返信、line、スマホ
婚活のノウハウ

婚活サイト・アプリで男性と会う前に気を付けたい注意点

婚活サイト、婚活アプリで婚活をしている女性ならば「この人は本当に婚活目的?」と思うことがあるかもしれません。そんな不審人物の特徴と見抜き方について、20代婚活女子が解説します。

結婚する気がない男との出会いは時間の無駄

婚活アプリには不純な目的な男も存在する

LINEの返信に悩む

こんにちは。今をキラめくアラサー女子、sayaです。

アプリを使って男性と出会いデートをしてきた私ですが、アプリの中にはまだまだ不純な目的でアプリを使っている異性も存在することが現状です。

そこで今回は、実際にデートをする前に男性に確認すべきこと、または注意したほうがよい点を、筆者の経験を元に書いていきたいと思います!

こんな男性には要注意!メッセージ編

メッセージ

違和感のある相手には、メッセージの段階で気づき早々にブロックすることがベスト。

メッセージで以下のようなことを送ってくる男性とは、筆者は合わないようにしています。

①しきりに顔写真を要求してくる

メッセージのやりとりの中で、こちらの顔写真を要求してくる男性に何回か遭遇したことがあります。「会う前に顔を確認したい」という目的でこのようなことを言ってくることが多いのですが、そもそもプロフィールに写真は載せているのに何故?と不思議に思っていました。

要求通りに写真を送ってみると、パタリと音信不通になったことがあります。

同じくアプリを使っている男友達に相談したところ、こういった男性は「顔重視」でデート相手を選んでおり、複数と連絡をとりつつ写真で相手を選んでいる可能性が高いそう。

こちらもある程度顔写真は気にしていますが、メッセージで関係性を築いている最中にこんなことをするとは失礼な話。仮に会っていても価値観が全く合わなかっただろうと思います。これ以降、顔写真をしきりに要求してくる男性とは会わないようにしています。

②住んでいる場所、職場などを過剰に気にする

次に気をつけたいのがこちら。筆者はメッセージ上では極力個人が特定できるようなプライバシー情報は伝えないようにしていますが、それでもしつこく住んでいる場所や職場を聞いてくる人がいます。

これは、デートした際にバレてはいけない人がいる=彼女持ち・既婚者の可能性が高いです。さりげなく聞いてくるタイプの男性もいるので見極めが難しいですが、こちらが言いたくない雰囲気を出しているにも関わらず探ってくるような男性は、要注意!

③性的な話題を出してくる

やりとりの中で、唐突に性的な話題を出してくる男性もいます。「これまでの経験人数は?」など、メッセージ上でその手の話題を振ってくる男性にまず、ろくな人はいません。

ワンナイト目的の可能性も高いですし、そうでなかったとしても距離感のわからない失礼な人と見限って、筆者は絶対に会わないようにしています。

実際に会う前に必ず確認したいこと

カラダ目的・ヤリ目の男性

上記でメッセージ上での注意すべき男性の特徴を書きましたが、注意したつもりでも、メッセージのやりとりだけでは見抜けない場合も多いと思います。

そこで、会う前に必ず確認しておくべきポイントをご紹介したいと思います。

まず、真面目に恋人を探している人にとって障害となってくるのが、「真面目に恋人を探していない人」の存在です。

大きくわけると、

  • 既婚者や
  • 彼女持ち
  • ワンナイト目的
  • (宗教・セミナー・高額商品などへの)勧誘目的

が挙げられます。

誤ってこのような人たちに好意を抱いてしまうと後から深く傷つくことになってしまうため、会う前にできるだけ確認しておいた方がよいと思います。とはいえ、相手に直接的に聞くのは恥ずかしい、重いと思われるのではないか、と聞けない場合もあると思いますので、私なりの伝え方と対策をご紹介いたします。

①既婚者・彼女持ちか確認する方法

スマホを持つカップル

本人に聞く

まずは本人に直接聞いてしまうのが最も手っ取り早い方法です。

言い方としては、やりとりの中で恋愛の話に持ち込みつつ、「いつから彼女いないの?」とさりげなくチェックするようにしましょう。ここで話を濁したり、具体的な話が出てこない場合は要注意です。

また、会う約束をするときに何の説明もなく「平日の夜」に限定されたりと、約束の時間に偏りがあるときも注意が必要です。土日休みなのに、平日の夜しか会えないって既婚者の可能性大。

特に怪しいと思われたときは、会わない方が無難だと思います。

facebookで検索

facebookで検索してみるのも一つの手です。メッセージ上だといくらでも嘘はつけるので、用心深く注意したい方は一度Facebookで検索をかけてみるとよいと思います。

実際に私の友人でも、アプリで出会った方と付き合ってから二股をかけられていたことがわかったパターンもあります。facebookで共通の友達と繋がっており、そのルートで発覚したのです。

ステータスが「既婚・恋人あり」になっていないかどうかも同時にチェックするようにしましょう。

②ワンナイト目的か確認する方法

デート、会話

相手がワンナイト目的かどうか確認するのはなかなか至難の技です。メッセージで直接聞くのも失礼ですし、相手の距離感や態度を見極めることが何より大事だと思います。

一つ有効なのは、一度目のデートを「お昼」に設定することです。初回のデートはランチで軽めに設定をして、お酒を飲まずに話してみるのもよいと思います。

そこで好印象をもったり、2回目も続くようならワンナイト目的の可能性は低いでしょう。私は「最初は少し緊張してしまうからお昼に会いませんか?」と気軽に伝えるようにしています。

ここで昼に会うことを嫌がったり、微妙な反応をする方は、ワンナイト目的もしくは女性側の気持ちに寄り添えない自己中心的人物であると判断して、会わないようにしています。

③勧誘・営業目的の見抜き方

続いて、意外と多いのがセミナー・宗教などへの勧誘や保険などの営業目的で登録しているユーザーです。このようなユーザーは一人でも多く勧誘することが目的ですから、ルックスが良かったり、高スペックで登録していることが多いため、一見とても魅力的に見えてしまうという罠があります。

まずはそんな方からターゲットにされない対策として、プロフィール欄に「勧誘一切NG」と表記を入れることが有効です。このようにあらかじめ表記しておくことで、勧誘にあうリスクを軽減できます。

また、メッセージ上で「ところで〇〇に興味ある?」「こういうセミナーがあるんだけど一緒にいかない?」といった誘いを受けたときは、勧誘目的である可能性が非常に高いです。

もし興味がないのならこの段階できっぱりと断るか、ブロックするようにしましょう。実は私がまだアプリを使い始めて間もない頃は、セミナー勧誘にひっかかり実際に参加してしまい、お金と時間を無駄にするという経験をしたことがあります。

相手がいくら魅力的でも、興味がないのであればしっかり断るようにしましょう。

手軽な婚活アプリの出会いはリスクも伴う

相手を見抜いて時間を無駄にしないように

以上が、アプリで出会った男性に実際に会う前に注意したいポイントになります。

いかがでしたでしょうか?

アプリは効率的な恋愛手段ですが、相手の素性が見えにくい・共通の友人もいない場合が多く、当然ながらリスクもあります。そんなリスクを軽減する対策を今回はご紹介させていただきました。

ご自身が不快な思いしないよう、「聞くべきことは聞く」「怪しいと思ったら会わない」を徹底することが大切だと思います。

アプリを通して素敵な方と出会う機会を増やしていきたいですね!

Saya
都内勤務の27歳。大手企業の総合職女子でなかなかのハードワーカー。自信が婚活をしながら、ダブルワークでライターとして記事を執筆中。