オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

一人暮らししてから出会いないと嘆く人に試して欲しい方法30選

悩む女性 婚活のノウハウ

出会いがない人は何がいけないのか?

寂しい一人暮らしを脱却!

出会いがないというのは、実は日常生活の状態に大きく関係しています。一人暮らしで同じ様な毎日を過ごしている…と感じているならば、出会えない原因はそこにあるのです。

中には、年齢が…と歳のせいにする方も居ますが、出会える人はいくつになっても出会いがあります。何も、特別なことをしている訳ではありませんし、特別に美男美女という訳でもないのです。

出会える人と出会えない人とは一体何が違うのでしょうか?

実は出会える人は出会えないと嘆く前に出会える行動をしているのです。自ら出会うために、待ちの姿勢ではなく積極的に動いています。

では、出会える行動とは何でしょうか?今すぐに誰でも出来る出会う方法を教えします。まずは男性向けの出会う方法をご紹介しますが、女性編に移動したい方はこちらからどうぞ

出会いないと嘆く人がまず読むべき出会う方法・男性編

1. 飲み会に参加する

BBQ

社会人になってからは何度も飲み会に参加した人、飲むのは苦手だからと不参加の多い人と様々ですが、昔に比べて飲み会の参加率は低くなります。

明日も早いし…疲れたし…と、職場に慣れるほどに面倒になるものです。

しかし、お酒の入る場は同じ様なメンバーであっても、普段とは少し違った姿を見るチャンスといえます。

職場ではあまり顔を合わせない女子社員が参加していたり、普段は話さない女性が心を開いてくれる可能性があるのです。

面倒がらずに、最近参加していないな…という場合は、出会いがあるかもしれないという新たな気持ちで参加してみましょう。

コロナの影響で、飲み会で出会うというのは2020年以降は激減する出会い方かもしれません。飲み会自体も激減でしょう。

2 .通勤中に意識してみる

会社員

通勤時間は目的が会社に行くことなので、頭から出会える場とは考えもしないという方が非常に多いです。

しかし、人は頻繁に顔を合わせる相手を好きになる傾向があります。今も昔も入籍者の3割は職場関係の人と結婚しているのです。

この心理を考えると、通勤電車は出会える場所として理にかなっているのです。

ただ人が多くて疲れる、暑くてしんどい…という辛い場所にしてしまわずに、毎日会う女性の中に気になる人や好みの人が居るかもしれないと意識するだけで出会いに繋がります。

仲良くなる前に失敗すると毎日が気まずくなるので、動く時は細心の注意を払うこと。セクハラに受け取られる可能性もあります。また、在宅ワークが増えている方は、親しくなりにくいかもしれません。

3. 取引先に注目してみる

社内恋愛を経て結婚する方が多いのに、自分が働く会社では出会いがない…という場合。

自身が働く会社ではなく、取引先に注目してみると思わぬところで出会いに繫がることがあります。

取引先の社員や同じビルに入っている会社の社員など、仕事をしながらでも少しだけ女性を意識するだけで恋愛に発展するケースが沢山あるのです。

仕事に一生懸命になるのも良いですが、せっかく別の場所へ行くならば、出会いがあるかもと期待してみましょう。

取引先なので、あまりガツガツし過ぎて悪い印象を与えてしまうと仕事をし辛くなるので、アピールは少しずつすること。

4 .婚活サイトを利用する

line、メッセージ、スマホ

まだ結婚までは考えられないから…と婚活サイトを避ける方も居ますが、婚活サイトほど真剣に恋愛したい人が集まる場はありません。

何となく恋人が出来れば良いか…という人は登録しませんから、お互いに良いと思える人と一致すればスムーズに結婚できる可能性も高いのです。

出会いたい!という男女が沢山集まっていますから、本当に出会いを探すならば婚活サイトが便利といえます。例えば、大手婚活会社のIBJが運営するブライダルネットなどは、真剣な交際を考えている人が多くてオススメです。

ブライダルネットは男女同額料金で真剣に婚活している人ばかりです。基本的に真剣な出会いを探す人が登録するので、適当な気持ちでの登録は控えること。

5 . 相席居酒屋を利用する

相席、合コン

仕事終わり、特に金曜日で明日は休み!という場合に同僚と居酒屋に寄るという方は非常に多いです。仕事の話や愚痴なんかで盛り上がりますよね。

しかし、毎週末飲みに行くならば、少し趣向を変えて、相席居酒屋を利用するのも良い方法です。居酒屋としての利用はもちろん、女性との出会いを期待しながらお酒を楽しめるので、出会える率は非常に高いといえます。

