アラサー、ふてくされる
婚活の心構え

普通だと思っている30代独身女性が苦労する婚活の実態

「私は普通なのに…たまたま出会いがなないだけ」果たしてそうでしょうか?30代で独身の女性はみんな自称「普通」女子。その「普通」は誰目線の普通なのでしょう?元結婚相談所で働いていた男性ライターが解説します。

婚活に悩む女性の多くは「普通」の女性

手遅れになる前に今行動する勇気が大事

婚活パーティーに行くと「なんでこんな人が結婚できないでいるの?」と思うような30代の婚活女性が多くいます。婚活で悩む女性と聞くと「モテない女性」とレッテルを貼る方もいますが、実は普通に恋愛経験を重ねてきた女性も多くいるのです。しかし、そんな男性との恋愛経験がある女性ほど、「結婚できない」という危機感が薄く婚活が長引くケースも多いのです。

今回は「普通」の30代女性が、何をすべきか具体的な事例を持って紹介します。年齢はただの数字でしかありませんが、歳を重ねるほど婚活で不利になるのは事実です。しっかり自分と向き合い、小さくてもいいので早く行動に移しましょう。

20代の恋愛経験が30代の婚活では不利になることも

30代の女性が婚活をする時、20代で恋愛経験を重ねた人の方が有利だと思う方も多いですが、必ずしもそうとは限りません。恋愛経験が豊富な人ほど、20代の時のように恋愛の楽しさを婚活でも求めてしまったり、男性へのハードルが高くなる場合があります。

もちろん恋愛経験がプラスに働くケースも多いですが、気付くと上から目線で男性を選んでいる女性は気をつけましょう。

また、恋愛に困らなかった人ほどプライドが高く、自分から声をかけられなかったり、「本気出せばすぐに結婚できる」と思ってなかなか本気になれません。もし、20代のころは恋愛も普通にしてきたけど、今婚活に困っている人は、一度自分の姿勢を見直してみてもいいかもしれません。

30歳をすぎると時の流れが加速する

30代というのは、何も考えず生活していると一瞬ですぎてしまうものです。20代というのは、初めて社会に出るなど環境の変化が多い時期でもあります。それに比べて30代というのは、20代に比べれば変化が少なく、目新しい体験も減ってくるため、同じ10年でも体感する時間の長さは全然違います。

30代、特に前半の女性は「〇歳までに結婚できればいい」と曖昧な目標を持っている方も多いですが、思いのほか時の流れが速くて驚く人もいるほどです。

「気付いたら40歳になっていた」という事態にならないためにも、重要なのは「しっかり計画をたてること」と「すぐに行動すること」です。焦る必要はありませんが、一歩ずつでも確実に前進していきましょう。

50歳ぐらいで独身の方も「適齢期になれば自然に結婚すると思っていた」という方が多いです。大人は自分で締め切りを作らないといけませんね。

出会い方に対するこだわりで婚活を損していませんか?

お家デート

30代で婚活に悩んでいる女性は「無駄なこだわり」を持っている場合が多いです。典型的なのは「出会い方」に対するこだわりです。恋愛結婚に憧れる婚活女性は多く、それ故に結婚相談所や婚活サイトに抵抗を覚える方もいます。

しかし、幸せな結婚をするのに、出会い方は全く関係ありません。お見合い結婚で幸せな夫婦はたくさんといますし、逆に恋愛結婚しても不幸だと思っていたり、離婚する夫婦も大勢います。

大切なのは「出会い方」よりも「出会った後にどんな時間を共有できるか」です。婚活にこだわりを持つことも大事ですが、そのこだわりが「本当に自分を幸せにしてくれるこだわり」なのか、一度自分で考えてみましょう。

婚活サイトで出会うのは恥ずかしいことではない

ひと昔前であれば、インターネットで異性と知り合うとなると「出会い系サイト」のイメージが強く、後ろめたさを感じる人も多くいました。しかし、現代ではクリーンな「婚活サイト」も増えており、ネットを通じて出会う方も増えています。今やネットを通じて出会うことは全然恥ずかしいことではありません。

婚活サイトの中には、独身証明や収入証明を提示させるサイトもあり、既婚者とのトラブルや冷やかしでの登録を防いでいるサービスもあります。闇雲に出会いを求めるよりも、婚活サイトで結婚を考えている男性に絞って出会いを重ねた方が効率的です。サービスによって、登録者の年齢層も変わってくるため、自分の年齢層が多いサービスを選べば年齢でのデメリットも少なくなります。

女性の場合は無料で登録できるサービスがほとんどです。

もし婚活サイトに抵抗があるという方は、一度だけでも利用してから判断しても遅くはないでしょう。40歳になってから「使っておけばよかった」と後悔するのだけは避けたいものです。

サクラがいないおすすめサイト&アプリ

婚活のゴールは「結婚」ではなく「幸せな夫婦生活」

プロポーズ

30代女性が、婚活において出会い方こだわりをもってしまうのはなぜでしょうか?それは婚活のゴールを結婚に設定しているからかもしれません。「幸せな結婚」と聞くと、結婚までの過程を意識してしまい、結婚した時に幸せのピークを迎えてしまいます。結婚までの過程にこだわってしまうと、出会い方にもこだわりが出てしまいます。

しかし、結婚の実態というのは、結婚した時点や結婚までの過程ではなく、それから続く「夫婦生活」という期間です。

大事なのは、結婚したときに幸せのピークを迎えるのではなく、結婚してから二人で幸せな時間を築いていくことです。夫婦生活を幸せにするのに、出会い方はまったく関係ありません。自然な出会いだろうと婚活サイトを使って出会おうと、長い夫婦生活で出会い方が影響を及ぼすことはほとんどないでしょう。そんなことにこだわりを持って、夫婦生活の第一歩を始められいのはとてももったいないこととは思いませんか?

婚活をしている時にこだわりがあるという方は、本当にそれが幸せな夫婦生活に必要なことか考えてみましょう。必要だと思えば持ち続けた方がいいですし、そうでなければ無駄なこだわりです。無駄なこだわりが婚活の邪魔をしているのなら、すぐに捨ててしまいましょう。

関連記事

30代の婚活は幸せになる覚悟が大事

思い込みで人生を損しないで

婚活に悩む人の中には、思い込みが強く食わず嫌いをしている方が多いです。

サービスを使う前から「ネットで出会うのは危険」と避けて、出会いのチャンスをみすみす逃しているかもしれません。婚活サイトに限らず、男性を選ぶ際にもその傾向は出ます。「この人はこんな人だ」と決めつけていると、その人の本当の魅力になかなか気づけません。本当はあなたにとってピッタリな男性かもしれないのに、みすみすチャンスを逃してしまうことでしょう。

人は思い込みで生きている動物ですが、それが強いと人生の選択肢を狭めてしまい、チャンスを減らしてしまうこともあります。視野が狭いと感じている方は、自分の考えに対して「本当にそうかな?」「一度試してから考えてみよう」と意識してみるのもいいでしょう。

あなたの人生は、あなたが狭めさえしなければ無限に広がっています。もし今窮屈さを感じているのなら、一度立ち止まって思い込みだけで判断していないか考えてみましょう。

Suzuki Kohei
婚活、恋活ライター&カウンセラー。実際に多くの婚活女子をカウンセリングしながら、そこでの気付きや学びを基に婚活の記事を執筆している。婚活に限らず、「自分を愛して、肩ひじ張らない自然体な生き方」を広めるために活動中。