婚活のノウハウ

【実録】彼女いない歴43年のイケてないアラフォー男が起こしたミラクル

名古屋の結婚相談所の仲人さんがこっそり教えてくれた裏話。43歳で一度もお付き合い経験がない男性が紹介で結婚相談所にやってきました。ダサいし脂ぎってお腹も出ていて、会話も続かない。この問題児(おじさん)はどうなるのでしょうか。

自立できていないアラフォーおじさんが結婚相談所にやってきた

友人の紹介でご入会された43歳のアラフォー男性。Yさん。

ガッシリ体型のうえにこってりと脂肪がのっている少し暑苦しいボディに、黄色いトレーナーとGパンという昭和過ぎる服装。顔は、ぶ厚い唇が印象的なこれまたこってりとした顔立ち。

典型的なイケていない男という風貌です。

当時、弊社、結婚相談所への入会金はクレジットカード決済でしたが、彼はクレジットカードを持ったことがない。というので驚きました。理由は「おばあちゃんがクレジットカードを持つことを反対する」からと。

43歳にもなっておばあちゃんの言うことを頑なに守っていることから、自立できていないことがわかります。

プロフィールを作成するにあたり、趣味を聞くと、海釣りが好きとのこと。趣味が“釣り”って女子ウケ悪い。

それにしても、今までクレジットカードなし、彼女なしの彼の43年間、いったいどうやって過ごしてきたのでしょうか。おそらく会社と自宅との往復の日々、たまに友達と海釣りに行くという感じですよね。

唯一、婚活市場において彼の良いところは、大手の企業にお勤めだったというところ。製造業のブルーカラーですが、年収は中の少し上だったことでしょう。

プロフィール写真がダサくて残念な男性は多い

コンシャスジャパン

さて、婚活を始めるにあたって、まずはプロフィール写真撮影をします。

結婚相談所のプロフィール写真は、男性はほとんどスーツ姿ですが、そのほとんどが体型に合っていないスーツを着ているため、すごくダサいと感じます。

多くの結婚相談所のコーディネーターさん達はどのように感じているのかわかりませんが、弊社会員女性にお申し込みがあった時に、ダサいスーツを着ているおっさんみたいな男性の写真を見たとき、正直ガッカリしてしまいます。

わたしが会員女性なら、速攻お断りしたい。という雰囲気の方が多いです。

婚活サイトには写真は2枚掲載できるので、もう一枚は私服を載せていることもありますが、私服がさらにダサい・・・。アラフォーおじさんのようなポロシャツ姿だったりします。

皆さん、磨けば光るのに・・・その辺りに誰かに教えてもらわないとわからないですよね。

弊社では、男性会員のプロフィール写真を撮る時、提携しているメンズ服のお店に写真スタジオまで、出張コーディネートに来てもらっています。

写真スタジオに洋服を持ってきてくれて、カジュアルなジャケットやシャツ、パンツ、靴まで頭からつま先まで、コーディネートしてもらい、購入して、撮影します。そのため婚活写真がスーツではないため、他の男性よりも垢抜けて見えますし、お見合いもダサいスーツではないカジュアルなジャケットとパンツを行ってもらうので、女性ウケがとても良いのです。

結婚相談所での婚活、写真の印象は重要ですからね。

ダサいYさんが服と髪形を変えたら某タレントに似てきた

男性の婚活服装

そして、冒頭のコッテリ脂肪体型のアラフォーのYさんも、出張コーディネートをお願いし、ダサいトレーナーからお洒落なジャケットにパンツ、革のブーツというスタイルに変身してもらいました。

お腹が出ていたので、中尾彬風にストールを巻いてごまかしました。

すると・・・なんということでしょう。

びっくりするほど、カッコ良く仕上がったのです。仕上がっちゃったんです。

さらにヘアメイクを施し、写真を撮ってみたら、元来、人懐っこい笑顔が得意なYさん。そのとびきりの笑顔で写真を撮ると、あらどこかで見たような??

誰かに似ている!?