今も営業はしてますが、新型コロナの影響で以前ほど利用者は多くないかもしれません。

6 .SNSを利用して昔の縁を復活させる

スマホを持つ20代女性

出会いは求めているけれど、実際に仕事が忙しく、なかなか行動できない…という方も居ます。そんな時は、SNSを利用してみるのも良いです。

同級生や昔の友達・同僚などを実名検索して、Facebookで自分からメッセージを送り、そこから昔のご縁が復活して、結婚したという方もいます。

仲良くなれたからといきなり猛アピールしてしまうとブロックされて二度と繋がれない可能性があるので少しずつ距離を縮めること。

7 .ネットでナンパする

スマホを見る男性

昔は見知らぬ女性に声をかけたことがある人も、ある程度の年齢になるとナンパする行為自体に抵抗を感じるのです。

話したことのない女性に声をかけるのは緊張しますし恥ずかしいですが、今はTwitterなどのSNSで女性のアカウントをフォローして親しくなることもできます。

もちろん向こうが嫌なら即ブロックされますがそうしたご縁から結婚している方々もいます。

ナンパも近年減っている出会い方です。マスクでお互いに顔を隠しているので考えようにはイケメン以外にもチャンスがあるかもしれません。

8 .オンライン合コン

オンライン合コン

新型コロナの影響で新たに登場したのが、「オンライン飲み会」「オンライン合コン」です。リーズナブルでお酒が苦手でも好きなものを飲めるので、手軽でいいと言われています。

相手の部屋の雰囲気も分かるのでおすすめです。

9 .結婚相談所に登録する

デート、初デート、お見合い

『最後の砦』『モテない人が利用する』というイメージを持たれがちですが30代男性は結婚相談所も欲しいです。

なぜかといえば、30代であれば結婚相談所は女性会員の方が多いからです。マッチングアプリや合コンで一生懸命連絡先交換をしてメッセージのやり取りをしても、デートまでたどり着くのは難しいです。

結婚相談所は女性も同額料金を出して登録し、本気で結婚したいと考えている方ばかりなので駆け引きもないですし、プロフィールを見てお互いが「いいな」と思えばメッセージのやり取りを省いてデートが成立し効率がいいのです。

男性で40代になってから結婚相談所に登録する方はいますが男性も若さは重要で、若いほど成婚率は高いです。

会員数や料金だけじゃなく、担当者との相性も重要です。複数の相談所に話を聞きに行き選んでください。

10.婚活パーティーに参加する

婚活パーティーPartyParty

毎日、似た様な生活を送っていると女性と話す機会すら無いという場合もあります。

結婚相談所は高額ですし、少し構えてしまいがちかもしれません。

そんな方に婚活パーティーがおすすめです。大勢の女性が参加するため一気に多くの女性と話すことができます。出会いを求めるならば、まず女性と会って会話しなくては始まりません。

コロナ感染症拡大にともない、今の婚活パーティーはみんなマスク着用です。パーティーによってはマスクを外す顔見せタイムを設けています。

11.普段行かない場所へ行く

毎日の中に出会いが無いのであれば、待っていても出会いはやってきません。日常生活の中に出会いが無い場合は、自分が普段行かない場所に行く必要があります。

仕事が休みの日は家でゆっくりしているならば外出するようにしたり、アウトドアが好きならばキャンプ場で他のグループに話しかけてみるなど、普段とは真逆の行動をすることで出会いに繋がることがあるのです。

普段行かない場所へ行って楽しむのも良いが、楽しみながらその場に来ている女性の観察を忘れないこと。

12.1人居酒屋を1人BARに変える

バー

最近は男女問わず1人居酒屋でリラックスしながらお酒を楽しむ方が増えています。確かに自分1人での居酒屋は、気を遣わずにゆっくり休めるので気兼ねなくお酒を楽しめますが、1人で居酒屋に行く女性はまだ少なくなかなか出会いには繋がりません。

しかし、居酒屋をBARに変えると、1人BARを楽しむ女性が増えていることもあり、一気に出会いの場になるのです。

コロナの影響で、barの出会いは以前よりは可能性が低いかもしれません。

13.SNSで共通の趣味の集まりを探す

交流会、サークル

最近は趣味から仲良くなり、恋愛が始まるケースが増えています。

同じアーティストが好きだという人のコミュニティもSNS上には存在しますので、SNSを使ってそうした相手を探し、オンラインオフ会に参加して交流を深めましょう。共通点があり、打ち解けると一気に仲良くなれる場所だといえます。

