親子
婚活の心構え

子どもも一緒に幸せになりたい!シングルマザーの恋愛極意

シングルマザーの恋愛で一番のポイントは「子どもも幸せになれるか」ということです。
シングルマザー歴10年超の筆者がそのポイントをいくつかご紹介します。

シングルマザーの恋愛で子どもも一緒に幸せになるために

子どもの意志を尊重できるシングルマザーの恋愛とは?

「シングルマザーでも恋愛がしたい」
「子どもと一緒に楽しめるような恋愛ってどうするべき?」
「子どもが犠牲にならない恋愛の条件は?」

そんな悩みを抱えるシングルマザーの方も多いと思います。
筆者もシングルマザー歴10年、離婚当初は恋愛の余裕などなく必死でしたが、子どもの成長に伴い、少しずつ恋愛に対する考え方も変わりました。

ただ、シングルマザーの恋愛は子どもがいることがポイントです。
彼氏も自分も子どもも、みんなが幸せになれる恋愛とはどのようなものなのか、筆者の体験談も交ええご紹介します。

シングルマザーが子どもの気持ちを大事にしながら恋愛する5つのコツ

シングルマザーの恋愛は彼氏の子どもに対する考え方が重要

シングルマザーになった理由は人それぞれです。

中には子どもに関する理由が原因だった方もいると思います。

子どもを含めた生活の中で、彼氏(男性)の子どもに対する考え方は大きなポイントです。自分と彼氏(男性)、自分と子どもは良くても、彼氏(男性)と子どもがうまくいかなければ、良い恋愛とはいえません。

誰かが我慢をしたり、犠牲になるような恋愛は長続きしないからです。
そこで5つのポイントが重要となります。是非参考にして下さい。

(1)シングルマザーの恋愛は子どもの年齢が左右する

シングルマザーの恋愛で一番条件を左右するのは、子どもの年齢です。赤ちゃんのケースでは、ハッキリ言って恋愛の時間はないに等しいです。好きな人ができたとしても、なかなか時間を作れないのが現状です。

反対に既に高校生や大学生などの場合は、恋愛の時間はありますが、物事に対する考え方が確立されてきているので、自分の意見を主張されてしまうケースがあります。ある程度物事がわかってくると、好き嫌いという感情や、元夫に対する子どもなりの気持ちもあったりするので、子どもの年齢に応じた対応が必要になります。
年齢に合わせた伝え方や内容をきちんと考えてから伝える・・・これがポイントです。

大切なのは子どもの気持ちを理解した上で、恋愛をすることです。

(2)シングルマザーの恋愛は彼氏の子どもとの接し方がポイント

お父さん

男の人の中にも「保育士になりたいと思うほど子どもが好き」という人もいますし、
「子どもはどうも苦手」と感じている人もいます。
ただしそれは一般論であって、実際に子どもと接して「可愛い」と感じることのできる男性もいます。
あなたの彼氏はどうですか?

子どもを邪魔者扱いしたり、乱暴な対応をしたりしませんか? 万が一そのようなことがあれば、その恋愛は「待った!」です。

できれば彼氏の子どもに対する考え方を聞いてから、お互いに紹介できるのがベストです。
「子どもは嫌い」というケースであれば、傷つけてしまう結果になるので、子どもを巻き込まずに自分と彼氏との間で関係をとどめておく方が得策と言えます。

関連記事

(3)シングルマザーの恋愛は彼氏と子どもの相性がすべて!

自分と彼氏、自分と子どもはうまくいっているけれど、彼氏と子どもはなかなかうまくいかない。
これは子どもがある程度大きくなっていたり、彼氏が子どもが苦手というタイプだった場合に起こるケースです。
これはかなり深刻な問題で、自分と彼氏の関係性を子どもが理解していないとなると、「一緒に何かをする」ということができない状態になります。

また拒否され続ければ、お互いに面白くありませんし、「子どもも彼氏も大事!」と思うシングルマザーは板挟みの状態になってしまいます。
急に打ち解けることは無理かもしれませんが、時間をかけて見極める必要があります。
できるだけ一緒にいる時間を作ったり、意識してお互いのエピソードを話したりという工夫が必要になることもあります。

(4)シングルマザーの恋愛は子どもとの時間優先で!

シングルマザーは本当に忙しいです。
家事・育児・仕事・・・本来なら旦那さんと2人で行うことを1人でやってるのですから、
忙しくて当然です。

またそんな忙しいお母さんの姿を、子どもはさみしい思いを抱えながら見守ってくれています。その状態で恋愛の時間を作るのは至難の業です。できればお子さんが学校や保育園に行っている昼間に休みを取ってデートをするなど、お子さんとの時間を削ることのないような恋愛をして下さい。

「自分より男性に気が行っている」という事実を子どもは敏感にキャッチします。
仕事で寂しい思いをさせてしまうのは仕方がないですが、子どもとの時間を犠牲にして恋愛にのめりこむということがないように自制することが大切です。

(5)シングルマザーの恋愛は「子どもと一緒」に!!

当然のことですが、彼氏と付き合い始める時は自分がシングルマザーであることを話してください。その上で、「付き合いたい」と言ってくれる人は子どもも含めたお付き合いが可能ですが、「何だ、子どもがいたの?」と距離を置くような人は、軽い恋愛しか望んでいません。

筆者の場合は、男の子だったので彼氏に自転車の乗り方を教えてもらったり、普段私ができないようなサッカーや野球等、「子どもも一緒に遊べるデート」をしていました。なかなか独身時代のようなロマンティックなシチュエーションはありませんでしたが、楽しそうな2人の姿を見ていて、とてもほのぼのとした幸せな気持ちになりました。

できれば子どもと一緒に、子どもを犠牲にしない恋愛がおススメです。

シングルマザーの恋愛は子どもと幸せになるためのもの

皆が幸せになれる恋愛を目指そう!

シングルマザーの恋愛は、一人の時の恋愛とは違います。
人を好きになることは決して悪い事ではありません。 ただしシングルマザーである以上は子どもも一緒に幸せになれなければいけないのです。

彼氏の子どもに対する考え方や接し方はいろいろあります。自分の価値観や子どもの感情を第一にして、少しでも違和感があれば恋愛は中止するべきです。自分も子どももひっくるめて受け止めてくれる男性であれば、みんなが幸せになれるからです。

シングルマザーの恋愛は「子どもとしあわせになるためのもの」です。怖がらずにチャレンジする気持ちと、冷静に見極める気持ち双方を持つようにして明るい未来を築きたいですね。

Ryukei mommy
仕事をきちんとしない前夫に愛想を尽かし、1歳の長男を連れて離婚。 シングルマザーとして孤軍奮闘後、仕事で知り合った現在の夫と長男が10歳の時に再婚。その後次男を授かり、現在はステップファミリーとして生活しながらライターとして修行中。