料理
婚活のノウハウ

未来は明るい?離婚後再婚して幸せをつかんだ人の7つの特徴

現在結婚したカップルの3組に1組は離婚をしてしまうと言われています。離婚の理由は様々ですがこれによって不幸になってしまっては意味がないです。せっかく離婚できたのですから、新しい幸せに向かって進んでいきましょう。ここでは、再婚した人の特徴を紹介し、新しい幸せに向かって行動を起こすことを応援します。

離婚と再婚の現状を整理

再婚する人は意外と多いことが分かります

厚生労働省の統計によりますと1年間に結婚する人は約70万組。一方で離婚する人は約25万組という数字が出ています。3組に1組が離婚するという話は本当のようです。

また、結婚したカップルの内、初婚同士ではないものが約17万組存在しています。

この17万組にはどちらかがバツイチ(それ以上も含む)で、相手が初婚という組み合わせもありますので、実際に再婚した人はそれよりも少なくなりますが、それでも離婚した人の半分くらいはその後、再婚できていることになります。

意外と多いですよね。

なぜ再婚する人が増えたの?

これは社会の価値観の変化によるものが大きいです。

かつては、離婚するということは人間性に問題があるのではないか?と周囲に見られてしまうため「仮面夫婦」であっても、離婚せずに籍を入れたままだったのですが、そうしたプレッシャーがなくなったために、離婚をしやすくなりました。

離婚をしても「問題のある人」とは思われなくなり「運がなかったのね」と同情してもらえるようになりました。それでも何回も離婚を繰り返すことは良くないのですが、バツイチくらいではそれほど周囲からマイナス評価を受けることはなくなったといって良いと思います。

それでも、半分の人は再婚できていません。

もう二度と結婚するものか、と心に誓った人もいるでしょうが、そうではない人の中で結婚できた人とできない人を分けるものは何なのでしょうか?再婚して幸せをつかむことができた人の特徴を7つ挙げたいと思います。

離婚後に再婚できた人の7つの特徴

1.落ち着いた性格

男女のお見合い

まずは性格です。離婚原因の1位が「性格の不一致」であると言われていますが、そうではない理由で離婚に至った人もいると思います。結婚してパートナーに求めるものは、穏やかで落ち着いた性格です。

これによって厳しい社会生活の「オアシス」となり心理的な安らぎが得られます。落ち着いていて性格が良い人であれば再婚へのハードルは高くなく、むしろ好印象で引く手あまたになるでしょう。

関連記事

2.再婚への情熱

一度離婚を経験してしまうと、再び結婚へ向かうだけのエネルギーがなくなってしまうという人もいます。経験があると思いますが、婚活にしても恋愛にしてもエネルギーや気力を大きく消費します。

しかし、再び結婚したいという強い情熱がそのエネルギーの源になります。何としてでも再び幸せをつかんでやる!という情熱、パッションによって人は変わります。より魅力的に異性には映り、「再婚したいんだ!」と好意的に捉えられることができます。

関連記事

3.プラス思考

笑顔の夫婦・カップル

離婚をして自分は大きな失敗をしてしまった、人生のどん底であるなどと悲観的に捉えてしまう人がいます。確かに何か自分に原因があったのでは?とネガティブに考えてしまうことは仕方がないことです。

しかし、それをばねにして「嫌な人間から別れることができた」「今の自分には新しい無限の可能性がある」と思考を転換できれば、行動も前向きになります。離婚をむしろ悪い人生のリセットスイッチだと考えて、新しいゲームの世界へ再スタートを切るくらいの気持ちでいるとうまくいきます。

安全で出会えるおすすめ婚活サイト12選

4.惚れっぽい

笑顔の女性・浴衣

恋愛体質であることは再婚に対して必ずしもマイナスには働きません。悪い男に引っかかる、美人だと思っていたら騙されたなど、恋愛体質によって罠にはまってしまう怖れを危惧する人もいますが、再婚を考えた場合新しい出会いに慎重になりすぎていると進みません。

離婚歴があるということは異性に対してプラスに働くことはあまりなく、それを補うためにもこちらから好意を積極的にアピールしていく必要があります。「あなたが好き!」と熱烈にアピールされれば相手も離婚歴があることを忘れてしまうでしょう。

