寂しい男性
婚活の心構え

恋愛経験が少ない40代男性が婚活して結婚するための心構え

「自分はアラフォーで恋愛経験も少ない」そのように思っている男性でも、結婚したい気持ちがあれば、あきらめる必要はありません。 なぜなら、アラフォーであることも恋愛経験の少なさも「低くて薄い壁」でしかないからです。

年齢=彼女いない歴でも結婚するために

恋愛経験の不足……その壁は「低くて薄い」

恋愛経験が少ない40代の男性が結婚するには、2つのネガティブポイントを克服しなければなりません。

恋愛経験の少なさは、結婚には不利です。結婚のベースは「好き」という感情なので、好きになることも好かれることも苦手な人は、結婚のきっかけづくりに苦労するからです。

また、多くの女性は若い男性を好みます。したがって、若くないことは結婚を不利にしますが40代は決して若いとはいえません。

しかし結婚をあきらめる必要はまったくありません。40代である事実も恋愛経験の少なさも、その壁は「低くて薄い」からです。

この記事で紹介する、恋愛経験が少ない40代の男性向けの「最短婚活戦略」を実行すれば結婚にグッと近づくはずです。

恋愛経験の少なさの壁はこう乗り切ろう

40代は大人!大人の恋愛は中学生の恋ではない

夕焼け、カップル

まず第1の壁に挑みましょう。恋愛経験の少なさはどのように補えばいいのでしょうか。

ここで注意していただきたいのは、結婚のための恋愛は、中学生や高校生たちの恋愛とは質が異なるということです。

そして「自分は恋愛が苦手だ」と言っている男性のほとんどは、中高生の恋愛のことを指しています。

中高生の恋愛は「顔」や「運動能力」や「背の高さ」や「歌のうまさ」など、あまり人間性と関係のない要素に左右されます。かわいい女の子がモテたり、サッカー部のキャプテンが注目されたりするのはそのためです。 したがって「モテの要素」を持っていない人は、恋愛経験が少なくなり恋愛が苦手になります。

しかし結婚を前提とした40代の恋愛には、10代の中高生の恋愛の価値観がまったく通用しません。人間性や社会的信用度が重視されるようになるのです。

例えば、結婚を視野に入れた女性が恋愛対象の男性を探すとき、顔も背の高さも頭髪の量よりも相手の金銭感覚や生活力を気にします。現金と考えるかもしれませんが、相手の女性も結婚に本気である証拠。10代の頃のドキドキだけでは結婚できません。

「大人のちゃんとした恋愛」を意識している女性は、信念や自信を持っていて、その自信を裏付ける人生の実績を持っている男性を求めます。

もちろん大人の女性でも、男性の顔や背の高さや頭髪の量を気にする人はいます。しかしそのような人はまだ中高の恋愛を脱し切れていない精神年齢が10代から20代の幼い人。 そのような人と、あなた自身が結婚したいと思うでしょうか?思わないでしょう。

つまり、どんな事情であれ男性の顔を気にする女性は、結婚前提の恋愛対象にはなり得ません。 大人の恋愛では人間性を重視。「これまでどのように生きてきたか」が重要になっています。

もし「この人と結婚したい」「この人と恋愛したい」と感じられる女性が現れたら、中高生のように単純に告白するのではなく、自分の人間性を知ってもらう工夫をしましょう。 それが40代男性におすすめの恋愛の進め方です。

人間性を伝えるための最も効果的な方法を紹介します。

40代の大人の恋愛には「仕事」が有利に働く

アラフォー男性の人間性は、仕事ににじみ出てきます。

アラフォー男性は、自分の5,840時間(=365日×24時間÷(2/3)の使い方を考えてみてください。5,840時間とは、1年365日に24時間をかけ、睡眠時間8時間(1日の1/3)を差し引いた時間です。

5,840時間のなかで、仕事そのものと、通勤時間など仕事関連のものを除いたら、何時間残るでしょうか。5,840時間のほとんどを仕事に費やしているはずです。

つまり40代男性にとっての自己表現とは、仕事なのです。

仕事ができる男性はモテます。

丁寧な仕事、確実な仕事、実績をあげる仕事、人ができない仕事をしている男性は、女性から好かれます。 これは既婚者でも独身でも変わりません。

女性は、仕事ができる男性を「きっと家庭内でも丁寧で確実で実績をあげる人だろう」と想像するからです。さらに、そのような男性と結婚すれば、他の女性が経験できない充実した日々を送ることができるだろうと期待します。

恋愛は、有利な立場にある人のほうがよい結果を得られやすくなります。例えば、自分が好きになる女性は、他の男性も恋愛対象にしたがります。そのような女性と付き合うには、自分を有利な立場に置いたほうがいいのです。

好きになった女性に、さりげなく自分の仕事のアピールをしましょう。もし海外出張をしたら、安いものでいいのでお土産を買いましょう。女性にプレゼントを贈ること自体、ごぶさたかもしれませんね。もし何を贈るべきかと悩みを抱くなら……本当に贈りたいものよりも安価なものがおすすめ。まだ正式に付き合っていないなら、高価なプレゼントは引かれてしまう恐れがあるからです。

もし大きなプロジェクトを完遂できたら、意中の女性に「自分を褒めるためにおいしいものを食べに行こうと思っているんですが、付き合ってもらえませんか」と誘ってみてはいかがでしょうか。

結婚を考えている女性は、仕事が安定している男性には生活力があると考えます。

40代の壁はこう乗り切ろう

40代だからこそ「中年はモテる」現象を利用した恋愛!

