医者
婚活の心構え

経験者が全て語ります。お医者さんと結婚するための秘訣その3

医者と結婚したい!と思う女性は多いかもしれません。結婚相談所で医者と出会って結婚した現役医師の妻が、男性医師3名に奥さんとの出会いや結婚の決め手をインタビューしました。ぜひ、参考にしてください。

医者の妻=玉の輿と思っていませんか?

過半数の男性医師は職場結婚している

お金

「医師妻だからって調子に乗らないでよね!」

私のブログに来る数多くの悪口の一つです。ある人にとって、医者妻になること=玉の輿であることを実感する今日この頃です(笑)。

男性医師はその殆どが結婚しますが、お相手の3/4は「学生時代に出逢った人」、もしくは「職場結婚」で、1/4がその他の出逢いです。

婚活女子に人気の男性医師が具体的にどんなお相手を選んだのか、そしてどんな理由で選んだのかを見ていき、そこからお医者さんと結婚するための秘訣を考えてみましょう。

ケース①大学の同期の女医さんと結婚した内科医

医者

Q1:もともと結婚相手にどんなことを求めていましたか?

→自分は研修医の目途がついた30歳手前で結婚しました。同じ大学の同期の女医と10年近く付き合っていたので、“結婚相手に求めること”とかは特に意識しておらず、お互いの合ったタイミングで自然な流れで結婚しました。

Q2:なぜ今の結婚相手にしたのですか?

→自然な流れだったので、そこに意味は見出しませんでしたが、敢えて言うなら“一緒にいて楽だから”です。その「一緒にいて楽」を分解すると、

  1. 知的レベルが近く会話がスムーズ
  2. お互いの職業が分かっているから、変な気苦労をせずに済む(忙しい→浮気を疑うとならない)
  3. 家庭環境も似ているから、子育てや生活が楽そうという感じでしょうか。

Q3:結婚相手はどんな方ですか?

→前述したように同い年の医者で、専門は呼吸器です。自分より、よほどしっかりしているので頭が上がりません。子供は二人いますが、二人とも自分より奥さんの言うことをよく聞いていますね。顔はまあ、割ときれいな方だと思いますが、キャピキャピしているというより、堅実なタイプの女性です。

ケース②製薬会社のMRと結婚した眼科医

公園デート

Q1:もともと結婚相手にどんなことを求めていましたか?

→いつも病院に来てくれるMRのお仲間と合コンすることになって、そこで知り合った今の妻と、自分が32歳の時に結婚しました。もともと、妻のことはなんとなく知っていて、「綺麗でまじめな人だな」と思っていました。

結婚相手に求めること・・・。難しいですが、敢えて言うならきちんとした仕事に就いていることと、常識があることくらいでしょうか。あまり、言語化して考えたことはありません。

Q2:なぜ今の結婚相手にしたのですか?

→その前に付き合っていた彼女が、美人だけれど我儘でほとほと疲れ果てていた時に出逢ったのが今の奥さんでした。容姿も大切だけれど、急にキレたり“やってもらうことが当たり前”みたいな女性は嫌だなと思っていました。

普通に話し合える女性がいい、と思っていた時に出逢ったのが今の奥さんで、出逢って2年ほど付き合って、結婚しました。

Q3:結婚相手はどんな方ですか?

→そんなわけで、とてもまじめで常識的な人です(笑)。実際結婚してみると、自分勝手だと思うこともありますが、まあ論理が通じるという意味では楽です。容姿は・・・超絶美人というわけではありませんが、綺麗系ですね。

今も仕事をしているので、夜はお互い別々なことも多いですが、休日は一緒に散歩したりジムに行ったりちょっと良いレストランに行ったりして楽しく過ごしています。

ケース③OLと結婚した外科医

料理、家事

Q1:もともと結婚相手にどんなことを求めていましたか?

→家庭を作ることに積極的な人、つまり家事を一通りこなしてくれる人というのは絶対条件でしたね。家事を安心して任せられる、賢さがある人がいいと思っていました。あとは、穏やかで、あまりがみがみ言わない人が良かったです。

周りの外科医の先輩が、「奥さんがうるさい」ってよく愚痴っていたので、自分はそうでない人がいいなと。

Q2:なぜ今の結婚相手にしたのですか?

→妻との出逢いは合コンでした。ありていに言えば見かけがタイプでしたが、付き合ううちに彼女のよく気が付く所や優しい所に惹かれました。

また、自分は昼も夜もない仕事なので、比較的時間の融通が利く職業の女性がいいと漠然と思っていました。今はまだ子供がいないのでダブルインカムで働いていますが、子供が出来たら専業主婦になってほしいと思っています。

Q3:結婚相手はどんな方ですか?

→井川遥系の顔立ちをしている、すらっとした美人です。自分が忙しくて家庭のことをおろそかにしがちでも、あまり嫌な顔をせずに友達とお茶したり趣味に没頭したりして楽しそうに過ごしてくれているので助かります。

偶々ですが、彼女の実家も医者だったので、親も「仕事への理解がありそう」とすんなり賛同しました。

医者が結婚相手に求めることをまとめると

美貌、常識、知性、家事力、自立を兼ね備えた女性

具体的なインタビューでお伝えしましたが、いかがでしたか?

この3人以外にも10名ほどの男性医師にインタビューしてみましたが、そこから読み取れる「医者が結婚相手に求めること」は、

  1. 一定以上の容姿
  2. 常識がある
  3. 一定の知性
  4. 家庭を作ることへのコミット
  5. ある程度の自立性

が挙げられます。感覚としては、“自然に出逢った人と若くして結婚した人”は、相手に求める条件などはあまり考えておらず、“婚活をした人”の方が、より具体的に頭を使って結婚相手を選んだ印象があります。

もし、医者との良縁を求めるなら、上記①~⑤をクリアしたうえで、積極的に出会いの場を作っていく必要があります。参考にしてみて下さいね!

キララ
経営コンサルタントとして企業の戦略策定に携わる傍ら、経営リーダーへのエグゼクティブコーチングを手掛ける。ビジネスで培ったスキルを婚活に応用した「戦略婚活」を提唱し、現在婚活ブログ・婚活コーチングを実施中。本人は、2017年にてっぽう君(2歳年上のお医者さん)とゴールイン