スペシャル婚活のノウハウ

気づいたらもうアラフォー!37歳の独身ですが今更婚活は手遅れなのか?

結婚ぐらいしているだろうと思って自然な出会いを待っていた。のんびり過ごしていたら、もうあっという間に37歳だった!この年で「自然に出会いたい」ってもうイタイのはわかっている。しかし30代後半から始める婚活ってもう遅いの?それともまだ間に合うの?焦るし不安になるけれど、何からスタートして良いのか分からない37歳独身女性向けに、やるべきことをまとめました。

37歳独身女性が5年以内に結婚できる確率はなんと15%未満?

30代後半になると結婚が難しくなる理由

「合コンなんて何年行っていないんだろう」

と思っていませんか?30代になって合コンなんてまずないでしょう。自然な出会いが欲しいなと思っていたら、37歳だったという方に、ちょっと、シビアな現実も知っておいてほしいです。

国勢調査によりますと、37歳の独身女性が5年以内に結婚できる確率は約15%未満といわれています。

これは例えば37歳の独身女性が100名いたとすると5年以内に結婚できる人がおおよそ15名未満ということなのです。
これを“少ない”ととるか“意外と多い”ととるかは人それぞれですが、この結婚率の低下は以下のような理由があると言われています。

妊娠・出産のリミット

妊娠中

37歳でも「若い!そんな年齢に見えない!」といわれるきれいな方もいらっしゃるでしょう。しかし、32歳ぐらいにみえる美人37歳より、本物の32歳の方が結婚できる確率は高いです。

医療技術が進歩した為、平均出産年齢は上がっていますがそれでも結婚したい男性の理由で「子供が欲しい」という方は多いです。
もちろん、絶対欲しいのか、できれば欲しいのかその欲しさの加減は人それぞれ。(何より不妊の原因は女性の年齢だけじゃなく男性側にある場合もあるのにね)
そのため、出産の可能性ということを考えた場合に30代後半からは結婚できる確率は急激に下がります。

結婚するのも子供を産むのも自由です。しかし、こういう現実も知っておいたうえで、ご自分の年齢をいったん受け入れてみましょう。

37歳の独身女性が結婚するために必要なこと

真っ先に捨てたい「自然な出会い」へのこだわり

すれ違う、職場

今37歳の方は20代後半のころに耳障りな言葉を聞いたかもしれません。それは「婚活」という言葉。2009年に流行語候補になりました。

  • 「え?なにそれ?そんな婚活してまで結婚するって不自然」
  • 「婚活とかしないで自然に出会って結婚したい」
  • 「婚活ってモテない人がやることでしょう」

そう思って出会いは欲しいけれどもかたくなに婚活を拒み、自然な出会いにこだわってしまって気が付いたらアラフォーだったという方を大勢知っております。そのうちの一人U子さんを紹介します。

U子さんは28歳から、婚活はしないけれども、合コンに参加したり、自然に男性と仲良くなれそうと思ってジムに行ったり、習い事を始めました。有名な縁結び神社はほぼ制覇。しかしできたのは独身の婚活友達だけでした。

そこで、独身者限定の社会人サークルに入ったそうです。週末にBBQや山登りなど楽しく過ごせたそうですが「またみんなで会おう」としか彼女は言われませんでした。

時間とお金を失ってU子さんが学んだのは「自然な出会いのこだわりを捨てなきゃいけない」ということでした。

37歳は参加できる婚活パーティーが少ない

怒るアラフォー女性

U子さんが初めていわゆる「婚活」っぽいことをしたのは婚活パーティーでした。初めに婚活パーティーを探してショックを受けます。女性の参加条件が「20代限定」「34歳まで」という企画が多いということ!

やっと重い腰を上げたのに、自分は参加さえできないイベントが多いのだということに気が付きモチベーションはダダ下がり。それでも何とか見つけた自分が参加できそうなイベントは「女性30代・男性30~44歳まで」という年齢制限がありました。

ところが実際に参加したら女性はほとんど30代前半ばかり。自分は最年長でとても肩身が狭い思いをしたそうです。さらに、参加男性はほとんど40代で一番多いのが44歳でした。

「一度にたくさんの人に出会えるけど会場に行くまでどんな参加者かわからないし、自分には不利だな。勇気を出して参加してみたのに…」
と思って帰ってきたそうです。

37歳では友達の紹介はほぼ成立しない

交差点・横断歩道

結婚した友達の旦那さんが自分の職場の人や友人を紹介してくれて、結婚するパターンもよくあったというのを思い出し、今更ながら「結婚したい。いい人がいたら紹介して」と周りに言うようにしたそうです。

しかしほとんどが「みんな結婚しているからね」と言って断られました。
「いいよ~。聞いてみるね」
と言ってくれる人もいたのですがそこから話が進みません。催促するのも悪い気がして、言うのを辞めたそうです。

ただ、いいこともありました。
友達から「だったら婚活アプリを使ってみたら?友達はそれで結婚したよ。」と言われたのです。

「え?ネットで知り合うの?出会い系でしょ?」

と思っていたのですが、友達が見せてくれた結婚式の写真に写るのはごく普通に恋愛結婚してそうな幸せそうなカップルでした。

アラフォーに有利な真面目な婚活アプリに登録する

U子さんはすぐに女性の場合は無料の婚活アプリに登録しました。ところが、あまりマッチングは成立せず、メッセージも1~2通で途絶えることが多かったそうです。

「みんな若い子がいいよね。おばさんだし、もうやめようかな」
と思っていたU子さんですが、私が「アプリによって利用者の年齢や特徴は全然違うよ」とお伝えして、アラフォー女性でも出会える真面目な婚活サービス「Match」を紹介しました。

私が37歳U子さんに「Match」をお勧めする理由は5つ

  1. 1995年にスタートして世界24か国で使われている実績があること
  2.  男性会員の60%が30~40代、女性会員の43.7%が30代
  3.  女性も男性と同額料金のため、本気で真面目に出会いたい人が多い
  4.  高学歴高収入男性が多い。男性会員の6割以上が年収500万円以上、55%が大卒以上
  5.  AIが言葉にできない好みまで把握して、価値観が合いそうな相手を毎日10人紹介してくれるデイリーマッチ機能がある

Match公式ページ

さっそくMatchに登録したU子さんは
「すごい!市区町村まで分かるから近い人も分って使いやすい」
と言っておりました。U子さんが以前使っていた婚活アプリは都道府県単位でしかエリア検索ができなかったそうです。

37歳からでも大丈夫!ただし自分を見つめる勇気は必要

婚活サービスを使って出会っても恋愛です

Matchを始めて1週間で、U子さんから「明日、デートすることになっているの」と連絡をもらいました。メッセージのやり取りも毎日スムーズに続いていて、全く違う分野の仕事をしている方ですが、会うまでにいろんな共通点が見つかったそうです。

「婚活っていわゆる結婚目指してガツガツするものだって思っていたけれど、出会うためのサービスを使うっていうだけで普通の恋愛の始まりと違いはないんですね。出会い方へのこだわりを捨ててよかった」

Match公式ページ

菊乃
出逢いがない女性専門の恋愛コンサル・作家の菊乃です。 執筆・セミナー講師をやっております。 1979年9月9日山形県生まれ。ペンネーム菊乃は菊の節句生まれに由来。