マッチングアプリ内でもそうしたコミュニティ機能があるアプリもあります。

純粋にその趣味について語りたい方が大半なので、打ち解けるまでは邪魔にならない程度に話しかけることが大切。

14.痩せる

毎日の生活では出会いが無い!と嘆く方に見落としがちなのが、自分のレベルアップです

男性で一人暮らしだと食事も偏りませんか?加齢とともに代謝がおちるので毎日同じ生活をしていたら、劣化するのです。

ジムに行ったら出会いがあるかもしれませんし、体を絞るだけで同じ生活なのに、紹介が増えたり出会いがあるかもしれません。婚活の場に出て行っても痩せると会える女性のレベルが上がるのです。

15 .習い事を始める

街コンジャパン

出会いは求めているけれど、自然に話題があるほうがいいという方に習い事はオススメです。女性に会いたい場合は、料理教室がおすすめです。

共同作業もありますし、会話も続きやすいですよ。女性も料理教室に参加している男性は、家事力高いのかなとポイント高いですよ。

独身限定料理教室


男性編はこのあたりにして、ここからは女性編を見ていきましょう。

出会う方法 – 女性編

1.男性向けの店に行く

休日はショッピングや女子会をする!という女性は沢山居ますが、やはりおしゃれなカフェやショッピングモールなど女性向けのお店に行きがちです。

この場合、お客さんから店員さんまで女性の率が高く、出会いには繋がりません。

敢えて、焼き肉屋とか男性が多いお店に行き、出会いを求めるのも良いのです。店員さんもお客さんも男性率がぐんと高くなりで会いやすくなりますよ。

2.オンライン合コンに参加する

オンライン婚活

ある程度の年齢になると、合コンに参加するのに抵抗を感じる方が多いです。彼氏が欲しい!とガツガツしていると思われてしまうのではないか?というのが恥ずかしくて、つい断ってしまいます。

しかし、最近はオンライン合コンも多く開催されています。「新しいし試しにどんなものかな?」ぐらいで軽く参加してみてはいかがでしょうか。

明るく「良い人居てるかな〜?」と軽く参加する女性の方が魅力的なので積極的に参加しましょう。オンライン合コンは男性の方が多いようですよ。

3.周りにアピールしておく

出会いがないと嘆いている女性に限って、周りには「忙しいから」とアピールしていくことが良くあります。

ここは恥ずかしがらずに自分から周りに「彼氏が欲しい」とアピールしておく方が良いのです。普段から周りに伝えておくと「そう言えば恋人が欲しいって人が居るよ〜」と教えてもらえたり、中には紹介してくれる場合もありますよ。

重いアピールは悲しい女のイメージを植え付けてしまうので、アピールはあくまでも軽めにしておく。

4.男性が多いビジネスセミナーに参加する

セミナー、大学、学生、研修

収入が高いいい男と結婚したいという女性は多いですが、いい男は一定の年齢で皆結婚しています。もし、医者と結婚したいなら若いうちから猛勉強して医学部に入るのが一番確率が高いのです。

さすがに今からそれは無理でも、ビジネスセミナーに参加すれば意識の高い男性が大勢います。社会人向けMBAで結婚した方もいますよ。

5.婚活サイト、マッチングアプリ

スマホでメッセージを送る女性

遊び感覚ではなく、真面目な出会いを求めているならば婚活サイトに登録するのが一番便利です。忙しい中でもパソコンやスマホから相手を検索できたり、隙間時間で活動できるので時間の無い女性でも真面目な出会いを期待できます。

しかも、登録している男性は結婚を視野に入れているので、真面目な男性と知り合うことができるのです。

20代後半におすすめwith

そういった視点で婚活サイトを選ぶと、メンタリストDaigoが監修するアプリwithはおすすめです。定期的に期間限定の心理テストが公開され、その回答を元に相性がいい相手をみつけることができます。


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

30代におすすめOmiai

30代女性におすすめはフェイスブック連動型のOmiaiです。その名が「お見合い」なので結婚願望が明確な方が登録しています。※2018年5月からFacebookをやっていなくても利用できるようになりました。

