デート、会話
婚活の心構え

あなたに理想の結婚相手ってどんな人?

結婚相手はどう決めたらいいの?みんなは何で結婚を決めたの?婚活をして疲れてしまった方におすすめです。

スペック、顔、フィーリング?相手は何で決めたらいいの?

結婚相手の選び方について

悩む女性

婚活をしていると、時に自分の「理想」が分からなくなりませんか?

「顔は好みじゃないけれど公務員だから将来が安心かも」「年収は低いけれど話していて楽しい」など、何をもって「決定打」とするか迷ってしまいますよね。

もし結婚相手選びで悩んでいるなら、あなたの性格で選んでいくのも一つの方法です。

結婚生活は、今後何十年と続くとても長い道のり。円満な関係を継続するには、ステータスや肩書よりも、「あなたの気質に合っているか」で選ぶのがコツですよ。

それでは、あなたに理想の結婚相手を詳しくご紹介いたします!

専業主婦が希望なら

失恋、結婚の条件、花嫁

女性にとって結婚は、人生の大きな転換点です。

特に仕事における影響は大きく、結婚を境に家庭に入りたいと考えている方は少なくありません。

もし専業主婦を希望しているなら、あなたに理想の結婚相手は「甲斐性がある人」です。「僕が働くから君は家のことを守っていて」と胸を張って言ってくれる男性であれば、家庭内での金銭トラブルが格段に少なくなるでしょう。

多くの家庭では、多かれ少なかれ金銭トラブルがつきものです。「誰のおかげで飯が食えているんだ」「そろそろお前も働けよ」など、お金がきっかけでモラハラ発言を受ける女性は決して少なくないのです。

しかし最初から専業主婦になることを喜んですすめてくれる男性であれば、お互いの方向性はすでに明確。誰が働きに出るかでモメることは、まず無いでしょう。

帰宅する旦那様を、あたたかい料理でもてなす奥様・・・。そんな素敵な光景は、それぞれの役割を理解し、それぞれの働きを尊重しているからこそ成り立つのです。

男性も、「女性には結婚後に家庭に入ってほしい」と考えている方は珍しくないでしょう。

もし奥様に専業主婦になってもらいたいのなら、同じく専業主婦希望の女性を選ぶのが賢明です。結婚後も仕事を続けたいという女性を無理やり説得するのも一つの方法ですが、いずれ無理が生じてきます。「私だって本当は仕事を続けたかった!」と、些細な喧嘩をきっかけに本音を漏らす奥様は少なくありませんから・・・。

結婚とは人生をかけた生活だからこそ、互いがやりたいことが伸び伸びとできるのが一番ですね。

家事が苦手なら

料理、家事

女性なら全員家事がこなせるもの・・・と思っている男性は多くいます。

しかし誰にでも得意不得意があるように、家事が苦手な女性は決して珍しくありません。

家事が苦手なのは悪いことではありませんが、結婚したら家事をおろそかにするわけにはいかないでしょう。汚れた部屋では衛生面が気になりますし、外食ばかりでは栄養が偏ってしまいます。

家事が苦手な方に理想の結婚相手は、「家事が得意な人」です。しかもその方が、「大雑把な性格の人」であればさらに良いでしょう。

一人暮らしの経験などで家事が得意な男性であれば、あなたの苦手分野を補ってくれるはずです。しかし、その方が几帳面な性格であってはいけません。「また水回りが汚れてる!」「また髪の毛が落ちてる!」など細かなところに気が付きすぎると、家事はできてもストレスまみれの生活になってしまいます。

家事は得意なものの、大雑把な男性。「はい、とりあえずキレイにしておいたよ。ちょっと洗い残しがあるかもしれないけどごめんね!」くらいにざっくりした家事であれば、家事が苦手なあなたも、引け目を感じずに素直に「ありがとう」と言えることでしょう。

男性は、家事を奥さん任せにする方が多いですが、「亭主関白」はもはや時代遅れ。

得意でも苦手でも「手伝うよ」とサポートをする姿勢を見せることは、円満な夫婦生活を継続するうえでとても大切です。

家事が得意なら、「俺はこれをやるから君はこれをお願い」と率先して仕事を割り振りましょう。また家事が苦手なら、奥さんと一緒に笑い合いながらゆっくり進めていけば良いのです。

「苦手だからやらない」が通じるのは、独身時代まで。苦手は苦手のままで、一緒に暮らす「家族」のためにゆっくり着実にこなしていきましょう。

結婚しても自分の時間を大事にしたいなら

結婚をしたら必ず相手と行動を共にしなければならない・・・というわけではありません。

穏やかに日々を過ごすためには、心のゆとりが大切です。

そしてそのためには、自分ひとりの時間をつくることがポイント。

もちろん、「相手のことが大好きでいつでも一緒にいたい!それだけで充分!」という方も少なくないでしょう。しかし、もともと一人行動を好む人は、時に結婚生活を窮屈に感じてしまうかもしれません。

結婚をしても自分の時間を大事にしたいあなたにとって、理想の結婚相手は「自由主義の人」です。

決して束縛をせず、「ちょっと出かけてくる」と行き先を告げずに外出をしたとしても「はーい」と快く送り出してくれる相手。そんな人が、あなたにはぴったりでしょう。

自分の時間を大事にしたい人が束縛タイプの相手を選んでしまうと、常に監視・干渉されているように感じるかもしれません。

「自由主義」とは、言い方を換えれば「放任主義」ともいえます。相手を信頼し、良い意味で干渉してこない人が、まさにあなたに理想の結婚相手。

一つ屋根の下に住みながらも、それぞれの「一人時間」を大事に・・・。このように互いを一人の人間として尊重しながら生活すれば、きっと良好な関係が末永く続くことでしょう。

反対に、「相手のことは何でも知りたい、どこへでも一緒についていきたい」という束縛タイプの方は、同じく束縛タイプの相手を選ぶのが一番です。

片方が束縛するのにもう片方が一人行動を好んでいたら、お互いにストレスを感じてしまいます。婚活中に気になる方と出会ったら、「大人数での飲み会と一人での晩酌、どっちが好き?」のようにさりげなく価値観を確認してみてください。あるいは交際に発展したら、交際中の相手の言動で判断していっても良いでしょう。

これまでの人生で染みついた価値観や生活スタイルは、結婚をしたからといってガラリと変化するものではありません。夫と妻どちらかが譲歩してストレスフルな結婚生活を送るよりも、最初から同じ価値観を持った相手と結婚するに越したことはないのです。

100%の理想条件に合う男性はいない

一緒に暮らすうえで人柄は大事

婚活をしていると、希望条件を100%見事に叶える異性はなかなか見つからないことに気づくでしょう。

「〇〇の条件は満たしているけれど△△がちょっと・・・」なんて揺らいでいるうちに、いつのまにか理想そのものを見失いがちです。

そのようなときは、あなたの本来の性格から選んでいきましょう。今後50年60年と続く結婚生活ですから、「性格が合う」相手を選ぶのが一番ですよ。

ぴんくぱんだ
30代の主婦。3年間の婚活の中で知り合った夫と結婚。その後子どもを設けて平和な家庭を築いています! 現在は、自分の婚活で得た知識を活かすべく記事作成に奮闘中!