悩む女性
婚活の心構え

婚活でなんども失敗を続ける女性の10の特徴

「婚活をがんばっているのに、いつも失敗してしまう」「どうしてあの子は結婚できたのに、自分はうまくいかないんだろう?」「自分は何が悪いんだろう?」等、婚活している女性にとっては苦しい悩みですよね。今回は、婚活で失敗を続ける女性にありがちな、7つの特徴についてご紹介していきます。

こんな女性が婚活で失敗する

あてはまっていたら結婚できない女確定!

婚活をがんばっていても、ぜんぜん出会いが見つからない。出会いをしてもデートまでつながらない。デートをしても付き合うまで続かない。付き合っても結局別れてしまう・・・。中には、20代、30代、40代と10年以上婚活をして婚活がライフワークになってしまう方も。

婚活をしていても、いろいろなタイミングで結局失敗してしまう、ということがありますよね。どうして自分は失敗してしまうんだろう、なにが悪いんだろう、と悩んでいらっしゃる女性に必見の、婚活で失敗を続ける7つの特徴をご紹介します。

どうして失敗してしまうの?婚活に失敗する女性たちの10の特徴

1. 自然な出会いにこだわりすぎる

鏡を見て悩む女性

「普通に恋がしたいだけなのに」と言うタイプの女性は、たいてい夢見がちです。夢見がちな女性は、婚活で出会って結婚をするということについても、なんだかとても業務的な出会い方のように感じてしまっているため、なかなか恋ができないのです。

ある女性は、結婚したいと言いながらかたくなに自然に出会って恋愛結婚にこだわっているうちに30代になってしまいました。合コンは行くけれど、婚活パーティーなど婚活サービスを利用するのは「不自然」「そこまでして出会いたいわけじゃない」と言って、縁結び神社に行ったりパワーストーンを身に着けたりしていたのです。

出会い方にこだわってしまうと、婚活での出会いの幅が狭まってしまいます。出会い方や、そのあとのお付き合いの発展の仕方は問題では無いのです。新婚時代の1〜2年程度しか、「どこで出会ったの?」という話題はありません。

別に「結婚相談所で出会った」っていいんじゃないのでしょうか。かたくなに出会い方にこだわり、独身の方よりずっと賢い選択です。

2.理想が高すぎる

まず、あなたの婚活が失敗する理由を考えてみてください。

「そもそも出会いがないんです!」「婚活パーティーに行ってもぜんぜん良い出会いがないんです!」と答えているなら要注意です。そう答えている女性のほとんどが、理想が高すぎています。

たとえばあなたの会社で、あなたの中では「あの人はないでしょ〜対象外だよ〜」と思っていた男性が、違う女性と結婚した!なんて出来事はありませんか?この出来事に心当たりがある方は、要注意です。

ようするに、他の人にとっては合格点がでる男性が、あなたにとっては落第点なのです。合格レベルを下げないと、運命の出会いはやってきません。

それを「妥協してまで結婚したくない」って思っている方いませんか?相手へ厳しく注文を付け、自分に対しては?妥協じゃなくてあなたが自分自身の包容力を広げましょう。

3. 文句が多すぎる

デート、会話

あなたの婚活が失敗してしまうタイミングが、いつも「デートはするけど好きにはなれない!」というタイミングの場合には、あなたの文句が多すぎる場合があります。

なぜ好きになれなかったのでしょうか?

  • スマートにエスコートしてくれなかったから
  • お店を選ぶセンスが変だったから
  • 楽しい話をしてくれなかったから
  • デートの時の髪型が変だったから
  • 全身ユニクロの服だった

等々、相手の問題点が次から次へと浮かんできませんか?

口に出しているか出していないかは問題ではなく、あなたの脳内で相手への文句が多すぎることが問題なのです。文句が多い女性には、婚活のゴールは見えてきません。

そして気が付いてほしいのですが服装やデートプランなどは、すべて幸せな結婚生活においては関係がない要素なのです。日常生活である結婚のイメージを持てず、非日常の恋愛をしたいだけならば、あなた自身が結婚相手対象外だとご自覚ください。

4.他人がやってくれたことを当たり前と思っている

「あの人のどこがだめだったの?」と聞いた時に、「だって、◯◯だったんだよ」と相手のせいにして答える女性のほとんどが、自分への自己認識が甘すぎます。

相手は時間を作って会ってくれたわけです。相性が合わないとしても感謝の気持ちはないのでしょうか?

理想が高い女性も、文句が多すぎる女性もこれにあてはまりますが、自分のことを棚にあげすぎているのです。相手のことを「でも」「だって」と批判する前に、自分自身のスペックを見つめなおしましょう。

たとえば女性の場合、どんなに美しく華やかにしている女性も、年齢というスペックには残念ながら勝てません。自己認識を厳しくすることで、謙虚な気持ちで「私と付きあおうと思ってくれてありがとう」と思えるようになります。

自分に甘い女性は、女子会好きで婚活相談で真っ先に独身の友達に「こういう男がいるんだけどどう思う?」と聞いている場合も。女子会が好きならまず女子会に行くのを辞めてみてはいかがでしょうか?