5.容姿に対して気を付けることができる

口紅、化粧、リップ

再婚の場合、凄く美人である、イケメンであることはそれほど重要な要素ではないとされています。まずは性格なのはもちろんなのですが、だからといって容姿がおじさん、おばさんっぽくしていると再婚は遠のいてしまいます。

やはり積極的に「まだまだ異性を見つけたい」ということをアピールするためにもおしゃれには気を使いましょう。「お父さん、お母さん」と思われるような恰好、つまり所帯じみているように見えると、異性の恋愛の対象にはなりません。未婚の人と同じように、自分を飾る、容姿に気を付けていくことも再婚にとっては大切な要素になります。

6.従来の夫婦の形にとらわれない

育児、子供、家事

離婚の原因として相手に「夫として、妻として」自分の理想を押し付けてしまったということはありませんか?例えば男性の場合「妻は専業主婦でなければならない」、女性は「共働きは嫌で家に入りたい」などと考えていたため、それが夫婦で価値観の衝突を生み、離婚につながってしまった可能性があります。

再婚を希望する場合は、それまでの理想の夫、理想の妻、自分の親と同じ夫婦という虚構を捨てて、相手が望むようなスタイルを受け入れることも大切になります。自分から夫や妻になる人の条件を狭くしていてはもったいないです。

従来の自分の夫婦像をひとまず横において(捨てることはないです)、それ以外のあり方が可能かどうか模索してみると、再婚が近いところにあるのかもしれません。

7.子供が欲しいという強い意識

親子

離婚前にお子さんがいたのかどうか分かりませんが、いなかった場合「子供が欲しい」ということが再婚への起爆剤になることがあります。特に女性の場合、出産は年齢が高くなればなるほど難しくなります。

何としても子どもが欲しいというエネルギーが再婚へ突き進むバイタリティを与えてくれます。男性のほうも子どもが欲しいと願うことで、女性をいたわる気持ちへとつなげることができます。

安全で出会えるおすすめ婚活サイト12選

再婚を諦めない気持ちが幸せをつかむ

離婚をマイナスに考えず新しい機会と捉えましょう

冒頭でも書いたように離婚は珍しいことではありません。

新しい幸せをつかむことはご自身の人生においても重要なことです。決してネガティブに考えずに、悪いパートナーと別れることができたとプラス思考で行きましょう。

再婚できれば新しいパートナーと一緒に新生活を歩むことになります。これまでとは違った世界に戸惑うかもしれませんが、幸せを切り開いていくためには非常に重要な契機になります。

上記の7つの特徴は再婚できる人が持っている要素の1つに過ぎません。全てそうである必要はなく、あくまで皆さまの内面が何よりも大切です。ありのままの自分を好きになってくれる人と巡り合えることが大切なことは言うまでもありません。

すぐに再婚したいという気持ちがなければ焦って動く必要はありません。「再婚したい!」と思えるように心が回復してきたときに、すぐに良縁と巡り合えるよう上で述べた特徴を意識していると良いと思います。

焦ってはダメです。あくまでご自身の気持ちに素直に、それを大原則にして再婚に向かって進んでください。応援しています。

再婚への一歩は幸せになる勇気

再婚はそんなに難しいことではありません。しかし一歩踏み出すには勇気が必要かもしれませんね。離婚経験を理解してくれる人も大勢います。そんな人にどうやって会えばいいのでしょうか?

婚活サイトの中には再婚者を優遇しているところもあります。一番のおすすめは「マリッシュ」です。2016年にできたまだ新しいサイトですがシングルマザー、シングルファーザー、再婚者を応援しており女性は利用・登録無料です。

一度離婚を経験しているからこそ気になる相手の条件がありますよね。普通の婚活サイトにはない「貯金」についてや家事のレベルについてもプロフィールで確認できるのがポイントです。女性は30~40代が多く、男性は30~50代が多いようです。登録と会員プロフィール閲覧は無料で出来ます。

マリッシュ 公式ページ

松田謙太郎
旧姓松本。婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。かつては、お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆。研究の甲斐あり、2017年に見事に結婚。