Omiai公式サイト


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

アラフォーにおススメはエン婚活エージェント

エン婚活エージェント


アラフォーはエン・ジャパングループが運営するエン婚活エージェントという結婚相談所をお勧めします。結婚相談所といっても店舗に行く必要はなく手続き、紹介、お見合い申請、成婚退会まで全てネットで完結します。店舗がないため、今での結婚相談所と比較して料金は10分の1ぐらい。

独身証明書を提出している人ばかりなので、既婚者がまぎれていないかとか相手の結婚願望があるのか探る必要はありません。

エン婚活エージェント 公式ホームページ

マッチングアプリ、婚活サイトは独身証明書の提出が義務付けられていないため既婚者もまぎれている可能性も高いです。

6.結婚相談所に登録する

男女のお見合い

婚活サイト、オンライン合コンは手軽でいいのですが、相手が本当に独身なのか、プロフィールが本当なのか保証はありません。

それなら、結婚相談所が最も効率が良いでしょう。みんな結婚願望がある男性しか登録していません

セミナーで意識が高い男性に会えても、向こうが独身なのかどうかも分かりませんよね。それで、時間を無駄にするのならば1日でも若いうちに相談所が結婚に近いかもしれません。

7.地方自治体の婚活支援サービスを活用する

田舎デート

結婚相談所は高額なサービスです。最近は自治体も婚活支援を行っているところが増えました。政府もAI婚活支援を発表して話題になりましたね。

リーズナブルな値段で同じ県に住んでいる人を探すことができます。まりおねっとでは埼玉県のAI婚活を取材しました。15,000~10,000円ぐらいで2年間有効です。

さらにこうした行政婚活支援は女性の方が少ないので女性有利です。

8.SNSを利用する

スマホ

何となくInstagramはしているけど見る専門…という女性は多いですが、メッセージのやり取りは知人や友人だけになりがちです。

本来SNSは、沢山の人と繋がれるコミュニケーションツールです。自分から少し積極的になるだけで、出会いは簡単に作ることができます。

「#Twitter婚活」というハッシュタグでツイッターで検索すると多くの婚活男性と繋がることができますよ。

9.スポーツクラブやジムに入会する

ダイエットの為にエステに通う女性は多いですが、同時に出会いを求めるならばエステよりもスポーツクラブが良いです。

身体を鍛える為に多くの男性が利用しており、マシンの使い方を教えてもらうのをキッカケに恋愛に発展することは良くあります。クラブのインストラクターさんも男性が多く、指導してもらっている間に恋愛感情が芽生えるケースもありますよ。

スポーツクラブなので、お喋りばかりに夢中になるのはマナー違反になります。ジムに行ってるというのはそこで出会いがなくても、マッチングアプリや結婚相談所でもプロフィールに書いておくと男性が興味持ちやすいですよ。

10.職場の付き合いを見直す

飲み会、同僚、友達

会社に勤めていれば年に何回か飲み会が開催されます。

新入社員の頃は積極的に参加していた方も、慣れてくると自身のプライベートを優先したりして参加しなくなる傾向があります。

毎度お馴染みのメンバーであったとしても、会社の飲み会ですから、別の部署の男性が参加したり、取引先の男性が参加する可能性もありますし、そこでいい人いたら紹介してといえば紹介もあるかもしれませんので、決め付けずに参加しましょう。

今も昔も結婚する出会いのきっかけ3割ぐらいは職場関係です。コロナで飲み会なども減っていると思いますが、つながりは大事にしましょう。

11.メイク、髪型、服装を見直す

婚活服装

アラサー以上の方は、メイク、服装、髪型も一度、今の年齢にあっているのか見直していただきたいのです。知らず知らずのうちに、若作りだったり、ダサくなっているのです。

アラフォーで婚活している女性の中には10年以上メイクが止まっている方が大勢います。毎日同じ顔を見ているので古いとは気が付かないでしょう。職場のアラフォー女性に指摘する人もいません。

そうなる前にぜひ自分で気が付いてください。

12.一人旅をする

旅行、空港、パイロット、CA

女性で旅行が大好き!という方は非常に多く居ますが、一人旅となるとまだまだ少ないといえます。男性の一人旅に比べて危険なイメージがあるため、してみたいけれど実際行動には移していないという女性が居ます。

