悩んで考える若い女性
婚活の心構え

再婚したい女性が初婚の男性と結婚するときのポイントと注意点

再婚して幸せになりたいと願う女性は、男性の選び方とコミュニケーションの方法が大切です。 初婚の男性に比べ「結婚で失敗している」とネガティブになったり「バツありだから・・・」と下手出る必要はありません! 一度離婚を経験しているからこそ、前よりもっと幸せになれる可能性を秘めているんですよ♪ 次はもっと幸せになれるように、再婚したい女性が初婚の男性と結婚するときのポイントと注意点を解説します!

再婚して幸せになれる男性選びのポイント

自分に合う男性像を明確にする

喧嘩・ケンカのカップル

一度経験した結婚生活や離婚に至った原因は、再婚後に幸せになるヒントがいっぱいです。今までのパターンと同じ相手だけを探すのではなく、せっかくの機会に自分に合っている男性を考え直してみましょう。

自分にぴったりな理想の男性像をしっかり把握していますか?多くの女性は、相性よりも自分のタイプかどうかで男性を選びます。タイプ=相性が良いとは限りません。
過去の交際・結婚中に接していて、幸せや喜びを感じた瞬間を思い浮かべてください。

その瞬間を多く実現できる男性こそ、あなたを幸せにできるぴったりの相手です。自分の幸せポイントから逆算して、男性の見た目・性格・ライフスタイルを絞ると、見つけやすくなりますよ♪

自分に合わない男性像を明確にする

イライラ、喧嘩、カップル

同じくらい大切なのが、自分に合わない男性像を明確にすることです。これも過去の経験から洗い出せます。

自分がされて嫌なこと、不安を感じることを思い出し、同じ経験をさせない男性かを判断基準にします。

小さなことでも、積み重なると大きなストレスになるので、できるだけ詳細に考えて、回避すべき男性像を明確にしましょう。

自分自身の反省点を見つめる

料理

DVなどの卑劣な行為を除き、離婚するには必ずお互いに原因があります。

自分自身の行動・言動に反省点はありませんか?もし見つかったら、再婚では同じことを繰り返さないように今から変わることができます。

例えば離婚に繋がる原因の一つとして「前夫が家事を手伝ってくれなかったので、喧嘩が増えていった」という場合、再婚相手には「どんな風に家事を手伝ってほしいのかわかりやすく説明して、少しでも手伝ってくれることがあったら心からお礼を伝えよう」と自分の考え方・接し方を改善すると同じ結果にはなりません。

過去の経験から、相手への接し方を見直せば、同じ喧嘩やすれ違いを回避することができます。

自分自身の良いところを知る

笑顔の女性

改善点ばかりでなく、自分の良いところも改めて見つめましょう。

離婚=失敗として自分を責め続けていると、いつしか自分に自身を持てなくなってしまいます。

ネガティブな女性よりも、明るく前向きな女性が魅力的なのは一目瞭然ですね。

誰しもが必ず素敵な魅力を兼ね備えているので、過去の結婚生活において、自分の良かったところを見つけてください。

再婚したら、その良いところを2倍にも、3倍にも伸ばしていくのだと決意して、前向きに取り組みましょう。

再婚相手にふさわしい男性像

話すカップル

自分にぴったりの男性は人それぞれですが、結婚に向いている男性かの判断基準は似ています。

まずは、その要素を持ち合わせているかをしっかり見極めましょう。

  • 女性の過去を全て受け入れている
  • 心から大切にし、愛してくれている
  • 子供を大切にしようとする姿勢がある(※子供がいる場合)

初婚男性は、結婚生活に対する何もかもが始めてです。

過去の離婚歴、(シングルマザーの場合は)子供の存在、全てを受け入れる覚悟のある男性かどうか。

そして、心から大切にし愛してくれているかどうか、というのが幸せな再婚にふさわしい男性の基本です。

どこかが欠けていると、今は順調でも、途中でうまくいかなくなってしまいます。

まだ関係が浅くて判断できない段階であれば、未来的にこうなることを目指して、相手と向き合っていきましょう。

再婚して幸せになれる二人のコミュニケーション

ありのままの事実を話す

離婚

次に、別れが訪れない二人になれるようにコミュニケーションの方法も変化させると、末永く一緒にいられる絆が生まれます。お互いを知り、全てを受け入れてからが、家族になることへの第一歩です。