5.仕事ができることをアピールしすぎる

優秀な女性が増えており、男性よりも女性のほうが高年収というケースも増えてきています。そうすると、デートのときにも仕事の話をしすぎてしまったり、ビジネスマンとしての話題に花が咲いてしまったりします。

しかし、プライベートのデート中も仕事の話ばかりでは、色気がありませんよね。仕事ができるアピールは、婚活で出会った男性の前では避けたいものです。能ある女は爪を隠して、男性には可愛い女性と思ってもらいたいですね。

6.重すぎる

悩む女性

「付き合うことはできるけど、結婚までいかずに振られてしまうの・・・」という女性は、自分自身が重すぎていないかをチェックしてみてください。この手の女性は、恋をすると男性が優先順位の一位になり、一気に重くなってしまいます。

男性は女性以上にロマンティックな部分もあり、付き合ってすぐに結婚の話や家計の管理の仕方、家族計画の話までされてしまうと、どんどん引いてしまうことがあります。

7.自分磨きが不十分すぎる

モテない女性の外見

「結婚相談所に入会したけれどなかなかお見合いができない」「婚活パーティーでもカップリングできない」という女性は、自分磨きが不十分な女性です。

「ありのままの自分を見て欲しい」という女性に多いのですが、ありのままの自分を見て欲しいのであれば、ありのままの男性も受け入れなければいけません。

ありのままの男性と受け入れるということは、8人の男性に出会ったら、8人とも素敵に思えるということです。そうではないのであれば、自分も相手を外見や話し方で選んでいるのですから、自分も選ばれるように努力をすることが必要です。

「外見でしか女性を選ばない人はお断り」と思う方もいるかもしれませんが、努力しやすい身だしなみさえ怠る方の内面ははたして魅力的といえるのでしょうか?

外見は最も努力しやすい部分です。顔立ちをいっているのではありません。メイクだけではなく、常に笑顔でいるだけでも相手の印象は良くなります。

8.家事力、生活力がなさすぎる

料理、家事

お金や時間をかけて磨き上げた美女は恋愛相手としては楽しいかもしれません。しかし、一緒に生活をする相手として、まともな男性はこういう贅沢好きの女性を選びません。

ある女性は、婚活の場にはおしゃれをして頑張って出かけておりました。ところが、家は泥棒が入ったような汚部屋でした。

彼女は半年ほど婚活を休憩して、部屋の掃除や自分のお金の使い方を見直したそうです。給料がいいわけでもないのですが、すぐにものを無くすので何でもすぐに購入して、ペンや化粧品等同じものがいくつもあったそうです。

家計簿もつけだしてお金の出入りも把握し、掃除や料理もするようになりました。そして、久々に参加した婚活パーティーで出会った人と結婚したそうです。

9.実家暮らしや、実家依存。親のために婚活をしている

老夫婦・両親

30代や40代でずっと実家暮らしという女性も増えておりますが、婚活には支障が出やすいです。一人暮らしをしていれば結婚できるというわけではありませんが、婚活がうまくいかない女性は親の顔色をうかがいすぎ、いい子が辞められないという女性が一定数おります。

ある女性は、一人暮らしこそしているものの、これまで進学、就職もどこかで「親が喜びそうなところ」で選んでいたそうです。婚活をしても、「彼は親に紹介したらなんて言われるだろう」

と真っ先に親のことが思い浮かぶそうです。それは子どもの時から

  • 「お母さんの言うことを聞かないと失敗するわよ」
  • 「ほら、失敗した。だから言ったじゃないの」

と言われて育ち、やる前から失敗が怖いのだそうです。

ある時、気になり話も合う男性もおりました。しかし、その相手の男性は離婚歴があったのです。「離婚歴がある男性は親が反対しそうだな」と思って断ってしまったそう。

やってみて後悔したらどうしよう、失敗したらどうしようと常にネガティブな妄想をして、悪いことを避けてしまう。親が死んだあとだって続く人生のパートナー探しという基本的なことを忘れないようにしましょう。

10.婚活仲間との女子会でストレス発散をしている

婚活をするほど、女性の友達ばかり増えるという方がおります。婚活パーティーなどで「いい男いないよね」という話題で共感し、その後に女性だけでの反省会で男の悪口三昧。実は私も経験があります。

でも、これは絶対にやめましょう。楽しいのはわかるのですが、性格がどんどん悪くなるだけ。もし、この婚活仲間の誰かが先に結婚したら心から「おめでとう」って言える?それより先に悔しさの方が先に出てこない?

婚活仲間が増えるほど、足の引っ張り合いも始まり婚活の沼からさらに抜け出せなくなるでしょう。

もし、婚活仲間の中で「この男どう思う?」って相談されたらみんなであら捜しをしてご縁をつぶそうとしていない?そんなところで婚活相談していたら一生結婚はできません。

婚活で失敗を繰り返さないように、自分自身も見つめ直して

幸せになれるかどうかは、自分次第

いかがでしたでしょうか。どうか、他人の失敗談で学んでください!

婚活でいつも失敗を続ける女性の特徴を、10個ご紹介しました。少し辛口ではありましたが、当てはまる部分はありましたか?もしもあてはまるのであれば、この機会に自分自身を見直すことが大切です。

相手のことはそう簡単には変えられませんが、自分のことは変えられます。自分は理想が高すぎるんだな、文句が多すぎるんだな、自分のことを棚にあげているんだな、ということに気づいたら、行動や考え方を変えてみましょう。あなたの婚活が成功することを心より願っております。

こまき
婚活アドバイザー。お見合いパーティーの運営を行う中で、婚活の現場で起こる悩みや葛藤を目の当たりにした。その後、結婚相談所のカウンセラーとして就任し、月に50人以上の方の恋愛相談にのり、たくさんの方の婚活の苦しさに寄り添いながら、成婚をお手伝いしてきた。