ストップ!30代の婚活で間違ってはいけない5つのこと

30代から婚活を開始する人もいれば、婚活をして気づいたらもう30代という人もいると思います。
20代には20代の、そして30代には30代の婚活方法があります。ここで間違った婚活を行っていると、時間だけが過ぎ去りなかなか結婚までたどり着けないということにもなりかねません。今回は30代の婚活で間違ってはいけないこと、注意したい5つのことをまとめました。

776

あなたの婚活は正解?婚活で注意したい5つのこと

間違った婚活が婚期を遅らせる原因になるかも?

30代前後の年齢は、男女ともに結婚への意識が高まる年齢と言われています。その理由としては親族からのプレッシャーであったり、周りの友人の結婚ラッシュなどがあります。

自分も周りに取り残されないように『さぁ、婚活をスタートしよう!』と思い婚活に身を投じてみても、しっかりとした戦略がないと失敗するケースもあります。

20代の婚活はお互いに結婚を焦っていなかったり、出会いから交際を経て、結婚するまでの時間に余裕がありますよね。しかし、30代の婚活の場合は「できるだけ早く結婚したい」というのが本音なのではないでしょうか? そのため貴重な30代という時間を無駄にしないためにも、間違った婚活を行わないことが大事です。

今回は30代で婚活をしている人向けの記事となります。30代になって婚活を始めようと思う人や、すでに婚活を行っているけれどもなかなか成果に結びつかないという人は参考にしてみてください。

30代で婚活を行う際に間違ってはいけないポイント5選

(1)自分に合った婚活サービスを選択する

30代で婚活を行う際に注意したいのが、自分に合った婚活サービスや会社を見つけることが婚活を成功へ導くポイントだということです。

もし、婚活をずっと行っているけどなかなか成果に結びつかないという人は、一度自分が利用している婚活サービスを改めた方が良いでしょう。

婚活サービスは大きく分けて次のようになります。

  • 婚活パーティー
  • ネット婚活
  • 結婚相談所
  • 婚活居酒屋や合コンマッチングサービス
  • シングルズバー

それぞれ一長一短のサービスであり、どの婚活サービスを利用するか、どの会社を利用するかで結果は大きく異なってきます。

例えば、30代で婚活を行っているのに20代のユーザーが多い婚活サービスを利用しても成果に結びつけるのは難しいでしょう。婚活居酒屋や合コンマッチングサービスは20代が多いです。

スマホで気軽にできるネット婚活は20代の利用数が多いイメージですが、サイトやサービスによっては30代を対象にしているものも多くあります。結婚相談所は真剣に結婚を考えている30代が多いのが特徴ですね。婚活パーティーは、「20代向け」「30代向け」と年代別パーティーになっていることも多いため、ピンポイントで出会える年代を選ぶこともできます。

こういったように、同じ婚活でも婚活サービスや運営会社によって内容は大きく異なりますので、自分の年齢や相手の条件に合った婚活サービスを利用することをオススメします。

(2)自分が結婚したい男性像を明確にする

 

30代で婚活を行っている女性が陥りがちな間違いに『次はもっと良い条件の男性が見つかるかも』という潜在的な願望があります。

30代まで結婚を待ったので、出来れば条件の良い男性と結婚したいという願望が潜在的にあるんですね。

良い出会いがあっても、『他でもっと条件の良い男性がいるかも』と延々に婚活を繰り返してしまうわけです。これではいつまで経っても結婚相手を見つけることができません。

そうならないために、自分が結婚したい男性像を婚活前に明確に設定するべきです。

大卒かつ年収1000万円以上で身長は180センチ以上で・・など非現実的な男性像を設定するのではなく、自分がどういった異性に惹かれるのか、どんな人とどのような家庭を築いていきたいのかを明確にすると、また違った視点で結婚相手を探すことができます。

結婚したい男性像の例

  • 体を動かすのが好きなので一緒にスポーツができる人がいい
  • 「ありがとう」「ごめんなさい」が言える人
  • よく笑う男性
  • たくさん食べて好き嫌いがない男性がいい

(3)20代の頃ほど需要がないと自覚する

 

婚活を行っていると陥りがちやすい間違いとして、「30代でもなんとかなる」と出会いが無限にあるものと錯覚してしまうことです。例えば、婚活パーティーやネット婚活を利用していると月に100人近い男性と出会うのも難しいことではありません。しかし現実は、多くの30代男性が求めているのは20代女性ということです。悲しいですが、これは婚活男性へのアンケートでも明らかになっている事実でもあります。一般的に30代女性には、20代女性ほどの需要はありません。

そのため、「若さ」だけで勝負できた20代の頃の婚活とはやり方を変えなくてはなりません。「出会いはいくらでもあるから大丈夫」なんて思っていたら大間違いです! 