お見合い、デート

結婚における40代という年齢の壁は、どのように乗り越えたらよいのでしょうか。ここではアラフォーと言われる年齢層の最年長である44歳をサンプルにして考えてみましょう。

もう40代も半ば……44歳は十分に中年です。したがって、嫌な中年にならないことが大切です。

中年男性は、女性が苦手にするゾーンです。若さがないのにギラギラしているし、人生に達観したような喋り方をするし、見た目の劣化が始まっているからです。

まずは、これらの中年男性のネガティブ要素を、自分のなかから排除していきましょう。

  • ギラギラを抑えて落ち着きを身につけましょう
  • 上から目線や説教口調を封印しましょう
  • 運動したり暴飲暴食をあらためたりして、肥満解消に努めましょう

ただこの3項目を実施してもネガティブがなくなるだけで、マイナスがゼロになるだけです。

プラスにするには、モテる中年になることです。

中年男性を苦手にしていた年下の女性が、魅力ある中年男性を知ったことで「中年専」になることは珍しくありません。 キーワードは、余裕のある優しさです。

アラフォー男性は年齢のハンデがあるので、20代や30代の若い男性を求めている女性にアタックしても空振りするでしょう。しかし多くの女性は、若い男性と遊び続けると飽き始めます。なぜなら中身が薄いからです。女性が「人生についてもう少し深く考えたい」と思っても、若い男性ではその思考ゲームについていくことができません。

そのような女性にアラフォー男性が答えのひとつを提示してあげると、女性の知的好奇心が喚起されます。女性は「もっと話を聞きたい」と思うようになるでしょう。これが「恋愛の種」になります。 あとは水と肥料を過不足なく与えるだけです。

結婚の前段階の恋愛における水とは、女性が喜ぶことのすべてです。誕生日、ホワイトデー、ハロウィン、クリスマスなどの節目にはしっかりプレゼントしましょう。旅行やデートにも凝りましょう。

大人の恋愛の肥料とは、安定した将来像をみせることです。「しっかり稼いで妻と子供を養うことができる」ことを証明していきましょう。ただしそれは、さりげなく行うことがポイント。露骨に「僕は上場企業の係長だから将来は安心だよ」といったPRや、貯金額をひけらかすような言動は女性を白けさせます。

例えば、デートを3回くらい重ねたら、次は自分の職場の先輩に彼女を紹介してみてはいかがでしょうか。できれば独身の先輩よりも既婚の先輩が良いです。先輩はあなたの彼女に「いかにうちの会社は安泰か」ということを吹聴してくれるでしょう。先輩が既婚者ならば、彼女と一緒に先輩宅に遊びに行ってもいいでしょう。そんな先輩の安定した生活を見た彼女は「自分もこの人と結婚すればこういう家庭を築くことができる」とイメージできます。

ここまでくれば、恋愛の花が咲くでしょう。つまり、結婚に至るでしょう。

若い女性ばかりに目を向けないこと

40代婚活男性、年の差カップル

「結婚できない」とあせっている、恋愛経験が少ないアラフォー男性に意外に多いのが、若い女性にばかり目がいってしまうケースです。

もちろん、44歳のアラフォー男性が「20代前半の女性と結婚したい」と考えることは自由です。しかし3回立て続けに20代前半の女性に振られたら、若い女性はあきらめませんか?

20代くらいの若い女性は、アラフォー男性の魅力に気が付きにくいのです。

アラフォー男性なら、同世代のアラフォー女性も結婚対象に含めましょう。若い女性のはつらつさも魅力的ですが、分別をわきまえた大人の女性の魅力にそろそろ目を向けてみませんか。

40代の自分と女性の両方を知って苦手意識を克服しよう

40代の男性なら恋愛中でも冷静な観察と分析が必要

恋愛経験が少ない40代の男性が、いまから熱い恋をしようとしてもうまくいきにくいもの。燃えるような恋が、自分の肌になじまないこともわかっているはずです。それが40代という年齢ですよ。

40代の男性には、恋愛中であっても冷静な観察と分析が必要です。そして、相手の女性だけでなく、自分自身も観察・分析しましょう。 常に「相手が何を求めているのか」と「自分はそれを提供できるのか」の2つを考えて、出会いを探したり、お付き合いを続けたりしてみてください。

アサオカミツヒサ
フリーライター、ライティング事務所office Howardsend代表。北海道大学法学部を卒業後、鉄鋼メーカー、マスコミ、病院広報などを経て2017年独立。執筆分野は医療やビジネスのほか、まれに恋愛観のエッセーも。北海道釧路市在住。