  • 過去の離婚に至った経緯
  • 現在抱えている不安や心配
  • 将来の再婚への道のり

これらを日頃から丁寧に話し合っておくと、お互いの気持ちを確認しながら円滑に再婚への道のりを歩めます。原因を知れば対策が取れますし、望むことがわかれば遠回りせず進んでいけます。

一度に全て話す必要はありませんが、勇気のいることも少しづつ話し合ってお互いの気持ちを確認しましょう。

二人のルールを作る

バー、デート

いくら好き同士であっても、元々は他人。別々の環境で育ってきた性別の違う二人が全く同じということはありえません。

ライフスタイル・考え方の違いがあるからこそ惹かれあいますが、再婚して一緒に暮らすと、魅力が欠点へと変貌することもあります。

原因は、どちらかが一方的に我慢したり、無理をするから。

辞める・変えるといった強行手段ではなく、お互いのちょうど良いところで帳尻を合わせれば、違いもストレスにはなりません。

連絡頻度・週末の過ごし方・コミュニケーション方法など、一度話し合ってみましょう。

  • 週に一度は別々に過ごす日を作る
  • 一日30分ゆっくり話す時間を作る
  • 記念日は必ず一緒に過ごす など、

心地よくいられるための二人のルールがあると、いつまでも仲良しでいられますよ。

女性が初婚の男性と再婚するときの注意点

周囲の人の理解を得るには時間がかかる

親子

元々女性と男性は結婚に対する考え方が全く違うので、事前にこれからのことを含めて話し合いながら、再婚に向けての準備をしていきましょう。

交際期間とは違い、周囲の人々を巻き込んでのことになるので、女性側も多少の覚悟が必要になります。結婚するとなると周囲の人たちとの関わりが始まります。

まずは、男性側の両親や親戚付き合い。女性側がバツありの再婚だと、息子の将来を心配して反対される可能性があります。

シングルマザーの再婚であれば、前夫との子供を抱えているので、なおさらです。

背景には親心があるので仕方のないことですが、最初から手放しで喜ばれると思っていると、想定外の反応に対応できません。

「反対されるかもしれない」前提で、どんな反応でも対応できる準備と心構えをしておきましょう。

下手に出ず、同等の立場でいる

見つめあう、カップル、告白

女性が再婚で、男性が初婚だと「バツがある自分と結婚するなんて申し訳ない」という気持ちになって、下手に出る女性がいます。

申し訳なさや罪悪感があると、何かを決めるときに自分ばかり我慢したり、相手優先で考える癖がついて、疲れ果ててしまいます。

特に、シングルマザーの再婚はその気持ちに拍車がかかります。「相手に責任を負わせて申し訳ない」と思い込んでしまいます。

相手に罪悪感を抱くのではなく、感謝の気持ちに変換してください。幸せになるための再婚は、お互いの状況を理解して支えあう関係ですよね。

二人の間に上下関係は不要、同等の立場であると認識しましょう。

シングルマザーは子供を第一優先にする

子ども、シングルマザー

シングルマザーの再婚の場合は、子供と彼の関係性に悩む女性が少なくありません。

まず、仲良くなるには時間がかかることを前提としましょう。見知らぬ男性が現れて、お子さん自身が一番戸惑っているのです。

子供と彼の間に入り仲良くなるサポートをするのは大変なことですが、幸せになりたいのなら子供が安心して一緒に過ごせることがとても大切です。

そして、彼との関係性がうまくいかないとき、子供を非難してはいけません。 大人の事情に巻き込まれているのは子供のほうです。

「大切な子供に会わせてもいいか」というように、選ばれるのではなく「自分がわが子にふさわしい男性を選ぶ」くらいの強い心を持ちましょう。

子供を傷つけてしまっては一生後悔が残ります。彼と二人の関係ではなく、子供を中心に仲良くなることを重点にしましょう。

再婚するための心構え

離婚を失敗ではなく経験に変えましょう

初婚の男性と再婚する女性は、ぴったりの素敵な男性を選び、丁寧にコミュニケーションを取ることができれば、過去の結婚生活よりも幸せな時間を過ごせる可能性が高まります。

初婚同士の結婚よりも考えることや、乗り越えるべきことがありますが、彼との絆を深める良い機会にしましょう。

離婚した経験を、これからの幸せに活かせるように、諦めずにチャレンジしてみてくださいね!

白井エリー
バツイチのシングルマザー。人生かけて仕事以上に真剣に婚活してます。趣味はバチェラージャパンで男性心理を研究すること、恋愛バイブルを読むこと。努力の結果、嫉妬だらけの苦しい恋愛から、幸せいっぱいの恋愛ができるように♫