じゃあどうしたらいいのか? まずは出会いに対して積極的になり、そして30代らしく大人の婚活をすることです。20代なら許せるけど、30代だとイタイことって多いですよね。仕事をおろそかにしてしまって恋愛を優先してしまったり、LINEが返ってこないからといって何も手がつかなくなってしまったり…。そんな30代女性と結婚したいと思う男性がいるでしょうか? 

多くの男性が30代女性には冷静さと安らぎを求めています。忙しくても優しく見守ってくれ、時に温かい手料理を作ってあげる…。恋愛に依存せず、まずは自分のライフスタイルや仕事を優先し、お互いの生活を尊重しながら一緒にいることができる。そんな、「結婚したい」と思われる30代女性になりましょう。そうすれば、自然と出会った男性とうまくいくようになるはずですよ。

(4)結婚への焦りを見せないようにする

③で紹介したように、30代女性には20代女性ほど需要がありません。となると、「早く結婚できる相手を探さなきゃ!」と焦ってしまいますよね。焦る気持ちは当然ですし当たり前のことです。しかし婚活中に男性の前でこの“焦る気持ち”を見せてはいけません! 多くの婚活女性がこの結婚への焦りを相手の男性に見せてしまい、婚活を失敗させています。

女性が思っている以上に、男性は「余裕のない必死な女性」には魅力を感じません。恋愛でも婚活でも、基本的に男性は女性を追いかけたいと思っていますから、「何が何でも結婚したい」と焦って必死になっている女性を見ると、男性は本能的に離れていってしまうのです。

30代の婚活だからこそ、真剣に頑張って行うべきです。だからこそ、焦る気持ちがあるのも当然です。しかしその焦る気持ちは自分の中にとどめて、相手の男性には見せないようにすること。それが婚活成功への近道です。

(5)消極的な姿勢を止めて自ら攻めよう

スマホを見る女性

30代の方が多く参加する婚活の現場を見ると、『待ち』の姿勢である女性が多く見られます。婚活の場において、話しかけられるのをただ待っているだけというのはあまりオススメしません。

現実では男性は若い女性に流れる傾向にあります。20代の時と同じ感覚で相手を待っていても、なかなか男性からのアプローチは訪れません。

『女性側から積極的に行くのはちょっと・・』という気持ちも分かりますが、婚活を成功させるには女性からのアプローチも必要になってきます。 婚活アプリでも自分から「いいね」を送るようにしたほうがいいでしょう。

なかなか自分から行きにくいという方におすすめなのは自動的に価値観があう人をおすすめしてくれる婚活サービスです。アメリカ発で20年以上の歴史があるMatch(マッチ)はデイリーマッチといって毎日10名ぐらいの男性会員を紹介してくれます。「YES」「NO」に振り分けてボタンを押していくと翌日はよりあなたに合いそうな相手を紹介してくれる仕組みになっています。

マッチ・ドットコム公式ページ

間違った婚活ほど時間の無駄はない

30代という貴重な時間を無駄にしないために

今回、30代の婚活で間違ってはいけない5つのことを紹介しました。

20代の頃の婚活と30代の婚活は違うという所に注意してください。20代の時と同じ感覚で婚活を行っていると、なかなか結果が出ないこともあります。時間は無限ではないので出来れば早期で結婚を決めるのが良いです。

そのためには、間違った婚活を行い時間を無駄に時間を浪費させないように注意が必要です。現在、婚活を行っている方でなかなか成果に結びつかないという人は今回紹介したポイントに注意してみてください。


意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者



恋に恋するアラサーのライター・コラムニスト。極度の恋愛体質で数々のダメ男に振り回されてきたアラサー女子。各種メディアで恋愛コラムを多数執筆。