話に取り入れましょう。趣味が共通していれば最高ですが、もっと小さなことで……血液型や星座、通勤で使う路線、よくみるテレビ番組等々、何でもいいので共通項をみつけて共有すれば盛り上がりやすくなります。

また、似た言葉ですが「共感」も大切です。話をただ聞くだけでなく、

  • 「それは大変だったでしょう」
  • 「わかるわかる、あれは辛いよね」

と共感を伝えると、相手は嬉しいし、話しやすくなります。

3、相づちを打つ

ランチ・デートする若いカップル

共感も含め、相づちを上手に使うことで会話は広がっていきます。自分に置きかえてみればよく分かりますが、相手の反応がないと話しづらいものです。

ただし、うんうん、と、むやみに頷いたのではかえって「全然聞いてない!」となりますから、要所要所で

  • 「なるほど」
  • 「だよねえ」
  • 「そうかあ」

バラエティに富んだ相づちを打つことを心がけて。相手が熱心に話しているときは腰を折らない方がいいですが、時に、「すごくよくわかる」「たしかにな」と、自分の短い感想も付け加えると、女性に聞いてもらっているという安心感を与えます。

4、褒める

会話のとっかかりが摑めないという方は、女性を褒めるといいと思います。なんといっても女性は褒められるのが大好きですから。

「その色さわやかですね」とか「よくお似合いです」というように。

セクハラ発言になるのが恐いという方は、「声が綺麗ですね」とか「話が上手でわかりやすい」「やさしい雰囲気だなあ」と、身体以外のところを褒めると間違いないですよ。

褒められると悪い気はしないし相手の緊張もほぐれるので、会話が弾みやすくなります。

番外編・距離を縮める座り方がある!

デート、会話

まだ親しくない異性との会話は男女共に緊張しますね。ある研究では男女の座り方によっても会話の広がりが左右されるといわれます。お見合いの一般的な座り方である「対面式」は男性が一番緊張する座り方で会話は弾みにくいのです。かといって、いきなり横並びは難しいですよね。

そんな時はL字型の座席を選ぶといいかもしれません。

散歩して公園のベンチ……なら横並びも実現しやすいのではないでしょうか。

緊張しやすい方は、女性の好む会話を知っておくと共に、座る場所も工夫してみると断然話しやすくなりますよ〜。

まとめ・簡単なコツで女性との会話は盛り上がる

この7つを押さえたら初デートは成功する

初デートは、L字型で座れそうな席があるお店を予約してあとは話題を考えるよりは、相手の話をしっかり聞くことが大事です。

自分の格好いいところを見せようではなく、一緒にいる時間は彼女に集中してみてくださいね。初デートがうまくいくことを祈っております。

mami

mami

シナリオライター
本業はシナリオライター。結婚相談室の婚活ブログ連載を機に、恋愛コラムの執筆をはじめ、“運命を変える魔法の言葉”のタイトルで恋に悩む男女に向けた講演、カウンセリングも行う。ドラマ屋である独自の視点で、恋や自分磨きに役立つ情報を発信中。