待ち合わせ
婚活の心構え

イケメンも登録している?婚活アプリで出会った男性3名の話

「モテないさえない男が登録しているんでしょう」と思っていませんか?婚活アプリにもイケメンはいます。しかし、本当にまじめにイケメンがアプリを使って婚活しているの?実際に婚活アプリで出会った高収入イケメン3人がどんな人物だったかご紹介します。

「モテない人がいそう」は大間違い!婚活アプリにもイケメンは多い!

実際に出会ったハイスペックイケメンの実態を暴露します

婚活アプリというと、「モテない・冴えない男性が登録している」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。実は、実際に運用してみると、アプリにはこれでもかというくらいのイケメン男性をたくさん見つけることが出来ます。

婚活アプリ、恋活アプリでは、多いと数百万人の登録者数を抱えるサービスも存在します。そんな今、顔の良し悪しに関わらず、どんな男性側でも婚活アプリを利用することは一般的になってきたと言えるでしょう。

でもやっぱりイケメンは地雷率高いよね

一方、アプリにいるイケメンはイケメンであるが故に自信過剰な地雷物件であることも多いです。そしてようやく性格がまともなイケメンと出会ったとしても競争率が激しい。これが自然の摂理・・・。

今回は、学生時代から様々なマッチングアプリを使って「顔良し・金良し・身長よし」のハイスペック男性と出会ってきた私が、過去に出会ったイケメン男性エピソードを紹介します。

婚活アプリで出会ったイケメン3選

ダルビッシュ優そっくり外資保険

国際結婚、外国人彼氏

—イケメンその1プロフィールー

  • 年齢:27歳
  • 職業:外資保険
  • 学歴:上智大卒
  • 年収:1,000〜1,200万円(アプリ自己申告)
  • 出会ったアプリ:Omiai

Omiai 公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

彼は身長180超え、ダルビッシュ優激似の爽やか青年でした。あまりにも美しいお顔、恵まれた体型で着こなすスーツ姿に、私も動揺を隠せず黙り込んでしまうほど。

プロフィール写真では顔がはっきり映っておらず、なんかとなくハーフのような綺麗な顔立ちをしているなくらいの印象だったので、予想外の展開でした。

しかし、さすがは外資保険の営業。自分の華麗なるお家柄話、帰国子女経歴にはじまり、一通り聞いた人が「すごーい!!」と目を輝かせ褒め称えるエピソードを次から次へと繰りだすのです。

「で、君はどんな面白い話をしてくれるの?」と言わんばかりの目つきで私に話しを振ってきます。そして1時間半程度ひたすら自分のターンで会話を進めたかと思いきや、店を出るなり「ホテルでゆっくりしよう」という常套手口に出られて逃げ出しました。

アプリにいる「あまりに外見が美しすぎる若い男性」は、ほぼ100%遊び目的と言って良いでしょう。ちなみに後日、彼は他の女性から通報があったのか、Omiai運営側からイエローカードがついていました。

結婚匂わせた途端解散、エリート外資金融

大学

—イケメンその2プロフィールー

  • 年齢:30歳
  • 職業:外資ヘッジファンド
  • 学歴:東大卒
  • 年収:1,000〜1,200万円(アプリ自己申告)
  • 出会ったアプリ:東カレデート

ビジネス街の隠れ家的な和食のお店で待ち合わせたのは、東大卒外資ヘッドファンド勤めのエリートイケメン。

話も合って盛り上がり、2軒目は西麻布で彼が最近見つけたというバーへ。しかしこれがまたふしだらなお店でした。窓に向けられた二人がけソファー。店内には暖炉の火が揺らめく。。

酒に酔い始めた彼は私にベッタベタ触ってくっついてきました。そもそも私の過去の恋愛事情とかも探ってこず、何か嫌な気がして勝負に出ました。

私から「次付き合う人はもう結婚考えられる人がいいな〜」と切り出したところ、彼の返答は「俺はまだすぐに結婚とか無理だな〜、歳近い女の子はプレッシャーが怖い」と、明らかに結婚志望ではない発言。プロフィールの結婚願望欄に書かれた「良い人がいればしたい」とは嘘か!

しかし、ここでもうひと押し。「私は半年〜1年で結婚見えなかったら見切りつけるかなあ」と言い切ったところ、彼も酔いが醒めたのか、そこからボディタッチが弱まり、即・華麗に解散しました。

結婚願望を匂わせた途端、急に遠ざかるエリートイケメン。。さようなら。。ある意味で良いフィルタリングになりました。

性格まで完璧 競争率の激しい日系米国人

20代の男性

—イケメンその3プロフィールー

  • 年齢:29歳
  • 職業:外資メーカー
  • 学歴:米国の大学
  • 年収:600〜800万円(アプリ自己申告)
  • 出会ったアプリ:Pairs

ペアーズ公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

ここまで残念なイケメンを紹介してきましたが、こちらは超当たりのイケメンエピソード。

彼は数年前から日本に引っ越してきた日系米国人。日本語は少しイントネーションが違うくらいでペラペラ。鼻筋が通ってヒゲの似合うダンディーな顔つき、完全なる私好みな顔でした。仕事内容も近いことから意気投合。何度か食事や昼デートを重ねました。

デート中もさすが海外育ち。レディーファーストで素晴らしい気遣いをしてくれる、とても優しい人でした。

「そろそろ今日のデートで付き合うかどうか話す頃かな・・・!?」と期待を胸にデートの支度をしていたところ、突然彼からLINEで連絡が。

「実は他に好きな子ができたからもう会うのやめたほうが良いと思う」

そう。こんなに優しくイケメンの適齢期男性は、当然他にも候補をたくさん抱えているのです。

私は蹴落としあいのレースで負けたのです。市場競争の激しいイケメンを狙うときは気を抜かず戦う覚悟が必要だということを、身にしみて実感しました。

アプリ内にもイケメンはいる!出会える!

マッチングアプリでイケメンを狙うということは

今や市民権を得たマッチングアプリや婚活アプリ。

そこでイケメンと出会うこと自体は容易です。ただし、イケメンという市場勝利者は、物心ついた頃から選択肢を多く持っており、常に「女性を選ぶ側」なのです。婚活目的でイケメンを攻略するためには、地雷を踏んでも諦めない心、女同士の激しい市場競争に勝ち抜くための覚悟が必要です。

きょむ子

きょむ子

マッチングアプリ研究家
絶賛婚活中の都内会社員26歳。マッチングアプリ歴5年以上。過去100人以上のハイスペック男性と出会う。 「26歳からの婚活戦略ノート〜回せ鬼速PDCA〜」というブログで婚活レポート中。