旅先では普段出会えない人と仲良くなれる機会が沢山ありますし、女性の一人旅だと知ってもらうだけで親切にしてもらえたり…と、様々な人との出会いが期待できますよ。

コロナの影響でワーケーションも人気が高まってます。住む場所を変えるだけで出会いがあるかもしれません。

13.スポーツサークルに参加する

ランニング、マラソン

皇居ランのサークルや、スポーツ観戦コミュニティは男性の割合が多いです。共通の趣味を通して自然に仲良くなれますし、おすすめです。

アプリで男性の趣味を見るとスポーツ観戦、スポーツと書く人が多いですし、皇居ランサークルに入って趣味に「趣味は皇居ランです」と書いておけばなおさら興味を持たれる確率も上がりますよ。

14.婚活パーティーや街コンに参加する

婚活パーティー

お見合いまでは考えていないし、かしこまった格好での出会いよりも自然な出会いを求めている場合、街コンや婚活パーティーがオススメです。

2011年ぐらいの街コンは、飲食店を巡るカジュアルなイベントでしたが、今は婚活パーティーと街コンにあまり違いがありません

パーティ―というから華やかにドレスアップしなければいけないわけではありません。

15.一人暮らしをアピールする

読書

一人暮らしをしている方は是非一人暮らしであることをアピールしてください。婚活アプリに登録しているなら、一人暮らししていると自己紹介文に書いた方がいいでしょう。

わりと実家暮らしのまま婚活している方が多いのです。

学生時代の彼氏彼女なら気にしないけれど、社会人の彼氏彼女としては受け入れにくいことが出てきます。仕事・親・お金とのかかわり方です。

初対面で聞かれるのはせいぜい仕事や「どこに住んでいるの?」ぐらいでしょう。

ある女性は片道1時間半かけて実家から会社に通勤していました。出会いの場にはいろいろいったそうです。フレンドリーで話しかけられることも多くオシャレも大好き。飲み会などで出会う男性が

「なんで実家なの?」

と聞く意味がよく分からなかったのだとか。通えるから実家から通っているだけと思っていたそうです。使えるお金はコスメや服や旅行に散財。

その日は楽しいけれど仕事やプライベートなど先が見えないなと閉塞感がある毎日を過ごしていたそうです。ある時、職場の女性で結婚する女性は一人暮らしで実家暮らしの女性の方が独身ということに気が付いたとか。

それから一人暮らしを始めて自分が食材の値段とか何も知らなかったということに気が付いたとか。過去の自分のSNSはカフェのスイーツや旅行の投稿ばかり。「金使い荒そうだな」と気が付いてそういう投稿も減らしたとか。ずっと出会いの場に行って友だち止まりだった彼女は一人暮らしを始めてしばらくして友だちと思っていた男性とお付き合いすることになったそうです。

まとめ

少し挑戦するだけでも出会いの可能性はぐっと高くなる

出会いがない!と嘆く人に限って何もしていないことが多く、動くこと自体が億劫になっているケースが非常に多いです。

普段の生活をほんの少し変えたり、少し挑戦するだけでも出会いの可能性はぐっと高くなります。出会いがない!と嘆くならば、出会いを意識しながら行動することが大切です。

特に毎日が仕事に追われている状態だと出会いを積極的に求めるよりも、待ちの姿勢になりがちですが、出会いは自分から作るものです。本当に恋愛したいな…と思うならば、先ず出会いがありそうな場所に行くことが必要です。

忙しい社会人にはネットでの出会い探しがオススメ

すぐに始められるという視点だとネットがお手軽。普段なかなか出会わない異性を探したいなら、ブライダルネットなどの安心できる恋活・婚活サイトに登録してみるのも良いと思います。実際に、1ヶ月に1万人以上の会員が出会っているそうですよ。

コンシェルジュサポートも充実している、本人証明提出100%の安心できる婚活サイトなので、空いた時間に恋活・婚活してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)
約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。
今やネットで出会うことは珍しくありません。
でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に
安心して使えるオンライン結婚相談所を
ランキング形式で比較しました。

婚活のノウハウ
シェアする
【この記事を書いた人】

現在30代前半 二児の母。二十歳で結婚し、二人の子を授かるも結婚8年目で離婚。後に子連れ再婚をするも、うまくいかず離婚。そして、2015年には再婚を果たす。自身の経験と反省を踏まえ、心理学を勉強する。最近は、仕事で占い関係に従事しながら、もう少し細かく男性心理、女性心理に分けて学んでおり、人間の深層心理学も同時に勉強中。

Hanaをフォローする
まりおねっと