プロポーズ、指輪
婚活の心構え

見逃すな!男性が「結婚したい」と思うタイミングはこんな時

この人とこのまま付き合っていていいのかな。私と結婚とか考えている?彼氏はいるけれど、彼が結婚する気があるか不安な女性向けに結婚相談所で働いていたこともあるアラサー男子が「男が考える結婚のタイミング」についてお答えします。ぜひ参考にしてください。

男が結婚したいタイミングを男性目線で解説

男は結婚に強い憧れがあるわけではない

長く交際し、結婚してもいいと思っている男性はいるけれど、なかなか相手がプロポーズしてくれずにモヤモヤしている女性は多いです。独身の友達からは「そろそろ結婚だね」と羨ましがられても、「実は彼は結婚する気がないのでは?」と不安な気持ちになる時もあるでしょう。

そもそも男性は結婚に関して女性ほど強い憧れはありません。そんな彼にプロポーズさせるにはただ待ってるだけでなく、男性の心理を理解して、プロポーズしたくなるように仕向けなければなりません。今回は男性目線から、プロポーズしたくなるタイミングというものを解説していきます。ぜひ参考にして、夫婦の第一歩を踏み出してください。

男性目線で解説する結婚のタイミングに対する考え方

そもそも男性は結婚願望ってあるの?

「幸せなお嫁さんになりたい」と言う女性は多いですが、「幸せな旦那になりたい」という男性はあまり耳にしません。そもそも男性には結婚願望はあるのでしょうか。

結婚すると生活スタイルが大きく変わる可能性のある女性に対して、男性は結婚しても仕事を続ける場合が多いので、女性ほど結婚を意識することは少ないかもしれません。女性は家に入ったり、妊娠して子育てをするなど、結婚後に大きく役割が変化していきますが、男性は責任は大きくなれど、一生懸命働くことに変わりはありません。

男性にとって結婚願望がないわけではありませんが、女性に比べて結婚後の変化が少ない男性は、そこまで結婚に対する意識が少ないと言えるでしょう。

タイミングが合わずに結婚を逃すケース

プロポーズにはタイミングというものがあります。男性にとっては一世一代の勝負になるので、精神的に余裕がある時でなければなかなかできません。仕事が大変な時に、プロポーズのことに頭を割くのはなかなか大変なのです。

さらに同棲を始めたりすると、プロポーズを決心するのは余計大変になります。二人で住むのに慣れてしまうと、結婚しても何かが変わるわけではないので、よほど子供が欲しいなどの理由がないとプロポーズする気にはなかなかなれないのです。

生物学的には、異性に恋愛感情を抱けるのは約3年以内と言われています。もちろん3年以上付き合ってプロポーズされるケースはごまんとありますが、できれば関係がマンネリ化する前にプロポーズされたいですね。

関連記事

いくら可愛くても結婚相手対象外の女性の特徴

女磨き

恋愛の先に結婚を連想しがちな女性に対して、男性は恋愛と結婚を分けて考えている場合も多いです。若いころはルックスや一緒にいて楽しいかなどで女性を判断しがちですが、歳を重ねるほど、女性を見るポイントが変わってきます。

では、付き合いたいけど結婚したくない女性とはどういうものでしょう。男性によってもそれぞれあるでしょうが、代表的なのは「お金の管理ができない女性」や「占いを信じすぎている女性」です。

趣味にお金を使いすぎて常に金欠という女性は、一緒にいて楽しいかもしれませんが、結婚をしようとは思えません。また、占いを信じすぎている女性は結婚後も占いで何でも決めてしまいそうで、男性から敬遠されてしまいます。共通していえるのは、自己管理能力が低いということ。

占い好きに至っては、人生の管理すら放棄していると言えるのではないでしょうか。

あなたが結婚したくなるような女性ならプロポーズ殺到⁉

なかなかプロポーズしない彼に対して、「なんでプロポーズしてくれない?」と思ったことはありませんか?確かにプロポーズをするかしないかを決めるのは男性ですが、プロポーズしない原因を作っているのはあなたかもしれません。

結婚する相手を決めるのはそう容易ではありませんが、男性にとっては結婚すべき女性を他の男性にとられてしまうのも大きなリスクなのです。男性に決断力がないパターンも多いですが、案外まだ結婚を覚悟していいか迷っている場合も多いです。

そんなプロポーズしない男性に対して、「早くプロポーズして」というオーラを出すのは実は逆効果。決断を迫られると余計男性はプロポーズしたくなくなりますし、仮にプロポーズしたとしても、自分で決断していないので夫婦生活に対しても前向きになりません。「北風と太陽」ではありませんが、「プロポーズして」と迫るよりも、あなたが結婚したくなる女性になるほうが近道かもしれませんよ。

タイミングはあなた次第!結婚したいと思わせよう

生活感のあるカップル

プロポーズしない原因が自分にあると思えば、プロポーズのタイミングを自分で操作できることにもなります。自分に原因があると考えられれば、相手にイライラしなくて済むので、精神的にも楽ですね。では、結婚したくなる女性になるにはどうしたらいいのでしょうか?

答えを求めて本やネットの記事を読み漁るのはおすすめしません。全員が同じことを言ってるわけではありませんし、結婚に対する価値観は男性によっても千差万別です。彼が結婚や生活に何を求めているかを知るには、彼に聞くしかありません。とは言え、直接聞かれても彼も困るので、普段の会話や様子を観察して推し量りましょう。

例えばこんなことを聞いてみてはどうでしょうか。

「休みの日は何をして過ごしたいの?」
「仕事でこれからどうなりたいの?」
「お正月はいつもどうやって過ごしてた?」
「毎日食べても飽きない食べ物はなに?」

女性の中には、男性に会わせて行動するのが、男性に媚びているようで嫌だという人もいるかもしれません。

しかし、相手が何を求めているか考えるのは、夫婦生活を円満にすごすのにも大切なスキルとなります。一生使うスキルなら、このタイミングで身に着けてはいかがですか?

受け身では結婚のタイミングはやってこない

プロポーズは女性から仕掛けよう

夫婦生活は二人で築いていくものであり、そのスタートであるプロポーズも例外ではありません。行動として起こすのは男性が一般的ではありますが、だからといって女性は待っているだけでいいわけじゃありません。彼が結婚やプロポーズに何を求めているかを察してあげるのも、女性の役割ではないでしょうか。そうすれば結婚のタイミングも、実はあなたが決めることができるのです。

相手にプロポーズさせるために何かをするのではなく、プロポーズしたくなるように導く。似ていますが違いますし、結婚後の関係にも大きく影響していきます。難しいかもしれませんが、幸せな夫婦生活のトレーニングだと思ってチャレンジしてみてください。

Suzuki Kohei
婚活、恋活ライター&カウンセラー。実際に多くの婚活女子をカウンセリングしながら、そこでの気付きや学びを基に婚活の記事を執筆している。婚活に限らず、「自分を愛して、肩ひじ張らない自然体な生き方」を広めるために活動中。