あっ!タレントの“ぐっさん”そっくりに出来上がりました。

垢抜けたお洒落な服装で、椅子に座り、にっこりと微笑むぐっさん・・・。

いやいやぐっさん似のおっさんYさん 43歳。

婚活スタート!モテ期到来直後に地獄に突き落とされる

イライラ、喧嘩、カップル

ほかのダサいスーツの男性に比べると、あか抜けて目立つせいか、意外にもたくさんの女性からお申し込みをいただきました。彼女いない歴43年の男の初のモテ期が到来したのです。こうしてYさんのお見合いライフは華々しく幕をあけました。

お洒落な服装に身を包み、得意な笑顔で意気揚々とお見合い会場に足を運ぶYさん。

初めて彼をみた女性はまず、?? という顔をします。

写真で見るYさんは“ぐっさん”のようにさわやかでカッコイイ男性なのに、目の前にいるのは、脂がのった普通のアラフォーおじさん!! とりあえず、不満な気持ちはおいておき、とりあえずお見合いが開始します。

ここから、Yさんの地獄の日々が始まりました。彼女いない歴43年のYさんはまともに女性と会話が出来るわけがない。
自己紹介すら、しどろもどろ、脂ぎった顔から、さらにあふれ出す脂汗。焦れば焦るほど、会話が上手くできない。目が泳ぐ・・・。

隣で同席し、立会いしているわたしまで緊張が伝わってきます。
当然、女性からは速攻お断りが入り、またお見合いをして、断られるのを繰り返す日々。

結婚相談所ではコミュニケーションスキルを磨く講座もある

結婚相談所に入会されている男性は、Yさんだけでなく、交際経験が全くない方もいるので、そういう男性を集めて、話し方の講座や質問力を磨くコーチングのスキルレッスンを行うかたわら、女性経験豊富な友人男性を講師して招き、男塾と題して、コミュニケーションのノウハウを伝授してもらいました。

そうしているうちにYさんはかなり女性とのコミュニケーションが取れるようになってきました。少しずつ話せるようになってきたものの、もともと賢い方ではなかったので、会話をしていると内容が薄いことがすぐにバレてしまいます。どちらかというと幼稚な会話しかできない感じでした。

とはいえ、お見合いでは、写真がぐっさん似に加え、なぜだか知的に見えてしまうため、中身とのかい離が大きく、相変わらずガッカリされてお断りされることが続きました。

そのうち「詐欺写真だ。」とか「知的な会話が出来ない。」とお見合い後に、お断りされることが1年ほど続き、絶望的な気持ちで、わたしは何度空を仰いだことか。

Yさんには、「詐欺写真だと言われないよう、写真に見合う男になりなさい。」とハッパをかけ続けていました。

アラフォーおじさんが起こした奇跡

40代カップル

そしてある時、奇跡が訪れたのです。

それはお見合いではなく、彼が勇気を出して自ら参加したSNSで見つけたランチ会でのこと。以前の彼なら、SNSをやっていないのはもちろんのこと、知らない人ばかりのランチ会に行くなんて、あり得なかったことですが。

ランチ会で、ひとつ年上の44歳の女性と知り合い、意気投合したそうです。
早速LINE交換し、翌週、デートの約束をしました。

初デートは、地下鉄の出口で待ち合わせ。地下鉄の改札から出てきた彼を待っていた彼女は、いきなりうれしそうに腕を組んできたそうです。

初めのことに戸惑いを隠せないYさん。

彼女はそんなこと全く気にせず、初デートは楽しく終わりました。
そして翌週は、映画デートの約束をし、映画の後、遅くなったので、ホテルに宿泊し、Yさんは初めての朝帰りです。

突然、43年目にして人生が一変してしまったYさん。

不安になり友達やわたしに相談をし、「その女性に遊ばれているとしても、Yさんにとっては良い経験となって、男として魅力が増すし、お見合いでも余裕が出てくるから続けてみたら」とアドバイスをしました。

ところが心配はよそに彼女はどんどんYさんに夢中になっていったのです。
そしてあっという間に彼女と結婚の約束をし、晴れてYさんは成婚退会することになりました。

退会の際に、Yさんは彼女と仲良く手を繋いで来てくれました。

彼女はわたしの前でもYさんにべったり、「Yさんはカッコイイから、他の人に取られちゃうんじゃないか心配なんです。」とおっしゃる。

「いやいや・・・そんなに心配しなくてもいいと思いますよ・・・(;^ω^)」
とお伝えしましたが、見つめ合う2人は聞く耳などもっていませんでした。

彼女いない歴43年、アラフォーを過ぎたYさんが起こしたミラクル劇

服装を変え、コミュニケーションを覚え、自信がつけば、好きになってくれる女性は必ず現れる!!自分で見つけてきたこともすごいですよね!

絶望的にイケてない男性だって、頑張れば奇跡は起こるんだとYさんは教えてくれました。

鳥山みどり
結婚相談所 コンシャス・ジャパン代表。従来のマッチングだけを重視した成婚率の高さに拘るのではなく、『長く続く幸せな結婚生活』を見据えたサポートが定評である。ラブラブ成婚100%を掲げ、外見から心の問題に至るまでサポートし、結婚後は家計のセミナーを行うなど、きめ細かいサボートを行っている。